« ブログの名前を短くしてみた | トップページ | 今日のいろいろ 2012年11月13日 »

2012.11.12

今日のいろいろ 2012年11月12日

数年ぶりの更新。これからも気になるニュースをメモっていこうかと。

---

録画補償金


 

録画補償金訴訟、東芝勝訴が確定 最高裁がSARVHの上告棄却(ITmedia 2012年11月09日)

デジタル放送専用録画機の補償金を巡る裁判で東芝の勝訴が確定(ITPro 2012/11/09)

デジタル放送専用レコーダーの録画補償金訴訟で東芝の勝訴が確定(スラッシュドット・ジャパン 2012年11月10日)

 
 
私的録画補償金管理協会(SARVH) 「私的録画で俺たちが損する可能性があるから、デジタル放送レコーダーに私的録画補償金を上乗せして俺たちに払え」
 
東芝などメーカー 「アホぬかせ! ダビング10で技術的に録画不可能にしてるおいて補償金もくそもあるか!」
 
SARVH 「よろしい、ならば裁判だ」
 
最高裁 「デジタル専用レコーダーは録画補償金の対象外!!」
 
メーカー・ユーザー「あたりまえや!!」
 
てなかんじかな。
 
 
 
「コピー可能なのに金取れない」→「コピー可能だけどかわりに保証金を取る」まではうまくいったけど、よくばって「コピー不可能だけど金だけ取る」を目指した権利者側の敗北、ということでいいのかな。

ただ、これはあくまでレコーダーの補償金。法的にコピーできなくなったのに、いまだにDVDメディアには補償金が上乗せされているのはいいのかね?
 
 
 
おまけ。今後の展開予想
 
SARVH 「くっそー、俺のバックには総務省と文化庁がついとるんやで。法律そのものを変えてやる!!!」

一般社団法人 私的録画補償金管理協会
 
 
---

ハリ・セルダン


 
 
数理モデルに基づいた統計学を駆使して、米大統領選挙の結果をことごとく的中させた人が話題だそうです。

選挙専門家ネイト・シルバーによる大統領選挙の予測、全50州で的中(スラッシュドット・ジャパン  2012年11月09日)

大統領選でニューヨークタイムズのネイト・シルバーの数理モデル予測が全50州で的中―政治専門家はもはや不要?(TechCrunch JAPAN 2012年11月8日 )

 


シルバーの数理モデルの特長は、どんな政治専門家もとうてい考慮しきれないほど膨大な量の数値を入力として用いるところにある。シルバー・モデルでは各種の世論調査の結果を、規模、質、時期などによって重み付けし、過去の同種の選挙結果と照合される(もちろんそれ以外にもさまざまな高度な統計処理が用いられている)。

 
もう政治評論家なんて必要ない世の中なのか。というか、結果が完全に予想できるのなら、選挙そのものも必要ないような。

|

« ブログの名前を短くしてみた | トップページ | 今日のいろいろ 2012年11月13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/56100458

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のいろいろ 2012年11月12日:

« ブログの名前を短くしてみた | トップページ | 今日のいろいろ 2012年11月13日 »