« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.26

今日のいろいろ 2009年02月25日

すちゃらかサラリーマンでも、年度末はいろいろと忙しい。

 
---

医薬品のネット販売

三木谷社長が激怒「なぜ医薬品ネット販売の議論避けるのか」 - 厚労省検討会(マイコミジャーナル、2009/02/25)

楽天やyahooがネット販売の維持にこだわるのは当然としても、厚労省がどうしてこんなにネット販売禁止にこだわるのか、よくわかんない。
 
---

Excel のゼロディ

エクセルの新たな脆弱性が発見されたそうです。ほとんどのバージョンがやばいらしいですよ。

Excelに新たな脆弱性が発見される(スラッシュドット、2009年02月25日)

Excelに新たなゼロデイ攻撃(ITpro、2009/02/24)

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (968272)Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される(Microsoft、2009年2月25日)

 
---

携帯の位置情報

110番通報すると、あなたがどこにいるのか、位置情報が自動的に警察に送られています。

携帯電話、IP電話等からの110番通報における位置情報通知システムの運用について(警察庁生活安全局地域課、平成2 1 年2 月1 9 日)(PDF)

 
---

Google ブック検索

日本の本も、googleで中身を検索できるようになるのね。

日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルDBに(YOMIURI ONLINE、2009年2月25日)

作家の正当な権利が守られなきゃならんのは当然として、一方で、時代の流れとして本の電子化は避けられないだろうな。

それはそれとして、日本の作家や出版社は、米国でgoogleと著作権者が派手に争っている間、なにもせずに様子を見ていただけなのかな? で、いまごろビックリしているの?
 
 
Google ブック検索著作権集団訴訟和解のための和解管理ウェブサイトはこちら

Google ブック検索に関する権利保持者への和解通知 - 書籍および挿入物のレジストリ(Google ブック検索)


 
---

Black Hat 2009

Black Hatというのは、国際的なセキュリティカンファレンス、要するに世界中からハッカーさん達があつまっていろんなテクニックを発表する場です。

「インテルTXT」のセキュリティ機構に脆弱性、専門家が詳細を公表(Computerworld.jp、2009年02月20日)

その他まとめ

Black Hat 2009の資料(yebo blog、2009/02/22)


 
---

情報処理技術遺産

情報処理技術遺産ってのが、認定されたそうです。

情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定制度を開始(情報処理学会、平成21年2月23日)

情報処理学会、初の「情報処理技術遺産」を認定(PC Watch、2009年2月23日)

ファミコンがリストにないのは、おかしいと思う。
 
---

落雷、停電

ご家庭のPCを、如何にして守るかというお話し。

落雷、停電、電磁波対策どうしてますか?(スラッシュドット、2009年02月23日)

 
---

サイバークリーンセンター

政府のセキュリティ関連サイトが、NHKが番組中で取りあげられた直後、アクセス集中でおちたそうです。

NHKボット特集番組の影響でCCCにアクセスが集中 - サーバや回線増強も追いつかず(Security NEXT、2009/02/20)

一種の分散DoS攻撃ですね。

Cyber Clean Center サイバークリーンセンター

 
---

PCI DSS

PCI DSSというのは、クレジットカードデータのセキュリティ基準です。

最新情報を入手:PCI DSS団体の国内連絡会が発足(ITmedia、2009/02/20)

PCI SSC PO Japan 連絡会

 
---

ネット乞食

フリーで人気ソフトを公開していた開発者が、あまりにも身勝手なユーザの要求に耐えかねて、ソフトの開発を中止してしまったというおはなし。

無料ソフト「PSP filer」開発者、ユーザーからの「文句」を腹に据えかねて開発・公開中止(スラッシュドット、2009年02月22日)

これも、「コモンズの悲劇」の一種といえるかな。

 
---

Gmailトラブル

Gmailに、世界規模で障害が発生したそうです。

Google Japan Blog: Gmail の不具合について(Google Blog、2009年2月24日)

Google Japan Blog: Gmail 復旧についてのご報告(Google Blog、2009年2月25日)

 
---

学生のセキュリティ意識

学生のセキュリティ意識は、社会人のそれと比べて非常に低いというおはなし。

トレンドマイクロ、情報セキュリティ意識調査結果を発表 新社会人と社会人の情報セキュリティの意識・スキルの違いが明らかに(TREND MICRO、2009/2/24)

学生だけでなく、教員まで含めて大学関係者の意識はとても低いと思う。

……最近の大企業は、ちょっと神経質になりすぎのような気もしないでもないけど。

 
---

携帯のモラルと規制

ITに関する「情報モラル」や「ガバナンス」を考えるワークショップ、「ハイパーネットワーク2009」に関する記事。

「間違いだらけのケータイ議論」千葉大の藤川准教授が指摘(INTERNET Watch、2009/02/23)

「mixiって何ですか?」大分県の現役高校生が語るケータイ事情(INTERNET Watch、2009/02/23)

ハイパーネットワーク2009ワークショップin別府(財団法人ハイパーネットワーク社会研究所)


 
---

携帯のコンテンツフィルタリング

強力なフィルタリングは、ビジネスの芽をつぶしてしまうというおはなし。

第2のモバゲーを潰す?——フィルタリング光と闇(ASCII.jp、2009年02月23日)

 
---

化学物質審査規制法

新たな科学物質の危険性を検査するのではなく、市場に出ている全ての化学物質を監視するのだそうです。

政府、全化学物質を監視対象に 法改正で予防対策を強化(47NEWS、2009/02/23)

全化学物質を監視対象に法改正か ?(スラッシュドット、2009年02月25日)

化学物質審査規制法の見直しについて(環境省)
 
 
欧州のREACH(化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則)に関する情報はこちら

REACH関連情報(環境省 化学物質をめぐる国際潮流について)

 
---

遺伝子組換え食物

GMに関する報道のゆがみは、なんとかならんものか、というおはなし。

遺伝子組換え作物の作付面積が、昨年も増加(松永和紀blog、2009-02-16)

 飼料の国産化を目指すのは私も賛成だけれど、生協やGM反対派の市民団体などに古い情報を吹き込まれて、こんな「恨み」に基づいて張り切るのも、なんだかなあ、と思う。  米モンサントが、遺伝子組換え(GM)小麦の開発に躊躇したのは事実だし、消費者が受容してくれるかどうかを懸念してのことだったと私も思うけれど、それはかなり昔の話。モンサントの動きは目立たないし、GM小麦の商用化はまだだが、ほかの多くの研究機関で開発が進んでおり、米国でもこれまでに400件以上の圃場試験が行われている。オーストラリアも、干ばつ耐性小麦の開発に意欲まんまんに見える。  それに、米国人はGMトウモロコシで作られたチップスやコーンブレッドも食べている。

 日本の農家が、古い偏った情報で動いてしまう要因の一つは、やっぱり報道のゆがみだろう。


 
---

JASRAC

JASRACの音楽著作権管理、排除措置命令へ 公取委(NIKKEI NET、20090225)

正式な発表はまだ。

 
---

冗長な英文をさける

IT業界を生き抜く秘密10箇条 冗長な英文を避けるための10+の方法--上級者編(ZDNet Japan、 2009年2月24)

 
---

動物が植物を治療する

なんとびっくり、傷ついた植物を、動物が治癒するのだそうです。

昆虫による植物組織の修復・再生現象の発見(産業技術総合研究所、2009年2月25日)

兵隊アブラムシが植物の傷を自身の体液凝固を利用して塞ぐのみならず、口針で再生を促す。

動物が植物の創傷を治癒するという前代未聞の現象。

植物の成長や育成の制御に応用できる新たな展開を期待。

人間による農林業は?
 
---

デブリ

すでに、深刻な問題らしいですよ。

人工衛星衝突による宇宙ゴミでハッブル宇宙望遠鏡の修理がピンチに( 2009年02月21日)
 
 
デブリは衛星やロケットの破片だけではなくて、カメラや工具や手袋など、いろんなものが衛星軌道をかっとんでいるそうです。

人間が出した「宇宙のゴミ」8選:小さくても破壊力絶大なゴミが大量に( WIRED VISION、2009年2月25日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.25

ニセの二次元バーコードをつかった詐欺

最近、看板やポスターにはQRコード(二次元バーコード)が印刷されていることがよくあります。

このコードをカメラ付き携帯でスキャンすると、詳しい情報が掲載されたサイトに接続される、とっても便利なものです。
 
 
しかし、便利な仕組みは悪人も狙っています。

任意のQRコードは誰でも作れます。そして、ここで問題にしているポスターや看板は公衆の場にあるもので、だれでも近づくことができるものです。ですから、悪人が、ポスターの上にニセのQRコード貼り付けてしまうことも可能です。

そうすると、何も知らないユーザー(の携帯)は、ニセQRコードに騙されて、悪のサイトに誘導されてしてしまう可能性があるわけです。

……よく思いつくな、こんな手口。

ユーザの対応としては、QRコードをスキャンした時、誘導先のURLをよく確認するしかないのだけど、とはいってもそのURLが果たして本物なのか、見分けるのは難しいよねぇ。ホント、こまったもんだ。
 
 
QRコードを使ったフィッシングに気をつけろ!(スラッシュドット、2009年02月21日)

QRコード〜人間には読めないURLの罠/知って得するドメイン名のちょっといい話 (Web担当者Forum、2009年2月19日)

- 再掲:au携帯電話のバーコードリーダでジャンプ先URLが偽装される(2005年4月)(高木浩光@自宅の日記、2007年02月24日)
 
 
でもこれ、上のスラドのコメントにもあったけど、QRコードに限らない問題ですよね。

例えば、ポスターに書かれた問い合わせ電話番号の上にニセ番号を上書きするだけでも、ほとんど同じことです。その電話番号が本物かどうかなんて、普通のユーザは確認しようがない。電話番号だけでなくて、住所や、サイトのURLでも、本質は同じです。

いったい何を信じていいのか、なにごとも真偽を見分ける能力こそが必要な世の中になってしまったということなんでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.24

コンソメとブイヨン

 
どうでもいいことですが。「コンソメ」と「ブイヨン」って何が違うのか知ってました?

ふと気になっただけなんですが、こんなどうでもいい疑問もすぐに検索できるのが、ネットのいいところ。
 
 
まずはブイヨン。

ブイヨン(仏:Bouillon)とはフランス料理において用いられる出汁のうち、主としてポタージュやスープの基本素材となるものを指す。

(中略)

牛、鶏、魚などの動物質と野菜などをともに長時間煮込んで作るが、この全体がポトフ、汁の部分を取り出したものがブイヨンである。

ブイヨン(Wikipedia)


 
 
次にコンソメ。

もともと「コンソメ」とは、仏語で「完成された」の意味で、中世から見られるようになった。基本的な作り方は、牛肉・鶏肉・魚などからとった出汁(ブイヨン)に脂肪の少ない肉や野菜を加えて煮立てる。

コンソメ(Wikipedia)


 
 
牛、鶏、魚、野菜を煮込んだ汁が「ブイヨン」、ブイヨンを使って出来たスープが「コンソメ」。要するに、「ブイヨン」は調味料で、「コンソメ」は料理名なわけですな。

ですから、「コンソメ味の調味料」というのは、厳密に言うとちょっと矛盾した存在だったりするのかもしれません。
 
 
ちなみに、スーパーで市販されているコンソメとブイヨンの違いについては多くの人が悩むらしく、食品関連のメーカーのサイトにはいろいろと情報が掲載されているようです。

市販のコンソメとブイヨンは、どちらも塩分が含まれており、手軽に使えるようになっ ています。でも、湯で溶いてみると、コンソメはしっかりとした味の澄んだスープになり、ブイヨンは素材の味が強い少し濁りのあるスープになるので、その違いがわかります。

知って得する豆知識 コンソメとブイヨンって違うもの?(KAGOME)


 

日本では「コンソメ」とブイヨンは混同されがちですが、ブイヨンとは肉と香味野菜、ブーケガルニで煮出したもの。一方「コンソメ」は、ブイヨンをベースに、さらに手間ひまをかけて調理した、完成されたスープなのです。

「コンソメ」のおいしさのひみつ(味の素KK)


 
ふむ。食品メーカーの情報によると、市販のブイヨンとコンソメは異なるもののようですね。
 
 

市販品の固形コンソメやブイヨンキューブという呼び方は、商品名というだけで、内容的にはほとんど同じ、メーカーによって多少風味の差があるくらいです。

食の生活110番: 「コンソメ」と「ブイヨン」って同じもの?(東京ガス)

アレ? 商品名が違うだけ? 謎はかえって深まってしまった。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.23

路面電車を借り切って宴会(追記あり)

 
鉄オタな知人が本を出版した記念の宴会を行うということで、ひとことお祝いを言うために、参加させていただきました。

で、その宴会の会場なんですが、なんと札幌市営の路面電車。さすが「鉄」。
 
 
「すすきの」から「西4丁目」を経由してまた「すすきの」までの約2時間半、市電を一両借り切って、降りしきる雪の隙間にネオンをみながら、飲めや歌えの大宴会。

停留所で電車を待っている人々の「寒い中まっていたのに、せっかく来た電車が貸し切りとはどういうことだ! しかも、電車の中でカラオケしてやがるぞ、こいつら!!」という、冷たい視線が痛かった。(でも、ちょっと快感)。

わたし的には札幌市電貸切宴会は2回目の経験なんだけど、親しい仲間の宴会にはおすすめですよ、これ。
 
 
貸切電車に興味ある人はこのへん参照

実は「貸切」にできます、札幌の市電(札幌市)
 
 
 
(2月23日追記)もっとも肝心な、本の紹介を忘れてました。

北海道 化石としての時刻表(柾谷 洋平)

ちょっと凄い本ですよ。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.20

今日のいろいろ 2009年02月19日

どうしてこんなに眠くてだるいのか。

 
---

見積もり2億円のIP電話が820万円の件

実際に大館市の職員さんにお話しを聞いたそうです

記事評「見積もり2億円のIP電話を820万円で構築?」(間違いだらけのネットワーク作り、2009/02/14)

ITproの記事はちょっと大げさ過ぎるかもしれない。それでも、大館市の職員さんがやったことが素晴らしいのは、間違いない。他の自治体や大企業が真似できるとは限らないけど……てな感じかな。
 
 
もとねた
見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること(ITpro、2009/02/10)


 
---

Web 2.0

“Web 2.0″という言葉は死んだ(TechCrunch、2009 年 2 月 16 日)

Web 2.0という言葉は死んだ?(スラッシュドット、2009年02月17日)

「Web2.0」なんて下品な言葉が、5年ももつとは思わなかった。

ちなみに、「クラウド」って言葉もすぐに消えると思うよ。

 
---

出会い系サイト

平成20年中のいわゆる出会い系サイトに関係した事件の検挙状況について (警察庁、平成21年2月19日)

PDFです
 
---

BGPの混乱でインターネットが停止

BGPというのは、世界中のプロバイダ同士が、どんな経路で通信すればいいのかの経路情報を交換するための約束事です。

あのプロバイダに接続されている、あの会社の、あのWWWサーバに対して通信を送るときには、このプロバイダのこの通信機器と、そのプロバイダのその通信機器を経由して電気信号を流せばいいよ……てな情報を、すべてのプロバイダの通信機器同士が交換しているわけですな。

肝心なのは、すべての経路情報を責任をもって管理している人は、世界中のどこにも存在していないこと。経路情報はあくまで個別のプロバイダとプロバイダの関係で決まり、自分宛の通信の経路情報は自分で世界に発信しなくてはならない。で、自分に関係する経路情報を、変に間違えて世界中に発信してしてうプロバイダがあると、インターネット全体が麻痺してしまう場合があるわけだ。

今朝、インターネットが壊れました(Geekなぺーじ、2009/2/17)

2月17日早朝、インターネットに障害発生 - スラッシュドット・ジャパン(スラッシュドット、2009年02月19日)

インターネットでルーティング障害発生(yebo blog、2009/02/17)

BGP情報の混乱によるインターネット障害 (NCSIRTアドバイザリ、2009年2月17日)

3/11 (invalid or corrupt AS path) (Cisco NSP、Feb 16, 2009)

Reckless Driving on the Internet - (Renesys Blog、February 16, 2009)
 
 
インターネットというものは、全体の責任者なんてものが存在せず(約束事を作る人たちはいるけど)、あくまでプロバイダの集合体でしかないということを、再認識させてくれる事件かもしれません。
 
---

弾丸を避けるスーツ

飛んでくる弾丸を検知し、避けてしまうスーツが開発されそうです。

IBM、飛んでくる銃弾を避けるリアル「ガン=カタ」スーツの特許を取得(Engadget Japanese、Feb 15th 2009)

スナイパーから身を護るバイオニック・ボディアーマー、IBMが特許申請( スラッシュドット、2009年02月17日)

このスーツは、飛んでくる弾丸を検知するミリ波やレーザーのレーダーと連動し、狙撃された着用者をむりやり助けてくれる機能があるそうです。

気になるのは、弾丸を回避する仕組み。

人体各部の筋肉に直接あるいは間接的に電気的刺激を与え、着用者の姿勢や体重・弾丸の軌道から総合的にもっとも被弾確率の低い、あるいはダメージの少ない回避戦術をとるとされています。

(Engadget Japanese)

要するに、着用者の筋肉に電流を流し、むりやり弾丸を避ける姿勢にさせるのね。いろんな意味で、すげぇ発明だ。

 
---

ケスラーシンドローム

ついに起きてしまった人工衛星衝突“使えない高度”が現実になる時代に(日経BPネット 松浦晋也の「宇宙開発を読む」、2009年2月16日)
 
 
もとねた

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ごみ発生(YOMIURI ONLINE、2009年2月12日)

 
---

地球のダイヤモンドリング

月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による半影月食時の地球の撮影の成功について(JAXA、平成21年2月18日)

うつくしい。

 
---

まんがやラノベを電車の中で読みたい!

電車の中であやしげな本を読んでると、どうしても横の人の視線が気になってしまいます。そんな時、とっても便利なしおり。

Blind Bookmark [ブラインドブックマーク](UN TROIS CINQ-アントワサンク)

文章はもちろん挿絵や写真などページごと隠すことができるブックマーク(しおり)。 斜めからは見えにくい特殊なシートを使用しているので、通勤・通学途中などの公共の場所でも周りを気にせず読書が楽しめます。

こりゃいいや。

 
---

放射性廃棄物

原発ごみ処分場の審査、100万年後まで考慮 米規制委(asahi.com、2009年2月19日)

 
---

ムー・ミステリー・コンテスト

ムー・ミステリー・コンテスト(日直地獄、2009-02-19)

応募したい。

 
---

申請書をOO.oで

札幌市の各種申請書、届出書は、基本的にMicrosoft Officeの様式で提供されています。

これを、オープンソースであるOpenOffice.orgに変換し提供してくれる団体がいらっしゃいます。

OO.oで作る札幌市申請書・届出書(NPO法人NEXTDAY)

OO.oで作る札幌市申請書・届出書(ホットコーナーの舞台裏、2009年02月19日)

これはおもしろい試み。
 
 
おおもと
札幌市申請書・届出書ダウンロードサービス(札幌市)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.18

卒業証書授与なんかも、名前でなくて番号で呼べばいいと思うよ

 
卒業式のビデオ撮影を禁止する学校があるんですって。それは別にいいけど、その根拠が「個人情報保護法」というのは、よくないと思うぞ。
 
 
「個人情報保護」のため卒業式の写真・ビデオ撮影を禁止?(スラッシュドット、2009年02月17日)

撮影ご遠慮ください、保護者から不満も 田辺中学卒業式(和歌山) (Yahoo!ニュース 紀伊民報、2月16日)

撮影ご遠慮ください、保護者から不満も 田辺中学卒業式 - (AGARA紀伊民報、2009年02月16日)

   同校では、本年度から式典で保護者に撮影をしないよう求めており、入学式の際は、保護者あての案内ハガキに「個人情報保護法により、写真・ビデオの撮影等ご遠慮ください」と記載したり、会場で協力を呼び掛けたりした。3月14 日の卒業式のハガキはまだ送付していないが、同様の文面にするという。  


別に、ビデオ撮影を許すか許さないかなんて、学校と保護者の間で勝手に決めれば良いことなんだけど。
 
 
でも、禁止の根拠として「個人情報保護法」という法律を掲げるのは嘘っぱちで、これはいかんだろう。

学校行事をビデオ撮影して、他の生徒が写った映像を勝手に公開する親がいるというのは、確かに困ったもんだ。もしかしたら、マナーの問題だけではなく、著作権や肖像権的に(ひょっとして児童ポルノ禁止法的にも?)問題がある行為なのかもしれない。しかし、少なくとも「個人情報保護法」とは関係ない。

少なからず反論が出ることがわかっている問題で、どうしてこんないい加減な対応するのかなぁ。余計な嘘をつかず、「マナーが悪い親がいるから禁止」でいいだろうに。

「問題がおこったら面倒くさいから、適当な法律の名前を掲げて禁止してしまえ」という、学校側のいいかげんな態度が見え見えな感じで、ちょっと気持ち悪いニュースだなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.17

宇宙世紀の「カウボーイ」と「宇宙船地球号」

 
ガンダムの世界「宇宙世紀」には、人類をほぼ統一した政府である地球連邦が存在します。

地球連邦政府がどのような過程で成立したかは劇中では語られませんが、その目的ははっきりしています。旧世紀から始まった爆発的な人口の増加に伴い、資源の枯渇を気にせずに開拓を続ける所謂「カウボーイ経済」が破綻、限られた資源のもとで地球を閉鎖系として捉える「宇宙船地球号の経済」への移行が人類にとって不可避となりました。そのためには、地球の周りに巨大なスペースコロニーを建設し、増えすぎた人口を宇宙移民させなければなりません。地球連邦政府は、全人類を統制しむりやり宇宙移民させることにより、地球環境を保全するために成立したのです。
 
 
しかし、人類の過半が地球の周りのスペースコロニーに移り住んだ頃、地球連邦政府にはその存在意義を揺るがす矛盾が生じてきます。

巨大なスペースコロニーを建設するためには、莫大な資源が必要となります。そのため、月はもちろん、小惑星帯や木星まで開発され、大量の資源が地球圏に向けて送り込まれました。人類を統制した地球連邦政府が太陽系を開拓することにより、人類は無限の資源を手に入れることができたのです。

この時点で、「宇宙船地球号」の概念は崩壊したわけです。人類は「宇宙船地球号の経済」から、古き良き時代の「カウボーイ経済」に回帰できるのです。言い換えると、地球連邦という人類を統制する統一政府の存在意義は無くなったはずでした。

しかし、地球連邦政府は、自らの矛盾を認めはしませんでした。地球に残ったわずかなエリートが宇宙移民者を支配するという政治システムを維持することに固執したのです。
 
 
地球から最も遠く、月の裏のラグランジェポイントに位置する宇宙植民地サイド3がジオン公国を名乗り、連邦政府からの独立を宣言したのは、ちょうどその頃です。

ジオンがたとえ連邦を離脱しようとも、巨大な連邦政府にとってはたいした損失はありません。ていうか、連邦に従わない辺境の植民地なんて、経済封鎖でもしてほうっておいてかまわないはずです。旧世紀の帝国主義時代の植民地とは異なり、スペースコロニー自体はなんの資源も生み出さないのですから。

なのに、連邦はジオンの独立を決して許さず、軍事力を行使して嫌がらせを始めます。なぜでしょう?

連邦としては、人類唯一の政府として木星や小惑星帯の無限の資源を独占してきた正統性が失われてしまうを避けたかったのですな。ジオン政府が連邦から独立すれば、当然、太陽系の資源に対する権利を主張するでしょう。そして、地球圏の維持にこだわる連邦を尻目に、無限の資源を利用してジオンは太陽系に進出していきます。いつかは、連邦を圧倒する国力を持つかもしれません。

連邦がジオンの独立を認めず、ジオンが実力で独立を勝ち取ることを決意したのは、こんな背景があるわけです。連邦とジオンによる一年戦争とその後につづく一連の争乱は、いわば矛盾だらけの「宇宙船地球号」を維持したい連邦と、宇宙を舞台にした新たな「カウボーイ経済」を求めるジオン(と、そのシンパ)の紛争なわけですな。
 
 
「宇宙船地球号の経済」とか「カウボーイ経済」とかは、1966年にアメリカの経済学者ケネス・ボールディングという人が言い出したそうですが、宇宙世紀になってもその概念は立派に通用しそうです。

もっとも、ボールディングは、「カウボーイ経済」は超克されるべきものだと考えていたようですが、僕としては正直言って「宇宙船地球号」の考えは、あまりにも息苦しいような気がします。はやく宇宙世紀になって、ジオンが目指したような宇宙を舞台とした新たな「カウボーイ経済」が実践される世の中がこないかなぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

一種の知的活動ではあるのだが、どうもサイエンスとは異質の作業であるらしい

 
とっても面白い本を読みました。

プレートテクトニクスの拒絶と受容—戦後日本の地球科学史(泊 次郎)

プレートテクトニクスといえば、クーンの言う「パラダイムシフト」の実例として良く挙げられますが、実際の科学の世界はいろいろと複雑なことが起こるらしいですよ。

1960年代後半に登場したプレートテクトニクス理論は、欧米では70年代初めには地球科学の支配的なパラダイムとなった。日本においても、地震学屋さんや地球物理学屋さん達は、この理論を抵抗無しにあっさりと受けれることができた。しかし、日本の地質学会だけは、旧態依然で超ローカルな学問を守ることに必死で、80年代に入ってもプレートテクトニクス理論を受け入れることができなかった。わずか数十年前の先進国のメジャーな学会で、なぜこんな異常な事態が起きたのだろうか? ……を解明した本。

第三者として今から振り返れば、たしかに当時の地質学会の科学者らしからぬ態度は、非合理きわまりなく感じる。しかし、著者はそれを一方的に批判するわけではない。当人達にとっては極めて合理的な理由があったことを明らかにすることで、サイエンスといえども人間の営みの一部であると結論づけているわけだ。
 
 
 
それはともかく。

全体が興味深い内容ばかりで、一気に読めてしまうのだが、中でも膝を打った(年寄り臭い表現ですが、本当に膝をうった)のが、ここ。

PT(プレートテクトニクス)をいち早く取り入れた地球物理学者が、人文学的な理由からPTを徹底的に拒絶している地質学会(地団硏)との間の、科学者としての「通訳不可能性」を実感している箇所。

PTを日本にいち早く紹介し、反対派との討論会にもしばしば参加した地球物理学者の上田誠也は「正直のところ、〔地団研の先端的研究者の諸説は〕大抵はなにをいっているのかわからなかった。そういうときは謙虚にどうも私にその『哲学』がわからないのだろうとおもったこともある。(しかし、後年になると、地団硏のかたがたのやっていることは一種の知的活動ではあるらしいが、どうもサイエンスとは異質の作業であるらしいと思うようになった)」と回願している。

(186ページ)

そうそう。「パラダイム」の概念とは違うかもしれないけど、「一種の知的活動ではあるらしいが、どうもサイエンスとは異質の作業であるらしい」と思う事って、良くあります。

僕が、池田清彦の本(構造主義と進化論)を読んだとき、強烈に感じたアレと、たぶん同じだろう。

もう少し弱いけど、福岡伸一のベストセラー(生物と無生物のあいだ)を読んで少しだけ感じた、アレだ。

茂木健一郎にも感じるけど、彼はわざとやってるのかもしれないなぁ。

ともかく、トンデモやニセ科学とは違う、でも現場の多くの科学者とは決定的な通訳不可能性のある、自然科学のようで自然科学でないような曖昧な分野、しかしなぜか人文科学者や文化人からは人気がある分野って、実際あるんだよね。

で、人文分野としてそんな思想があっても全然よいのだけど、なぜかこーゆーのに限って、世間では自然科学(理科)として扱われがちなのは、理科教育の面から見て困ったもんだと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.02.13

今日のいろいろ 2009年02月12日

 
ドラクエが延期? 忙しい年度末にでなくて良かったと考えよう。
 
---

駐車違反警告でマルウェア

駐車違反の車に貼られた警告にしたがって警察のサイトにアクセスすると、実はそこはニセ警察サイトで、トロイの木馬をぶっ込まれるそうです。

偽の駐車違反警告でマルウェアを広める新手法(スラッシュドット、2009年02月06日)

挟まれた紙には「この車は駐車違反を犯している。詳細はこのサイトにて確認を」といった内容が記載されているとのこと。指定されたサイトにアクセスすると駐車している乗用車の写真が掲載されており、自分の車を検索するためには「Picture Search Toolbar」をインストールするよう指示する文言が掲載されている。このツールバーをインストールするとアンチウィルスのふりをしたトロイの木馬が仕込まれる

よく考えるな、こんな方法。

 
---

ネットの儲け話

ネットを使って高収入! てな詐欺がはやっているそうです。

ドロップシッピングやアフィリエイトによる儲け話にご注意(スラッシュドット、2009年02月10日)

緊急消費者被害情報 ネットショップ運営やネット広告で初心者でも簡単に高収入が得られる? ドロップシッピングやアフィリエイトによる儲け話にご注意!!(東京都、平成21年2月5日)

ネットに詳しくない人ほど、ネットに夢をみるのかもしれないなぁ。

 
---

ペルチェ効果

コマツ、ペルチェ効果による世界最高効率の熱電発電モジュールを開発(スラッシュドット、2009年02月06日)

<CO2削減に効果を発揮する再生可能エネルギー>世界最高効率の熱電発電モジュールを開発・発売(株式会社KELK、2009年1月28日)

CPUに発電モジュールをひっつけて、その電力で冷却ファンをまわせないものか。

 
---

お掃除ジェル

キーボードを掃除するジェルが売れている(日経トレンディネット、2009年02月05日)

「キーボードお掃除ジェル」販売中(スラッシュドット、2009年02月08日)

鼻の頭の毛穴掃除のアレみたいだ。


 
---

ターゲット公共広告

Winnyを使用中のIPアドレスからアクセスすると、警告がでるそうです。

ターゲット公共広告「AC4ny」を開始(高木浩光@自宅の日記、2009年02月07日)

これを発展させれば、流出ファイル収集家や、ウイルス入りファイル頒布者、児童ポルノ収集家などに向けて、それぞれにそれ相応のメッセージを出すこともできる。ただ、そこまでやってよいのかどうかだ。

そのうち、掲示板で誹謗中傷を書いたIPの記録がお上に提出されて、特定サイトにアクセスすると「いじめ、かっこわるい」なんて表示されたりするようになるのかな。検索サイトでエッチな画像や著作権違反の動画を検索したIPの記録が流用されて、特定サイトで「まもろう著作権!」とか表示されたりするようになるのかな。

さすがに、アクセスされたIPに対して脆弱性のスキャンをかけて、「あなたのPCは危険です」なんて表示するサイトは、違法だろうなぁ。

 
---

ゴルゴメソッド

Wizard Bible vol.29(2006,11,7)

 kawa氏の「ゴルゴメソッド」は面白かった。これは、セキュリティ系のサービスを提供する際に、クライアントに「どこまでなら守れるのか」という意味で限界があることを伝える際に使う。

 「だって、いくら優秀なボディガードを雇ったって、ゴルゴに狙われたらおしまいですよね?つまりそういうことです。この○×侵入防止システムは通常のレベルの攻撃は防ぎますが、ゴルゴ級のハッカーを防ぐことはできないです。Gは無理です。」

 こう言えばクライアントも心の底から納得するという。

 
---

ガチャピンPC

“ガチャピン&ムック”仕様のミニノートを受注生産で販売——バンダイネットワークス(ITmedia、2009年02月06日)

ちょっと欲しい。

 
---

パブコメ

省庁が国民から意見を募る制度をパブリックコメントといいます。省令などを決める際には、パブリックコメントの結果を公示することが、法律で決まっています。なのに、早稲田大学の大学院生が実習課題で調査したところ、厚生労働省が未公示のまま放置した例が48件もみつかったそうです。

厚労省、意見公募やりっ放し 早大院生の指摘で結果公表(asahi.com、2009年2月7日)

パブリックコメントの結果公示遅れ、早大院生の実習で指摘(スラッシュドット、2009年02月08日)

法律を機械的に守ることが官僚の取り柄なんだから、ちゃんとやれ。

それはそれとして、重要な案件のパブリックコメントをフォローして、議論の行方をチェックするのは、マスコミにしかできないことだ。ていうか、それくらいしかないだろ、今のマスコミの仕事って。ちゃんとやれ。

 
---

ネットで薬販売

厚生労働省、医薬品の通信販売を規制する省令を公布(スラッシュドット、2009年02月08日)

ヤフー・楽天など、医薬品の通信販売継続を求める共同声明(INTERNETWatch、2009/02/06)

大衆薬ネット販売規制、6月から規制 厚労相が一転「再検討」(NIKKEI NET、2月07日)

どうなることやら。

 
---

ワクチンと自閉症は関係ない

関係があるとする論文は嘘だったそうです。

「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文のデータがフェイクだった by Times(忘却からの帰還、2009年02月08日)

「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文をめぐって(忘却からの帰還、2009年02月10日)

「フェイクな、自閉症とMMRワクチン」の報道がかけめぐる(忘却からの帰還、2009年02月12日)

「ワクチンで自閉症」の根拠に捏造(PSJ渋谷研究所X、2009年02月09日)

 
---

脳みそに関しての怪しげな神話。

脳に関する8つの神話(ListFreak、2009-2-4 )

 
---

ありそうな未来

妄想近未来がんセンター(前編)(freeanesthe フリー麻酔科医のひとりごと、February 03, 2009)

妄想近未来がんセンター(後編)(freeanesthe フリー麻酔科医のひとりごと、February 04, 2009)


 
---

臓器移植

なぜ臓器が足りないのか? そのとき何がおこるのか?(地下生活者の手遊び、2009-02-10)

臓器売買は容認できるか(NATROMの日記、2009-02-10)

 
---

進化論と倫理

めも

進化論と倫理、内井惣七、世界思想社、1996(絶版)……のpdf、ウェッブ版

Theories of Evolution and Ethics(Welcome to Ucci Uccini's Sites!)


 
---

応用哲学会

めも

応用哲学会

第一回年次研究大会のシンポジウムの内容の大枠が以下のように決定しました。

2009年4月26日(日)
京都大学文学部新館第三講義室

公開シンポジウム 「これが応用哲学だ!」

パネリスト  伊勢田哲治(京都大学)
       茂木健一郎(ソニーコンピュータサイエンス研究所)
       森岡正博(大阪府立大学)
司会     戸田山和久(名古屋大学)

 
---

13メートルのヘビ

史上最長13メートルのヘビ、コロンビアで化石発見(Yahoo!ニュース YOMIURI ONLINE、2月5日)

巨大生物は、想像しただけでワクワクするね。

でも、もしこいつが現代にいたら、そして目撃したら、こんな巨大な物を生物だと認識できるだろうか?

 
---

音楽専用USBメモリ

今度は「音楽専用」高級USBメモリが登場(スラッシュドット、2009年02月10日)

なんというか。……「ピュアオーディオ」の人って、大変だなぁ。

そもそも、PCで音楽を聴こうというのが、間違いだと思わないでもないが。
 
 
とても参考になる楽しいサイト

オーディオの基本と鬼門・その真実

 
---

宇宙線

デジタルオーディの音質について語るなら、ジッタとかはもちろんだけど、宇宙線によるメモリのソフトエラーを無視するわけにはいかないと思うんだ。

ぱっとググって出てくる記事をいくつか

宇宙線の影響によるネットワーク機器の誤動作(ネットワーク技術の覚書-Kaztan's Cafe、2008年01月11日)

Cosmic Ray Induced Soft Error(Radium Software Development、2006-07-12)

2008 IRPSレポート【ソフトエラー編】メモリで複数のビットが反転するソフトエラー(PC Watch、2008年5月2日)
 
 
オーディをルームを作るときには、宇宙線を遮断するのはもちろん、壁の材質自らが放射線を出さないことを確認しなくちゃいけないぞ。

 
---

衛星衝突

米ロの人口衛星が軌道上で衝突し、大量のデブリを発生させたそうです。

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ごみ発生(YOMIURI ONLINE、2009年2月12日)
 
 
ちなみに、デブリが一定の量を超えると、デブリとデブリあるいは人工衛星が衝突し、あらたなデブリが生まれてさらにそれが衝突し……てな感じでデブリの自己増殖が起こるんじゃないか、という説があるそうで、これを「ケスラーシンドローム」といいます

ケスラーシンドローム(Wikipedia)

スペースデブリの研究(JAXA)
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.12

PCに詳しい人が損をする世の中になったらイヤだなぁ

 
秋田県大館市で、メーカー見積もり2億円のIP電話システムを、たった820万円で職員が自力で構築してしまったそうです。

見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること(ITpro、2009/02/10)

まぁそんなこともあるだろうなぁ、という記事。

条件がわからないので見積もり2億円が妥当かどうかの判断はできないけど。でも、820万円の中には、作業を行った職員さん達の人件費やら技術料は入っていないだろし、単純に比較するのはどうかなぁと思ったりもする(この人、他の会社にいたら、もっと給料高いんじゃないかなぁ)。

それでも、かなり安上がりなのは間違いないだろう。納税者としては、この職員さんと役所は誉めてあげるべきだろうな。
 
 
それはそれとして、ちょっと意地悪な感想を言ってみると、……この記事によって、全国の自治体や中小企業の責任者が、へんな影響をうけなきゃいいなぁ。

ちょっとPCに詳しいだけの不幸な一般職員が、「君、PCに詳しいだろ? 大館市にならってシステムを安く作ってくれないか」なんて言われるの。

そして、「メーカーに頼らなくても、無料のソフトを使えば安くできるだろ」とか無茶苦茶言われたあげく、システム構築からメーカー対応から運用から障害対応まで全ての責任を押しつけられてしまう。なのに、システム担当以外の日常業務はそのまま。当然、給料もそのまま。目に見えるようだ。

PCに詳しいことを知られると損をする世の中になってしまったら、それはそれでイヤだなぁ。

(一部の業界(教職員とか)は、すでにそんな雰囲気らしいが)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

月刊マイクロソフトアップデート2月号

 
休日でも、代表が引き分けでも、関係なく今月も出ましたよ。


マイクロソフトが2月の月例パッチ公開、IE7の修正など計4件(INTERNET Watch、2009/02/11)

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて (MS09-002,003,004,005)(2/11)(警察庁 @police、平成21年2月11日)

2009年2月のセキュリティ情報(日本のセキュリティチーム、11 February 09)

2009 年 2 月のセキュリティ情報(Microsoft TechNet、2009年2月11日)
 
 
「緊急」が2件、「重要」が2件、合わせて4件。

IE7で悪のWebページを表示すると、それだけで悪のコードが実行される可能性があるんですって。さっさとアップデートしておきましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.10

「宇宙船地球号」の気持ち悪さ

 
我々の住む地球には、有限な資源しか存在しません。これを閉鎖系である宇宙船にたとえて、「宇宙船地球号」ということがあります。
 
 
この言葉を有名にしたのは、アメリカの思想家、バックミンスター・フラーさん。

地球の有限な資源を、ただ浪費してはもったいない。人類が力を合わせて、全ての人類が幸せになれるよう、地球外の無限の資源を獲得するために有効に使おうぜ……てな言い方をしています。かっこいい! なんてロマン溢れる思想でしょう。
 
 
 
でも、今日ふつうに使われている「宇宙船地球号」という言葉は、ロマンのかけらもない、ちょっと気持ち悪い意味で使われているような気がするんですよね。

たとえば

私たちが暮らしている地球が、大宇宙に漂っているひとつの宇宙船だとしたら、 動物も植物も、土や大気や意志さえも、同じ宇宙船に乗り合わせた乗組員なのかもしれません。 未来の”宇宙船地球号”乗組員のため、今私たちができることは?

素敵な宇宙船地球号(テレビ朝日)

これは、テレビ朝日の「素敵な宇宙船地球号」という、タイトルを聞いただけで体が痒くなりそうな番組のサイトからの引用です。要するに「自然を大事にしよう」「未来に資源を残そう」、まとめると「宇宙船をいつまでも維持するために、持続可能な生活をしよう」という事でしょうかね。世間のエコな人々が言っている「宇宙船地球号」は、まぁだいたい似たような意味でしょう。

地球を有限な系として想定するのはよいのですが、その上でフラーのように人類がより幸せになる方法を考えるのではないのです。そうでなくて、水や食糧も含めた全ての資源の循環システムを、ひたすら愛して守る事が大事なわけです。

で、自然を愛し、資源の循環システムを守るためにはどうすればいいでしょう。呑気なエコ活動家は自分勝手な個人エコ活動をやって自己満足をしていればよいのですが、まじめに考えれば、大量消費される資源の管理のために、国家を超えた人類全体の統制が必須です。豊かな生活をしている先進国の国民が大量消費をやめるか、大量の貧困層を抱える途上国が新たな発展をあきらめるか、いずれかあるいは両方を選ぶ必要があるわけです。

このためには、単純に宇宙船のたとえに従うのなら、船長(艦長)が必要になります。船長には、船の全てに権限があります。宇宙船の未来を見据えた上で、全ての資源の分配を決めることができます。資源を持つ国も、使う国も、資源を自由には扱えません。仮に、そんな船長にあたる機関ができたとすると(例えば国連の権限が強化されたとすると)、国家を超えた資源の統制というのは、言い換えれば環境ファシズムでしかありませんよね。

自然を愛し、資源を守り、持続可能な宇宙船を維持するというと、ちょっと美しい世界を想像しますが、それはファシズムに繋がるとっても気持ち悪い思想です。いつか旅の終わる宇宙船の中でなら我慢しますが、地球上でそんなのはごめんこうむりたいものです。エコな思想家のみなさんは、本当にそんな統制された世界がいいのですかね?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.09

臭い兵器 vs 音響兵器

 
日本の調査捕鯨船団に対して体当たり、信号弾、さらには酪酸を使った「臭いビン兵器」まで使用するシー・シェパードに対抗するため、捕鯨船団側が超音波をつかった長距離音響兵器で反撃したそうです。

シー・シェパードに「音のビーム」 捕鯨船が海賊対策の装置を初使用(MSN産経ニュース、2009.2.7)

使われた兵器はこれ?

長距離音響発生装置 LRAD1000 / LRAD500(CORNES DODWELL)

臭いビン攻撃への反撃なら、日本人らしく納豆やくさやを投げ込んでやるという手もあったと思うけど、ちょっと地味だよなぁ。

まぁ、本気の戦いと言うよりも国際的なアピール合戦なわけだから、どちらも死傷者をだして相手に口実を与えるわけにはいかないだろう。その上で、いかに派手に嫌がらせを行うか、あるいは守りきるかの知恵比べなわけだな。強制的に付き合わされる捕鯨船としては、迷惑な話でしかないが。
 
 
どうせなら、この音響兵器をボートに積んで抗議船を追い回し、夜中じゅう大音響を当てて寝かせてやらなければいいのに。どうせ何やっても反撃はないだろうとたかをくくってるだろうから、けっこう効くと思うぞ。

で、もし環境テロ組織に効果があるようなら、本当に海賊対策にもつかえるかもしれない。海の上なら、無制限の大エネルギーで超音波を発射できるだろうし、かなり遠くから狙い撃ちも可能だろう。今後は、危険地帯を航行する民間船に積極的に採用されるかも。そーゆー意味では、貴重な実戦経験とも言えるのかなぁ、不謹慎だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.08

J2は年間51試合もあって退屈しないぞ


やっと今季の試合スケジュールが発表になりました。

あらためて感じますが、年間51試合(+天皇杯)というのは、すごいスケジュールですねぇ。世界一過酷なリーグというのは伊達じゃありません。でも、数日おきに必ず試合があるというのは、選手達は大変でしょうが、サポータとしては退屈する暇がなくて、ちょっと嬉しいかも。

さらに、いつの間にやらJ2には新たな仲間が増えていたようで、アウェイ戦に遠征する楽しみも増えました。

なんといっても行きたいのは富山かな。でも、7月じゃ寒ブリは食えないし、水曜日は難しいかも。

熊本や鳴門も行ってみたいなぁ。鳥栖スタジアムも経験してみたい。

あと、岡山の桃太郎スタジアム、正田醤油スタジアム群馬、そして「ニンジニアスタジアム」略して「ニンスタ」。これらは、スタジアムの名前を聞いただけで、行ってみたくなる。

おそらく昇格の最大のライバルになりそうな仙台は、6月と10月か。宮城スタジアムなのね。

そして、最終戦はベルディと味スタ。ここに悲壮な覚悟で乗り込まざるを得ない状況は、なんとか避けたいものだが。

……日程を眺めているだけで、ちょっとドキドキしてきました。毎年この季節がもっとも楽しいのかもしれないなぁ。
 
 
開幕まで1ヶ月。仙台とのホーム開幕戦が楽しみで、寝られない日々が続きそうです。
 
 
本家サイトはこちら
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

今日のいろいろ 2009年02月04日

 
嫁さんがカゼで寝込んだため、いろいろ忙しい今日この頃。
 
---

マシン名

ネットワーク管理者が盛り上がる話題。

あなたの付けた、アレゲなマシン名は?( スラッシュドット、2009年02月03日)

90年代前半くらい、マシンに惑星の名前(Mercury、Venus、Mars、Jupiter等)がつけられているのを、複数の現場で見た記憶がある。しかしその後、そう、ちょうどセーラームーンが流行った頃から、そんな名前は減ってしまったような気がする。

 
---

光ファイバ切断

ネットワーク管理者が盛り上がる話題、その2。

道路工事で誤って光ファイバ切断、SANNETが不通に(スラッシュドット、 2009年02月04日)

とある牧場主が死んだ牛を埋めるために穴を掘ったら、北海道と東京の間の幹線が切れたことがあったな。あと、光ファイバの災難としては、クマゼミの産卵とキツツキの攻撃は定番。

 
---

DNAとプログラム

そろそろ例のプロジェクトについて言及するか (西尾泰和のはてなダイアリー、2009-01-31)

 
---

TCP/IPと人生

人生の全てはTCP/IPに学んだ(Geekなぺーじ、2008/1/29)

 
---

ビックブラザー

海の向こうの“セキュリティ” 英国で国民のPCへの令状なし侵入捜査を許可する計画(INTERNET Watch、2009/02/04)

 
---

惑星間インターネット

DTNとは(ITpro、2009/02/04)

DTN(delay/disruption-tolerant networking)は,中断や切断が多発したり,大きな伝送遅延が生じたりする“劣悪な”通信環境でも,信頼性のあるデータ転送を実現する通信方式である。もともとは惑星間インターネットといわれる宇宙空間の通信手段の研究から生まれてきたものだ。

 
---

喘息とホメオパシー

ホメオパシーなど代替医療の連中は、自分たちの主張に従って不幸になった患者さんに対して、責任を取れるのか? というおはなし。

喘息に対するステロイド治療を否定するホメオパシー(NATROMの日記、2009-02-01)

ホメオパシストのアドバイスのせいで不利益を被った人は、恐れずに、ホメオパシストの責任を問うてください。そうすることで、今後、不幸な人が増えるのを防ぐことができます。

もうひとつ

「善意」の居場所 [よしなしごと](Chromeplated Rat、2009-02-02)

思わしからぬ結果につながったときに、その代替医療の施療者の行為は、そしてあなたの善意は、その結果にもとづいて問われる責任にほんとうに耐えうるものであるのか、と云うことに思いを馳せてもらえれば、と思う。

 
---

口臭はDHCでは消えない

DHCなどが販売していた口臭や体臭を消す効果をうたったサプリメントに対して、効果に根拠がないということで、公正取引委員会が排除命令をだしたそうです。。

キノコのエキスで消臭「根拠なし」…公取委、7社に排除命令(YAHOO!ニュース読売新聞、2月3日)

DHCなどに排除命令(Archives、2009/02/03)

 
---

都市鉱山

下水処理した汚泥焼却灰から、大量の金が取れたそうです。

下水の汚泥から金を抽出、売却収入は500万円(スラッシュドット、 2009年01月29日)

下水の汚泥、焼いたら金…長野の施設500万円の収入(YOMIURI ONLINE、2009年1月29日)

長野県諏訪建設事務所は28日、諏訪市豊田の県の下水処理施設の汚泥焼却灰に1トンあたり1890グラムの金が含まれていたと発表した。

ちなみに、一般的な金鉱山では

経済的に金鉱山と言える物は平均して1000kgあたり0.5gの金を産出する必要がある。典型的な鉱山では、露天掘りで1-5g/1000kg(1-5ppm)、通常の鉱山で3g/1000kg(3ppm)程度である。人間の目で見て金と分るには30g/1000kg(30ppm)程度の濃度が必要で、それ以下の金山では鉱石内に金があることを人間の目で見分けることはほとんどできない。

(ウィキペディア))

……だそうなので、かなり高濃度なんでしょう。見た目でもキラキラ光っているかも。

それにしても、金メッキ工場って、そんなに大量の金を垂れ流しているんですねぇ。もう少し経済性を考えて、貴重な資源の回収にとりくめばいいのに。……ていうか、流域で健康被害(金中毒とか)は起きないのか? 

逆に言うと、公害病の原因となった重金属の垂れ流しは、貴重な金属資源の無駄遣いという側面もあるのだな。

 
---

投票用紙すりかえ

投票箱から偽用紙続々、本物とすり替えか…北九州市議選(読売新聞、2009年2月2日 )

 市選管によると、偽用紙には、小倉北区で名前らしき文字が書かれたものが1枚あり、他の19枚は白紙だった。他の選挙区では字の有無は未確認。市選管は、偽用紙を投票箱に入れて、代わりに正規の投票用紙を持ち出して、別の区の投票所で 使われた可能性が高いとみている。

大げさではなく、民主主義の根幹に関わる問題だと思う。買収やら逝去違反などとは比べものにならない重大な問題だ。こんな投票制度そのものに関わる不正を許してはならない。

 市選管は、小倉北、戸畑両区とも選挙長、立会人からの異議がなく、当落への影響はないと判断し、選管確定したとしている。「持ち込まれた票と正規の票の区別はできない」などとして、再点検は実施しない方針だ。

これは、再投票でもなんでもして、似たような事を企らんでいる全国の悪者に対して、絶対に不正は許さないとの姿勢を示すべきだと思う。
 
 
---

経済産業省が狂ってきている

経済産業省が、情報セキュリティ対策強化キャンペーン「CHECK PC!」というのを始めたんですが、そのサイトが凄いことになっています。

CHECK PC!(経済産業省)

セキュリーナの歌が頭からはなれない!

……お役所のこーゆーノリは嫌いじゃないけどね。もっとやれ。

 
---

イオンエンジン再点火!

太陽系の向こう側にいる「はやぶさ」が、ついに帰還の途につきましたよ。

小惑星探査機「はやぶさ」の現在の状況について−イオンエンジン再点火、地球帰還へ向け第2期軌道変換を開始へ−(JAXA、平成21年2月4日)

頑張れ!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.03

貧民食堂が無くなってしまった

 
東北大学出身の若い衆から聞いたのですが、東北大学の川内キャンパス名物、正式名称「川内第二食堂」、通称「貧民食堂」、略して「貧食」が、昨年夏に取り壊されてしまったそうです。

……知らなかった。

建物は、いつ崩壊してもおかしくないオンボロのプレハブ。薄暗い室内は捕虜収容所を思わせる貧乏くさいテーブルとイス。メニューはカレーとスパゲッティのみ。看板メニュー「貧食カレー」は、肉のかけらが入っているかどうかで、その日の運勢が占えるありがたさ。

当然のごとく女子学生はほとんど寄りつかず、むさ苦しい男子学生のみが食券を奪い合い黙々とカレーをむさぼり食うそこは、いつまでたっても垢抜けない東北大学をまるで象徴するかのような空間でした。

入学後、初めて貧食に入った時の衝撃は、忘れられません。「僕のキャンパスライフは、これか……」。まぁ、実際、そんなキャンパスライフだったわけですが(楽しかったけどね)。

そんな記憶しか残っていない貧食ですが、いざなくなったと聞くと、やっぱり寂しいですね。
 
 
 
そして、移転して建て直された新しい第二食堂の愛称は、……なんと「Bee ARENA Cafe」ですって。

10月6日(月)川内新食堂 Bee ARENA Cafe OPEN! (東北大学生活協同組合)

「貧食」と比べて、なんてハイカラなニックネーム。でも、今の学生さんには悪いけど、川内の地に横文字のニックネームは似合わないような気がするなぁ。

ベガルタ仙台戦に遠征するとき、ついでに行ってみよう。
 
 
 
おまけ。

取り壊される寸前の貧食の写真をいくつか

東北大学 # 学生食堂(ウィキペディア)

ちょっと見てきて:貧民食堂(@nifty:デイリーポータルZ)

Google ストリートビュー

在学中と同じオンボロさ。なつかしいなぁ。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.02.02

あのスニーカーはもう捨てたかい?

 
ネットワークで接続されていない機器間で、人間が走り回ってデータ転送をすることを、「スニーカーネット」と呼ぶことがあります。電気信号の代わりに「スニーカーを履いた人間」を媒介にしたネットワークですな。

スニーカーネット(ウィキペディア)

もともとは、ネットワークで接続すれば楽なのにわざわざ人力でデータを出し入れしている古くさいシステムをバカにする言葉だったらしいのですが、実はこのスニーカーネット、性能的には侮れなかったりします。

例えば、1GバイトのUSBメモリをつかって、手元のPCから隣のPCまでデータを移す状況を考えます。仮に1秒でメモリを差し替えることができたら、まぁ細かい計算は抜きにして、ギガビットイーサよりも速いといえるでしょう。大容量のメモリを使えば、さらに高速なデータ転送が可能ですね。

とはいっても、直接LANで接続できる距離なら、やっぱりネットワーク転送の方が楽です。でも、遠距離になると事情が違ってきます。高速な専用通信回線は高価ですし、インターネットは大量のデータを転送するには、速度も信頼性もいまいちです。

スニーカーネットの真価が発揮されるのは、遠距離で大量のデータを転送する場合です。例えば、東京ー札幌間でテラバイト単位のデータを転送したいと思ったら、DVDやらテープを持って飛行機に乗るのが、もっとも安くて確実な方法でしょう。宅配便で送ってしまえば、さらにお得です。(上記ウィキペディアの記事には、googleが数百テラバイト単位のデータをFedexで転送している例がでていますね)

飛行機でなくても、カタツムリ程度の速度があれば、ADSLよりも高速な通信が可能であるとの、まじめな(?)実験も行われていたりします。

このへん参照 (写真が笑える)

ADSLよりも速いカタツムリ通信(Engadget Japanese、Feb 9th 2006)


 
 
さて、そんな便利なスニーカーネットですが、便利なものには落とし穴があります。

短時間で大量なデータを転送できるということは、情報漏洩にもってこいの仕組みです。悪意のある泥棒にとっては、こんな便利な仕組みはありません。また、自宅でも仕事をしようと考える真面目な人も、ついメモリや私物PCにデータを入れて持ち帰り、帰宅途中で置き忘れたり、車上荒らしで盗まれたりするわけです。

さらに、逆にスニーカーネットを通じてウイルスが侵入してきたりもします。たとえば、世界中で問題になっているワーム「Downadup」等は、USBメモリを通じて感染を広げます。システムに繋がる多数のPCのうちたったひとつに、不注意な誰かがUSBメモリを指しただけで、システム全体がワーム感染の危機に陥るわけです。

要するに、PCにUSB端子がついているのが常識となった今日、システムのセキュリティ対策を行うためには、ファイアーウォールやら侵入検知システムやらのネットワークセキュリティ対策だけでは足りなくて、PCや記録メディア(メモリやテープやDVDはもちろん、SDカードやiPodや携帯も)の個別の管理も必須な時代になってしまったわけです。もちろん、ネットワークに繋がっていない単体の組み込みシステムも、USB端子がついている限り例外ではありません。

対策としては、シンクライアントを使うとか、ADのポリシーでUSBの制限を強制してしまうとか、それ用のセキュリティソフトとか、物理的にUSBの穴をふさぐとか、いろいろあるのですが、僕の知っている限り、中小企業や大学等では、たとえファイアーウォールにはお金をかけても、社員への通達などの運用的なもの以外の物理的な対策は全く行われていないところが多いような気がします。
 
 
で、ここからがやっと本題。

かねてから考えていたのですが、企業のセキュリティに携わる人間としては、PCメーカーさんに初めからUSB機能やDVD機能が使えないPCをつくって、企業相手に売り出してくれると、もっとも楽だったりします。サーバーや開発など特別な用途のPCには使えないだろうが、一般事務用のPCとして大量に売れまくるような気がします。

そこそこの性能のPCから、USB機能やDVD機能を削るだけでいいんだ。MacBook Airみたい格好よくなくていい。そして、「セキュリティ強化PC」として売り出す。もちろん大量導入が前提で安くする。

確かにださいPCです。しかし、シンクライアントのシステムやAD認証システムは大げさすぎると考えている中小企業が飛びつくと思いますよ。何よりも、管理者が楽できるし。

差別化に悩んでいる日本PC業界としては、こんなスニーカー禁止PCについて、一考の余地くらいあるんじゃないかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

札幌市民にラーメンを語らせると長いぞ

 
近所の貧乏くさいプレハブで細々と営業していたラーメン屋さんが、ちょうど僕の好みの味で、しかも安かったので、かなり頻繁に通っていたわけです。

そんな行きつけのマイナーなお店が、いつのまにかマスコミに取り上げられるようになって、ついには国道沿いの立派な店舗に引っ越してしまうというのは、デビュー当時から目をつけていた漫画家の作品がアニメ化されて一気にメジャーになったような、ちょっと複雑な気分だったりするわけです。

新店舗では、全メニューが少しづつ値上がりしていたりすると、なおさら……。
 
 
でも、移転しても、味は相変わらず美味しかったし、なにより僕の家族の顔を覚えていて声をかけてくれたりして、ちょっと遠くなったけどまた通ってしまうのだろうなぁ。

札幌市民のソウルフードはラーメンだな、やっぱり。
 
 
いよいよ明日オープン(ラーメン春一番 ちょっとアホな店長のブログ、2009-01-27)

春一番
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »