« 科学技術倫理とスーパーロボット | トップページ | コンサドーレ札幌キックオフ2006 »

2006.01.14

取材商法


数年前、サラリーマンをやめて独立した知人がいます。

独立直後は厳しかったようですが、最近は大企業のお得意さまもできて、それなりに順調なようです。

で、仕事をしているふりをしながら彼の会社のサイトを見ていると、「弊社の記事が雑誌に掲載されました」との記述が。

すげぇ! ばりばりの芸能人と対談してる写真がある。 立派な若手実業家に見えるぞ。

……でも、こんな雑誌、一度も聞いたことないなぁ。
 
 
てなわけで、さっそくググってみました。

雑誌の基本的なスタンスはこんな感じらしい。

一般の書店では売っていない月刊誌。銀行や病院の待合室で読める。
芸能人がインタビュアーとして地域の中小企業や個人事業主と対談。
毎号200人ほどの経営者が紹介される。
検索すると、「○○誌に掲載されました」と書いてある中小企業のサイトが山ほどでてくる。


うーーん。いろんな意味で微妙。あやしげな雑誌だなぁ。アンダーグランドの香りもするぞ。

で、さらに、調べてみる。
 
 
取材依頼のFAXが中小企業宛に大量にばらまかれるらしい。
なんとびっくり、取材される側に取材費が請求されるらしい。
その額は6万円とちょっとくらい?
 
 
そーかー。 出版社の方から、取材される側に対して取材費を請求するんだぁ。

芸能人を連れてくれば、応じる人も多かろう。こーゆー商売の方法もあるんだねぇ。目からウロコ、勉強になりました。

ただ、最大の問題は、一般の人がほとんど目にすることがない雑誌であることですな。(銀行のフロアでこんな雑誌を誰が読む?)。取材される側から見たら、「取材費」は「広告費」だと思えばいいわけですが、取材自体よりも「取材されました」と宣伝できることを考えればいいのかもしれません。 ……しかし、下手に宣伝すると、「あの会社、あんなインチキ雑誌にだまされてやがる」と思われる可能性もありますが。

業種にもよるだろうけど、「ホットペッパー」みたいなフリーペーパーに広告出した方が効果あると思うな。
 
 
あなたが個人事業主なら、明日突然「取材させてください」てなFAXや電話が来るかもしれませんよ。彼らは獲物を求めて北海道にまでやってきます。悪徳とはいいませんが、あまり意味の無い金を請求されるだけなので、気をつけましょう。

ググッて出てきたうち、わかりやすいサイト
取材商法キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(元社長日記) (←まさにこれ)
また取材商法キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(元社長日記)
新人マーケを狙う商売その1ー月刊○○(きょこ コーリング)


|

« 科学技術倫理とスーパーロボット | トップページ | コンサドーレ札幌キックオフ2006 »

コメント

おはようございます。えっと・・コンサドーレのファンなんですね? すみません浦和レッズファンですけど・・書いても宜しい? 取材商法でググっていたらここに辿り着いたのです。今朝「現代画報」から営業の電話ありました。社長は出かけていたので電話には出ませんでしたが私が出て「 ほぇ?これはなんだかなぁ・・・」と感じたのです。本人不在なのでネット検索して確認取れたら伝えようと思ったのですが、思った通りでした。取材受けて報酬を頂いた事があっても逆に要求されるなんて・・なにこれ? ですよね。
雑誌は有名でも置いてある場所が限定されるなんて そんなのは意味無いです。女優さんがインタビュァーだとか言っていましたが社長が喜びそうな人ではないし。(^^;)
しっかりとお断りいたします。有り難うございました。

投稿: 市民税支払い人 | 2011.02.14 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/8163408

この記事へのトラックバック一覧です: 取材商法:

« 科学技術倫理とスーパーロボット | トップページ | コンサドーレ札幌キックオフ2006 »