« J2第40節 札幌 0-1 仙台 | トップページ | 原器がダイエット »

2007.09.18

本「ぬかびら見聞録 Vol3」

大雪山国立公園の中にあるうらさびしい温泉街「糠平」を守るため、地元の有志がつくった温泉ガイドブックです。

誇れる物は、すばらしい大自然と、完全源泉かけ流しのすばらしい温泉と、数件の個性豊かな宿だけ(これだけでも、かなりすごいものだと思うが)。逆に、弱みはたくさんある。人がいない、廃墟が多い、とにかく寒い、なぜか「糖平」と間違えられる、等々。

そんな小さな温泉地が、「源泉かけながし宣言」を行い、複数の宿の温泉を利用できる「湯めぐり」制度や、2泊目に他の宿の飯を食える「味めぐり」制度を創設し、気球体験までやってしまう。

この、温泉街に秘められた不思議なパワーの秘密がしりたいのなら、このガイドブックを読みましょう。

たった500円で、ここまで情報がつまった本を作ることができるんですねぇ。 本屋さんで手に取った瞬間、正直おどろくと同時にあきれてしまいました。しかも作ったのは素人(?)。ホントに凄い。

てなわけで、糠平だけでなく、大雪山周辺から十勝にかけての温泉に行きたい人は必見の書だと思います。札幌市内では僕はアテネ書房でしか見かけなかったけど、アマゾンでも買えるのでぜひどうぞ。

ぬかびら見聞録 Vol3
 
  
糠平温泉には何度か行ったことがあるけど、とにかく温泉と山の幸がよかったことを覚えています。で、この本を読んでしまった直後、また無性に温泉に行きたくなり、ちょうど紅葉の季節にあわせて糠平の某宿を予約してしまいました。今から楽しみだ。

|

« J2第40節 札幌 0-1 仙台 | トップページ | 原器がダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/16483194

この記事へのトラックバック一覧です: 本「ぬかびら見聞録 Vol3」:

« J2第40節 札幌 0-1 仙台 | トップページ | 原器がダイエット »