« 迷惑メールのクリック率を実証実験 | トップページ | 祝! 10周年 »

2008.12.04

家庭用「氷感庫」がほしい……かな?(追記あり)

 
すでにいろいろなところで話題になっているようですが、つい先日TBSの「夢の扉」という番組で、新しい冷凍技術「氷感庫」というのが取り上げられていたわけです。

TBS「夢の扉」 NEXT DOOR

作っているのはここ。

氷感とは・・・(フィールテクノロジー)

一種の過冷却を引き起こして、食品を凍らせずに長期保存し、熟成させるという技術らしいですね。TVを見る限り、刺身も肉も実に美味そうなまま保存されていました。ついでに、移植用の臓器も保存されていました。こんな冷蔵庫、家庭用にもほしいぞ。

ただ、本当にすばらしい技術だとは思うのですが、上記のサイトにはその原理についてあまり詳しい説明がみあたりません。

氷感庫内において電圧が印加されることにより、氷感効果を発揮できる

てなぐらい? どうやら、電圧を与えると、「氷感」になるらしいですね。
 
 
ついでに、リンクされているサイトを見てみると

非凍結保存による氷感技術(知恵の輪ニッポン - 知恵の輪ファイル )

この氷感技術、冷蔵保管庫内に高電圧を加え、コロナ放電を起こす。同時に、人体に影響のない微量の電流を流し、庫内に安定した静電場環境を作る。これによって、庫内の水や食材にわずかな振動を与える。すなわち、通常、水分子は0℃以下になると、隣の分子と手を結び「固体」となるが、高電圧をかけることで、分子を振動させて、手を結ばなくさせているのだ。また、ここで発生するマイナスイオンは、食材の参加を防ぎ、オゾンの力が、制菌・殺菌作用ももたらす。

てなことが書いてあります。

でも、電圧をかけて振動させて、本当に過冷却が可能になるのかなぁ? 逆のような気がするなぁ。そして「マイナスイオン」?

うーーん、謎です。TVでは、本当にすばらしい技術のように見えたんだけどなぁ。肉や刺身が実に美味そうなまま保存されていた事実だけは、さすがに嘘じゃないだろうし。

単なる好奇心だけど、詳しい原理が気になってしょうがない。。詳しい人に聞いてみよう。
 
 
(12/4 追記)
関係あるのか無いのかしりませんが、ググったらこんなのが。

磁場凍結に根拠なし(水産タイムス 冷食タイムス)
 

|

« 迷惑メールのクリック率を実証実験 | トップページ | 祝! 10周年 »

コメント

この技術を使った「死体保存」屋さんが出てきそうですなぁ。

これで星間旅行も実現しちゃいますか。安全到着祝いは、一緒に冷感保存した刺身で一杯、ってことで。

投稿: 日本酒おやじ | 2008.12.04 17:30

コメントありがとうございます。

ちょっと慎重に書きすぎたので、本当に誉めているようにとられたかもしれませんが。

はっきり書きますと、僕は「電磁波で氷感」云々に関しては、非常にあやしげであり、もしかしたら「いかさま」じゃないかと思っています。

確かに冷蔵庫としての性能は並以上なのかもしれませんが、それ以上ではないでしょう。市販の物と比べて、特別な技術は使われていないと思いますよ。

僕なら、三菱とかのまっとうな過冷却冷蔵庫を買います。

投稿: sapporokoya | 2008.12.04 19:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭用「氷感庫」がほしい……かな?(追記あり):

« 迷惑メールのクリック率を実証実験 | トップページ | 祝! 10周年 »