« 日本秘湯を守る会/鯉川温泉旅館 | トップページ | スパムメールも侮れない »

2006.11.07

ツボって科学?

WHOによって、はり・きゅうで使うツボの位置が決められたそうですよ。

WHO、鍼灸のツボ世界基準を決定(スラッシュドット)
はり・きゅうのツボの位置は361カ所、WHOが基準(asahi)


国ごとに異なっていたはりやきゅうで使われる361カ所のツボの位置を、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局が国際的に統一した。2日まで茨城県つくば市で開かれていた国際会議で決定した。

 ツボ治療は約2000年前から行われ、各国で引き継がれるうち、位置や名称にずれが出てきた。WHOは89年に361カ所の名称を統一。03年から、日中韓の3カ国で統一案づくりに取り組んできた。3カ国では92カ所が食い違っていたことがわかったという。

 国際会議には日中韓をはじめ9カ国2組織が参加。3カ国がまとめた案では、6カ所のツボで合意できておらず、1日の会議で、投票で決めた。このうち、動悸(どうき)や精神的不安、高熱などに効くとされる「労宮」は、日本や中国で古来引き継がれていた、人さし指と中指の間の下の部分に統一された。統一基準は、日本国内の教科書と約40カ所が異なっているという。


うーーん。

WHOのサイトにはそれらしい記事を発見できませんでしたので、この記事からだけの印象になりますが。
 
 
「ツボ治療は約2000年前から行われ、各国で引き継がれるうち、位置や名称にずれが出てきた」……ツボの位置って、ずれるんだぁ。

「6カ所のツボで合意できておらず、1日の会議で、投票で決めた」……ツボの位置って、投票できめるんだ。

これって、「自然科学」というよりも、「伝統技術」だよなぁ。別にはり・きゅうが科学じゃなくても、人々の役に立つのなら全然かまわないんだけど。 でも、はり・きゅうって免許も必要だし保険もきいたような気がするので、医療行政の上では立派な医療行為なわけだよなぁ。他の西洋医学との間で、いろんな制度上の矛盾とかおきないのかなぁ。

ひょっとして、「ん~!?まちがったかな…」とか言いながら、自ら経絡秘孔の臨床実験をしていたアミバ様は、伝統的なはり・きゅう界の古い因習を断ち切るため、あえて正しい科学的手法を実践していたのかもしれないなぁ。
 
 
まったく関係ありませんが、医療関係(?)で面白い記事をもうひとつ。

水も砂糖もみんな毒? 身近な食品の致死量を調べる(エキサイトニュース)
  


|

« 日本秘湯を守る会/鯉川温泉旅館 | トップページ | スパムメールも侮れない »

コメント

犬、猫にもツボはあるのぢゃよ!
漢方もとい中医学侮るなかれぢゃ(笑)!アタタタたっ!

投稿: Ryu@vet | 2006.11.07 17:50

コメントありがとうございます。
いや、ツボ自体を否定はしていませんよ。「科学的じゃなさそうだ」というだけで。で、一応「科学」のカンバンを背負っている西洋医学と、医療行政上どう折り合っているのかなぁと。
……そもそも、医学(獣医学)はサイエンスではなくテクノロジーだ、という話を聞いたことがありますが。

投稿: sapporokoya | 2006.11.08 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/12586500

この記事へのトラックバック一覧です: ツボって科学?:

« 日本秘湯を守る会/鯉川温泉旅館 | トップページ | スパムメールも侮れない »