« ファンクラブ会員手続き&シーズンチケット予約! | トップページ | 洗脳と宗教とハッキング »

2005.12.06

「青木まりこ現象」異論あり!

ちょいと調べ物がありまして、北大の図書館に行って来ました。

大学の図書館なんて十数年ぶりだったのですが、落ち着いた雰囲気がなかなかよろしいものですな。会社が終わった後の時間だったので、あまり学生がいなかったせいもあるのかもしれませんが。


さて、図書館だけでなく本屋さんでも同様ですが、本に囲まれると必ずおそってくるのが、アレです。そう、便意ってやつです。インクとカビの香りが漂う異空間には、人々をトイレに導く不思議な魔力に満ちているのです。

てなわけで、図書館や本屋さんに行くとトイレに行きたくなるのは私だけじゃなくて全国にたくさんいるらしく、この不思議な現象にはきちんと名前まで付いているそうですよ。その名も「青木まりこ現象」。かなり有名なお話なので、知ってる人も多いのでしょうが。


ググルといっぱいみつかるけど、一番詳しそうなサイトはこのへん
本の雑誌社25年史(1985年のあたり)(WEB本の雑誌)

【無駄知識】本屋で催す現象を青木まりこ現象と言う(まめちしキング)
「青木まりこ現象」と「眼瞼性頭痛」(その1)2003/01/14(しろくま 不定期日記)

きっかけは、『本の雑誌』第40号(1985年2月号)に、ある読者からの質問投稿があった事らしいです。

私はなぜか長時間本屋にいると便意をもようします。三島由紀夫の格調高き文芸書を手にしているときも、高橋春男のマンガを立ち読みしているときも、それは突然容赦なく私を襲ってくるのです。これは二、三年前に始まった現象なのですが、未だに理由がわかりません。(中略)

長時間新しい本の匂いをかいでいると、森林浴のように細胞の働きが活発になり、排便作用を促すのでしょうか。それとも本の背を目で追うだけで脳が酷使され消化が進むのでしょうか? わからない! 誰か教えて下さい。(後略)

 青木まりこ(会社員29歳・杉並区)

このたったひとつの投稿が「本の雑誌」誌上で大きな反響をよび、青木さんはこの現象に名を残す栄誉を担うことになったのです。

で、上のサイトによると、この現象の原因は

本屋での「立ち読み」の姿勢というのは、直立した状態で前屈みになって、やや伏し目がちに手にした雑誌の活字を追うワケだけれど、この姿勢は自律神経の1つである副交感神経(迷走神経)を興奮させ、腸の蠕動運動が昂進して便意をもようす」……のだそうです。

まぁここまでは異論はありません。でも、次がちょっと問題あり。

確かに、座って本を読む場合が多い図書館では「青木まりこ現象」は出現しないようで

……これは嘘だ!

私の場合、そこが本屋さんだろうが、図書館だろうが、古本屋さんだろうが、マンガ喫茶だろうが、とにかく本がたくさんある空間に行くと、必ずトイレに行きたくなるぞ! 

「青木まりこ現象」に悩む人に問いたい。あなたは、図書館ではトイレに行きたくなりませんか? 私が異常ですか? それとも、私の現象と青木まりこ現象はちがう現象なのか?
 
 
ついでにもうひとつ。

手元に本がないので確かめようがないのですが、やはり1985年頃に平凡パンチの連載されていた「愛のさかあがり」(とりみき)というマンガで、やはり同じような現象が紹介されていたような気がするのですが、気のせいかな? うっすらとしか覚えていないのですが、「本の雑誌」といったいどちらが先だったのだろう?
 
 
おまけ。

この「青木まりこ現象」ですが、うんちくとして扱いやすいネタなので、どうもネット上のサイトやblogに取り上げられるブームが、定期的にあるようです。

ここ数年では、なんとなく以下の時期にブームがあったらしいですな。

アエラで取り上げられた2003年11月頃
R25で取り上げられた2004年の10月頃
 
これからも、どっかのメディアで紹介されるたび、ネット上でうんちくとして取り上げられ続けるのでしょう。このまま地味に語り継がれていけば、いつかはこの「青木まりこ現象」も、現代用語の基礎知識なんかに掲載される日がくるだろうか?

|

« ファンクラブ会員手続き&シーズンチケット予約! | トップページ | 洗脳と宗教とハッキング »

コメント

こんばんは。
私は、本屋さんへ行ったときより図書館のほうがトイレに行きます。
だから、人間ドックでバリウム飲んだあとは、図書館へ行けば・・・www

投稿: ゆり | 2005.12.07 00:36

コメントありがとうございます。

図書館って、リラックスしてしまうんですよね。それで、トイレに行きたくなるんじゃないでしょうか。
「落ち着いて本を読めるトイレ」なんて作れば、大人気まちがいなし。全国的に有名な図書館になるかも。

投稿: sapporokoya | 2005.12.08 22:07

この現象に名前がついていたんですね。何年も前にこの現象を大真面目にテレビの番組で検証していました。やはり、行きたくなるのは確かのようです。
ワタシも本屋で2,3冊選んで、もう一冊を読んでいる時に行きたくなり、レジに「すみません、預かってください」と言ってトイレに行きます。最近の大手の本屋さんはトイレがさほど遠くないのですが、渋谷の紀○國屋さんにはトイレがなくて、店を出て、地下鉄の駅まで行っていました。
あと、国会図書館は本を湿気から守るためにフロアごとのトイレがないそうです。もしもを考えると地獄です。

投稿: Salsa | 2005.12.12 16:52

コメントありがとうございます。

>レジに「すみません、預かってください」と言ってトイレに行きます。

まじめな本の時はいいのですが、マンガとかHな本とか買おうと思っているときには、この方法はつかえませんね。
ちょっと昔の郊外型の本屋さん(ビデオレンタル屋さんといっしょだったりするお店)には、トイレ自体がなかったりして、苦労した覚えがあります。

投稿: sapporokoya | 2005.12.14 23:23

こんにちは。5年前の記事にコメントしてしまいますが、申し訳ございません。

この現象の理由が解明されているのか、検索していてたどり着きました。
私の実家に本がたくさんある部屋があるのですが、私は、その部屋でも同じ現象を経験していて、常々、不思議だなぁ。と思っていました。

個人的には本の独特の臭いが原因だと思っていたのですが(最近の紙の臭いのしない本屋さんでは経験した事がありません)まだ、解明されてないみたいですね。。

投稿: Yuhki | 2010.09.23 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/7487013

この記事へのトラックバック一覧です: 「青木まりこ現象」異論あり!:

« ファンクラブ会員手続き&シーズンチケット予約! | トップページ | 洗脳と宗教とハッキング »