« 消費者主権と市民主権 | トップページ | 開幕まで1週間! »

2008.03.01

新惑星の発見と占星術

太陽系には、まだまだ未発見の惑星があるらしいですよ。

海王星外側に第9番惑星の可能性、神戸大が理論予測(YOMIURI ONLINE 2008年2月28日)

雷王星? 魔王星? それともプロメテ? そういえば宇宙戦艦ヤマトには第十一番惑星というのがでてきたな。

それはそうと、今回の理論予測の根拠はこんなかんじ。


水星から海王星までの8惑星では変則的な外縁天体の軌道を説明できず、新たな「惑星X」を仮想的に加えて計算することで初めて、それが可能になることがわかった。これが、惑星Xが存在することの理論的な証拠になるという。

すごい! たしか海王星の発見も、他の惑星の軌道のぶれがきっかけだったと思う。
 
 
もしかして、まったくあたらない朝のTVの星占いも、占星術師達がしらない未知の惑星によって運気が乱されているせいだったりしないかな?

星占いの結果と現実の乖離を補正できるような未知の「惑星X」の軌道を占星術師達が予測して、実際にそこに惑星が発見されたら、オレは星占いを信じてもいいかも。
 
 

|

« 消費者主権と市民主権 | トップページ | 開幕まで1週間! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新惑星の発見と占星術:

« 消費者主権と市民主権 | トップページ | 開幕まで1週間! »