« 屋上緑化 | トップページ | 監視カメラ »

2006.01.09

政府がマスコミを指導すべき?


政治ネタはあんまり好きでは無いのですが、ちょっとびっくりしたので。

中国が狂ってしまったようです(共同やサンケイが嘘を言ってなければ)。

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」(共同通信)
日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」(サンケイ)

中国外務省の崔天凱アジア局長は9日、北京での日中政府間協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。……だそうです。
 
 
おまえが言うかぁ……などと、ありがちな事はいいませんよ、私は。
 
 
それぞれの国や民族にはそれなりの歴史とか事情とかがあるわけで、人権とか報道の自由とか、世界中すべての国が同じ原則に従うべきだなどとは、軽々しく言えないと思います。

だから、報道の自由などについてあからさまに制限している国(はっきり言ってしまうと中国)に対しても、個人的に激しい嫌悪感は感じても、日本と同じ制度にすべきだと外から口を出すのはお節介かなと思っていたわけです。

逆に言うと、あれだけ世界中から「人権人権」と激しく責め立てられても、われ関せずで我が道を突っ走っている中国という国は、そのあたりの「報道の自由に関する反グローバリズム」を貫いていて、ある意味立派だと思っていました。(中国国民には同情しますが)
 
 
しかし、どうやら買いかぶりすぎだったようです。

建前だけかもしれませんが日本では「報道の自由」が制度上は整備されているわけで、それを知らないわけでもないだろうに。せめて「日本のマスコミは……」と言えばいいものを。

それを、秘密の場ならともかく、結果が公開される会議において、日本政府に対して「政府は報道を制限しろ」とおおっぴらに公言すると言うとは……単なる自分勝手なバカだったんですねぇ。

今まで中国の外交は老獪であり、それゆえ相手をするのは大変だと思っていたのですが。なんにも考えていない力押しのみの単なるバカだとすると、それはそれで別の意味でおつきあいが大変そうだなぁ。
 
 
話はかわって

ちなみに、サンケイの天敵、朝日のこの件にかんする報道はこれ
日本の「中国脅威論」に懸念表明 局長級協議で中国側(朝日)
日本の「中国脅威論」に懸念表明 局長級協議で中国側(gooニュース)

意外と普通。「報道の自由」と「日々の主張」の間で葛藤しているのね。マスコミがこの件について中国の主張を擁護するのは難しいでしょう、さすがに。
 
 
今回の件はともかく、普段からもっともっと新聞によって意見が異なる世の中の方が楽しいと思うな、私は。朝日もサンケイも読売も、他紙や世論なんざ気にせずに、堂々と自説を主張してくれ。他紙のことを批判しまくってもいいぞ。そーゆー姿勢こそ、真の報道の自由を守ることにつながるのだから。
 

|

« 屋上緑化 | トップページ | 監視カメラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府がマスコミを指導すべき?:

» 中国の御用マスコミになれと? [tak shonai's "Today's Crack" (今日の一撃)]
新年になり、生臭い政治関係のエントリーは減らそうと思っていたのだが、こればかりは [続きを読む]

受信: 2006.01.11 00:31

« 屋上緑化 | トップページ | 監視カメラ »