« 今日のいろいろ 2008年12月26日 | トップページ | 今年の目標は、もちろんJ1昇格です »

2008.12.29

白いイチゴ

先日、道南の温泉に行った帰りに、イチゴ産地で有名な豊浦町の道の駅によったわけです。で、物産直売コーナーを何気なく覗いてみると、なにやら白い物体が売られており、よくよくみると「白いイチゴ」ですって。
 
081228

 
 

なんでも、こんな色でもしっかり成熟したイチゴなのだそうです。とはいえ、物珍しさから買っては見たものの、その外見から酸っぱい味を覚悟していたのですが、実際に食ってみると結構甘い。ちょっと小粒ですが、結構いけます。

これはこーゆー色の品種なのか? それとも育て方によるのか? なんにしろ、白いイチゴとは、凄い世の中になったもんだなぁ。
 
 
……なんて思っていたら、こんな記事が。

白いイチゴできた!「紅白パック」大人気(asahi.com、2008年12月27日)

白いイチゴがこの冬、店頭に初めて登場した。山梨県の種苗会社などが新品種として開発に成功し、東京都内の百貨店で売り出したところ、赤いイチゴと一緒に詰めた紅白パックがすぐ完売した。ブライダル業界などから「結婚式に使いたい」といった問い合わせも相次いでいるという。

山梨県の新品種なの? でも、豊浦では、実に当たり前に、はるか昔からあったかのように、地元の物産として普通に売ってたけど。

 今月15日から伊勢丹新宿本店の店頭に並んだ。小粒の白8粒・赤12粒のパックが6千円、大粒の赤9粒・白6粒は8千円。値段は高いが、すぐ売り切れるという。購入者の6割は女性。同店の広報担当者は「白だと熟していない、酸っぱいというイメージがあったが、甘くて、味のバランスもとれている」と話す。

こんなに高いの? 僕が買って食ったのは、ひとパックで800円くらいだったと思う。小粒だから安い?
 
 
山梨の白いイチゴと豊浦の白いイチゴ。果たして同じ物なのだろうか? どうでもいいことなんだけど、気になるなぁ。
 

|

« 今日のいろいろ 2008年12月26日 | トップページ | 今年の目標は、もちろんJ1昇格です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いイチゴ:

« 今日のいろいろ 2008年12月26日 | トップページ | 今年の目標は、もちろんJ1昇格です »