« ネットワークカメラの映像をつかったビジネス | トップページ | 今日のいろいろ 2008年03月29日 »

2008.03.28

「チョコレートエステ」vs「あんこエステ」

 
TVで見たのですが、世の中には、全身にチョコレートを塗ったくる「チョコレートエステ」というものがあるそうです。

なんでも、カカオの成分がお肌を潤し、その香りにはリラックス効果もあるのだとか。

……ホントかなぁ? まあ、あんなものは気分の問題でしょうから、害があるのならともかく、お客さんが満足しているのであればそれでよろしいのでしょう。
 
 
で、激しい競争にさらされているエステ業界では、他にどんな物をお客さんの身体に塗ったくっているのかなぁと気になったので、ちょっとググってみたわけです。

どうやら、普通に思いつく健康によさげな食物は、当然のようにエステにも使われているようですね。

例えば、
「ヨーグルトエステ」
「バターエステ」
「ワインエステ」
「酵母エステ」
「オリーブオイルエステ」
などなど。
(純粋なエステではなく、一部風俗系のお店のサイトも混じっているようですが)
 
 
しかし、これらは確かに欧米人のお肌には良いのかもしれませんが、日本人のお肌にはどうなんでしょうね? 日本の婦女子たるもの、エステにおいても日本古来の伝統食を用いるべきではないのでしょうか?

例えば、「チョコレートエステ」に対抗できるのは、やっぱり「あんこエステ」でしょう。日本人なら「もち肌にあんこ」の組み合わせに萌えないはずがない。

あと、名古屋人もびっくりの「味噌エステ」とか。

香りでリラックス(大阪人は除く)、「納豆エステ」とか。

冗談抜きで本当にお肌に良さそうな「糠エステ」とか。

……今のうちに特許とっておいた方がいいかも。
 

|

« ネットワークカメラの映像をつかったビジネス | トップページ | 今日のいろいろ 2008年03月29日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チョコレートエステ」vs「あんこエステ」:

« ネットワークカメラの映像をつかったビジネス | トップページ | 今日のいろいろ 2008年03月29日 »