« 映画「機動戦士ZガンダムII-恋人たち-」 | トップページ | 広い意味でのシステム多重化が必要だ »

2005.11.02

証券システム二重化とかすり抜けウイルスとか

本日、気になったアレな記事いくつか。

その1 東証システム障害関連

「ソフトは二重化できない」――東証の取引停止、原因はプログラムミス(IT media)

「ソフトのバックアップを整えることは、現実的には不可能」

……いくらシステムのハードを二重化しても、両方に同じソフトが載っていたら、ソフトの障害には対応できないのは当たり前。 賠償も噂されているようだが、F通さんも大変だ。

それはそれとして、国の政策のレベルでのもっともっと広い意味での株取引システムの「二重化」ということで、東証の他に大証とかジャスダックとかがあるんじゃないの?
 
 
その2 すり抜けるウイルス

多数のウイルス対策ソフトにファイルの中身をチェックしない脆弱性(IT Pro)

セキュリティホール memo 20051101

「.bat / .htm / .eml ファイル冒頭にちょっとした偽情報をつけるだけで、既存のウイルスが検出されなくなり、しかもウイルス自体はそのまま動く」……だそうです。

たまらんなぁ。 ちょっと考えればこれくらい想像できそうな気がするけどね、……あくまで後出しの感想ですが。
 

|

« 映画「機動戦士ZガンダムII-恋人たち-」 | トップページ | 広い意味でのシステム多重化が必要だ »

コメント

コンサ関係のブログからよらせてもらっています。

今回の騒動に関してです。
日替わり、月替わり、年替わり、年度替わりの動作確認は私が勤務していたメーカーでも普通にやっていたことなんですが、最大手さんでは抜けちゃったんですかね……。

ちなみに他の証券取引所でも同じソフトを使っているとのことでした。大きな意味での多重化も考えていないようです(苦笑)

投稿: あらあら | 2005.11.02 10:55

コメントありがとうございます。

 テストの手法については、たぶん弁解の余地はないのでしょう。
 システムをどこまで多重化するのかという問題は、たしかに非常に難しい問題ではありますが、エンジニアの腕の見せ所でもあるはずです。証券取引について、大きな意味での多重化なっていないということは、金融庁あたりに国政レベルの大きな設計図をかける人が居ないということなんですかねぇ。

投稿: sapporokoya | 2005.11.02 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券システム二重化とかすり抜けウイルスとか:

» 東証システム障害 [アスピリンカフェでちょっと一息]
東証システム障害、午前売買停止 東京証券取引所は一日、コンピューターのプログラムのミスが原因で 一部の先物取引を除き午前中の取引が停止した 復旧作業の結果、午後一時半には売買を再開した 東証では平成九年八月にシステム障害で千七百二銘柄を取引停止した ことはあったが全面的な取引停止は今回が初めて 午後の取引開始前に会見した東証の天野富夫常務は  「市場の信頼を損なうことになって申し訳ない。詳しい原因を調べたうえで    富士�... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 05:58

» 東証取引停止 [七五白書 (しらけないために)]
 月替わりの1日、国内の株式売買の9割を占め、ニューヨーク、ロンドンと並び称せられます東京証券取引所で大規模なシステム障害が発生し、株式などの取引が止まった、と報じられました。同じシステムを使います福岡、札幌の証券取引所にもトラブルが波及しました。  午後には復旧したものの、株式全銘柄の取引停止は、1947年の東証開設以来初めてで、世界の主要な取引所でも例のないことですから、内外の投資家や証券会社に大きな影響を与え、日本の�... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 16:14

« 映画「機動戦士ZガンダムII-恋人たち-」 | トップページ | 広い意味でのシステム多重化が必要だ »