« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.29

豚インフルエンザの情報を、CDC が Twitter で配信

 
世界中の人々が、豚インフルエンザに関する正確な情報を求めています。この要求に応えるべく、伝染病情報の総本山ともいえる米国CDC(疾病対策センター)は、インターネットを利用して積極的に情報を配信しています。

中でも特に Twitter を利用した情報配信が注目されているようですね。

このへんを参照
米政府、豚インフルエンザの最新情報をTwitterで発信(CNET Japan、2009/04/28)
Swine flu creates controversy on Twitter - CNN.com( CNN.com)
豚インフルエンザでWeb上にパニックが広がる(Tech Crunch japan、2009 年 4 月 27 日)
 
 
で、CDCが使っているTwitter アカウントは これ。
CDC Emergency

他にこんなのもあるみたい
Swine Flu (SwineFlu2009)

その他、CDCによる豚インフルエンザ関連のサイトはここ。
CDC - Influenza (Flu) | Swine Influenza (Flu)(CDC)
 
 
Twitterをつかった情報の配信は、CDC 発の正確な情報をリアルタイムで追いかけるには、確かに便利。 日本の厚生労働省や国立感染症研究所にも頑張って欲しいな。
 
 
ところで、Twitter というツールの最大の特徴は、「今この瞬間、世界では何が話題になっているのかな」が、わかることだと思っていたのですが。

でも、今回は、たとえば "#swineflu" で検索してみると、確かにネットがこの話題で埋め尽くされているのはわかるのですが、あまりにも情報が多すぎて、もう何が本当の情報なのかさっぱりわからない、ていうか、みるのもイヤな状態です。まさに情報爆発! たとえツールは変わっても、インターネットというものは、嘘を嘘と見抜けないと使うのが難しいというのは、変わらないようです。
 
 
 
おまけ。世界各地の感染例を示したgoogleマップ
H1N1 Swine Flu
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

J2第10節 横浜FC 0-1 札幌


 
2009年04月26日(日)
J2第10節 横浜FC 0-1 札幌(ニッパツ三ツ沢)
スカパーの中継を観戦
 
 
3連勝! 10人の試合で今季初の無失点とは、サッカーって不思議だね。
 
 
くわしくは、こちらをみてね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

Doblog 終了とNTTデータとlivedoorと

 
2月の大規模な障害発生以来ずっとドタバタが続いてきたDoblogが、ついに終了するそうなので、感想など(月並みな事しか言えませんが)。

お知らせ(Doblog)

Doblogのサービス終了のお知らせ(NTTデータ、2009年4月24日)


ハード・ソフトだけでなく、お客さん対応やら営業やら金勘定やらまで含めて、この手のサービスの運用の難しさは少しは知っているつもりだけど、いろんな意味でちょっと情けないような気がするなぁ。

もちろん、大規模な障害に直面して、現場の運用要員は頑張ったのだろう。お客さんと経営陣からの強烈なプレッシャーの中、2ヶ月間以上にわたって、おそらく完全に逝ってしまったディスクから少しでも情報を復活させようと、不眠不休で作業を続けたんじゃないかな。たぶん。(頑張ったのは、データ復旧業者だけかもしれないけど)
 
 
まぁ、運用ミスをしたり機械が故障するのは仕方がないし、それにともないサービスが停止するのも仕方がないし、さらにある程度のデータが消失するのも仕方がない。でも、障害が発生時した2月の段階で、昨年の8月以降のデータがどこにも残っていなかったというのは、いくらなんでもダメすぎじゃないのかなぁ。いったいどんなバックアップしていたんだろう?

確かに、とられていたはずのバックアップが、いざ使おうとしてみたら実はとれていなかったとか、復旧の時にデータが壊れてしまったとか、よくある話なんだけどね。それにしたって、天下の超巨大元請ITゼネコンであるNTTデータ様に、その程度のノウハウが無いとは思えないけどなぁ。
 
 
それよりなにより、他の多くの人と同様に、僕も気になったのはやっぱりサービス終了の理由です。

復旧作業の終了を受け、今後のDoblogについて検討した結果、Doblog開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了するという判断をいたしました。

うーん。データ復旧は上手くいかなかったんだから、「ノウハウの蓄積は十分に達成でき」なかったんじゃないのかなぁ?

それに、事業者が「ノウハウの蓄積が十分に達成できた」としても、それを理由にサービス終了するってのは、お客様的にはどうなんだろう? そりゃもともと無料のサービスだから、どんな理由でサービスが終了しようとも、ユーザは文句は言えないかもしれないけれど。

でも、本当の終了の理由は、誰が考えたって「サポートまで考えたら採算がとれないから」なんだから、素直にそう言えばいいのにと思うのは、僕だけだろうか? もともとNTTデータみたいな大企業や政府自治体の顧客ばかりを相手にした会社が、個人ユーザー向けのblogサービスを無料で、しかも片手間に小規模にやっても儲かるはずがないことは、もっともっと前からわかっていただろうに。この障害を機会に撤退するのはそんなに恥ずかしいことでもないだろう。なぜそれを素直に言えない? そんなに負けを認めるのがイヤなのだろうか?

個別のユーザにはどんな連絡しているのか、知りたいなぁ。
 
 
関連して、もうひとつ。

livedoorが、Doblogブロガーの救済措置を打ち出したようです。

Doblogブロガー向けブログ移行支援プログラムのお知らせ(livedoor Blog 開発日誌、April 24, 2009)

へぇ。うまいことやるなぁ。でもどうせなら、NTTデータからlivedoorにユーザーごとサービスを譲渡するわけにはいかなかったのだろうか。それができれば、ユーザも移行の苦労しなくて済んだだろうに。
 
 
さらにもうひとつ。

この件に関するlivedoorの役員さんのblogが、ちょっとアレな件。

NTTデータ Doblog終了に感じた「見え透いたウソ」と「組織の腐敗」(TABLOG、2009年04月25日)

理屈としては理解できなくもないけど、もとNTTデータの社員だったと明らかにした上でこんな事を書いてしまうというのは、ちょっとかっこ悪いと思うなぁ。そして、僕と同じ感想を持つ人は、おそらくそんなに少なくはないと思うよ。まぁ、こんな僕の感想自体が「昭和の時代から続く風習や決まりごと」だと言われれば、そうなのかもしれないけど。でも、いくら個人の意見だと断ったとしても、役員がここまで露骨な他社の悪口を公のblogで表明するというのは、ビジネスとしてはどうなんだろう?

NTTデータとlivedoorという、業界を代表するけど一般ユーザーからは何をやっているのか良くわからない新旧二大企業の特徴が、この事件をきっかけに良くも悪くも一般ユーザの前にも明らかになったのかもしれないないあぁ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

なまら蝦夷 7号

 
旅人の旅人による旅人のための情報誌こと「なまら蝦夷 7号」が、書店に並んでいたので買ってきましたよ。

すべて手書き文字だった1号を読んでファンになり、毎号欠かさず読んでいるのですが、いつの間にやら立派な本になりました。いまや、どこに出しても恥ずかしくない、北海道の観光ガイドです。……皮肉とかじゃありませんよ。

昔のノリは、なんというか、ちょっと「じゃ○んやる○ぶの読者なんて旅人じゃない」てな感じで、ハードでワイルドでデンジャラスに北海道の自然を満喫しつつ、人情豊かな地元の人間と交流しようという、ディープな旅の雰囲気に満ちあふれていたんですよね。カニ族とかブンブン族のノリかな。それはそれで全然よろしいと思うのですが、僕のように「人の手に触れていない(ように見える)自然は満喫したいけど、不便なところはイヤ」というミーハーでライトな旅人未満の単なる旅行者にとっては、ちょっと敷居の高い、読むだけで満足する本だったかもしれません。

でも、7号にはそんな敷居の高さは感じません。地元の宿主さんならではの、他のガイドには決して掲載されていない読むだけでも楽しいディープな情報はそのままに、ミーハーな一見さんのちょっと旅の通を気取ってみたい心を刺激する情報がいいかんじでちりばめられて、一冊で二度美味しい本に仕上がっていると思います。

北海道旅行をしたい人にはおすすめの本。
 
 
サイトはここかな?
なまら蝦夷・北海道手作りガイドブック 
 
 

アマゾンでも売ってるのね

なまら蝦夷7号
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

今日のいろいろ 2009年04月22日

 
春眠が暁を覚えてくれないので、朝から晩まで眠くて眠くて眠くて眠くて。

 
---

XPサポート終了

WindowsXPのサポートが終了しました。

WindowsXPのメインストリームサポートが4月14日で終了(INTERNET Watch、2009/04/15)

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル(Microsoft)

一般ユーザ用のセキュリティアップデートなどは、まだしばらく提供されます。

 
---

CAPTCHA

blogのコメント欄とかに表示される、歪んだ文字の画像を表示して読ませる技術をCAPTCHAといいます。悪のプログラムによるSPAMの自動投稿などを防止するため、コンピュータには読めないけど人間には理解できる歪んだ文字を、わざわざ読ませるわけですな。

でも、最近の悪のプログラムは賢くて、ちょっと文字が歪んでいるくらいでは、らくらく読み取ってしまいます。それに対抗するため歪みを大きくすると、今度は人間にも読めなくなって不便極まりない。で、機械には難しくても人間には優しい、新しい方法が考え出されたそうです。

グルグル回すグーグルの新CAPTCHA特許(秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ、2009年04月20日)

グーグル、ボット対策で新たなCAPTCHA技術をテスト(CNET Japan、2009/04/20)

方向がおかしい映像を表示して、それをくるくる回して上下を正しくあわせることができれば、それを人間と判断するのね。キーボードを使わなくてもいいし、確かに楽な方法かも。
 
 
たとえば、萌えるイラストをバラバラにしたパズルを表示して、マウスで移動させて正しいイラストを再現させるとか、どうだろう?

 
---

2008年の流行

2008年はマルウエアが激増,9割の狙いは個人情報の不正取得(ITpro、2009/04/15)

Symantec Internet Security Threat Report Finds Malicious Activity Continues to Grow at a Record Pace(symantec、 April 14, 2009)

 
---

2009年の流行

「2009年はPDFとWebブラウザのプラグインが狙われる」---シマンテックが分析(ITpro、2009/04/16)


 
---

3Dの顔

防犯カメラの映像から3Dの顔を再現することにより、容疑者を特定しやすくなった、というおはなし。

「3Dの顔」が容疑者特定 防犯カメラ画像の鑑定に威力(ITmedia、2009年04月20日)

おそろしい世の中だ。
 
---

JPCERT

Webサイトを全面的にリニューアルしたそうです

脅威情報がすぐに分かるWebサイトに、JPCERT/CCがリニューアル(ITmedia、2009/04/10)

JPCERT コーディネーションセンター

 
---

セキュリティ人間工学

開発者は、セキュリティの問題をユーザの責任にするのではなく、悪人を排除しユーザを守るために人間工学の視点から開発しようぜ、というおはなし。

セキュリティ人間工学と,バックオフィス詐欺防止テクニック(ITpro、2009/04/16)

 
---

インターネットセキュリティに関する意識調査

インターネットセキュリティに関する意識調査(2008年11月実施)(提供:日本ベリサイン)(ITmedia、2009/04/16)

 
---

日本人のセキュリティ意識

日本人の特徴は、セキュリティに大きな不安を感じているくせに、セキュリティの知識はまったく持っていないことだ、というおはなし。

日本の利用者はセキュリティを不安視、エフセキュアが9カ国調査(INTERNET Watch、2009/04/13)

9カ国を対象にオンラインセキュリティに関する意識調査を実施(エフセキュア株式会社、平成21年4月13日)


 
---

セキュリティの平均値

「うちの会社は他社並みのセキュリティ対策をやっているかどうか」は重要だよ。平均並みのセキュリティ対策をやっておけば、いざというときに言い訳できるよ、というおはなし。

セキュリティ対策の“平均値”を知り自社と比べる(日経BPネット、2009年4月13日)

リスクを100%排除することは不可能なんだから、リスクマネジメントの一環として、「言い訳出来る程度」を意識するのは、企業として当然。


 
---

ウェブ健康診断

地方自治情報センターがウェブ健康診断の仕様資料を公開(JPCERT/CC 情報提供サービス、2009-04-15)

 
---

三菱UFJ証券の個人情報流出

流出した個人情報は、初めの報道よりも、はるかに広範囲にばらまかれたらしいですよ。

流出拡大、進退へ発展も 三菱UFJ証 顧客情報、77社に(FujiSankei Business i、2009/4/18)

そんな事だろうと思ってました。

 
---

情報漏洩の賠償金、一件あたり70万円

参議院の事務局がやらかした極悪非道な個人情報漏洩事件に対して、一件あたり70万円の賠償が命じられた、というおはなし。

個人情報を第三者提供して70万円の賠償(Matimulog、2009/04/13)

個人情報流出:国に賠償命令…参院宿舎移転巡り 東京地裁(毎日jp、2009年4月13日)

あまりにも悪質でろくでもない事例なので、他の事例よりもかなりお高い模様。

 
---

個人情報保護のしくみ

動画をつかった内閣府による解説。

わかりやすい個人情報保護のしくみ(動画編)(内閣府)

 
---

google ブック検索

Googleブック検索がいろんな意味ですごい。(ゴールデンタイムズ、2009年04月20日)

たしかに、こいつはすげぇ。
 
 
で、これに対して日本の著作権者達が文句言っているようですが。

日本文芸家協会がGoogleに抗議声明 「日本の著作権者と出版社を大混乱に」(ITmedia、2009年04月16日)

でも、googleから解決金もらえるんだし、ロングテールでみれば著作権者も損はしないんじゃないかな。持ちつ持たれつだろう。

国際条約の関連で米国での騒動が日本にも自動的に適用されることは事前にわかっていたはずなのに、日本独自で何も行動しなかったしねぇ。結局、「混乱させたこと」しか問題にできない。


 
---

google ニュース

“新聞の敵”Google−ニュースアグリゲーションをめぐる攻防(Enterprise Watch、2009/04/20)

これも、もちつもたれつだと思うけどなぁ。
 
おまけ

リクルートがエリア拡大する番組表無料宅配に新聞業界激震 (Yahoo!ニュース ダイヤモンド・オンライン、4月22日)
 
---

JASRAC

文化審議会著作権分科会の「基本問題小委員会」。委員の人選からして徹底的に消費者やメーカーを排除した一方的なもので、権利者のみを重視したある意味わかりやすい方向性だそうな。

津田大介に聞く「改正著作権法で何が変わる?」(ASCII.jp、2009年04月15日)


で、予想通り、JASRAC代表の発言は、かなりアレらしい。

権利者軽視では結論出ない? 著作権制度「大所」からの議論開始(INTERNET Watch、2009/04/20)

我々の権利を軽んじつつ、自らの権利(利権)ばかり拡大しようとするJASRACの人(P2Pとかその辺のお話@はてな、2009-04-21)

消費者の利益と著作権者の利益は、根本的なところでは相反しないと思うけどなぁ(ディストリビュータでしかないJASRACはともかく)。こんなバカな議論は、著作権者のためにもならんだろう。

 
---

振り込め詐欺

悪人によると、北海道の人間は騙されやすいそうです。

「北海道の人はだまされやすい」振り込め詐欺の男4人逮捕(Yahoo!ニュース 産経、4月17日)

 
---

SSDの寿命

普通のPCの使い方なら、SDDは、HDDと比較しても既に十分に使い物になるよ、というおはなし。

SSDの寿命(PC Watch 元麻布春男の週刊PCホットライン、2009年4月9日)

 
---

ネットブックでサーバー

目的によっては、5万円PCでも立派にサーバになるよ、というおはなし。

「普通じゃない」サーバーのおすすめは?(スラッシュドット、2009年04月18日)

 
---

Twitter のボット

Twitterで使えるbot50徹底レビュー!(ASCII.jp、2009年04月21日)

知らない人をフォローするのに躊躇するシャイな人にとっては、ボットだけが友達だったりする。

 
---

一万年時計

一万年間動き続ける時計をつくるには? というお話。

一万年動き続ける時計(スラッシュドット、2009年04月20日)

もちろん一万年動き続けるエネルギーやら、壊れない材料や仕組みを考えるのも重要だ。しかしそれ以上に、メンテナンスが途絶えないための工夫も必要だし、そもそも一万年も文明が維持されているかどうかもわからないしで、いろいろ大変だ。

人間や動物が本能的に行わずにはいられない行動を、エネルギー源にできればいいかも。星新一の「ひとつの装置」みたいな。

 
---

電波の安全性

ドコモによる情報

電波の安全性について(NTTドコモ)

 
---

無農薬

無農薬野菜はどのくらい危険なのか(ぷろどおむ えあらいん、2009-04-20)

 
---

遺伝子組換え

遺伝子組み換えのトウモロコシと大豆、増産に寄与せず 米科学者団体(AFP、2009年04月15日)

本当?

 
---

あたらしい科学

コンピュータに、遺伝的アルゴリズムをつかって物理的な事象について解析させてみたら、物理学の知識をまったくつかわずに、自力で事象の背後にある物理法則を発見したそうです。

「物理法則を自力で発見」した人工知能 (WIRED VISION、2009年4月15日)
 
 
下のリンク先のおはなしと組み合わせると、現在は科学というものが根本的な部分から変わりつつある時代なのかもしれないなぁ、なんて感じたりしますね。

「グーグル方式の科学」(七左衛門のメモ帳、2009年01月04日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

有害サイトのフィルタリング

 
ウイルスバスター2009のフィルタリング機能で、生協関連のウェブサイトが有害サイト扱いされていたそうです。ちなみにカテゴリーは「活動家グループ/反体制的団体」ですって。
 
 
生協サイト閲覧規制 「反体制的団体」に分類(河北新報、2009年04月10日)
 
 
関連記事

生協HP閲覧可能に 「有害」規制を解除(河北新報、2009年04月11日)

根深い「ウイルスバスターによる誤判定」問題(崎山伸夫のBlog 、2009/04/17)

問題はトレンドマイクロだけじゃない(崎山伸夫のBlog 、2009/04/18)

ウイルスバスター 2009 が生協関連サイトを「活動家グループ/反体制的団体」と分類(セキュリティホールmemo、20090419)
 
 
つい先日、ちょっと付き合いのある真っ当な商売の会社のサイトが、某社のフィルタリングで「違法・脱法」扱いされているのを発見したので、他人事じゃないなぁ。
 
 
ウイルス対策ソフトの場合、巷に出回るウイルスの分類やリスト化は、ある程度メーカーを超えてオープンになされています。メーカーの商売のネタになっているのは、ウイルスとして分類されたファイルを検知したり、駆除したりする機能そのものです。

この場合、検知機能のバグにより、健全なソフトがウイルスとして誤検知されてしまう事件がしばしば起こりますが、あくまで誤検知であって、例えばwordやexcelなどの真っ当なソフトを指さしてウイルス扱いするする人はいません。
 
 
一方、有害サイトのフィルタリングの場合は、その逆です。フィルタリングする機能そのものは特殊な技術が必要ないので、商売にはなりません。メーカーが商売にしているのは、有害サイトのリスト化をする作業です。

ですから、飯の種である有害サイトリストは絶対に公開されません。暗号化された形でフィルタリングソフトに組み込まれており、任意のサイトがリストに入っているかどうかは、そのフィルタリングソフトを使って実際にアクセスしてみないとわかりません。

フィルタリングに、今回のような間違い、あるいはもしかしたら恣意的な「有害化」が、しばしばみられるのは、このようなビジネスの仕組みに根本的な問題があるからかもしれません。

このようなリストの不透明性の問題は、有害なサイトをリスト化する「ブラックリスト方式」をとっている限り、おそらく避けられないんじゃないかな。
 
 
さて、例えば経済の世界でいう「格付け」を商売にしている会社は、格付けリストをつくって公開するだけで商売としてなりたっています。その格付けリストがどう使われるかについては知ったこっちゃない、ある意味とても無責任な商売であるにもかかわらず、巷の銀行や企業は良い格付けを求めて右往左往するわけです。経済だけでなく、ミシュランなんかも同様の商売ですね。
 
 
フィルタリングも、格付け機関が「ここは良いサイト」というリスト、所謂「ホワイトリスト」をつくる方式にすればいいんじゃないですかね。少なくともホワイトリストそのものを公開しても何ら問題ないはずで、もしそれができれば透明性は確保できるはずです。

携帯用など、実際にホワイトリスト方式が導入されているものもあるようですが、残念ながらあまり一般的ではないようです。問題は、格付け機関の能力と権威でしょう。そのへんさえなんとかなれば、優良サイトの保有者からの登録申請が殺到して、フィルタリング格付けビジネスとしてなりたつかもしれません。さらに副産物として、犯罪サイトが減っていったりするかもしれないぞ ……なんて、そうは簡単にはいかないんだろうなぁ。

(そもそもリストが巨大になりすぎて破綻するか。いや、DNSの仕組みなんかを上手く使えば、サーバー毎ならなんとかなりそうな気もしないでもない)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

J2第09節 札幌 4-1 C大阪


 
2009年04月19日(日)
J2第09節 札幌 4-1 C大阪(札幌ドーム)
札幌ドーム ゴールドシートで観戦
 
 
首位セレッソを下して2連勝! ホームで勝利はなんと約1年ぶり。こんなにうれしいことはない。

……とはいえ、得点差ほどの完勝ではなかったと思います。お互いミスが多かったけど、たまたまうちが相手のミスを得点に結びつけることができたと言うことでしょう。

あと、セレッソさんが中盤であまりプレスをかけてこない、ちょっとJ1仕様っぽい戦い方できてくれたので、助かりました。うちの選手達は、すこしプレスかけられただけでおたおた慌ててミスってしまう、精神的にちょっとひ弱な子が多いのですが、今日はのびのびやらせてもらいましたから。運を除けば、これが最大の勝因かもしれないなぁ。
 
 
つづきはこちら
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

社会の分極化と新聞の役割

 
新聞の役割について、読売新聞がなんかいいこと言ってます。
 
「新聞の役割」中京大で解説 北村・編集担当 (YOMIURI ONLINE、2009年4月17日)
 


「好きなニュースだけを読むネットニュースは偏食になりがち。バランスもよく、情報の真偽など品質管理も厳しい新聞は、社会の『標準食』。スクラップすれば『保存食』にもなる」

「好きなニュースだけを読むネットニュースは偏食になりがち」というのは、まさにその通り。

ネットによって多種多様な主張と接する機会が増えたように見えるけれども、ネットは多様な主張であふれかえっているからこそ、人間は自分の趣味主張にあった主張しか見なくなる。このような「フィルタリング」によって、偏った信念は先鋭化し、社会はますます分極化していくのだぁ……というのは、米国の政治学者キャス・サンスティーンがいうネットの弊害「サイバー分極化」そのものですな。

このへん参照
Republic.com 2.0: CR Sunstein: 洋書(Amazon.co.jp)
 
 
問題は、「情報の真偽など品質管理も厳しい新聞は、社会の『標準食』」の部分。特に「品質管理も厳しい」という部分が問われているのだが、そのへんの自覚はあるのかなぁ。

一般的に、『標準食』なんてのは美味しくないのは当たり前なわけで、もし「品質管理」の部分に問題があるのなら、そんなもの誰も食べなくなるのはあたりまえだよね。
 
 
ていうか、そもそも新聞が、どっちつかずで誰にも好まれない『標準食』である必要があるのだろうか? 品質に自信があるのなら、自分のポジションを明確にして、分極化する社会の中でも影響力を行使できる一定の範囲を確保した上で、もの申した方がいいんじゃないのかなぁ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.16

J2第08節 草津 1-2 札幌


 
2009年04月15日(水)
J2第08節 草津 1-2 札幌(正田醤油スタジアム群馬)
ニュース等で結果を知る
 
 
ひさびさの勝利! よかったよかった。
 
 
こちらが本家サイトです。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.15

月刊マイクロソフトアップデート4月号


 
今月はたくさんでました。

MSが4月の月例パッチ公開、“緊急”5件を含む計8件(INTERNET Watch、2009/04/15)

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS09-009,010,011,012,013,014,015,016)(警察庁 @police、2009/04/15)

2009 年 4 月のセキュリティ情報(Microsoft TechNet、 2009年4月15日)

2009年4月のセキュリティ情報(日本のセキュリティチーム (Japan Security Team)、15 April 09)

今月は、緊急 5 件、重要 2 件, 警告 1 件の、合計8件。以前から知られており、すでに攻撃にも使われている Exce の脆弱性もあります。

さっさと適用しておきましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い服の男


 
サバイバルゲーム場計画に、反対運動が起きているそうです。

サバイバルゲーム場「怖い」 計画説明会で住民猛反発(asahi.com、2009年4月13日)
 
 
近所の学校の子ども達に物理的な危険が及ぶというのなら、もちろん僕も反対だ。

でも、戦争ごっこだから反対というのなら、それはどうかと思う。

星新一の傑作「白い服の男」による、辛辣な社会風刺を思い出したのは、僕だけではないよなぁ、たぶん。

「白い服の男」の解説は、このへん参照。
星新一(ウィキペディア)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

今日のいろいろ 2009年04月13日

 
人材教育部門宛に社員教育のパンフレットが大量に送られてくるのだが、超大手も含めてどれもこれも自己啓発セミナーみたいで気持ちが悪い、今日この頃。
 
---

Conficker ウイルス

4月1日には何もおきなかったけど、世界中で莫大な数のPCが感染し、悪人に自由にコントロールされている状況に変わりはありません。

Conficker 感染マシンがスパムを大量送信(ITmedia、2009/04/13)

「Confickerに感染してますよ。すぐに駆除を」MSをかたる悪質メール(PC Online、2009年4月10日)

 
---

Twitter 受難

いろいろと障害がでているようです。

Twitterで脆弱性突くワームが出現--作成者は17歳の少年(ZDNet Japan、2009年4月13日)

TwitterXSS 騒動(Yaks、2009年4月12日)

 
---

ウェブ健康診断

地方公共団体が運営するホームぺージの改ざん防止に資するため、Webアプリケーションの脆弱性の有無を診断してくれるそうです。

ウェブ健康診断(水無月ばけらのえび日記、2009年4月8日)

ウェブ健康診断(財団法人 地方自治情報センター(LASDEC)、更新日: 2009年4月6日)
 
---

やばいフラッシュ

見ただけで、PCにやばいものをぶっこまれる悪のフラッシュファイルが蔓延しているそうです。しかも、難読化されていて、ウイルス対策ソフトでは検知できないらしい。

悪質なSWFファイルに注意せよ(ITpro、2009/04/07)
 
 
Flash Player は最新にしておきましょう。

Flash Playerの最新版を社内に漏れなく確実に展開する方法(IT Pro、2009/03/30)

おまけ
Adobe Readerの最新版も社内に漏れなく確実に展開する方法(IT Pro、2009/04/13)


 
---

セキュリティ インテリジェンス レポート

セキュリティ インテリジェンス レポート 第6版(2008年下半期)(日本のセキュリティチーム (Japan Security Team)、09 April 09)

 
---

スキミング

ATMのカード挿入口に、悪人が勝手に磁気読み取り装置(ハードウェア)を仕掛け、磁気情報を盗む手口をスキミングと言います。

スキミングに遭遇した人が押さえた、現行犯のATM不正読取り機の写真(Gizmodo Japan、2009.04.08)

これはおそろしい。
 
 
おまけ。

ATMにマルウェアが仕込まれる時代?(スラッシュドット、2009年03月21日)

 
---

148万人の個人情報

新聞などでも大々的に取り上げられていますが、三菱UFJ証券のシステム部長代理が個人顧客情報を持ち出したたそうです。その数、実に148万人分。で、そのうち約5万人分の情報が売却されていたそうな。

三菱UFJ証社員、全顧客148万人の情報を持ち出し(T-PLUS、2009年4月9日)

新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ > 続:三菱UFJ証券の情報漏洩に「情けなさ」を感じた。犯行報酬30万円の代償 (新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ、2009/04/09)

5万人分の個人情報が30万円か。情報を漏洩された被害者には申し訳ないけど、どう考えても割に合わない、部長代理の職をかけるほどの行為とは思えないよなぁ。犯人の思考回路を覗いてみたい。

 
---

ワンクリック詐欺

詐欺の手口を、画像をつかってわかりやすく解説してくれます。

画像で見るワンクリック詐欺サイトの新たな手口(INTERNET Watch、2009/04/08)

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[3月分および第1四半期]について(IPA、2009年 4月 2日)

 
---

インターネットをダウンさせる方法

セキュリティ専門家が「30分でインターネットをダウンさせられる」と発言(スラッシュドット、2009年04月08日)

一番やばいのはBGPだと思うけど、世界中が一気にダウンするかなぁ? ルートサーバを何とか出来れば……。そもそも「インターネットがダウン」というのが、どのような状態を指すのか。

SQLスラマーの時のアジアの一部のような状況をダウンというのなら、ボットを操作できれば何とかなるような気もする。
 
 
関係あると言えばあるかもしれない記事

海の向こうの“セキュリティ”第31回:「CanSecWest 2009」のクラッキングコンテスト「PWN2OWN」 ほか(INTERNET Watch、2009/04/07)

 
---

Google vs 新聞

AP通信、インターネット上での記事の「横領」に断固戦う意思を表明(スラッシュドット、2009年04月08日)

Google CEO、「新聞社は読者をあまり怒らせない方がいい」と忠告 (スラッシュドット、2009年04月10日)

検索はされたいけど記事はリンクされたくない……というのは、ちょっとムシが良すぎやしないかな、新聞社は。


 
---

教員の情報モラル指導力

2011年度までに、全教員に情報モラル指導能力を身に付けさせるのだそうです。先生方も大変だ。

2011年までに全教員に情報モラル指導力を、内閣府の検討会が提言(INTERNET Watch、2009/04/08)

青少年インターネット環境の整備等に関する検討会(内閣府)

「教育の情報化に関する手引」について(文部科学省、平成21年3月30日)


おまけ

「ケータイは危ない」という前に……教員や学生らが議論(INTERNET Watch、2009/04/06)


 
---

ネットは子どもの自己責任

日本の親は「ネットの脅威から子どもを守るのは子ども自身の責任だ」と考えているそうです。

日本の親、「子供のネット利用は自己責任で」40%(INTERNET Watch、2009/04/07)

ノートン・オンライン生活レポート 2009 による最新のグローバル調査結果を発表(Symantec News Release、2009年4月07日)
 
 
過去の調査

「まさか自分は被害に遭わないだろう」が日本のネットユーザーの意識に?(INTERNET Watch、2008/02/21)

 
---

iPhone のアプリ開発

たまたま目についたのをいくつか

海外のiPhone開発者のイベント「360|iDev」の講演資料がアップされてた(強火で進め、2009年04月12日)

日本人がつまずかないためのiPhone開発ポイント(@IT、2009/4/7)

スタンフォード大、iPhoneアプリ開発講座をiTunes Uで無料公開へ ( iPhone・iPod touch ラボ、2009年4月 3日)
 
 
おまけ

iPhone/iPod touchは有望なゲームプラットホームに(スラッシュドット、2009年04月05日)
 
---

MacBook のひび割れ

アップル、白い「MacBook」のひび割れ問題をひそかに認める--米報道(CNET Japan、2009/04/09)

Apple addressing cracks on white MacBook casings(AppleInsider、April 8,2009)

Appleは3月にサービス提供業者に対し、2006年に発売された白の13インチMacBookの筐体には、ひびが生じやすい部分が4カ所あることを通知し始めたという。

「2006年に発売された白の13インチMacBook」というと、今まさにいじっているこれだ。今のところはひび割れてないけど。

 
---

3Dデスクトップ

Windows向け3Dデスクトップ環境「BumpTop」リリース(スラッシュドット、2009年04月10日)

Windows7 & マルチタッチ対応! 3Dデスクトップ環境「BumpTop」が正式公開(マイコミジャーナル、2009/04/09)

BumpTop 1.0

うーーん。携帯の小さい画面を十分に使いこなしている人もいるし、この手のデスクトップはリアル世界の模倣である必要性はないんじゃないかな。

人間の脳みその仕組みとぴったりあったユーザインターフェースが、そのうち発見されたりするのだろうか。
 
 
まったく関係ないけど

「いもうとデスクトップ」、3 年越しでネタが現実に(スラッシュドット、2009年04月03日)

 
---

太陽光発電と停電リスク

太陽光発電が一般化すると、その分、火力水力原子力等の既存の安定した発電所の出力は下がる。しかし、太陽光は発電量の変動が大きくて、天候の変化などで一気に発電量が減ってしまうと、それを既存の発電所でカバーすることは難しい……というおはなし。

太陽光発電の普及で大停電リスク? 経産省が実証実験(ITmedia、2009年04月13日)

発電に限らず、なにごとも集中した方が効率よくて、分散すると効率が悪くなるのはあたりまえ。変電所などをたくさん作ればなんとかなるかもしれないが、そのコストは莫大なものになるわけだ。そのコスト、あるいは停電のリスクを覚悟の上で、自然エネルギーに切り替えていく覚悟が国民にあるかどうかが問われるわけだな。

その点、インターネットという分散通信システムは、集中システムである電話や放送と比較しても、うまくいってるなぁ。

 
---

電磁波で虫歯治療?

進行虫歯、電磁波で治療 鳴門の歯科医開発、骨再生し抜歯回避(徳島新聞社、2009/4/12)

本当?

 
---

宇宙基本計画の骨子案

4月3日の宇宙開発戦略本部会合の資料をアップしました(松浦晋也のL/D、2009.04.08)

 
---

ハリセンボン

病気とは関係なく単なる偶然だと思いたいが、TV局のやることだからなぁ……。

はるか入院でTVが差別?(ココログニュース、2009.04.13)

はるか結核入院でマリセンボンCM自粛(IT Pro March 19,2009)

 
---

日本一可愛い声の声優

そろそろ日本で一番可愛い声の声優を決めようか(VIPPERな俺)

なぜ島津冴子の名があがっていないのか? 最近の若いオタクはわかってないなぁ。

 
---

らきすた

「らき☆すた」聖地、なぜ鷲宮神社?北大チームが論文集 ( YOMIURI ONLINE、2009年4月8日)

『らき☆すた』聖地巡礼調査、なぜ北大?(えるみれ、2009/04/09)
 
 
肝心の論文はこれ

ぶんしけん/文化資源マネジメント研究会
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

J2第07節 札幌 1-1 富山


 
2009年04月12日(日)
J2第07節 札幌 1-1 富山(札幌ドーム)
札幌ドーム ゴールドシートで観戦

うーん。得点する形は出来てきたと思うのだけどねぇ。ちゃんと勝ちきれるようになるには、もう少し時間がかかりそうだなぁ。
 
 
詳しくはこちらもみてね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

第2回北海道情報セキュリティ勉強会に行ってきました


 
チーズケーキは美味しかった。八つ橋もとても美味しかった。

それだけでも行ったかいがありましたが、もちろん川口さんの熱いしゃべりは勉強になりました。まさに、「世界中のセキュリティ事件を監視している株式会社ラックの事件事例や生きたセキュリティの現状が聞ける」勉強会でした。

 
第2回北海道情報セキュリティ勉強会‎(北海道情報セキュリティ勉強会(おもに札幌)(通称:セキュポロ))
 
 
さて、どうでもいいことですが、ひょっとしたら本日もっとも重要だったかもしれない話題について。

「モテエンジニア」になるためには、攻撃力(ハッキング能力もしくはクラッキング能力)はもちろん重要ですが、運用系の技術も重要だと思うんだ。

誰にでも一生の間に数回はかならず「モテ期」があるわけですが、これに気づかず、選ぶ側になれるチャンスをみすみす逃している「もてないエンジニア」が、いかに多いことか。

すなわち、まったく攻撃のない日常からきちんとFWやIDSのログをチェックし続け、ある日突然ちょいとしたことをきっかけに激増するアタックを確実に検知して、DDoSの発信元をひとつひとつ識別し、もっとも脅威の高い相手を確実に仕留めることが重要なわけだ。

あやしげなログを前にして「これって攻撃かなぁ? しばらく様子を見よう」とか言っていると、チャンスを逃してしまうわけだな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

遺伝子の製造物責任

 
米国で遺伝的な障害を持って産まれた子が、精子を提供した精子バンクを、製造物責任法で訴えたそうです。

精子バンクが製造物責任法により訴えられる(スラッシュドット、2009年04月09日)

Sperm Banks Can Be Sued Under Product Liability Laws, Federal Judge Rules(LAW.COM、April 2, 2009)
 
 
一瞬、「まさか子どもが『製造物』扱いなのか? アメリカってそこまでアレな国なのか?」 などと疑ってしまったのですが、この裁判で問われるのは、あくまで精子バンクの製品としての精子の製造物責任らしいですね。
 
 
米国では、ほとんどの州において、血液は他の製剤とは異なり製造物扱いされていないそうです。したがって、血液製品に対して製造物責任は免除されています。しかし、血液以外の扱いは州によって異なり、ペンシルバニア州では精子も血液同様の扱いなのに対し、ニューヨーク州では精子は血液とは異なり製造物あつかいされる。で、この事件の場合は、とりあえずニューヨーク州で裁判されるとの判断がなされた……という段階らしいです。
 
 
母親の気持ちはわからないでもないけど……。うーん、製造物としての遺伝子って、何が正常で何が異常なのか、決める事ができるんですかね? 遺伝的なもので区別するのは、ちょっとイヤな感じだなぁ。とはいっても、遺伝的な障害は障害として法律的にきちっと定義しておかないと、保険や福祉の適用に問題がでるだろうしなぁ。
 
 
あと、気になったのは、原告は、時効の関係で母親じゃなくて子どもになるらしいですね。

人情としては、理解できなくもありません。でも、考え込まずにはいられません。もし提供されたのが別の精子だったら、産まれてきた子は「障害のないこの子」じゃなくて「遺伝的に別の人間」になっていたわけで、この子はこの世にいなかったはず。果たして、今ここにいるこの子は、何を賠償してもらうのだろうか? そもそも、原告としての資格があるのだろうか? 哲学的にも法律的にも、難しい問題なんじゃないかなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

「人工衛星なら、日本の方向に打ち上げる必要がないだろう」

 
……と、言う人がいたので、なぜロケットは東向きに発射されるのかを簡単に説明してみたわけです。
 
 
人工衛星というものは、地球に落ちてこないために、横向きに時速3万キロメートルの速度が必要だ。これは大変な速度で、ロケットの燃料のほとんどはこの速度を得るために使われる。しかし、東向きに発射すれば、自動的に地球の自転の速度(時速1700キロメートル)がプラスされるので、燃料が節約できる。だから、日本も含めて多くの国は、ロケットを発射するときは必ず東向きだ。かの国も、あれがミサイルではなく人工衛星だと言い張るのなら、東向きに打ち上げるのは一応は筋は通っていないことはないのだ。
 
 
という説明で、間違ってないよね。

ついでにちょっと調べてみると、むりやり西向きに打ち上げることも可能ですが、同じ燃料しか使わないとすると、西向きに打ち上げる場合の人工衛星の重量は、東向きに打ち上げる場合に比べて、約半分の重量の物しか打ち上げられないそうです。
 
 
そんなわけで、ほとんどの国が人工衛星を打ち上げるときには東向きなのですが、何事にも例外があったりします。

なんと、イスラエルは、燃料の無駄を承知で、人工衛星を西向きに打ち上げているそうですよ。

人工衛星(ウイキペディア)

イスラエルの場合、もし発射に失敗して東側のアラブ諸国に落下した場合、冗談抜きに本当の戦争が起きる可能性もありますからねぇ。敵国に囲まれていると、いろいろと気をつかって大変だ。ていうか、敵国に対してさえ、ロケットを打ち上げる際にはそこまで気をつかうのが普通なんだな。

……逆に考えると、今回のかの国の場合、間違って日本に落下しても、そこまでの問題が起こるとは考えていなかったんですかね? それとも、そこまで考える余裕がないほどせっぱ詰まっていた? なんにしても、人騒がせな話だなぁ。
 
 
 
ところで、このイスラエルの衛星って、地球を西向きに周回してるのだろうか? 他の衛星とぶつかったりしないのかな。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.07

今日のいろいろ 2009年04月06日

 
新入社員教育というのは、する側も非常に疲れるのね。なので、簡単なメモだけ。

 
---

GhostNet

世界中の外交機関や、報道機関、国際組織、NGO など、機密性が高い情報を扱う機関のPCに、大量のスパイウェアがぶっ込まれ、情報収集ネットワークが形成されていることが判明したそうです。その名も「GhostNet」ですって。

巨大なスパイネットが暴かれた (科学ニュースあらかると、09年03月30日)

世界規模のスパイネットワーク「GhostNet」の存在が報告される (スラッシュドット、2009年04月01日)

世界規模のスパイ・ネットワーク「GhostNet」,トロント大学らが報告(ITpro、2009/03/30)

確証はないものの、黒幕はおそらく中国政府らしい。
 
---

4月バカ?

4月1日に活動を始めるという噂のあった Conficker の件。とりあえず、4月1日には目立つことは起きなかったようです。

なにもなし(日本のセキュリティチーム Japan Security Team、01 April 09)

「4月1日にConfickerが凶暴化」はデマ、便乗ウイルスには注意(ITpro、2009/04/01)

Confickerワーム、さらに状況悪化 (Gizmodo Japan、2009.04.05)

感染手法は古典的:Conficker騒動はセキュリティ対策を見直すきっかけに( ITmedia、2009/04/03)

Confickerに感染しているかどうかを一瞬で判定 (スラッシュドット、2009年04月04日)

 
---

情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査

2008年度第2回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書公開 〜 認知されていない、USBメモリ利用時の危険性 〜(IPA、2009年 3月30日)

 
---

児童ポルノ対策

インターネット上での児童ポルノの流通に関する 問題とその対策について 平成20年度総合セキュリティ対策会議報告書(警察庁)

 
---

海外のセキュリティ

欧州における情報セキュリティ関連動向調査報告書(IPA、2009年3月30日)

イスラエルにおける情報セキュリティ関連動向調査報告書(IPA、2009年3月30日)
 
---

教育ねた

大学のビデオを集めたYouTube EDUが開始(スラッシュドット、2009年03月30日)

YouTube EDU
 
 
おまけ

Video lectures from the world's top scholars(Academic Earth)

 
---

教育ねた iPhoneアプリ開発講座

スタンフォード大、iPhoneアプリ開発講座をiTunes Uで無料公開へ(iPhone・iPod touch ラボ、2009年4月 3日)

CS193P - Cocoa Programming | (Stanford University Announcements)

Stanford on iTunes U


 
---

教育ねた もうひとつ

MIT が全教員の学術論文をオープンアクセスに(スラッシュドット、2009年03月31日)

MIT faculty open access to their scholarly articles(MIT news、March 20,2009)


 
---

4月バカ

ネットを席巻したつまんないエイプリルフールネタには食傷。でも、これだけは面白かった。

ごっごるストリートビューのあの“黒い三日月状の物体”発見される(INTERNET うぉっち、2009/04/01)

さすが老舗。

 
---

ネットに匿名性なんてないのよ

ネットが匿名の世界だと思っている人が多いのは困ったものだ。特にマスコミのネットに対する認識には困ったもんだ。場合によっては、既存のマスコミよりもネットの方がよっぽど個人特定は簡単なのに……というおはなし。

ネットに詳しくない人の中にはネットが完全匿名だと思っている人がいるのだろうか(空気を読まない中杜カズサ、2009-04-04)

おまけ

NHKの討論番組で驚いたネットに対する認識不足(IT PLUS、3月30日)


 
---

押し紙裁判

読売vs偽装部数調査報道記者訴訟、黒薮哲哉氏全面勝訴(SLAPP WATCH、2009.03.30)

新聞業界の苦悩 自らの首を絞める「押し紙」問題(MONEYzine) - Yahoo!ニュース( Yahoo!ニュース、3月29日)

「押し紙」とは新聞社が新聞配達業務などを請け負う販売店に販売した新聞のうち、購読者に届けられなかった売れ残りを指す。印刷所で刷られた新聞はすべてがユーザーに行き渡るのではなく、廃棄される部数がかなりの割合で存在するのだ。そのため実売部数と公称部数はかなりかけ離れているのが実態で、その数は新聞社によって異なるものの、2割とも3割とも言われており、場合によっては「5割に達するケースもある」(業界関係者)という。


 
---

日本の宇宙開発

宇宙開発戦略本部の宇宙開発戦略専門調査会というところが、いろいろと考えているようです。

今後の宇宙開発体制を決める基礎となる文書が公表された(松浦晋也のL/D、2009.04.01)

「独自の有人計画は2足ロボット月探査」(SciencePortal、2009年4月6日)

 
---

北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット

受講生、募集中 (北海道大学、2009.04.03 )

 
---

もやしもん

漫画「もやしもん」最新話、ネットで無料公開 「減ページで金を払わせるのは忍びない」(ITmedia、2009年03月30日)

石川雅之さんのブログ
あす発売のイブニングと イブニングHPに もやしもん同時掲載します(日記、2009年3月23日)

 
---

ミサイル誤報の件

社説:ミサイル誤情報 「勘違い」ではすまない (毎日jp、2009年4月5日)

いい練習ができてよかったんでないかい?

まぁ、たしかにお粗末といえばお粗末だけど。でも、自衛隊のレーダー係から司令部、政府、各自治体の末端まで数えれば、今回の誤報の情報伝達に関わる人は膨大な人数に達するのだろう。これだけの体制が、練習も無しに一発本番で予定通りにうまくはたらくわけがない。

今回の件に限らず、本当にやばい問題の対応については、ふだんからタブー視しないで国民全員でちゃんと練習しておくことが大事だということ。たとえば、原子力関連の大事故とか、いろんな団体による大規模なテロとか、隣の国から大量の難民が押し寄せてくるとか。


 
---

涼宮ハルヒの憂鬱

テレビ北海道でも始まった。確かに1話の再放送のようだが。

「涼宮ハルヒ」新作騒動 完全な再放送だったが…(J-CASTニュース 、2009/4/ 3)

14話分が新作だというお話しは本当なのか? 佐々木さんは登場するのか? しないだろうなぁ。

 
---

萌えっ子

北海道の多くの人間は、「留萌」という地名に「萌え」を感じたことはないだろうに。よくぞこんな商売を思いついたもんだ。たいしたもんだ。

北海道の沿岸バスが「萌えっ子フリーきっぷ」を発売 (スラッシュドット、2009年04月02日)

萌えっ子フリーきっぷ (・∀・)(沿岸バス株式会社)
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.05

J2第06節 熊本 4-0 札幌


 
2009年04月5日(日)
J2第06節 熊本 4-0 札幌(熊本)
スカパーの中継を観戦
 
 
うーん。困ったもんだな、これは。うーーーーん。
 
 
こちらも見てね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.02

MacBook から、リモートデスクトップで NB100 を使ってみた

 
NB100 のOSを XP Pro にしてみた(2009.04.01)……のつづき。
 
 
Mac を使っていても、どうしても一時的にWindowsを使わなくてはならない場合があります。例えば、メールで送られてきたパワーポイントファイルを編集するときとか(派手なpptだと、OOoやgoogleでは難しいですよね)。

で、どうすれば最も便利なのか、うちの MacBook さんと NB100 をつかって、いろいろやってみました。
 
 
---

その1 BootCamp

ご存じ、apple純正のBootCampを使うことにより、MacBookのHDDにWindowsを同居させることができます。

普段使っている MacBook さんが、そのまま Windows に変身してくれるのは、嬉しいような悲しいような。

重いと評判の WindowsVista でも、猛烈な速度でサクサク動くのが利点。あの価格でこの速度は、純粋なVistaマシンとして見ても、コストパフォーマンスの点で他のPCメーカーの追随をゆるさないと思う。さらに、当たり前ですが、すべてのWindowアプリがきちんと動きます。

一方で、OSを切り替えるには再起動が必要で、Mac と Windows の両方を同時に使うことができないのが欠点かな。そうそう、もちろん Windowsは別に購入する必要があります。
 
 
---

その2 Parellels と VMware

Mac OS X に、Parellels Desktop とかVMware Fusion とかのソフトを利用した仮想環境を導入し、その上に Windows をインストールすることができます。Mac のアプリのひとつとして仮想環境が動き、その中でWindowsが動くわけです。Mac OS のデスクトップ上で Windows のアプリが動くのは、ちょっと感動ですよ。

双方のアプリの間でクリップボードも使えるし、なかなか便利です。でも、仕方がないことですが、どうしても速度がちょっと遅くなるのが欠点といえば欠点。(実用上はあまり問題ないレベルですが)。

そんで、Parellels と VMware のどちらが良いかというと、速度も操作性もどちらも似たようなものですかね。趣味の問題でしょう。
 
 
---

その3 Sun xVM VirtualBox と CrossOver Mac

その他、無料の仮想環境として、Sun の xVM VirtualBoxというのもあるそうです。

また、Windowsアプリだけを強引にMac上で動かしてしまうソフトとして、CrossOver Macというのもあります(かの、Wineの技術を使っています)。これは、Windows自体は必要ありませんが、Windowsアプリならなんでも動くわけではないので注意が必要です。

残念ながら、僕はどちらもつかったことがないので、どんなもんだかはわかりません。
 
 
---

その4 2台並べて使う


ちょっと邪道ですが、むりやり仮想環境を整えなくても、普段嫁さんが居間でWebを見るために利用しているNB100があるのですから、これを MacBookの隣に並べて使うという手があります。

パワーポイントなどひとつのアプリが動けば良いのですから、NB100程度のスペックで十分ですし、ネットワークで繋いでファイル共有の設定をしてやれば、ファイルの受け渡しは簡単です。

でも、いちいち双方のキーボードとマウスとディスプレイを行ったり来たりするのは、やっぱりかなり大変です。なによりも、PCを二台並べて作業するのは、ちょっと格好悪いですよね。
 
 
---

その5 VNC

Mac のデスクトップ上で、Windowsが動いているリモートのPCの画面を操作する方法がいくつかあります。そのひとつが、オープンソースのVNC。

VNCといってもいろんな実装があるのですが、速度重視なら NB100 に VNC サーバーとして "Ultr@VNC" を入れるのがいいかな。Leopard には VNCビュアーの機能が組み込まれていますから、MacBook 側には何も必要ありません。簡単な設定をしてやれば、居間のNB100の画面が、MacBook のデスクトップ上から操作できてしまいます。

なんといっても完全無料で、しかも超簡単に環境を構築できるのがVNCの強みですかね。

でも遅い。使って使えないことはないけど、パワーポイントをつかっていてマウスがもっさりもっさり動く様は、ちょっとストレスがたまります。もっと高級なPCを使えばいいのだろうけど、そこにお金をかけるのは、ちょっと違うような気がします。さらに、VNCは音がでません。Mac キーボードで Windows を操作できるようにするのも大変。あまりおすすめ出来ないなぁ。
 
 
---

その6 リモートデスクトップ

Remote Desktop Connection は、WindowsのマシンからリモートのWindowsを操作する方法として、マイクロソフトが提供している機能です。このRemote Desktopのクライアント側(操作する側)の機能を Mac 上で実現するのが、"Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2"。マイクロソフトのサイトから、無料で提供されています。

Mactopia Japan | ダウンロードと更新(Microsoft)

こいつを MacBook にインストールしてやれば、リモートのWindowsの画面を自由に操作することができるようになります。無料だし、キーボードの差も自由に設定できるので気にならないし、もともとのNB100よりも大きな画面で表示できるし、音も出るし、なによりも速い。体感速度はVNCの10倍くらいですかね。あくまで主観ですが、Parellelsの上でXPを走らせるよりも快適です(MacとWinが別のCPUで並列で走ってるのだから、当然かな?)。さらに、ファイルの共有もしてくれます。

ただ、最大の欠点は、Remote Desktopのサーバ機能は Windows XP ならProfessional でしか使えないこと。Vista なら Business 以上が必要。あとは、Windows Server 2003 or 2008。 残念ながら、NB100 標準の XP home では使えないので、XP pro に入れ替えてやる必要があります。
 
 
---

てなわけで

普段は Mac を使っているユーザーがたまぁにWindowsを使う必要がある場合、もっとも便利で快適でコストパフォーマンスが良い方法は、安い PC を買ってきて、必要なら OS を入れ替えて、Remote Desktop で繋いでしまうことじゃないかなぁと、思うわけです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

NB100 のOSを XP Pro にしてみた

 
MacBook と NB100 のメモリを増設してみた(2009.03.31)……のつづきです。
 
 
 
エイプリルフールネタが全く思いつかないので、昨日の続きの単なるメモ。
 
メモリを増設したついでに、東芝 NB100 の 「Windows XP Home」 を、「XP Professional」 に載せ替えてみました。

理由はいろいろあるのですが、なによりも XP Home ではリモートデスクトップが使えないので。

わすれないうちに注意点をメモしておきますが、もちろん全て自己責任。
 
 
その0 ライセンス違反をしない

今回は、XP Pro のSP2版を導入しました。

ちなみに、NB100 にプレインストールされているのは XP Home SP3です(netbookは、どれでも同じでしょう)。これは、XP Pro の SP2 でアップグレードはできませんので、必然的にOSを新規導入することになります。すなわち、現在の環境はすべて上書きされてしまいます。
 
 
その1 リカバリディスク

マニュアルに従って、あらかじめリカバリディスクを作っておきます。基本ですね。

ちなみに、東芝純正ドライブでなくても、バッファローの安いUSBのDVDドライブで可能でした。
 
 
その2 ドライバの確保

HDDを上書きする前に、素のXP用のドライバ類を確保しておきましょう。ドライバは "C:\app&drv" のフォルダにあるので、これをバックアップしておきます。もしくは、東芝ヨーロッパのサイトから、ダウンロードしておきます。

このへんも参照
TOSHIBA NB100 Wiki
 
 
その3 HDDのモードの設定

BIOSでSATAをIDEモードにします。

素のXPは、AHCIモードではインストールできません。XPを最近のマシンに新規インストールしようとするとき、まずひっかかるのはここですかね。
 
 
その4 普通にインストール

普通の外付けUSBのCDドライブから、普通にXP Pro をインストールします。その後、普通に各種ドライバを設定し、普通にSP3までパッチを適用して、完成。
 
 
これで、リモートデスクトップが使えるようになりました!!
 
 
つづきます。

MacBook から、リモートデスクトップで NB100 を使ってみた(2009.04.02)
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »