« 寝ている間に小人さんが勝手にメールを出してしまう | トップページ | インターネットのつながない機器こそ、セキュリティ対策を真剣に考える必要があるのに »

2008.12.18

月刊マイクロソフトアップデート年末特大増刊号

 
緊急のアップデートです。ここ一週間くらい大きな話題になっていた、Internet Explorer のかなりやばい脆弱性に対するパッチです。

すでにこの脆弱性を狙ったゼロディアタックもかなりの数が確認されているようで、最悪の場合、悪人のサイトをみるだけでPCを乗っ取られる可能性もあるそうです。さっさとアップデートしておきましょう。
 
 
Internet Explorerの未対策の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃、海外で被害増加中(スラッシュドット、2008年12月18日 )

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(警察庁 @police、平成20年12月18日)
 
 
MS08-078 : Internet Explorer の重要な更新 Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (960714)(マイクロソフトセキュリティホーム、2008年12月18日)

Internet Explorerのセキュリティ更新プログラム提供開始(マイクロソフト 日本のセキュリティチーム、18 December 08)
 

|

« 寝ている間に小人さんが勝手にメールを出してしまう | トップページ | インターネットのつながない機器こそ、セキュリティ対策を真剣に考える必要があるのに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊マイクロソフトアップデート年末特大増刊号:

« 寝ている間に小人さんが勝手にメールを出してしまう | トップページ | インターネットのつながない機器こそ、セキュリティ対策を真剣に考える必要があるのに »