« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

科学者の信条と時代の空気

 
ひとくちに科学者といっても、いろいろな人がいます。

科学者一般としての共通点は、おそらく「科学が好き」ということだけで、真面目な人からいい加減な人まで、右翼も左翼もアナーキストもいろんな思想信条の人がいるはずです。いや、いるべきです。

それは現在だけではなくて、戦時中の日本でも同様だったんじゃないですかね。
 
 
 
さて、戦時中のお話しです。マンハッタン計画と同じように、当然日本でも核物理の研究が行われていました。

研究に携わった科学者達の心中については本人しかわからない事ですが、当時の雰囲気を知る人のお話だと

「あくまで基礎科学であり、核開発とは関係なかった」
「時代の雰囲気として、軍には逆らえなかった」

てな感じで、軍との関係をネガティブに語られることが多いと思います。積極的に軍のために研究した科学者のお話しは、あまりききません。
 
 
 
もちろん、多くの科学者は、研究に対する軍の介入を嫌っていたのは確かでしょう。でも僕は、当時だっていろいろな想いを秘めて研究した科学者がいたと思うんですよね。

「もう少し時間があったら、日本の方が先に原爆をつくって戦争に勝てたのに」

てな意見の右翼っぽい科学者がいてもいいし。

あるいは逆に

「戦争の勝敗なんてどうでもよかった。研究資金のために軍を利用してやったぜ」

というアナーキーな科学者がいてもいいでしょう。

もちろん、当時の空気として、そんな本音は口が裂けても口外できなかっただろうけど。
 
 
しかし、戦後60年以上たったのに、当時の事を知る人々、あるいは当時の事情を研究している人は、やっぱり「戦争中は仕方がなかったのだ」と、軍と科学者の関係をネガティブにばかり表現しがちです。

もしかしたら、本当に当時はいやいや軍に利用された科学者しかいなかったのかもしれません。でも、積極的に軍に協力した科学者もたくさんいたのだけど(戦争に協力した市民がたくさんいたとの同様に)、現在に至ってもそれをなかなか言えないというのが真相だったりしませんかね。

要するに、「軍に協力した科学者」というものの存在が許されず、タブーとして扱われ、科学者の内心の信条が厳しく制限されて窮屈なのは、むしろ現在の日本(それも科学コミュニケーション業界やSTS界隈)なのかもしれないなぁ。これじゃ、科学者と市民の本音の対話なんて難しいよなぁ。と思ってしまう僕は、ちょっとへそ曲がりすぎかなぁ。 
 
 
……なんて事を考えながら、この映画をみたわけです。

ドキュメンタリー映画「よみがえる京大サイクロトロン」試写会~映像コンテンツを用いた科学技術コミュニケーションの可能性~(札幌ビズカフェ)
 
 
余計な価値観を差し挟まず、戦時中のサイクロトロンに関わるドラマチックな科学史をたんたんと解き明かしていく手法がいいね。
 
あと、戦前に設置された加速器の一部が、京大の現役の研究室の片隅に普通にあるのを発見する瞬間の映像には、ちょっと感動しました。これこそが、映像というメディアの強みでしょう。一見の価値があるドキュメンタリーだと思いますよ。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1第03節 柏 1-2 札幌

 
2008年03月30日(日)
J1第03節 柏 1-2 札幌(日立柏)
ニュース等で結果を知る

リーグ戦初勝利! 最下位脱出! よくやった! うれしい!!

くわしくはこちら
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.30

今日のいろいろ 2008年03月29日

いろいろ忙しくて心の余裕がナッシングーな年度末。

というわけで、リンクのメモだけ沢山。解説や感想はほとんどなし。
 
---

コンピュータが囲碁でプロの棋士に勝利(スラッシュドット)

 
---

ORDB

世界中に、それなりに影響が出ているような気がする。

ORDB.org blacklisting all IP addresses(SANS 2008-03-26)

ORDBが復活、ただし……(スラッシュドット)
 
---

無線LANと健康

健康被害を憂慮する市民により市のWi-Fi計画が白紙に(スラッシュドット)

City-Provided Wi-Fi Rejected Over "Health Concerns"(Shashdot)

Sebastopol voids Wi-Fi contract(Sonic.net CEO Blog March 23, 2008)
 
---

指紋認証

ニセ「指」確実に見破ります・NTTが指紋認証技術(IT PLUS 3月21日)

 NTTが開発したのは指紋認証センサーに置かれた指に微弱な電流を流し、電流の流れやすさの違いから本物の指かどうかを突き止める技術。
 
 電流の流れやすさは物質によって異なる。シリコンやゼラチンなどで型を取って本人の指紋のパターンを完全にまねしても、電流の流れやすさで本物の指かどうかを正確に判断できるという。実験でシリコンやゼラチン、本物の指の交流電流の流れやすさを開発したセンサーで調べたところ、全く異なる値が出た。

参照
セキュリティ自由研究:この夏、グミ指を作ってみないか(@it 2007/9/19)
セキュリティ自由研究:この夏、グミ指を作ってみないか - @ITの費用(うさぎ文学日記 2007-09-21)

 
---

ネット法

「ネット法」について(栗原潔のテクノロジー時評Ver2 2008/03/18)

ネット法?(BENLI 03/18/2008)
「ネット法」に関して質問してみました。(BENLI 03/20/2008)

デジタル・コンテンツ法有識者フォーラム

 
---

スパム王有罪

“スパム王”ついに有罪、26年の実刑も−スパム撲滅は可能か?(Enterprise Watch 2008/03/24)

 
---

電力系統のハッキング

電力系統をハッキングする(ITpro 2008/03/25)

 
---

電子投票

電子投票研究チームの成果がCMUトップページに登場 (武田圭史  2008年03月23日)

 
---

レッシグ

レッシグ教授、裏金問題追求の政治組織「Change Congress」立ち上げ(ITmedia 2008年03月22日)

ChangeCongress Launched(Lessig Blog March 22, 2008)

Change Congress

 
---

Winny で送検

Winnyで不法にファイルを「放流」「アップロード」した人……ではなく、「ダウンロード」した人が、「著作権法違反 (公衆送信権侵害)」容疑で書類送検されたそうです。しかも警官。

Winny - ダウンロード時の「キャッシュファイル」による自動公衆送信で書類送検(セキュリティホール memo 20080325)

 
---

おとり捜査

これはひどい。こんな捜査が許されるんだ。(書かれていない事実がいろいろあるのかもしれないが)。

児童ポルノ画像がダウンロードできない偽リンクをクリックしただけで逮捕、有罪に(GIGAZINE 2008年03月23日)

FBIが「だましリンク」をばらまく囮捜査を実行(スラッシュドット)
 
---

アホな研究

心理学とか社会学って、不思議な学問だなぁ。

「Apple」のロゴを見るだけで創造性が上昇——デューク大学調査(ITmedia 2008年03月20日)

Appleのロゴを見るとクリエイティヴになる?(スラッシュドット)

 
---

アホな記事

サッカーファンの応援は試合結果には影響を与えない、ドイツ人研究者(Technobahn 2008/3/18)

元の研究自体はともかく、上の記事がアホ。

Technobahnのアフォ記事(忘却からの帰還 2008年03月19日)

 
---

セキュアVM

内閣官房などが開発したセキュア仮想マシン,オープンソースとして公開(ITpro 2008/03/19)

セキュアVMプロジェクト

 
---

消費者の意識

国民生活センター 個人情報に関する消費者の意識(まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記 2008.03.25)

個人情報に関する消費者の意識−個人情報保護法説明会参加者へのアンケート調査結果報告書−(国民生活センター 2008年3月24日)

 
---

ブログの4割はスパム

国内ブログの4割がspam!?(スラッシュドット)

ニフティ、スパムブログのフィルタリング技術を開発〜スパムブログについての自主調査を実施〜(ニフティ株式会社 2008年3月26日)

 
---

被害者がいないのに、なぜ犯罪?

本物の児童ポルノ写真や動画は、被害者が存在する明確な犯罪だ。所持だけで罰するのもありかもしれない。

しかし、空想のイラストとか小説とかゲームとかアニメ・まんがには、被害者は誰もいない。犯罪に結びつくという因果関係もまったく証明できていない。

自由を制限しようというのは、大変なことだ。もし自分が不快になるということで他人の自由を侵害しようというのなら、それは社会への挑戦だ。許されることではない。

もし本気で、Hなイラストやまんがやゲームやアニメを禁止しようと考えているのなら、その前に犯罪小説や映画は全て禁止にするよう活動するべきだろう。
 
 
関連記事はたくさんあるけど、とりあえず目についたものをリンク。

アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン MSとヤフーが賛同(IT media 2008年03月11日)

児童ポルノの定義拡大問題について(1)(崎山伸夫のBlog 2008/03/12)
児童ポルノの定義拡大問題について(2)(崎山伸夫のBlog 2008/03/16)
児童ポルノの定義拡大問題について(3)(崎山伸夫のBlog 2008/03/17)

心の中でレイプしたってされたってそれは本当はレイプじゃない( 捨身成仁日記 2008-03-17)

「準児童ポルノの根拠は」──MIAUがユニセフ協会に公開質問(ITmedia 2008年03月18日)

「準児童ポルノ」に関する公開質問(MIAU  2008-03-18)

ECPATはいかにしてユニセフをたらし込んだか(崎山伸夫のBlog 2008/03/21)
 
 
子どもポルノから子どもを守るために(日本ユニセフ協会)

ちなみに、「日本ユニセフ協会」は単なる民間団体であり、黒柳徹子で有名な国際連合児童基金 (UNICEF)とは関係ない。
 
 
カミングアウトは「暖かく見守りましょう」(科学ニュースあらかると 08年03月15日)

あれは「ご当人達が、自分が小児を描いた空想の産物に対して、法律による取り締まりを必要とするほど危険な犯罪的思考・情動を誘発される」、 という事をカミングアウトしたものなのです。

 
---

犯罪とゲーム

炎上というほどでもないのだろうが、コメント欄が勉強になった。

偏向報道の典型(事象の地平線 2008/03/24)

いろんな考えの人がいるもんだ。どうしたもんかね。

 
---

法曹界と医療界

炎上というほどでもないのだろうが、コメント欄が勉強になった。

妻の入院・手術のこと (日本裁判官ネットワークブログ 2008年03月19日)

司法の不備。個人ブログで第三者の目を意識できずに暴れる医療関係者の傍若無人さ。そうせずにはいられない、すさまじい相互不信。結果としての医療崩壊の現実。……いろんな意味で、ちょっと絶望的な気分になった。そもそも釣りかもしれないが。
 
---

電子マネーとプライバシー

いろんな意味で、イヤな世の中だ。

ひき逃げ男、電子マネーで居場所特定(nikkansports.com 2008年3月26日)

三井容疑者は愛知県内でひき逃げ死亡事故を起こし、神奈川県箱根町に逃走していたが、同町内のコンビニで携帯電話の電子マネー機能を使って買い物をしたことから、県警が周辺で聞き込みを続け、居場所を特定したという。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.28

「チョコレートエステ」vs「あんこエステ」

 
TVで見たのですが、世の中には、全身にチョコレートを塗ったくる「チョコレートエステ」というものがあるそうです。

なんでも、カカオの成分がお肌を潤し、その香りにはリラックス効果もあるのだとか。

……ホントかなぁ? まあ、あんなものは気分の問題でしょうから、害があるのならともかく、お客さんが満足しているのであればそれでよろしいのでしょう。
 
 
で、激しい競争にさらされているエステ業界では、他にどんな物をお客さんの身体に塗ったくっているのかなぁと気になったので、ちょっとググってみたわけです。

どうやら、普通に思いつく健康によさげな食物は、当然のようにエステにも使われているようですね。

例えば、
「ヨーグルトエステ」
「バターエステ」
「ワインエステ」
「酵母エステ」
「オリーブオイルエステ」
などなど。
(純粋なエステではなく、一部風俗系のお店のサイトも混じっているようですが)
 
 
しかし、これらは確かに欧米人のお肌には良いのかもしれませんが、日本人のお肌にはどうなんでしょうね? 日本の婦女子たるもの、エステにおいても日本古来の伝統食を用いるべきではないのでしょうか?

例えば、「チョコレートエステ」に対抗できるのは、やっぱり「あんこエステ」でしょう。日本人なら「もち肌にあんこ」の組み合わせに萌えないはずがない。

あと、名古屋人もびっくりの「味噌エステ」とか。

香りでリラックス(大阪人は除く)、「納豆エステ」とか。

冗談抜きで本当にお肌に良さそうな「糠エステ」とか。

……今のうちに特許とっておいた方がいいかも。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

ネットワークカメラの映像をつかったビジネス

 
最近は、道路状況を把握するライブカメラの映像などが、インターネットや携帯で公開されていたりします。これって、映像の提供側が想定していない利用法が、たくさんありそうな気がします。

仮に、公開映像の解像度が十分だとして。例えば僕が自宅のPCを利用して、公開されている道路状況の映像を自動的にとりこんで、車のナンバーの数字を読み取るソフトで自家製のNシステムを作ってしまったら、これはビジネスになりませんかね?

街頭のカメラ映像と顔認識ソフトの組み合わせで、個人追跡のシステムを作ることも可能かもしれません。

もちろん、公開されている映像は、プライバシーが考慮されている場合が多いので、ナンバーや顔が鮮明に判別できるほど解像度があるとは限りません。でも、カメラ設置場所を特定した上で、車種や色とか、通行人の性別大人子供くらいを判別したデータが大量に収集できれば、それだけでも十分に個人を追跡できるんじゃないかな。
 
 
……なんて事を、この記事を読んで考えてしまったわけです。

カメラがつながると、何ができる?(IT media 2008年03月26日 )

監視カメラというとネガティブな印象を受けがちだが、ライブカメラネットワークを通じて“自分がいない場所の映像を見る”ことによる利便性向上の可能性は大きい。ライブカメラを通じた個人の特定・追跡を技術的に不可能にするなどプライバシー保護の点で勘案すべき部分はあるものの、街に増加するカメラの有効活用として、ライブ映像のネットワーク化とオープン化は検討する価値がある。

うーーん。ちょっと脳天気すぎると思う。

僕が映っているかもしれない映像を、カメラの管理者だけならともかく、不特定の人々にまでネットで公開されるのは、ちょっといやだなあ。
 
  
 
話はかわって。 

本気で自家製Nシステムを構築しようと思ったら、公開された映像サービスに頼る必要はないかもしれません。

これだけ一般家庭に常時接続回線が普及しているのだから、これを活用しましょう。

幹線道路の側に住んでいる人に呼びかけて、一ヶ月いくらかのお金を支払って、道路を向いたカメラを設置してもらいます。カメラを設置するだけでお金がもらえるのですから、参加者は結構いるかもしれません。

で、ネット経由で映像を集めて、車のナンバーやら通行人の顔を解析して、その情報を売ります。興信所とか警察とかを顧客にできれば、ビジネスとして十分ペイするかもしれません。

(同様に、カメラを空に向けて設置してもらえば、アメダスを超えるお天気監視網もつくれるかも。さらに、カメラをTV画面に向ければ、視聴率調査に使えるな)

……あくまで家の中から撮影した映像を、一般公開することなしに収集分析のみ行ってその結果を売るのって、倫理的な問題はともかく、法律的には問題があるのかな?
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.24

ナビスコ杯02節 札幌 2-1 川崎

 
2008年03月23日(日)
ナビスコ杯02節 札幌 2-1 川崎(室蘭)
室蘭入江競技場 SA自由席で観戦
 
あざやかな逆転劇で、今季初勝利!
 
詳細はこちら
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.23

ねんきん特別便が届いた方は、年金が増える可能性が高い?

 
僕にも届きました。
 
080323

 

予想通り、学生時代に払っていた国民年金が忘れられてしまい、就職してからの厚生年金とつながっていないらしいです。

最初に就職したのは、いちおう東京の大手、一部上場企業だったんだけどなぁ。あの会社の人事部がいい加減だったのか、社保庁がさぼっていたのか、それとも僕が手続きを忘れていたのか、今となってはわからないけれども。似たような境遇の人って、全国に沢山いると思うけど、大丈夫なのかなぁ。

まぁ、学生時代の年金手帳が手元にあるので、この番号を記入して返送すれば、おそらく問題ないのだろう。
 
 
それにしても「年金が増える可能性が高い」とは笑わせてくれる。「本来の額に戻る可能性」だろうが。

……まさか、数年分の国民年金を申告したら、もらえるはずの年金がかえって減るって事はないだろうな。

平均標準報酬額とやらの計算によっては、可能性としては申告したことによって年金が減ることもありえるらしいし。 返送するのは、もう少し調べてからにしたほうがいいのかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

ナビスコ杯01節 柏 1-1 札幌

 
2008年03月20日(木)
ナビスコ杯01節 柏 1-1 札幌(柏の葉)
ニュース等で結果を知る

今シーズン初の勝ち点ゲット! 

くわしくは、こちらを見てね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

アーサー・C・クラーク死去

 
20世紀最高のSF作家のひとり、アーサー・C・クラークが亡くなったそうです。

「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去(Reuters 2008年 03月 19日)

誰よりも未来を考え、未来を感じていた人が、永遠の未来へ旅だってしまった。

ご冥福をお祈りします。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.03.19

今日のいろいろ 2008年03月18日

いろいろなメモ。
 
---

アイ・オー・データ

アイ・オー・データの無線LANルータに、かなりやばい欠陥があるようですよ。

複数のアイ・オー・データ製無線 LAN ルータにおけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)の注意喚起(IPA 2008年3月18日)

無線 LAN ルータ「WN-APG/R シリーズ」、および「WN-WAPG/R シリーズ」は、初期設定で認証機能が有効になっていないため、外部から管理画面を操作できてしまうセキュリティ上の弱点(脆弱性)があります。

このため外部の悪意あるユーザによってウェブ管理画面で製品の設定情報の取得や、意図しない操作をされてしまう可能性があります。

これはかなりやばそうな予感。

アイ・オー・データ製のルータって、それなりに売れてると思います。該当する場合、下記のサイトを見てすぐに対応しましょう。今すぐにです。

お客様への大切なお知らせ 2008年3月18日 無線LANルーター「WN-APG/Rシリーズ」、「WN-WAPG/Rシリーズ」ご愛用のお客様へお知らせ(株式会社アイ・オー・データ機器)

 
---

プロバイダによる帯域制限

winny等を利用して、あまりにも大量のデータを転送するユーザがいたとき、プロバイダはその人の回線を絞ることができますよ、というガイドライン案。

ユーザー同意なしで帯域制御も可能に、ISP団体が指針案(@it 2008/03/17)
ヘビーユーザー対象のISP帯域制限、業界4団体がガイドライン案(IT pro 2008/03/17)

「帯域制御の運用基準に関するガイドライン(案)」に係る意見募集について(社団法人日本インターネットプロバイダー協会 他 2008年3月17日)

語ると長くなりそうだけど、ひとことで言ってしまえば、まぁ妥当な案だと思う。
 
 
関係ありそうな過去の記事とか

ネットワークの中立性に関する懇談会(総務省)

電気通信事業者における大量通信等への対処と通信の秘密に関するガイドラインの策定について(社団法人日本インターネットプロバイダー協会 他 2007年5月30日)

情報漏えいインシデント対応方策に関する調 査 報 告 書(IPA 平成19 年5 月)

通信の秘密」と「公共の福祉」(セキュリティ&コンサドーレ札幌 2007.07.09)

ISP規制情報Wiki

 
---

違法コピーはネット切断

違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意(YOMIURI ONLINE 2008年3月15日)

日本のISP、ファイル共有を禁止へ(TechCrunch 2008年3月16日)

たしかに、欲にまみれた著作権団体がからむ話は、それだけでいかがわしいニュースに聞こえるけれども。

例えばプライバシー侵害の情報がどこかのサイトにアップされていたら、発見者や被害者、もしくは警察からの連絡をうけたプロバイダが犯人を退会させる事なんて、今だって普通に行われているわけだ。この件が、表現の自由や通信の秘密に関して別にどうとこうことはないと思う。
 
---

ICカードのハッキング

ICカードとか、RFIDとかよばれるチップのセキュリティのおはなし。既に広く出回っているものの暗号が破られたそうな。

「ICカードの暗号は数分で解読可能」——RFIDのセキュリティ懸念広がる(Computerworld 2008年03月10日)

同研究チームは、暗号化されたデータを収集するために安価なRFIDリーダを使用し、その後、そのデータを復号するための暗号鍵を割り出すために同チップのリバース・エンジニアリングを行った。彼らはチップを光学式顕微鏡で調べ、微細研磨用のサンドペーパーで表面を数ミクロンずつ削り落とし、5層の回路それぞれを写真に収めた。ノール氏はイメージを鮮明化するために光学認識ソフトウェアを独自に開発し、暗号化アルゴリズムを推測するために論理ゲートの配置を辛抱強く調べた。その結果、Mifare Classicはわずか48ビットの秘密鍵に頼っていることが割り出されたという。

顕微鏡で調べるんだね。

こんな記事も。

暗号解読されたNXP製RFIDスマートカード、暗号鍵のビット長に問題(Computerworld 2008年03月17日)

 Nohl氏によると、オランダのNXP Semiconductors(Philipsから分離独立)が製造しているMifare Classicカードは暗号が弱いという。ちなみに、同カードはこれまでに最大20億枚販売されている。  同氏は、解読した暗号を基に、ノートPCとスキャナを使って数分でRFIDドアロックの暗号鍵を入手できると語った。暗号鍵がわかれば、ドアを開けられる複製カードを作成できる。
 

 
---

医療機器のハッキング

身体に埋め込まれた医療機器が、外部からハッキングされる可能性があるそうです。

埋め込み型医療機器のハッキング方法、研究者が発見(ITmedia 2008年03月13日)

組み込み系とか、医療系とか、インターネットと接続されない閉じたシステムを開発している技術者って、情報セキュリティに関して全く気を配ってなかったりするからねぇ。

人が集まる場所で、その地域のすべての人たちの埋め込み型医療機器を誤動作させる信号が送られたらと想像すると、われわれは恐ろしい未来に向かっている

まだまだ可能性の段階らしいですが、将来わらいごとじゃ無くなるのは確実だと思う。それも近い将来。

 
---

後期高齢者医療広域連合電算処理システム

まったく詳細は知らないのですが、後期高齢者医療を支える広域連合電算処理システム、通称「標準システム」というのが、ろくでもないシステムらしいですよ。

全国の病院、診療所、歯科、薬局の方々に、切にお願いです。(公務員叩きに物申す!−現職公務員の妄言 20080308)

4月から全国で、保険料を滞納しているわけでもないのに保険証を持っていない後期高齢者の方がたくさん出てきますよ。

参考?

後期高齢者医療(2)~広域連合の役割~(保健福祉介護保険の情報サイトウェル 特集 医療制度改革)


 
---

チェーンメールは廃れない

ばかばかしいチェーンメールが、いまだに流行っているらしい。

G DATA、幸運を呼ぶ「神の手雲」のメールに注意を呼びかけ(ScanNetSecurity 2008年03月18日)

っていうか、ずっと流行っていたのに、何で今頃になってこんな記事がでてきたんだろう? 最近、突如として爆発的な大ブームになったということかな?

おまけ
「神の手」はどこから来たのか(PSJ渋谷研究所X 2007年09月07日)

 
---

ISOと自治体

環境への取り組みを第三者が認証する国際規格「ISO14001」というのがありまして、取得するにはそれなりのお金と苦労が必要です。で、頑張って取得してみたものの、更新時期には返上してしまう自治体がたくさんあるそうな。

「エコ看板」、自治体が相次いで返上 認証料が負担に(asahi.com 2008年03月10日)

規格を取るにはコンサルタント料も含め数百万円が必要とされる。毎年の定期審査には初めて取得した際の3分の1程度の費用が求められ、更新では初回の約8割の費用がかかるという。

自治体に限らず、またISO14001に限らず、この手の規格ってのは、正直言って組織内の体制を整えるきっかけと、外部に対する宣伝にしかならない場合が多いと思う。儲けているのは、コンサル会社だけ。

 
---

ISO厳格化

ISO不正企業を排除・審査厳格化、経産省が検討(NIKKEI NET 20080310)

経産省はISOを取得した企業による相次ぐ不祥事で、審査・認証がずさんになっているとの批判に対応。指針に法的な拘束力はないが、民間の認証機関を監督する同省所管の財団法人「日本適合性認定協会」(JAB)に指針に基づいた手続きの徹底を求める。

そりゃ、厳格化すること自体は悪い事じゃないだろうけど。儲けるのはコンサルと、その所管。

 
---

安全なwebサイト

「安全なウェブサイトの作り方 改訂第3版」を公開(IPA 2008年3月6日)
 
---

住基ネット合憲判決


住基ネット合憲判決 判決文(まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記 2008.03.08)

損害賠償請求事件 住基ネット合憲判決(裁判所判例Watch)
 
 
おまけ
/.本家から見た住基ネット(スラッシュドット)

アメリカには以前から社会保障番号というものがあって、国民の一元管理に関しては日本よりもある意味「進んでいる」という印象だった。しかし、アメリカ人から見ると、住基ネットを受け入れる日本人のプライバシー感覚に違和感を感じる人が多いらしい。お互いに、自分の足下は見えないということかな。
 
---

内部統制関連

金融庁 「内部統制報告制度に関する11の誤解」を公表(まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記 2008.03.11)

「内部統制報告制度に関する11の誤解」等の公表について(金融庁 平成20年3月11日)
 
 
JIPDEC 「IT統制に関する実態調査」等 集計結果を公表(まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記 2008.03.13)

IT利用と内部統制に関する調査研究((財)日本情報処理開発協会)

 
---

体験談

筆者も偽の対策ソフトに騙されました……(日経パソコンオンライン )

こりゃすごい。

 
---

スペースシャトルでゴジラ

ゴジラの叫び声でお目覚め シャトルの土井さん(asahi.com 2008年03月13日)

♪ゴジラ、ゴジラ、ゴジラが飛ぶゴジラ、ゴジラ、ゴジラが……([間歇日記]世界Aの始末書 2008年3月14日)

STS-123 MCC Status Report #04(NASA March 12, 2008)

Endeavour’s crew started their day at 2:59 p.m. Their wakeup call for the morning was a combination of fight scene music from the Japanese movie “Godzilla Versus Space Godzilla” and the Blue Öyster Cult song “Godzilla.” The songs were played for Japanese Space Agency astronaut Takao Doi.


 
---

科学者と作家

ニセ科学批判で有名な菊池誠さんと、「パラサイト・イヴ」「BRAIN VALLEY」「デカルトの密室」等のSFで有名な瀬名秀明さんとのやりとり

信じぬ者は救われる(瀬名秀明の時空の旅 March 15, 2008)

「信じぬ者」と瀬名さんとパライブの頃(kikulog  2008/3/16)

科学コミュニケーションという分野で活躍されているおふたりのやりとり。どちらが正しいと言うことはないのだろうけど(そもそも論争しているわけでもないが)、水伝の反証実験の件以外の点については、瀬名さんの言ってることの方がかなりしっくりとした。だからどうすべきとというのは、思いつかないのだけど。


 
---

ネコと心臓発作

猫を飼うと心臓発作のリスクが低減される?(スラッシュドット)

犬を飼うとストレスが減るのは確かだ。

 
---

燃費向上を標榜する怪しいグッズへの排除命令

先日、公正取引委員会から排除命令が出た件。

自動車の燃費向上等を標ぼうする商品の製造販売業者ら19社に対する排除命令について(公正取引委員会 平成2 0 年2 月8 日)
 
各社による、「排除命令に基づく公示」がでているようです。

回収・無償修理等のお知らせ(国民生活センター)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

パンツのトポロジー

 
北海道ローカルの深夜番組で、女性タレント3人が集まっておしゃべりをするというのがあって、そのだらだら感が好きで毎回見ているわけです。で、たまたま出た話題が「知人がTバックのパンツを後ろ前にはいちゃって、そりゃもう大変なことに」てな感じのお話。こーゆーのって、やらかしたのは知人じゃなくて、本人なんだろうなぁ。
 
 
 
さて、パンツって、うまく設計さえすれば、前後を気にせずどちら向きでもはけるようなのも作れますよね? デザインやフィット感を二の次にして、前後対称にすればよい。

それに加えて、もちろん裏表のリバーシブルパンツも可能でしょう。

さらに、基本的にパンツって右足、左足、腰の3つの穴があるわけですが、ハイテク素材を駆使すれば(形状記憶素材とか)、3つの穴のどこからはいてもOKな形状だって可能かもしれません。そう、放射能の危険を表す「放射能標識」、通称「三葉マーク」みたいな形のパンツ。中央の丸いリングがおへその下くらいにあたり、その日の気分によって股にあたる部分が3通り選べるわけです。

こんな感じ

080317


こんなパンツなら、前後×裏表×3通りで、あわせて12通りはき方が可能なわけだな。うん、合理的。 ……って、どうでもいいお話しでした。特に落ちははありません。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.17

頼まれなくても宣伝してくれる人たちーマックとカルトって似てるよね

 
マック信者という人種は、頼まれてもいないのに一生懸命マックの宣伝をしてくれる人たちなのです。
 
---

その1 Airが薄すぎて空港で足止め

MacBook Air、薄すぎて空港で足止め(Engadget Japanese Mar 10th 2008)

Macとは思えない薄さが話題となっているMacBook Airですが、Michael Nygard氏はAirのおかげで空港の手荷物検査を通れず飛行機を乗り逃したようです。といっても厚さ4mmのエッジ部分が鋭利な武器とみなされたわけではなく、デザインが斬新すぎて保安職員にノートだと信じてもらえなかったため。

ご本人のブログ

Steve Jobs Made Me Miss My Flight(Wide Awake Developers March 06, 2008)

この人は、別に空港のセキュリティに文句を言っているわけではない。こんな目にあってしまったのも、愛するMacBook Airの革新的な薄さのおかげだぜ……と自慢しているわけだな。
 
 
この件に関して、当事者であるTSA(米運輸保安局)がちゃんとブログで言及し、コメントのやりとりをするというのが、実にアメリカらしいね。

Apple MacBook Airs are Cleared for Takeoff(Transportation Security Administration 3.11.2008)
 
 
おまけ。この事件(?)をきっかけにして、こんな記事にまで発展させるCNETはたいしたもんだと思う。

MacBook Airが持ち物検査で問題に--運輸保安局が困惑する恐れのある機器ベスト5(CNET Japan 2008/03/11)
 
 
---

その2 Airが薄すぎて古雑誌と共に捨てられた

 

あまりに薄すぎて、古雑誌と共に捨てられてしまったそうです。

薄すぎて雑誌の山に紛れて捨てられた?『MacBook Air』(WIRED VISION 2008年3月12日)

マシンに何が起きたのかについて、Levy氏にはっきりとした確信はない。しかし、非常に薄かったため、山積みになった雑誌に紛れ込んでしまった可能性が高いと考えている。その山を、Levy氏か彼の妻のどちらかが捨ててしまった、と。
 
恥を承知でもう一度言わせてもらおう。MacBook Airは新聞の山と一緒に捨てられてしまうほど薄い。

この人は、絶対に「恥」だなんて思ってないぞ。こんな目にあってしまったのも、愛するMacBook Airの革新的な薄さのおかげだ……と自慢しているわけだな。

元ネタはここ

Gone, Without a Trace(Newsweek Mar 8, 2008)
 
 
---

まとめ マック信者という人種

要するに、マック信者という人種は、オレのマックはいかに凄いのか、いかに革新的なのかと自慢せずにはいられないわけだ。頼みもしないのに、こーゆー世界的な宣伝を積極的にやってくれるユーザが多数いるということは、appleという会社にとっては大きな財産だろう。マーケティングの戦略としては、それなりに成功していると言えるんじゃないかな。

しかし、宣伝のネタになるエピソードが、空港のセキュリティチェックでひっかかったとか、見る目がない嫁さんに古雑誌と一緒に捨てられたとか、自分たちの使っているもの(Mac)があまりに革新的であるが故に、世間一般からみて少数派でしかないという自虐的なものになってしまうあたりが、いかにもマック信者らしくて微笑ましい。
 
 
 
---

ところで

教祖から頼まれたわけでもないのに、信者達が自主的に一般市民に向けて「自分たちは革新的である、しかしそれ故に少数派である」ということを自虐的にアピールするのって、まさにカルト宗教とかニセ科学とか代替医療とか陰謀論の信者の手法と同じだよなぁ。

さすがに、単なるマック信者と、世の中に害を及ぼすカルト信者やニセ科学信者を同列に論じるほど極端な相対主義は、いきすぎだろう(熱心なオープンソース病患者やゲイツの奴隷達は、ジョブズ信者は世に害を及ぼすと本気で考えているかもしれないが)。

でも僕は、カルト信者やニセ科学信者が世に害を及ぼすという事は確信しているのだが、カルト信者が法律を犯さない範囲で宣伝活動している場合、マック信者と本質的にどこが違うのかを指摘することは、残念ながらできなかったりする。これは、熱烈なマック信者のひとりである僕にとっては、とても困ったことだな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

J1第02節 札幌 1-2 横浜FM

 
2008年03月15日(土)
J1第02節 札幌 1-2 横浜FM(札幌ドーム)
ゴールドシートで観戦

思惑通りの試合運びだったのになぁ。あと10分こらえ切れなかったなぁ。勝ちたかったなぁ。

くわしくはこちらを見てね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

トレンドマイクロとアマゾン

 
2件ほど派手な事件が立て続けに起きて、世の中がちょっと騒然としているらしい。一般ユーザ向けの解説を中心にまとめてみる。
 
---

その1 トレンドマイクロのサイトにウイルスが仕込まれた

よりによって、ウイルスバスターなどで有名なウイルス対策ソフトメーカー、トレンドマイクロ社のサイトが悪人によって改ざんされ、ウイルスを仕込まれてしまったそうです。ここ数日、トレンドマイクロのサイトでウイルス情報ページを見てしまった覚えのある人は、ウイルス感染に注意した方がいいかもしれません。

トレンドマイクロのWebサイトが改ざん、ウイルスのわなを仕込まれる(IT Pro 2008/03/12)

弊社ウイルス情報ページの改ざんについて(トレンドマイクロ 2008年3月12日14:25)

簡単にまとめますと、ウイルスを仕込まれたのは、トレンドマイクロ社のサイトの中でも「ウイルス情報」のページの一部。日本語ページも英語ページもあります。やばい期間は、3月9日21時ごろから3月12日の間。

もし、該当ページを見てしまったら、感染の可能性があるのは「JS_DLOADER.TZE」。ウイルスバスターがインストールされ、きちんとパターンが更新されているPCなら、3月10日に配信されているパターンファイル5.147.00で対応しており、ちゃんと検知駆除されるはずです(たぶん)。

しかし、ウイルス対策ソフトがインストールされていない場合、されていてもパターンが更新されていない場合は、なんらかの対処をした方がいいでしょう。

最新のウイルス対策ソフトでディスクをスキャンするか、あるいはトレンドマイクロが提供している無償のオンラインスキャンを利用するのもひとつの方法です。さすがにこの状況ですから、トレンドマイクロも意地でも完璧に検出してくれると思いますよ(試してないけど)。

オンラインスキャン(トレンドマイクロ)
 
 
おまけ。もしかしたら関係あるかもしれない現象。

日本をターゲットとしたSQLインジェクションによるホームページ改ざん行為と、同行為により改ざんされたページへのアクセスによるマルウェア感染について(株式会社ラック 2008年3月12日)

株式会社ラックのリモートセキュリティ監視センターであるJSOC(Japan Security Operation Center)は、2008年3月11日(火)の夜から現在まで、継続的に日本をターゲットとしたSQLインジェクションによるホームページ改ざん行為を検知しております。

   
それにしてもトレンドマイクロ。ちょうど一ヶ月前にも、世界的な大騒動を起こして法人ユーザを中心に迷惑を掛けまくったばかりばかりなのだが(僕のまわりでも被害がでた)。

トレンドマイクロ 久々にやってくれました。(セキュリティホールmemo 20080213)
ウイルスパターンファイル4.995.00へのアップデート後に発生する現象についてのお知らせ(トレンドマイクロ 2008年2月13日)

しっかりしてよ!
 
 
---

その2 Amazonのサイトから、本名やメールアドレスや欲しがっている物のリストが大量に流出

Amazonのサイトの会員は、「ほしい物リスト」というサービスが利用できます。これは、自分が欲しい物、興味を持ている物をリストに登録しておいて、誰か売ってくれないかなぁ、もしくはプレゼントしてくれないかなぁと、知人にリストを送りつけたり、不特定多数に公開するものです。

ところが、このリストが標準状態で「公開」であったからさあ大変。多くの人のリストが、問答無用で不特定多数に公開状態。しかも、どうやらバグまであるらしい。

で、いろんな有名人のメールアドレスで検索してみると、その人の隠されていた本名とか、恥ずかしい趣味とかが大公開。世間は大騒ぎです。

これが騒ぎになったきっかけの記事?

密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?(CNET Japan 2008/03/12 )

Amazon.co.jpに「ほしい物リスト」という機能がある(3月8日よりウィッシュリストから名称変更)。自分の欲しいAmazon.co.jpの商品を登録し、友人などに知らせることができるというものだが、この機能を利用するにあたっては注意が必要だ。

というのも、ほしい物リストは作成時に非公開設定にしない限りウェブに公開される仕様となっており、さらにAmazon.co.jpのサイト上から名前またはEメールアドレスで検索できるため、不特定多数のインターネットユーザーに自分の欲しい商品が見えてしまうからだ。

で、対策ですが、情報を公開されたくない人(おそらく大部分の人がそうだろう)は、「非公開」にしましょう。

非公開に変更する方法は次の通り。まずは自分のリストを開き、右上の「設定内容を変更する」リンクをクリックして設定画面に移動する。そして、ほしい物リストの公開/非公開の項目で「特定の人に公開する」(Eメールを送信した人にのみ公開)か、または「公開しない」にチェックを入れて保存すれば完了だ。

上記 CNET Japan の記事


有名人による解説

ほしい物リスト(Okumura's Blog 2008-03-12)
Amazonはやっぱり怖い そろそろ使うのをやめようと思う(高木浩光@自宅の日記 2008年03月12日)


まとめサイト

Amazonほしい物リストまとめ

報道機関のサイト

Amazon「ほしい物リスト」の発掘で恥ずかしい購入履歴が暴露(やじうまWatch 2008/03/12)
Amazonの「ほしい物リスト」が初期設定で公開される仕組みが話題に(INTERNET Watch 2008/03/12)
アマゾン「ほしい物リスト」、他人に丸見え 本名も表示(asahi.com 2008年03月12日)

 サイトを運営するアマゾンジャパンの広報担当者は「公開になるという説明は、必ず目につくような場所につけている。設定の変更もできるようになっている」と説明。「そもそも、ほしい物リストは、アメリカの文化で、友人や家族にプレゼントして欲しいものをあらかじめリスト化する習慣に合わせてできた機能。公開して使うことが前提になっている」としている。

上記 asahi.com の記事

要するに Amazon にとっては「仕様です」ということみたいです。だから悪いと思ってないし、直す気もない。まぁ、確かにそれはそれで理屈としてはよいかもしれないが。

おまけ。

今回の事件への便乗で、いろいろなサイトに、クリックしただけで自分の Amazon のアカウント情報が晒されてしまう罠のリンクが仕掛けられているようです。怪しげなサイトのリンクをクリックする際には、別のタブで開いている Amazon サイトは絶対にログアウトしておきましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊マイクロソフトアップデート3月号

 
今日はいろいろな事件(?)があって、あまり注目されていないようですが、今月分が出ましたよ。

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS08-014,015,016,017)(3/12)(警察庁@police 平成20年3月12日)
JVNTA08-071A Microsoft 製品における複数の脆弱性に対するアップデート(JVN 2008/03/12)

2008 年 3 月のセキュリティ情報(Microsoft 最終更新日: 2008年3月12日)
2008年3月のセキュリティリリース (Office 以外も注意)(日本のセキュリティチーム (Japan Security Team) 12 March 08)

今月は、事前通知でお伝えしていたとおり 計 4 件 (緊急4件)を公開しました。

今月は、基本的にOffice関連のアップデートだそうです。すべて「緊急」なので、さっさとアップデートしておきましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

広川太一郎さん


声優の広川太一郎さんがお亡くなりになったそうです。

広川太一郎氏死去 声優(東京新聞 2008年3月8日)

広川太一郎(ウイキペディア)

僕にとっての広川太一郎といえば、やはり「謎の円盤UFO」の沈着冷静なストレイカー司令官。あとは、「600万ドルの男」とか「モンティ・パイソン」。アニメでは、スノーク、古代守、キャプテンフューチャー、ハンサムV9、そして「ラ・セーヌの星」の黒いチューリップかな。

数十年前、僕はTVばかり見ているガキでした。あのころ熱中していたドラマやアニメの思い出には、必ずこの人の声がついています。渋い二枚目と、くだらないダジャレ連発のお調子者、どちらもこなせる名声優でした。

ご冥福をお祈りします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.11

学位商法

金で買える学歴があってもいいと思うし、それはそれでそれなりに社会的な意味があるのかもしれません。しかし、それが他の真っ当な学歴と同じ扱いをされてはいけません。両者がちゃんと区別されないと、苦労して勉強やら研究する人がいなくり、学問が崩壊してしまう。

とはいっても、どこの分野にも詐欺師はいるわけで、金で学位を買いたい者と、それにつけこむ学位商法が無くなることは無いだろうなぁ。結局は、ニセ学位のニセ権威にだまされないよう、消費者が情報武装して自らを守るしかないわけだ。
 
 
それにしても、ニセ学位業界の人々の習性が、ニセ科学に関わっている人々のそれと非常に似ているというのは、とても興味深ところです。カルト的であるとか、批判されると提訴をちらつかせて脅しにかかるとか。

両者とも、学位や学会という既存の権威を否定しつつも、やっぱり権威にすがりつかずにはいれられないのかなぁ。

また、これら「ニセ」に対する、まっとうな側の対応も似ているかも。真っ当な教育界はニセ学位に対してあまり関心なさそうだし、真っ当な学会も一部を除いてニセ科学に無関心だし。でも、両者とも、ニセ物撲滅に向けて、もっと消費者への啓蒙をすべきだと思うな。ある意味、商売敵なんだから。

とくに大学をはじめとする教育界は、自らのニセ学位汚染の対策もまじめに考えないとやばいんじゃないか? ニセ学位しかもっていない者が教育界に潜り込み、学位を目指して真面目に研究している学生を指導するなんて事態になったら、これは笑えない冗談だ。
 
 
ついでにもうひとつ。金を払っても学位を取りたい人がいる一方で、主に理系の分野では、一生懸命研究して学位を取っても就職先がないというイヤな現実もあるわけで、自分にとってはともかく、社会にとって「学位」ってなんなんだろうなぁ……などと根本的な問題を考えるきっかけにもなります。

というわけで、この本↓ を読んだ感想でした。

学位商法―ディプロマミルによる教育汚染(小島 茂)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

J1第01節 鹿島 4-0 札幌

 
2008年03月08日(土)
J1第01節 鹿島 4-0 札幌(鹿島)
スカパーの中継を観戦

うーーん、やっぱりこうなるのか。でも、これなら意外とJ1でも通用するかもしれないぞ。

くわしくはこちらをみてね
http://homepage3.nifty.com/dole/ 
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

今日のいろいろ 2008年03月06日

メモがたくさんあるので、コメントは少しだけ。
 
---

人事部と情シス

どこの会社にも存在する問題

クリアスウィフト、国内人事担当者のセキュリティポリシーに関する意識調査を実施(ENTERPRISE Watch 2008/03/05)

「人事の担当者は会社のあり方やルール、倫理を推進する立場であるのに、インターネットという技術がからむ部分は、IT管理者にまかせてしまっている。一方IT管理者は、監視はしていてもルールを完全には理解していないというように、お互いかみ合っていない。きちんとしたポリシーを作るためには、もっとお互いが関心を持ってかかわっていくべきではないか」

身につまされすぎて泣ける。

 
---

一億総犯罪者

著作権をなんとかせねば、というお話し。各所で話題に。

「著作権は混迷」「ダメと言ってもネットは止まらない」──東大中山教授(ITmedia 2008年03月03日)

 「19世紀の状況を前提にして構築された著作権制度が、インターネットの発展でとてつもなく大きな問題に直面している。混迷の度合いは、同じ知財法である特許法の比ではない」
 
「著作権法を侵害したことがない人はほとんどいないだろう。訴える人がいないだけで、形式的には“一億総犯罪者”とも言える」
 
日本政府は「知財立国」を目指し、著作物の利用・流通を促進するための施策を進めている。だが「時代に合わない著作権法が著作物の流通も阻害している」
 
 これまで著作権法は、ほかの法律分野と隔絶した、自己完結的な法律だったという。「想定している価値が他の法律とどう関係するかの認識がほとんどなく、関係者は自己の利益のために汲々(きゅうきゅう)とし、全体を見ない傾向があった。だが、今や政府レベルで、国益的な判断が必要だ」
  ---

再委託禁止

内部統制が迫る多重請負の見直し(ITpro 2008/02/19)

日本IBMが2007年10月から、パートナー企業に対し“再々委託”の全面禁止を求め始めたことが、IT 業界に波紋を投げ掛けている。
 
「黒船の到来だ。外圧に頼るのは本意ではないが、多重請負構造の見直しは避けられないだろう」

なんというか……、呑気だね。

 
---

再委託の委託元の監督責任

「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」の一部改正について(経済産業省 平成20年2月29日)

主な改正点は、委託先、再委託先に対する委託元の監督責任のあり方について、本ガイドラインに具体的に明記したことです。

おまけ。関係あるような無いような記事

「松下は取引先企業2365社のセキュリティ・レベルを格付けした」(ITpro 2008/03/05)
アウトソーシングとセキュリティ対応(1)情報の性質を踏まえた委託先管理や契約が必要(ITpro 2008/01/18)

 
---

ネット犯罪低年齢化?

「小学生が殺害予告」相次ぐ ネット犯罪が低年齢化(ITmedia 2008年03月06日)

ガキの頃って、友達に対して気楽に「死ね」とかいっていたような気がする。僕だけかな?

 
---

誤った解説が氾濫している

公開鍵暗号方式の誤り解説の氾濫をそろそろどげんかせんと(高木浩光@自宅の日記 2008年02月29日)

暗号方面に限ったことではないような。

 
---

無罪

blog での名誉毀損の件。弁護士さんのブログを3つ。

【祝】【無罪判決】グロービート・ジャパン(らあめん花月)/平和神軍観察会事件判決速報(弁護士山口貴士大いに語る February 29, 2008)

速報!無罪判決が出ました。加筆第1稿第2稿2008年3月1日(弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版)

ネットが貶められた日(la_causette 01/03/2008)

「ネット上の誹謗中傷が有罪にならなかった。困ったことだ」……てな感じの報道が多いのがちょっと意外だった。特に新聞。

---

誰の責任を問うのか

非加熱血液製剤の裁判の話

松村元課長の功績についてそろそろ言っておくか(memorandum 2008-03-05)

確かに松村元課長は非加熱血液製剤の回収を行わず、不作為により結果的に患者を殺した事があったかも知れない。しかし、加熱血液製剤の早期輸入によって、何人、何十人、何百人の命を救ったと言えるかも知れない。不作為は批判されて然るべきだが、松村元課長の作為によって救われた命があることもまた確かなのである。

裁判として、誰かの責任を問わないわけにはいかないのだろうが。

本来、責任を取るべきなのは厚生省や政府のトップであって、その手下でしかない現場の技術屋の責任が問われるのはちょいと納得できない。法律や裁判の事はよく知らないけど、不作為の罪を負うべきなのは、「作為すべきだった事についての技術をもった者(作為できた者)」じゃなくて、「作為を行う責任のある者(作為するよう命令するべき次官や大臣)」だよね。これじゃ現場は浮かばれない。

 
---

ディスク暗号の復号

先日の、メモリを冷凍して引っこ抜いて、暗号キーをぶっこぬいて、ディスクを復号してしまうお話しの解説。

プリンストン大学の研究者らが発表したディスク暗号の高速解読法について(マイコミジャーナル 2008/03/02)

Lest We Remember: Cold Boot Attacks on Encryption Keys(Princeton University)

  
---

NGNとIPv6

NGNとIPv6インターネットは併用できないって知ってました?(ITpro 2008/02/28)


 
---

合理的?

熱を利用して冷却ファンを動かすそうです。

MSI、スターリングエンジン搭載のチップセットクーラー(スラッシュドット)

MSI、チップセットの排熱を利用してファンを動かす「Air Power Cooler」(PC Watch 2008年3月5日)

ちゃんと動くのなら、こりゃすごい。

 
---

ウェブサイトの脆弱性対応

「ウェブサイト運営者のための脆弱性対応ガイド」などを公開(IPA 2008年2月28日)

 
---

パスワードの神話

各所で大きな話題に

パスワードの定期変更は「神話」なのか?(ockeghem(徳丸浩)の日記 2008-02-26)

 
---

ネット規制

ちょっとイヤな感じ

有害サイト:閲覧を「18歳以上会員」に規制…自民法案(毎日JP 2008年3月6日)
 
---

ネット規制

こちらは、本当にやばいかも。要注意。

総務省:通信、放送1本化へ議論開始…規制拡大など(毎日jp 2008年2月25日)

通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会(総務省 情報通信議会)

 
---

日本の経営者はバカばかり

だから技術者は報われない(Tech-On! 2008/02/22 )

日本で会社を経営するのは楽ですよと。業績が悪くなったら給料を減らせばよい。また悪くなったらさらに削る。こうしてどんどん給料を減らしていっても、社員はほとんど会社を辞めない。こんなに会社経営が楽な国はない

 
---

Wii

Wiiは私達の身体にとって「良いもの」だろうか?(科学ニュースあらかると 08年02月26日)

 
---

監視カメラ対策

監視カメラに自分の顔を映らせないヘッドバンド(WIRED VISION 2008年2月25日)

このプロジェクトは、複数の赤外線LEDを環状に取り付けたヘッドバンドをはめて歩くという、シンプルな活動だ。
赤外線は人間の目には見えないものの、監視カメラでは、このヘッドバンドを装着した人の顔の周囲が白く光って見える。そのため、装着した人の顔がわからなくなるという仕組みだ。

こーゆー子供っぽい活動は、大好きだ。

日本でやったら、誰がどう反応するのか、ぜひ試してみたい。例えば、このヘッドバンドつけて銀行に入っていったら、それだけで警察呼ばれたりするのかな?

Infrared LEDs make you invisible to CCTV cameras(Boing Boing February 20, 2008)

 
---

ケムトレイルって知ってるかい

風に流されない飛行機雲があったら、それは政府の陰謀なんだそうだ。

ケム・トレイル(ウイキペディア)

ケムトレイル:核戦争時代のエアロゾルと電磁兵器

陰謀論者ってのも、いろいろ心配することがあって、大変だなぁ。

 
---

宇宙人

このバカバカしいノリ。大好きだ。

「捕らえられた宇宙人」がエコバッグに(@nifty:デイリーポータルZ)
 
---

海の王者

ノルウェー領で発見された化石、口は小型車が入る大きさ(Reuters 2008年 02月28日)

ジュラ紀の海洋生態系の頂点、史上最強の海棲爬虫類の化石が発見(Technobahn )

体長15メートルの超どう猛な海棲爬虫類……。こんな化け物が恐竜時代にいたと想像するだけでワクワクする。魚類代表メガロドン、哺乳類代表シャチと、時代を超えた海の王者決定選をやってもらいたい(団体戦ありで)。
 


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.03.06

TV業界にトドメを刺すのは任天堂かも

なんと、WiiリモコンでTVを操作できるそうです。これ、単にTVのリモコンのかわりになるだけでなくて、TV業界にとってもの凄いインパクトがあるような気がしますよ。

Wiiにテレビ番組表チャンネル、Wiiリモコンをテレビリモコンに(Engadget Japanese)

ついにWiiリモコンがテレビのリモコンになる(スラッシュドット)

仕組みとしては、Wiiでネットから電子番組表を利用する。で、Wiiリモコンで見たい番組を選ぶ。すると、Wiiのセンサーバー(TVの近くに置く黒い棒みたいなアレ)のLEDが、TVの赤外線リモコンの真似をして信号を送る。LEDの光は壁に反射してTVに届く、と。

……すげぇ。すげぇ仕組みだ。よくぞこんなシステムを思いつくもんだ。ひょっとしてWiiの設計段階からこんな使い方を考えていたのか? 任天堂ってほんとすげぇ。
 
 
でも、凄いのは技術だけではない。WiiがTVをコントロールできるということは、膨大な数のWiiユーザがどの番組を見たのか、どの番組に興味を持ったのか、それらの情報が任天堂に集まるということだ。

このサービスの利用者の数にもよるだろうが、任天堂が手にする視聴率の情報は、現在おこなわれている視聴率調査などとは比べものにならないほどの精度の高い情報になる可能性がある。それは、TVにCMを流すスポンサーにとっては、喉から手が出るほど欲しい情報だ。

さらに、電子番組表をつかって任意の番組をプッシュすることも可能だろう。任天堂は、CM枠をスポンサーに売って商売するという、TV業界のビジネスモデルの首根っこを押さえることになるかもしれない。……というのはちょっと考えすぎかな。
 
 
それはそれとして、これってTVのリモコンだけじゃなくて、部屋の中のありとあらゆる赤外線リモコンの代わりになるんじゃないか。ステレオもエアコンもファンヒーターも、もしかしたらパソコンや携帯まで、Wiiから自由にコントロール出来るかもしれないぞ。

Wiiって、ホントにいろんな可能性を感じさせてくれるマシンだな。こんな誰も思いもよらなかった方法で、全ての家電をコントロールする家電の親分の座についてしまうかもしれない。それは、ソニーやマイクロソフトや他の家電メーカーが、いくら頑張ってもできなかったことなのに。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

クジラと冥王星生物とガミラス人

西暦2199年、地球は謎の星ガミラスによる侵略を受け、人類は絶滅の危機に瀕していた。

冥王星のガミラス前線基地から放たれる遊星爆弾による無差別爆撃により、海は干上がり、赤茶けた地表は放射能に汚染され、生き残るのは地下に逃れたわずかな人々のみ。人類が生き残るためには、はるか14万8千光年彼方のイスカンダルまで、放射能除去装置を取りに行くしかない。

てなわけで、人類最後の希望、宇宙戦艦ヤマトはイスカンダル目指して旅立ったわけです。人類絶滅まで残された時間は、わずか365日。時間的にまったく余裕はありませんが、遊星爆弾の発射基地であるガミラス冥王星前線基地をほおっておくわけにはいきません。ヤマトは、太陽系を抜ける前に、冥王星で決戦を挑みます。
 
 
しかし、時間的にも戦力的にもギリギリの状況であるにもかかわらず、ヤマトは正面からガミラス基地に殴り込みます。ヤマトには波動砲という究極兵器があるのですから、ガミラス前線基地なんてアウトレンジから冥王星ごと吹き飛ばしてしまえばいいのに。

実は、冥王星にはガミラス人だけではなく現住生物がいるという設定があったのです。現住生物は、アメーバのようなスライムのようなウネウネした奴で、人畜無害でちょっと憎めない奴です。この太陽系の同胞を守るため、ヤマトはあえて波動砲を使わず、反射衛星砲の射程圏にその身をさらさねばならなかったのです。絶望のふちで、一日千秋の思いでヤマトを待っている地球の同胞を危機にさらしても、アメーバ達の人権(?)は守らなくてはなりません。……人道的ですねぇ。自然保護はかくあるべきです。
 
 
ちなみに、ガミラスの太陽系派遣軍は、ヤマトの容赦ない攻撃によって全滅します。派遣軍の司令官は、遊星爆弾のお返しとばかりにヤマトから放たれた岩塊に激突、乗艦ごとつぶされてご臨終です。

さらにその後、ヤマトはガミラス本星にまで殴り込みます。本星の地下火山脈を波動砲で打ち抜き、惑星全体に大地震を引き起こし、惑星表面のガミラス人の都市を壊滅させてしまいます。非戦闘員も含めてひとつの惑星の文明を根こそぎ葬り去ってしまうと言うのは、前代未聞でしょう。冥王星のスライムは身を挺しても守るのに、知的生命体であるガミラス人は文字通りの虐殺です。この扱いとの差は、いったいなんなんでしょう? 矛盾してるような気がするのは、僕だけかなぁ。
 
 
で、なにが言いたいかというと、沖田艦長をはじめとするヤマトがやったことは、牛肉を食いながら「クジラを守れ!」と叫びつつ捕鯨船に決死のテロをしかけて来る連中と、行動が矛盾しているという一点においてちょっと似ている気がするなぁ、ということです。

いまでもヤマトが大好きで、深夜の再放送を正座しながら見ている僕などは、よくよく考えてみれば、過激でおバカな自然保護団体の連中を指さして笑う資格はないのかもしないなぁ。 ……どうでもいいお話しでした。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.03

錯覚認証ってどうかな?

まずはCAPTCHAの説明。

無料メールアカウントを取得する時とか、ブログのコメントを書き込もうとする時、へんに歪んだ文字の画像が出てきて、それを読んで同じ文字を入力するように求める画面に遭遇することも多いと思います。利用者からすると鬱陶しいこのシステムは、スパム目的の悪人が作った悪のプログラムによって自動的にアカウントが取得されまくるのを防止することが目的で、CAPTCHAとよばれる仕組みです。

これは、傾いたり歪んだり、余計な線を加えられる等の加工された文字の画像は、人間には文字として認識できても、プログラムにはその文字を判別することが困難であることを利用した仕組みです。正しい文字を認識できなかったら、それは人間ではないということで、認証を拒否するわけですな。

CAPTCHA(ウイキペディア)

しかし、最近は悪のプログラム技術が向上したため、簡単な画像だと人間並みの精度で認識されてしまうそうです。守る側も、文字の歪みや変形を大きくして対抗しているのですが、はげしい攻防の結果、いまや文字の歪みは老人や視力の弱い人が読みづらいレベルにまで達してしまいました。人間が認証できないのでは本末転倒というやつです。ここまでくると認証として役に立たないので、どうやら悪人の側が勝利しつつあるというのが現状なようです。

「Windows Live Mail」アカウント取得時のCAPTCHAを大量処理(ITpro February6,2008)
Live Mailのキャプチャを破るボットが登場、不正アカウントを大量取得(ITmedia 2008年02月07日)

変形文字「CAPTCHA」はもう無意味?(ITmedia 2008年02月27日)

とても読めないほど歪んだCAPTCHAの画像の例はここ

「これはひどい」と言いたくなるCAPTCHAトップ10(らばQ 2008年03月02日)
 
 
さて、ならばどうしましょう?

たとえば、現在のCAPTCHAにかわる、有名なおもしろい認証として、「ねこ認証」というアイディアがあります。原理は簡単。複数の動物の写真を表示し、その中から「ネコ」だけを選んでもらいます。

例えば、大きさも色も柄も任意の犬とネコの写真があったとして、人間なら一目で区別がつきますが、それを確実に判別するプログラムをつくるのは非常に困難だとおもわれます。それを利用して認証を行おうというものです。

ねこ認証を作ってみた(釣堀.net)

これはなかなか素晴らしいアイディアだと思います。応用も利きますし。例えば、複数のモビルスーツの映像を表示して「MS06から古い順に並べろ」とかどうかな?
 
しかし、画像解析の技術もどんどん進歩していますから、たとえ「ねこ認証」が一般に利用されるようになったとしても、遠くない未来には、悪のプログラムによって破られてしまう可能性が大きいでしょうね。
 
 
 
で、ここから本題。

ならば、発想を逆にしてみましょう。人間にしか出来ないことを探すのではなく、人間だけに出来ないことがあればいい。プログラムなら絶対に間違えないけど、人間なら思わずだまされてしまうものを使って認証できればいいはずです。

たとえば、「錯覚」を使うのはどうでしょう。

<ーーー>
>ーーー<
どちらが長い?

とか

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
文字は傾いてる?

とか。

……てな感じの問題をだして、間違えたら人間、間違えなかったら人間でない、として認証するのはどうかな?

たとえば、人間なら絶対に騙される錯覚は、以下のサイトに沢山の例があります。このうちのどれかを、うまく認証に使えれば。

錯視(ウイキペディア)
錯視のカタログ
 
僕としては、錯覚認証ってなかなかいいと思います。全ての人類の脳の中だけでおきる不思議な錯覚現象をつかって人間を見分けるというのは、まさにSF。だれか上手い具合に実装してくれないかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

開幕まで1週間!


待ちに待ってた2008年Jリーグ開幕まで、ついにあと1週間と迫りましたよ。

くわしくはこちら
http://homepage3.nifty.com/dole/
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

新惑星の発見と占星術

太陽系には、まだまだ未発見の惑星があるらしいですよ。

海王星外側に第9番惑星の可能性、神戸大が理論予測(YOMIURI ONLINE 2008年2月28日)

雷王星? 魔王星? それともプロメテ? そういえば宇宙戦艦ヤマトには第十一番惑星というのがでてきたな。

それはそうと、今回の理論予測の根拠はこんなかんじ。


水星から海王星までの8惑星では変則的な外縁天体の軌道を説明できず、新たな「惑星X」を仮想的に加えて計算することで初めて、それが可能になることがわかった。これが、惑星Xが存在することの理論的な証拠になるという。

すごい! たしか海王星の発見も、他の惑星の軌道のぶれがきっかけだったと思う。
 
 
もしかして、まったくあたらない朝のTVの星占いも、占星術師達がしらない未知の惑星によって運気が乱されているせいだったりしないかな?

星占いの結果と現実の乖離を補正できるような未知の「惑星X」の軌道を占星術師達が予測して、実際にそこに惑星が発見されたら、オレは星占いを信じてもいいかも。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »