« J2第05節 岡山 1-1 札幌 | トップページ | MacBook と NB100 のメモリを増設してみた »

2009.03.31

今日のいろいろ 2009年03月30日

 
ブックマークが苦手なので、気になる記事があるたびにブラウザのタブが増えていく。で、たまったところでメモにするので、順番とか滅茶苦茶。

 
---

4月1日

世界中で1200万ものマシンに感染していると推定されるConfickerワームですが、こいつは4月1日に活性化するよう仕掛けられているらしいですよ。

憶測が飛び交う:4月1日に何が起きる? Confickerワームに謎の設定 - ITmedia News(ITmdia、2009年03月24日)

Confickerワームは4月1日に活動開始?(スラッシュドット、2009年03月24日) 

なにが起こるのかは、わからないのね。エイプリルフールネタならいいけど。

 
---

リスク評価

巷で大きな話題の記事。

一般に大きなリスクがあるといわれるXSS脆弱性は、本当にそれほど重要な問題なのだろうか? 先に対処すべき問題はたくさんあるんじゃないのか? という問いかけ。

世間の認識と脅威レベルのギャップ——XSSは本当に危ないか?(@IT、2009/3/17)

現場毎にリスク評価をきちんとやろうというのは、当たり前といえば当たり前なんだが。でも、実際には、「XSSとSQLインジェクションとどちらを優先する?」なんてことを、自分の責任で判断できるサーバ担当なんて、多くはないだろう。

誰でもわかるガイドラインがあればいいのだろうけど。
 
---

フィルタリング解除

携帯のお子様用フィルタリングは、対象者の約半数が解除しちゃってるよ、というおはなし。

フィルタリング対象者の約半数が「フィルタリングを解除」——MMD 研究所調べ(JapanInternet.com、2009年3月24日)


 
---

10大攻撃手法

わかりやすい。攻撃手法について、ITに詳しくないおじさま方への説明に使える資料。

「10大脅威攻撃手法の『多様化』が進む」を公開(IPA、2009年3月24日)

 
---

セキュリティ技術動向

情報セキュリティ技術動向調査(2008 年下期)(IPA、2009年 3月23日)


 
---

2008年上半期の情報漏洩

件数については、増加傾向に転じたそうです。

2008年上半期 情報漏えいインシデント報告書(速報版 Ver.1.1/2009.2.20改訂(JNSA、2009.2.20)

 
---

GIFAR

画像ファイルやらOfficeファイルのなかに悪のJAVAアプレットが仕込まれ、閲覧しただけで実行されてしまうという攻撃だそうです。

GIFを隠れ蓑に悪性Javaを勝手に実行(ITpro、2009/03/26)


 
---

コンプライアンス

社内に違法コピーソフトが蔓延していたら、あなたはどうする? というおはなし。

社内は違法コピーソフトだらけだった。どうする?(スラッシュドット、2009年03月26日)

 
---

泣きっ面にはち

気象データの配信システムの障害の件。

三つの障害が連続発生、気象データ配信システムのダウンの経緯が判明(ITpro、2009/03/17)

 
---

経済産業省vs文化庁

ブルーレイディスクの価格に、著作権利者団体への保証金を上乗せにするかしないかの件。情報機器メーカーの反対により延期だそうです。

ブルーレイ課金が延期、メーカー側の反対で(INTERNET Watch、2009/03/24)

ブルーレイ課金延期=経産省との調整終わらず−文化庁(Yahoo!ニュース 時事、3月23日)
 
 
対立の構図をひとことで言ってしまうと、こんな感じ?
 
 
文化庁と著作権利者団体(デジタル私的録画問題に関する権利者会議)の言い分

「デジタル放送を録画できるブルーレイディスクには、権利者保護のため私的録音録画保障金を上乗せして売るべきだ!」
 
 
経済産業省と情報機器メーカー(JEITA・電子情報技術産業協会)の言い分

「デジタル放送にはダビング10のようなコピーコントロールのための技術的な措置が為されているのだから、ブルーレイディスクに私的録音録画保障金を上乗せする必要はない!!」
 
 
僕は、後者の方が正しいと思う。コピーできないのなら、ディスクへの課金なぞいらんだろ。逆に、ディスクに課金を上乗せするのなら、コピーOKにすべき。両方を望むのは厚かましいぞ、文化庁!
 
 
おまけ。

補償金制度“そもそも論”を議論する「基本問題小委員会」設置(INTERNET Watch、2009/03/25)

 権利者の利益を不当に害しない公正な利用であれば、許諾なしに著作物を利用できるようにする、いわゆる「フェアユース規定」については、一部委員から導入に反対する声も寄せられている。

文化庁は、文化を守る気なんてないだろう。

 
---

「オーマイニュース」失敗

【ネット】2008年メディア状況を象徴 オーマイニュース失敗の「意義」(asahi.com、2009年2月10日)

オーマイニュース、市民記者ニュースサイトを4月24日で完全閉鎖(INTERNET Watch、2009/03/25)

ネットで新しいことをしたいのなら、まずはネットを知らないと。他の世界の常識をネットに持ち込もうとしても、無理不可能。


 
---

中学生の生活する力

国立教育政策研究所による、中学生の技術・家庭における基礎・基本となる知識、生活で活用する力についての調査結果だそうです。

国立教育政策研究所の調査結果がおもしろい(Okumura's Blog、2009-03-26)

特定の課題に関する調査(技術・家庭)( 国立教育政策研究所教育課程研究センター)

ネット関係の知識もおもしろいけど、環境関連やら消費者生活に関する結果も、なかなかおもしろい。

 
---

コンタミ

欧州各国に散らばる20もの犯罪現場で特定のDNAが検出され、捜査当局を悩ませていた問題が解決したそうです。なんでも、各国警察が使っていた綿棒が、製造元の段階でそのDNAに汚染されていたそうな。

欧州の20近くの犯罪現場で検出されたDNA、綿棒が「最重要容疑者」(スラッシュドット、2009年3月24日)

そんなことがあるんだ。科学捜査の技術が進歩すればするほど、この手の問題は増えるのだろうなぁ。

 
---

「有機」「オーガニック」の胡散臭さ

「奇跡のリンゴ」自体はすごい事かもしれないが。しかし、それを無条件に賞賛する人々の中には、ちょっとお馬鹿もまじっているよ、というおはなし。

スチュワーデスが見える席(Tech-On!、2009/02/13)
 
 
おまけ

無農薬栽培農産物は本当に健康に良いのか?(農業協同組合新聞、2007.11.22)
 
 
もうひとつ

あなたにとってより良い食品を食べること、オーガニックだろうとそうでなかろうと(食品安全情報blog、2009-03-23)

人々は「有機」ならより良いに違いないと信じている。
 
USDAの定義によればオーガニックは販売促進プログラムの一つであり、食品の安全性や栄養とは関係ない。


 
---

マイナスの光子

よくわかんないけど。

「マイナス1個の光子」観測──阪大大学院生らが成功(日経ネット関西版、2009/03/23)

「マイナスの光子」が観測される(スラッシュドット、2009年03月26日)

光子力研究所の弓教授が発見したわけではないらしい。

 
---

医師の労働条件

医師達の過酷な重労働が問題になっていますが、かの有名な愛育病院が、医師の勤務条件について労働基準監督署から是正勧告をうけたそうです。で、それに応じると24時間態勢が維持できなくなるということで、東京都の総合周産期母子医療センターの返上を申し出たそうです。

愛育病院が総合周産期センター返上申し出 当直維持困難(asahi.com、2009年3月26日)

なんとか、患者さんもお医者さんも幸せになる方法はないものか。

それはそれとして、都の対応がなかなか笑える。

 都は25日、「労基署の勧告について誤解があるのではないか。当直中の睡眠時間などは時間外勤務に入れる必要はないはず。勧告の解釈を再検討すれば産科当直2人は可能」と病院に再考を求めた。

労基署を舐めすぎ。

それに、労基署の勧告の解釈の再検討を、病院に求めるのはどう考えてもおかしいだろう。病院と労基署の間の問題に対して、都が責任を取れるわけ無いのに。

労働者を守り、同時に医療も守るのが仕事の厚生労働省が、どのように対応するのか、ちょっと楽しみ(不謹慎だけど)。もしかして、裏でシナリオができているのか?
 
 
おまけ。詳しい解説。

愛育病院の続報(新小児科医のつぶやき、2009-03-27)

 
---

延命治療を望むかどうか

末期ガンの患者を対象に調査したところ、意外なことに、普段から祈りを捧げている信心深い人の方が、そうでない人よりも、延命治療を望むという結果がでたそうです。

信心深い人ほど延命治療を望む?(スラッシュドット、 2009年03月23日)

たしかに、まったく信心がない僕としては、末期ガンになってしまったら延命治療なんていらないなぁ。……とか言いつつ、実際に末期ガンになったら、どうなるかわかんないけど。

 
---

がん対策市民協働プログラム

市民の手による地域発のがん対策プロジェクトを募集するそうです。

地域発:がん対策市民協働プログラム(がん政策情報センター)
 


日本医療政策機構・市民医療協議会・がん政策情報センターでは、市民の手による地域発のがん対策プロジェクトを募集し、優れたプロジェクトに対し、3年間に1件最大1100万円の支援を行います。目標は3万人の命を助けること。
そのために、各地の優れた取り組みに磨きをかけ、全国のみんなで共有できる体制を整えます。

 

|

« J2第05節 岡山 1-1 札幌 | トップページ | MacBook と NB100 のメモリを増設してみた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のいろいろ 2009年03月30日:

« J2第05節 岡山 1-1 札幌 | トップページ | MacBook と NB100 のメモリを増設してみた »