« blogはコミュニケーションの場ではなく自己表現の場だと思う | トップページ | ブラックリストとホワイトリスト »

2005.11.23

コミュニティ形成ツールとしてのblog


 ここ数日、blog の役割についてちょいと考えております。で、先日の「blogはコミュニケーションの場ではなく自己表現の場だと思う」(2005.11.21)の続きです。
 
 
 blog というものは、ネット上の膨大なエントリーの集合から、著者名を条件に抽出して時系列で並べただけの物である。個々のエントリーはコミュニケーションのツールではあるが、blogは「コミュニケーションの場」ではない。そのような場を作りたいのなら、blogにこだわる必要はない。blogの本質は「自己表現の場」だということだ。

 ……ここまでは問題ないでしょう。しかし、これで理解できていたような気がしていたんですが、実はまだ先がありそうです。

 「自己表現の場」であると言うことは、自然と「人柄」が表現されるわけです。で、人柄がよい人の周りには、自然と人が集まってくるわけですな。すなわち、何らかのコミュニティが形成されてくるというわけです。

 これは、エントリーが著者ごとにまとめられた「blog」だからこそできる事であり、他の抽出方法でエントリーをまとめたリンク集では不可能でしょう。

 ていうか、多くのブロガーさんは、このような「自分の理想のコミュニティ」を作るためにblogやってるんですね。たった今この事実に気がつきました。まさに目からウロコってやつです。 「やっぱりブログはスゴイかも知れない」(5号館のつぶやき)さんがおっしゃっているのは、このことなんですな。

 いい書き手がいて、いいblogがあり、そこにいいコミュニティが形成される。……ネット社会の理想ですね。blogの役割というのは、まさにこれなのかもしれません。
 
 
 
 以下は、全くの余談ですが。

 私にとってblogというものは、世間に対して自分の言いたいことをいうための便利なツールでしかありませんでした。ですから、SNS等ではなくわざわざblogを使ってコミュニティを作るなんて思いもつきません。しかも、自分のblogで自分が理想とするコミュニティを作る、という発想自体がまったくの想像の埒外でした。

 この手の「ネット上でのコミュニティ」というものに対する感覚って、実社会での他人とのつきあい方と通じる物があるんだろうなぁ。きちんとコミュニティが形成されるblogの持ち主ってのは、それなりの人格者なんでしょう。私みたいな根が暗くて、自発的にコミュニティを形成しようという程のエネルギーが無い、というかそーゆーのをめんどくさく感じる人間には、無理かもしれないなぁ。
 
 
 ただ、「コミュニティを維持すること」と「コミュニケーションを行うこと」は全く別のお話であるはずです。私は後者のツールとしてblogを使っていきましょう。そして、自分のペースでぼちぼちと、科学技術コミュニケーションしていこうかな。


|

« blogはコミュニケーションの場ではなく自己表現の場だと思う | トップページ | ブラックリストとホワイトリスト »

コメント

いやあ、あえて
>根が暗くて、自発的にコミュニティを形成しようという程のエネルギーが無い、というかそーゆーのをめんどくさく感じる人間

にこそ、ブログっていいツールかもしれませんよ。自宅でできるし、体もあんまり動かさなくてすむし。
しかし、セキュリティー&コンサドーレさんのお人柄も、なかなかに魅力的ですが・・・。

投稿: Namba | 2005.11.23 09:35

コメントありがとうございます。
一応平均すると、ここも五号館さんの半分くらいのアクセスは一日あたりあるのですが、コミュミティという点では全くですねぇ。
根暗を活かした、わたしならではのblog活用法を考えてみます。

投稿: sapporokoya | 2005.11.23 11:58

私は、人に見せられる文章を書くトレーニングとしてblogを書いていたことがあります。
ネタに詰まったのと、コメント/トラックバックのプレッシャーに負けて(笑)閉鎖してしまいました。決して荒らされたわけではないですが。

いろんな刺激をうけているので最近はまたトレーニングとしてのblogを始めようと思っています。もちろんここにも刺激を受けています。

投稿: 0x4E71 | 2005.11.23 12:19

>一応平均すると、ここも五号館さんの半分くらいのアクセスは一日あたりあるのですが、
そうじゃないかと思っていました。
というのも、私がこのブログを知ったのは実はCoSTEPの授業が始まるずっと前なんです。どういう風にたどり着いたのか、はっきり覚えていませんが、時々ブログをのぞく程度の私が到達したのですから、多くの読者がいるのではないかなと思っていました。私には難しい話題もありますが、面白い話題もあり、以後、時々読んでおりました。著者を知ったのは、ごく最近です。

投稿: Namba | 2005.11.23 13:39

>0x4E71さん(この呼び方でよろしいですかね?)

私の場合、アイディアを思いついたままに書き殴っているので、あまり文章の練習にはなっていないかもしれません。コメントやトラックバックも含め、忙しかったり気分が乗らないときには、よくサボってしまいます。なので、あまりプレッシャーは感じたことはありません。

それでも、読んでいただける方からコメントいただけると、やはりうれしいですね。これがblogの魅力なんでしょう。

こんないい加減な人間が書いているいい加減なblogですが、これらかも読んでいただけると光栄です。よろしくお願いいたします。

投稿: sapporokoya | 2005.11.23 23:22

>Namba さん。

アクセスいただいている方の多くは検索エンジン経由なので、あまり威張れるものではありません。たんに、それなりに長く書き続けていれば、いろんな単語で検索に引っかかるということでしょう。
そんな一見さんに継続して固定読者となっていただければ、アクセス数倍増なんでしょうが、……なかなか難しいかもしれません。
まぁアクセス数についてはあまり考えず気楽に書き続けていきますので、お暇なときにでも気楽に読んでみてください。よろしくお願いいたします。

投稿: sapporokoya | 2005.11.23 23:28

 私の考えに対する的確なコメントを感謝します。下のエントリーからトラックバックを送ろうとしたのですが、調子悪いみたいなのでコメントを残しておきます。
http://shinka3.exblog.jp/d2005-11-20

投稿: 5号館のつぶやき | 2005.11.24 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/7270456

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティ形成ツールとしてのblog:

» やっぱりブログはスゴイかも知れない [5号館のつぶやき]
 日曜なのに大学で、命令されて仕事をしています。  明らかに超過勤務であるにもかかわらず、超過勤務手当で対応はしてくれないそうで、代休を取れとのお達しです。来週は講義がない日はないので代休はとれません、と言ったら「代休を取れない理由書を提出して、再来週以降に代休を取ってよろしい」という有り難い(?)お達しです。代休を取ったって、大学で仕事を続けなければならないことは知っているくせに、大学ってよっぽど金がないですね。  それはさておき、昨日の演習「ブログ・コミュニケーション」で勝手なことば... [続きを読む]

受信: 2005.11.24 16:38

« blogはコミュニケーションの場ではなく自己表現の場だと思う | トップページ | ブラックリストとホワイトリスト »