« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.30

デジタル家電の覇権とか、原発情報漏洩とか

本日のアレな記事、いくつか
 
 
その1 デジタル家電の覇権戦争

デジタルテレビの恐怖

デジタルテレビに潜む危険と脆弱性(IT media)

リモートからのファームの破壊、知らない間に保存されてる個人情報、災害時に全く利用できない複雑な仕組み、等々。デジタルテレビって、ちょっとやばそうだ。

他の家電でも、デジタル化、ネットワーク化されて便利になったとたんに、全く同じ問題がでてくるぞ、きっと。

これから、ネットワーク家電のOSの覇権を巡る家電メーカーやコンピュータメーカーの大戦争がおこるのだろう。ひょっとして勝負を分けるのは、この辺のセキュリティからみの対応になるかもしれないよ。

なんだかんだ言っても、マイクロソフトはネットワークセキュリティ関連のノウハウは膨大にもっているわけで、国内メーカーが「家電では勝てる」なんて甘く考えてると、簡単に足元をすくわれるかもしれないよ。
 
 
その2 またまた原発関連情報の漏洩

Winnyで原発情報また流出(IT Media)
三菱重、原発の検査情報が流出・協力会社社員のパソコンから(NIKKEI NET IT PLUS)

「情報が流出した原因は、高砂製作所の協力会社社員のパソコンがファイル共有ソフト「ウィニー」を通じて情報を流出させるウイルスに感染していたため」……だそうだ。

前回は「三菱電機」で今回は「三菱重工」。一応別の会社ではあるのだが。

……それにしたって、このご時世でまたしてもwinnyで情報漏洩ってのは、もはやウケを狙ってわざとやってるとしか思えないよなぁ。

発電プラント等に関する検査関連情報流出について(三菱重工)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

URLフィルタリングという商売

世の中のWWWサイトを勝手にカテゴリー分けし、不適当だと決めたものをフィルタリングするソフトがある。お子様にHで違法なサイトを見せないようにしたり、仕事中のサラリーマンに仕事と関係ないサイトを見せないようにするためのソフトだな。

そんなフィルタリングソフトのメーカーに対し、警察が犯罪関連サイトの情報を提供することになったんだそうだ。

警視庁、フィルタリングソフトメーカー2社に犯罪関連サイトの情報を提供(INTERNET Watch)

「警視庁では、両社に対して犯罪関連サイトの情報を提供し、フィルタリング製品・サービスに活用していく形で提携を行なう。犯罪関連サイトのデータは、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターから提供される」……だそうだ。

このニュース、いろんな観点からいろんな見方があるだろうなぁ。

そもそも他人様のサイトを勝手にカテゴリ分けするという行為自体が、ちょっと気持ち悪いのは確かだ。この手のソフトって、どのサイトをどのカテゴリに分類しているのかは、それこそ企業秘密で絶対に一覧リストはみせてくれない。実際にフィルタリングされてみて初めて、思わぬサイトが思わぬカテゴリに分類されていることに気付いたりするわけだ。

今は、どのメーカーもそれほどシェアが大きくないので、気にくわなければ「フィルタリングソフトなんて導入しなけりゃいいじゃない」と言えるのだが。これが、例えばマイクロソフトみたいな巨大メーカーが参入してきたりすると、ちょっと笑っていられなくなる。いちメーカーの恣意的な選択により、気にくわないライバル社のサイトが片っ端からアダルトや不法に分類され、デフォルトの設定のままでは閲覧すらできなくなるかもしれない。

図書館やら学校やら公共の場所のPCにはサービスとしてこの手のフィルタリングが強制的にかけられている事が多い事を考えると、個人情報保護法みたいに、自分のサイトに対するカテゴリ分けの情報を閲覧したり変更を要求したりする権利が必要かもしれないね。

いや、今でも「我が社のサイトをアダルト扱いするとは何事だ! 損害賠償しろ」と裁判に訴えたら、いったいどうなるのか、非常に興味があるよなぁ。ウイルス対策ソフトに対して「我が社のソフトをスパイウェア扱いするとは何事だ」と訴える会社もあるわけだし。
 
 
さらに、リンク先のニュースによると、このカテゴリ分けに警察がからんでくるというのだ。これはちょっと複雑な気持ちだな。お上によって有害サイトが恣意的に決められるというのは、ある意味非常に危険な事であるのは間違いない。だが、お上であるからこそ、ある程度は社会で合意が取れるカテゴリ分けをするだろうし、おかしい場合は正式なルートで文句をいえば民間企業と違ってなんとかなるような気もする。なんにしろ、お上のやる事なんだから、フィルタリングの詳細情報の公開だけはしてもらわんと困る。それさえやってくれれば、許せるかもしれない。

一方、お上から情報をもらうメーカーの側については、上述の訴訟や文句に対するリスクを警察に負わせようという責任逃れの姿勢がみえみえで、ちょっと情けないと思う。自分の力でカテゴリ分けして、それに対してのリスクは自分で背負って商売すればいいのに。
 
 
さて話はかわって。

不法サイトはともかく、アダルトサイトを運営している人から見ると、この手のソフトにフィルタリングされるということは、おそらくかえって名誉なことなんだろう。もともとターゲットにしているのは「偶然ではなく、積極的にアダルトを見たい」という人であり、そんな人はフィルタリングなんてされてない環境を使うに決まってるんだから、「当サイトは、主要フィルタリングソフトで過激アダルトと認定されています」なんてのは、いい宣伝になるはずだ。

フィルタリングソフトのメーカーは、「フィルタリングされる権利」をもっと積極的に売りだしてもいいんじゃないかな。……このアイディア、ビジネスモデル特許をとれるかも。大儲けの予感!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

本「兵士を追え」「セクシーな数学」

ここ数日で買った本

兵士を追え (杉山隆男)
小学館 2,310円

自衛隊員の生態に迫るシリーズ第三作目。今回のターゲットは潜水艦乗りだ。

前作の戦闘機乗り話がなかなか凄かったのでかなり期待して買ったのだが、やっぱりいいね。普段あまり注目されない潜水艦乗り達の思いがよくわかる。目のつけ所がいい。

次は、特殊部隊とか、情報部員とか、スパイ衛星の写真を分析してる人たちとか、諜報関連の人たちを取り上げてくれないかな。それが無理なら、エリート制服組やその予備軍の防衛大学の学生達とか。

アマゾンの詳細ページ
兵士を追え
 
 
セクシーな数学 (グレゴリー・J・チャイティン)
岩波書店 2,625円

本屋さんでタイトルだけみて衝動買い。純粋数学の限界とセクシーさを研究する著者へのインタビューをまとめた本だ。

なんというか、……数学ってすごい、ということが実感できる本だね。

この辺りの分野の一般向けのわかりやすい本を、もっと読んでみたくなった。

アマゾンの詳細ページ
セクシーな数学 ゲーデルから芸術・科学まで-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本「ディエンビエンフー」「彼氏彼女の事情」

ここ数日で買ったマンガ

ディエンビエンフー (西島 大介)
角川書店 1,050円

帯に「世界一かわいいベトナム戦争」とあおり文句があるとおり、かわいい絵はとっても魅力的。だが、実際にはかなり猟奇的でグロい戦争マンガである。

米兵を虐殺しまくり、米軍の中隊をたった一人で壊滅させる解放戦線の少女……というのはフィクションなんだろう、たぶん。だったら、解放戦線と米軍の凄惨な戦闘シーンはどこまで事実なんだろう? 米軍による一般のベトナム人の虐殺は?

なにが「本当の戦争」なのか。……なかなか考えさせられる、奥が深いマンガ。

アマゾンの詳細ページ
ディエンビエンフー
 
 
彼氏彼女の事情 21 (津田 雅美)
白泉社 410円

ついに終わっちゃったねぇ。

意外と普通の終わりかたで、安心したような、ちょっとガッカリしたような。

アマゾンの詳細ページ
彼氏彼女の事情 21

| | コメント (0) | トラックバック (1)

絶望的な孤独……だがそれが心地いい

 他人と会話できない人がいる。

 あまり親しくない人とは何を話していいのかわからない。うまく相槌を打てない。目をあわすこともできない。あせって挙動不審になり、相手に変な奴だと思われてしまう(……と自分で思い込む)。 で、後から死ぬほど後悔するわけだ。やっぱり自分は他人と交わるのは無理だ、と。

 ……って、私のことなんだけどね。

 いつからなのかはわからない。小学生くらいの時は、明るいバカなガキだったと思う。だが、学年があがるにつれ、次第に引きこもり予備軍の本領を発揮していった。

 ほんの数人の親しい友人以外とは、必要最低限の事しか話さない。というか、話せない。他人を目の前にすると、挙動不審になってしまうのが自分でもわかる。

 どうしようもない孤独感。その結果、架空の物語の中にのめり込むのだが、現実の世界ではどうやっても物語の主人公に成りえない自分に絶望する毎日なわけだ。自分でもどうしたらいいのかわからない。
 
 
 おそらく、ニートや引きこもりと呼ばれる人々の中には、私と同じような人種がそれなりの割合でいるんじゃないかな? 可能なら仕事に就きたいという気持ちはあるのだが、それに伴う他人との交わりに耐えられそうも無い、とあきらめているわけだな。

(一応断っておきますが、私はニートの方々に説教するつもりはまったく無いし、逆に同情するつもりもありません。社会全体が未熟であるような気はしますが、それをここで主張する気もありません。単に自分の若かりし頃を思い出しているだけです)
 
 
 今にして思えば、私の転機(というほど大げさなものでもないが)は、学生時代に悟りを開いた時だな。「別に必要以上に他人と交わる必要なんてないじゃん」と唐突に思いついたわけだ。

 だからといって、決して寂しさや孤独感から開放される訳ではない。だが、少なくとも「他人と深く交わろうと無駄な努力をする空しさ」だけは感じなくなった。

 そうすると不思議なもんで、少なくとも事務的な会話については、あんまり苦痛にならない。とはいっても、挙動不審はあまりかわっていないし、さらに「深く交わらない奴らに嫌われたって平気」と開き直っているので、周りから見るとちょっと「痛い奴」だったかもしれない(今も?)。でも、平気。

 要するに、表層的な薄っぺらい愛想笑いをしていれば、バリバリのエリートサラリーマンのふりをするのは簡単なわけだ。たしかに、会社でいっしょに仕事している人達も含めて、他人と仕事以外のお付き合いをやりたくない。接待やアフターファイブの飲み会なんて、苦痛以外の何者でもない。だから、飲み会なんてほとんどいかない。でも、仕事上の会話だけなら問題ない。部下をしかり、取引先に怒鳴り込み、お客さんに土下座するのも平気。最低限あしを引っ張られない程度にふるまっていればいい。他人に嫌われたって、出世がおくれる程度なんだし。
 
 
 くりかえしますが、私は引きこもりの方々に「私のように仕事に就くべき」なんて説教する気はありません。人は社交的であるべきだなんて、まったく思いません。他人と関わるための膨大なエネルギーを別のことに使えるのなら、そっちのほうがはるかに豊かな人生を送れるような気さえします。

 もし経済的に許されるのなら、いつまでも引きこもって居ていいんじゃないかな。わたし自身、そんな会社生活もそろそろめんどくさくなってきた。もし他人と接する機会が今よりも少なくていい仕事があるのなら、会社やめちゃおうかなぁ。とりあえず、かみさんに養ってもらおうか。今まで払ってきた失業保険も取りかえさんとならんし。
 
 
 ……てなわけで、グダグダつまらん事を書いてきましたが、無理やり結論っぽいものをでっち上げるとすると、要するに「他人と交わらなくても成り立つような職業さえあれば、ニートの方々も立派に働くだろうなぁ」ということです。どうせ、ニートや引きこもりを無くすことなんて不可能なんだから、そんな事に金を使うのはもったいない。それよりも、人と接しなくても金を稼ぐ事が可能な職業を創造するほうが、前向きでいいと思うな。IT関連とかオタク関連産業なら十分可能だと思うんだけどね。

 どうよ厚生労働省。ついでに総務省と文部科学省。ニートの定義とかニート対策の内容とかで内輪もめしてる場合じゃないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.27

J2第28節 水戸1-0札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年08月26日(金)
J2第28節 水戸 1-0 札幌(笠松)
ネットで結果を知る

弱い。普通に弱い。決定力なさすぎ。直前の上里のケガとあわせて、ホントに落ち込む事ばっかりだ。

くわしくは、こちらを。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムスター発電機って絶対に売れると思う

ハムスター発電機を作ってしまったお子様がいるそうな。

まずはリンク先の写真を見るべし。

ハムスターでケータイ充電(ElephantLogic30)

「小学生の工作のバージョンアップ」……上記サイトではこう言われてますが。

私は、愛らしいハムスターが一生懸命発電している写真を一目見て心の底から「すげぇ」と思ってしまったのだが、これは私が脳天気だからかなぁ?
 
 
確かに、仕組み的にはあまりにも単純で、何ら新しいことはないのだと思うのだけど。

だけど、仮にこれが商品化された場合を想像して欲しい。 昼も夜も、飼い主が寝ている間にも、愛しいハムがご主人様のために必死になって携帯を充電していてくれるのだ。ペット好きな人なら、それを想像するだけで顔がにやけてしまわないか? もしこの商品を売り出したら、ハムスター愛好家の間では爆発的なヒットになると思う。賭けてもいい、これは絶対に売れる。

……てな感じで、確かに科学の課題としてはどうかと思うが、ビジネスの観点からいえば、この発想は大変すばらしい。満点をあげたい。
 
 
これ、おそらく特許とか関係ないだろうから、商品化した者勝ちなんだろうなぁ。日本でも誰か商品化して売り出してみればいいのに。 ついでに、うちのバカチワワが使えるサイズの物が欲しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.25

「左右の概念」と、「なぜ人を殺してはいけないか」

「はてな」の質問で興味深いものがあった。 どちらも既に回答期間は終了していて、今さらの感があるのだが。

(こーゆーのみると、「はてな」って「nifty」より面白そうな気がするね)

その1 「右」と「左」の違いを言葉だけで説明することは可能でしょうか?

まじめに考えてみるとかなり面白いね、この問題。

普通に考えると、物理的な法則を使うしか無いんだろうなぁ。上記リンクの回答の中でも考察されているように、フレミングの法則はそもそもその定義に左右の定義を含むので不適当。「弱い相互作用」における左右対称性の破れをつかうしかないのかな?

この辺が参考になるらしい。
右と左という概念を地球外生命との交信で伝達することは可能なのでしょうか?
絶対的な左右の非対称というものはあるのでしょうか?
(科学と技術の諸相)
 
 
ここはちょっとひねくれて、生物的(?)な方法を考えてみる。

相手が人類なら、どこにいようとも「胸でドキドキいってる方が左」で通じるだろう(北斗の拳のサウザー様は除く)。しかし、例えば相手がヒトデだった場合、これが一気に難しくなるわけだな。 たとえ他の星にいても重力の方向をもとに「上下」の観念は伝わるのだろうが、「左右」は難しそうだよなぁ。

……ちなみに、まったくの余談だが、ヒトデにも「利き手」というものがある事はあまり知られていないかもしれない。何度もひっくり返してやると、必ず決まった「手」を支えにして元に戻ろうとするそうだ。もうひとつ余談、ショッカーの改造人間ヒトデンジャーは堅くて強かった。さすが棘皮動物。どうでもいいことだが。

さて、相手が文明の発達したヒトデ型宇宙人だと仮定する。 この場合、「左右」の概念を教える方法として、「人間のDNA配列の情報を全て送ってやる」というのはどうだろう? 向こう側でクローン人間を合成してもらって、その体の胸の部分でドキドキいってる方が左……というのはだめかな? 人間の発生上の「左右」って、あっちの世界のアミノ酸の光学異性体の割合に依存するのかな、やっぱり?

もしかしたら、USSエンタープライズ号の転送装置をつかって、人間を相手の元に直接転送してやるってなほうが、手っ取り早いような気もするな。
 
 
その2 倫理・宗教・法律を持ち出さず、かつ情に訴える以外の方法で、「なぜ人を殺してはいけないか」を説明してください。

これも深い。

まず、進化生態学的に考えてみる。
生物は、自分と同じ遺伝子を持つ確率の高い、要するに血のつながりの近い親戚を守るように進化する傾向がある。で、人類はたまたま親戚一族で群れて暮らす生物であり、身近な人間はすなわち同じ遺伝子を持つ可能性の高い親戚であるので、これを殺す衝動をもつ遺伝子よりは、殺したくないと考える遺伝子の方が生き残ってきた。この本能が、いつのまにか身近な人間と身近じゃない人間を区別しないようになってしまった、てなところかな。

次にゲーム理論っぽく。
もともと人間という動物は、ツメやキバ、毒、怪力等の一撃必殺の武器を持っていない。従って、人間が人間を殺そうとしても、決して先手必勝というわけではなく、単純に考えれば五分五分の確率で反撃されてしまうわけだ。勝利したとしても、かなりの深手を負うことは間違いない。これは、食料を得るための戦いとしては決して割の良い勝負とはいえない。てなわけで、殺して食うつもりなら、お互いにもっと割のいい相手、人間以外の獲物を狩ろうということになった、……というのはどうだろう。
 
 
……あえてこんな質問をした人が期待しているのは、おそらくもっともっとひねくれた答えなんだろう、たぶん。

哲学的、もしくは科学的に真面目に深く深く追求すればするほど「法律(成文化されているかは別にして)や慣習でそう決まっているから」という結論に達してしまう私は、やっぱりひねくれているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

新しいビジネスで儲ける人と儲けられない人

いろんなビジネスを思いつく人がいるんだねぇ。

その1 電子本ダウンロード

米Amazon、オリジナル短編作品の電子本ダウンロード販売を開始(IT Media)

「Amazonは、ロバート・シルバーバーグ、ダニエル・スティールなど著名作家のオリジナル短編を49セントでダウンロードできるサービスを開始した」……だそうだ。

コピー禁止とか、めんどくさい事を言わないところがいい感じ。
確かに著作権も大事だろうけど、権利ばっかり主張しないで、できるだけ便利な仕組みでなるべく多くの人に購入してもらう方が、結果的に儲かると思うな、やっぱり。

Amazon Shorts
 
 
その2 ネットラジオで10万曲無料

10万曲が無料――ヤフーが新音楽配信サービス(IT Media)

「ヤフーが、フルサイズの楽曲約10万曲を無料で聴ける新音楽配信サービス「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」をスタート。配信方式はあらかじめ用意された楽曲を聴くネットラジオスタイル」

ラジオと同様に、広告料で儲ける仕組みらしい。 Yahoo としては、このサービスがきっかけでお客さんを集められれば、それでOKなんだろうが。

Yahoo!ミュージック サウンドステーション
 
 
その3 ボットキャストが大人気?

ポッドキャスト急成長の兆し ニフティ「配信数、想定の数十倍」(IT Media)

「ニフティがISPとして初めて開設したポッドキャスティングポータルが、想定をはるかに上回るユーザーを集めている。広告利用も早速始まり、「ブログと同じくらい急激に成長している」という」

特に新しいというわけではないが、そんなに流行っているとは知らんかった。

Podcasting Juice
 
 
その4 まとめ

よくもまぁ、こんな商売を思いつく人々がいるもんだね。

どれも、本屋さんとかラジオ局とか、もともと似たような物を売っていた既存の業界が自ら思いついて実行してても全然おかしくないビジネスの形態なんだが、結局儲けるのは新規参入(?)の人たちなんだよね。

例えば10数年前、発足直後のJリーグが「地域密着のスポーツ」というビジネスモデルを提示した時、それを鼻で笑っていたバレーボール、バスケットボール等々の協会は、今や壊滅状態に陥っていると言い切ってもいいだろう。プロ野球協会もちょっと危ないし。

そして今、中間マージン無し、ついでに一切在庫無しで音楽を販売できる理想的なビジネスモデルが目の前に見えていたのに、やれCCCDだとか補償金とかお馬鹿な仕組みや制度を必死に考えている間に、アップルに美味しいところ総取りされそうな日本のレコード業界の情けなさ。
 
 
要するに、せっかく新たなビジネスモデルが目の前にあるのに、既得権を守るために汲々としているあいだに、気づいたら最も儲けの多い部分は全て他人とられていた……てな業界が多すぎるような気がするんだな、日本には。
 
 
……既存のTV局やラジオ局は大丈夫なのかなぁ? 地上波デジタル放送による環境激変も目前に迫っているのに、あまり対策を考えているように見えないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

Zotob 関連

Zotob の解説の記事。

なんかしらんが猛烈に仕事がいそがしいので、とりあえずリンクだけ。

MS05-039とZotobに関するサマリー(武田圭史)
W32.Zotob.Eワームの解析結果について(8/19)(@police)


おまけ。すでに流行中?

TCP445番ポートに対するアクセスの増加について(@police)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

IEとか、アクロバットとか、ジップデックとか

ここ数日の気になったニュース、いくつか。
 
 
その1 IEのパッチ未公表の深刻な脆弱性

IEがかなりヤバイらしいぞ。毎度のことだが。

IEに修正パッチ未公表の深刻な脆弱性、任意のコードが実行される恐れも(INTERNET Watch)
IEの未パッチの脆弱性、回避策をMicrosoftやSANSが公開(IT Media)

COM オブジェクト (Msdds.dll) により Internet Explorer が予期なく終了する可能性がある(Microsoft)

「悪意のあるWebサイトを閲覧しただけでIEが不意に終了してしまうなどの恐れがある脆弱性」のため、最悪の場合「サイトを閲覧しただけ外部から任意のコードを実行させる可能性」もあるそうな。

こわいこわい。

対策としては、正式なパッチが出るまではIEを使わないのが最善らしい。 ……とはいっても、なかなか難しいよなぁ。
 
 
その2 アクロバットの脆弱性

アドビのアクロバットがヤバイらしい。

Acrobat / Adobe Reader プラグインのバッファオーバーフローの脆弱性に関するセキュリティ情報(アドビ)
Adobe Acrobat/Readerにバッファオーバーフロー(スラッシュドットジャパン)

対象は
「Windows/Mac/Linux/SolarisのAdobe Reader 5.1/6.0-6.0.3/7.0-7.0.2およびAdobe Acrobat 6.0-6.0.3/7.0-7.0.2」

危険性は
「プラグインの脆弱性により、ソフトがクラッシュする、あるいは悪意のあるコードが実行される危険性がある」

対処方法としては
「Windows/Macでは6.0.4または7.0.3への、Linux/Solarisでは7.0.1へのアップデート」

……だそうだ。 ちょっとヤバゲなので、さっさと対処しましょう。
 
 
その3 JIPDECから情報漏洩

個人情報保護のための講演会で個人情報を流出~日本情報処理開発協会(INTERNET Watch)

「日本情報処理開発協会は9日、経済産業省との共催で5日に札幌で開催した「個人情報保護に関する講演会」において、同協会が受けた苦情相談者の個人情報1件を、参加者に配付した資料190部に誤って掲載したことを明らかにした」……だそうだ。

私、この講演会に行ってた。 確かに資料の最後のページがちょっと……な気がしたんだよなぁ。(よく読む前に回収されてしまったので、細かい内容までは覚えてないが) 

大部分を回収できてよかったね。 でも、ISMSやらPマークの審査員とかが現場にきて偉そうなこと言っても、これじゃいまいち説得力ないよなぁ。 しっかりしてくれ。

JIPDEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型イージス艦、名前白紙の真相

本日の嘘ニュース

海上自衛隊が命名権販売へ 新型イージス艦

イージス艦の名付け親になりませんか? 長崎市の造船所で今月下旬に進水する海上自衛隊の新型イージス艦(7、700トン)の名称について、海上自衛隊が命名権を販売すると発表した。

購入希望者が複数の場合はオークションを行う予定で、落札金は新型護衛艦の建造費にあてられる。

海上自衛隊の広報部は「オークションを通じ、国民のみなさまにも国防について関心をもってほしい」と話している。

既に複数のアニメ関係者らが宣伝あるいは自己満足を目的とした命名権獲得に名乗りを上げており、白熱したオークションが予想される。

------
 
 
嘘ニュース続報

イージス艦命名権販売、白紙に

海上自衛隊によりオークションにかけられていた新型イージス艦の命名権が、一度落札者が決定していたとにもかかわらず、白紙に戻されていたことが明らかになった。

白紙に戻された理由についてはあかされてはいないが、落札者により命名された艦名が旧海軍の主力戦艦名だったため、「軍国主義復活」との批判を避けようと自己規制が働いたらしい。
 
 
だが、関係者の話を総合すると、それほど単純な話ではなさそうだ。

海自関係者によると、「事前にある程度予想されていたことだが、オークション参加者はマンガ家やアニメ関係者ばかりだった」、「命名候補が『ザンジバル』『エクセリヲン』『ナデシコ』『マクロス』等々の宇宙戦艦ばかりであり、それを聞いた海幕上層部が頭を抱えた」などの噂がまことしやかに語られているらしい。
 
 
さらに、とある海自幹部は、絶対匿名を条件に以下のように語ってくれた。

「最終的に命名権を競り落とした人物は有名漫画家『M本R士』氏であり、予定された艦名はもちろん『ヤ○ト』であった」

「これにより『軍国主義復活回避のため』との大義名分を得た海幕上層部は、イージス艦の宇宙戦艦化を阻止できてホッと胸をなで下ろしている」

------
 
 
……てなお話が真相だったら、おもしろいのだが。
自己規制?名前白紙に 海自、新型イージス艦(YAHOO!ニュース)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

J2第27節 山形-札幌(雷雨のため順延)

コンサドーレ札幌応援日記

2005年08月20日(土)
J2第27節 山形 - 札幌(雷雨のため順延)
スカパーの中継で順延を知る

J2優勝した2000年、有珠山噴火でやはり順延があった。ついでにW杯のあった98年と02年、ともにコンサはJ1にいた。ふたつのジンクスがそろった今年、昇格は決まったも同然だ! ……たぶん。

くわしくは、こちらを。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.19

トラヒック急増!

本日の午後、とつぜん会社の偉いさんから電話がきたわけだ。

「インターネットがいつもより遅い。巷で噂の例のウイルスじゃないだろうな?」

そう言われてみれば、さっきからリロードし続けていたスポーツ新聞のサイトが、かなり重いような気がする。

で、隣の席でやはり仕事もしないで2chでの実況に見入っている若い衆に「ちょっと調べてくれ」と頼んだわけだ。

「こりゃひどい」

2chを邪魔された上、しかも金にならない社内の仕事をやられる事に露骨にイヤな顔をしながらも、彼はいろいろ調べてくれた。

その結果、なんとびっくり、MRTGのトラヒックのグラフはベタッと上に張り付き、プロキシの負荷は酷い事になっているじゃありませんか。うちの会社の環境では、普通の状態ではこんなのは有り得ない。

イヤな予感を胸に秘めながら、ログを眺めてみる。

「やっぱり」

社内のあらゆるIPから、スポーツ新聞のサイトとかヤホーのスポーツニュースとか2chとかに対し、とにかくリロード、リロード、リロードの繰り返し。特に、準決勝第2試合が延長戦に突入した頃には、ほとんど社内からのDOS攻撃の様相を呈してきたわけだ。 ……困ったもんだね。
 
 
無事に駒大苫小牧が勝利した時には、ビルのあちこちから歓声が聞こえてきました。(見ているサイトによって数分のずれがあるあたりが、実にインターネットらしいですな)
 
 
その後、件の偉いさんに報告に行ったところ、「もう試合おわったからいいや」だとさ。
 
 
道内の会社は、どこでも似たようなもんだったんだろうなぁ。ネットワーク管理者としては、決勝戦はお休みの土曜日でよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

ウイルス「RBOT」大繁盛?

何かと話題の Windows の脆弱性(MS05-039)を利用したワームが、アメリカあたりで大繁盛してるそうな。

なんかしらんが忙しいので、リンクだけ。

Worm strikes down Windows 2000 systems(CNN)
ウィンドウズ狙った新種ウイルス、世界各地で被害報告(CNN.co.jp)
米 大規模ウイルス被害 FBI捜査へ 感染急速、日本でも3社(東京新聞)
米マスコミ・連邦議会のパソコン、ウイルス感染(読売)
CNN、ABCなど米大手企業にワーム被害(IT Media)

CNN に ABC? そりゃたしかに大事件かも。

「最悪の場合、Code Red並に」――ワーム拡散に警告(IT Media)

「Code Red並」とは、穏やかではないな。

CodeRedやブラスターの時代に比べ、Windowsアップデートの仕組みが広く使われるようになってきたし、ご家庭用ルータの利用する人も多いので、少なくとも日本の一般家庭PCではあの時ほど蔓延することはないような気がする……というのは希望的観測かな?

一方で、会社とかの社内PCについては、パッチの適用状況は未だにそれほど変化していないと思われる。てなわけで、一度社内LANに侵入されてしまったら、そりゃあもう大騒ぎ、業務が数日は止まってしまうだろうなぁ。

「多くの企業はカスタムソフトに悪影響が出ることを恐れて、すぐにはパッチを適用しないと同氏は説明する。Microsoftは自社のすべての製品に対してパッチをテストできるが、各企業の特殊なアプリケーションに対してはそれができない」

「たいていの場合、テストもせずにすぐに適用すると、パッチはメリットよりもダメージをもたらす」

……そのとおりなんだよねぇ。なんてったって、ウイルス対策ソフトのパターンファイルでさえ検証無しで適用しては危険だと言われる世の中だ。Windows のパッチなんて言わずもがなだ。とても気楽にパッチをあてるわけにはいかない。社内OA関連の管理者の悩みは尽きないねぇ。
 
 
問題のワームはこれ。トレンドマイクロからイエローアラートが出てる。先日の「Zotob」の亜種なのかな?
WORM_RBOT.CBQ(TRENDMICRO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

宇宙探査機8823(はやぶさ)

小惑星探査衛星「はやぶさ」が、目標の小惑星に順調に近づいているそうな。

探査機「はやぶさ」が小惑星に接近・撮影に成功(日経)
探査機「はやぶさ」、目標の小惑星イトカワの姿とらえる(asahi)

「はやぶさ」による小惑星イトカワの撮影成功について(JAXA)

「「はやぶさ」搭載の星姿勢計(スタートラッカ)で到着目標である小惑星イトカワを捉え、のべ24枚の撮影に成功しました。また、これらの画像をもとに、地上からの電波による観測とを複合させて、「はやぶさ」探査機の精密な軌道決定が行われました。このような軌道決定は、世界的に初の試みといってよいでしょう」 ……だそうだ。

既に地球スイングバイやイオンエンジンの利用などの重要なミッションは成功させており、その上さらに上述の小惑星撮影を成功させたわけだな。 やるな「はやぶさ」。

ちなみに、これからのはやぶさ君の予定は以下の通り。

8月12日現在。小惑星イトカワから約3万5千キロメートルの距離にあり、毎秒38メートルで接近中。

8月下旬。イトカワから距離が3,500 キロメートル、接近速度毎秒10メートルの時点までイオンエンジンを運転。

9月中旬。イトカワ近傍に静止。各種観測。

11月。世界で初めて小惑星の砂を回収し、地球に持ち帰る作業に挑戦。

2007年夏。地球に帰還。

……ホントに難しそうなミッションばかりだな。 がんばれ、はやぶさ! 

参考
小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)(JAXA)
はやぶさ(JAXA 宇宙科学研究本部)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

お盆明けに注意! ウイルス「BAGLE」「Zotob」

お盆だというのに、いろいろウイルスが流行ってるようですよ。

BAGLE

お盆休みを狙ったかのように、BAGLE の亜種がちょっと流行ってます。

Bagleワームの亜種数種類がまた出現(IT media)

ウイルス対策会社のパターンよりもウイルスの方がかなり早く出回ったので、たとえゲートウェイが自動的にパターンをアップデートしていても、お盆休み中にそれなりの数のウイルスメールが社内に入りこんでいるはずです。(うちにも、この週末から沢山きたぞ。しかも一種類じゃない)

それほど大流行というわけでもないですが、お盆休み明けは各社かなりヤバイかも。注意!

トレンドマイクロでいうと、例えばこのへんのウイルスです。
TROJ_BAGLE.BJ(TRENDMICRO)
WORM_BAGLE.CG(TRENDMICRO)
TROJ_BAGLE.BI(TRENDMICRO)
WORM_BAGLE.BF(TRENDMICRO)
 
 
Zotob

ほんの5日ほど前に公開された Windows の脆弱性を利用して増えていくワームだそうだ。

「プラグ&プレイの脆弱性」悪用する危険度「中」のワーム――トレンドマイクロ(IT Media)
Microsoft 製品の脆弱性を使って伝播するワームに関する注意喚起(JPCERT/CC)

WORM_ZOTOB.A(TRENDMICRO)

こいつが利用する脆弱性はこれ。
プラグ アンド プレイ の脆弱性により、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行なわれる (899588) (MS05-039)(Microsoft)

ウイルス作者も仕事が早いねぇ。熱心なことだ。

もし LAN のPCに侵入されたら、かなり酷いことになることが予想されます。さっさと Windows をアップデートしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フワフワのモコモコ

とある女性が犬を飼いたいと思い立ち、ネットの掲示板を利用してプードルを譲ってもらったそうだ。

届いたプードルはフワフワの毛がモコモコして大層可愛らしく、元気な様子だった。

彼女は犬を飼った経験が無かったが、愛情をこめて世話をした。

だが、プードルは与えたドッグフードを全く食べようとせず、どんどんやせ細っていく。

彼女はどうしたらよいのかわからず、獣医さんに連れて行った。

獣医さんは彼女のプードルを一目見るなり、真剣な顔で彼女に告げた。

「いいですか。落ち着いて聞いてください」

そんなに深刻な病気なの?

彼女は体を堅くして、獣医さんの次の言葉をまった。

「この子は、……プードルではありません。子ヒツジです」
 
 
プードルと偽ってヒツジを譲ってくれた相手には、二度と連絡が取れなかったそうな。
 
 
知人の知人の知人くらいに降りかかった災難なのだそうですが、本当かどうかは確認のしようがありません。私は初めて聞いたのですが、既にどこかで聞いたことがあるお話だったらごめんなさい。都市伝説だとしても、こんなに笑ったお話は久しぶりだったもんで。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.08.14

J2第26節 札幌2-1仙台

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年08月13日(土)
J2第26節 札幌 2-1 仙台(厚別)
厚別競技場 SS指定席で観戦

苦手な仙台に勝利! しかも、後半残り10分からの鮮やかな逆転! これで単独3位! あまりの嬉しさに、声がかれるほど叫んでしまったぜ。


詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.11

戦時にインターネットはどうなるだろう

8月15日も近いということで。

現在の世界情勢の中で、もし日本が戦争に巻き込まれたら、インターネットはどうなるのだろう? (ここでは、戦争の善悪については一切考えてませんので、そのつもりで読んでください)

もし、日本と他の先進国との間での総力戦なんてものが始まったら、それはおそらくアメリカや中国も巻き込んだ世界大戦以外には考えられず、すなわち人類絶滅の危機であるから、インターネットの事を考えても仕方がない。なので、ここではそんな戦争はとりあえず考えないでおこう。
 
 
戦争としてもっともありそうなのは、例えば邦人保護のため、もしくは国連軍の一員として、どこかの紛争や内戦になんらかの形で介入する形かな。

このパターンだと、少なくとも国内のインターネットに関しては今のまま自由に利用できるだろう。日本の当局がインターネットになんらかの制限をかけても、なんのメリットもない。紛争当事者からのサイバーテロなんかは多発するだろうが、報道機関だけでなく政府も自衛隊も、インターネットを情報収集のために積極的に利用しするだろうなぁ。 
 
 
もう一つありそうなのが、近所の国との資源や領土をめぐる非常に限定的な戦争。フォークランド紛争みたいな奴だ。今の世の中だから、常識的に考えて無差別攻撃なんてのはちょっと考えられない。非戦闘員をできる限り巻き込まないよう、お互いにハイテク兵器を駆使して、ピンポイントで攻撃し合う戦争になるのだろうな。

この場合、おそらく民間の貿易などは続けられるだろうから、ビジネス的な要求からインターネットも両国間で完全に切断されることはないだろう。ていうか、少なくとも日本の当局は、こんな戦争が始まってもインターネットに制限なんてかけないんじゃないかな? これだけ莫大なデータが流れている中から、特定の国相手で、しかもビジネスに関係ないものだけを選んで制限するってのは、コストばっかりかかってその割にメリットがなさそうだし。(大陸の某大国だと、どんな制限でも簡単にできそうだけどね)

いや、今や世界中の経済がインターネットに依存しているのだから、もっと積極的にインターネットを戦争に利用するかもしれない。軍事的、政治的な対象をねらった軍や情報機関によるサイバー攻撃が乱れ飛び、お互いの経済活動を妨害しようとする盗聴やらDoS攻撃が盛んに行われるのだろうな。これは一般人からは見えないだろうが。
 
 
てなわけで、こんな状況を第三者からみたら、両国の軍隊が海や空(ひょっとすると宇宙で)でリアルなハイテク戦争を繰り広げている一方で、両国の一般国民の間ではビジネスのメールのやりとりが行われ、WWWでは2chのような下品なプロパガンダや煽りが飛びかい、同時に大量の反戦メッセージが語られ、おまけに相変わらずフィッシングやスパムばらまきや違法ファイル交換が両国の間をまたいで行われるという、かなりシュールで不思議な状況になるのだろうなぁ。
 
 
 
もしも、もしも将軍様の国からミサイルがとんできたら、どうなるだろう? ……どんな戦争になるにしろ、インターネットには全く関係なさそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カギ屋さん業界の現状

カギのピッキング技術がハックされ、公開される世の中になったらしい。

DefCon 13 - カギに求められる弱点情報の公開--ピッキングセッション(PC WEB)

ちょっと長いけど引用。

「鍵の構造は長い間、関係者にだけ伝えられ、その秘密は厳密に守られていたという。その証拠に、現在ピッキングに使われているテクニックは、30年以上前から存在していたケースが多い。最近になって、以前からあったテクニックが業界の外で活発にやりとりされるようになったのだ。その原因の1つには、インターネットによる幅広い情報交換も影響している」

「鍵メーカーは、従来の閉じた性質から、鍵の構造に問題があっても中々それを公開しない。しかし、弱点の情報はすぐに伝わるようになった。そこにひずみが生じている。以前は、弱点があっても、集中的に攻撃されないまま、次のモデルで改善されていたが、今はその弱点が悪用されてしまう可能性が高い」

……だそうだ。
 
 
カギ屋さんを初めとする物理的セキュリティ業界方々にとって、基本的に世の中は悪人だらけであるから、関連する技術は基本的に一子相伝であり情報公開はほとんど無い。たとえ製品そのものや設計施工上のセキュリティホールがあっても、それを知る者は閉じた世界の技術者と一部の悪人のみ。したがって、セキュリティホールを利用した犯罪自体が滅多になかった。

業界は、業界団体や資格制度を通じて技術の秘密をまもる事に注力してればよかった。このような業界の仕組みにより、業者の自覚や技術はそれなりに確保され、さらに、何か事件がおこったら警察などと協力して対処する事も可能なわけだ。

だが、上で引用したとおり、最近は秘密だったはずのピッキング等の技術が悪人に広く知れ渡ってしまった。こうなると、今までの「秘密を守る」という掟は、犯罪予防という面からはほとんど意味をなさず、善良な一般の消費者だけが知識を知らされないという、かえって悪い状況を引き起こしているわけだ。さらに悪いことに、既知の脆弱性を抱えている製品を平気で売りまくっている怠慢なカギメーカーや業者も、あまり非難されることはない。
 
 
要するに、歴史あるカギ屋さんの業界も、時代の流れの中で大きな悩みを抱えるようになったわけだ。このへんは、カギ屋さんに限らず、建築業全般や防犯グッズ業界やガードマン業界等々、物理的なセキュリティに関わる全ての業界に言えることだな、たぶん。

とはいっても、数千年前の原始共産制終了と共に需要が生じ、以来人類の歴史とともに発展してきた伝統ある業界である。成立してからわずか数十年間しかないネットワークセキュリティ関連の業界とは歴史が違う。情報処理業界とかソフト・ハードのメーカー、その他セキュリティ関連業界は、鍵屋さんを初めとする物理的セキュリティ業界から学ぶべき点が多くあるはずだ。

なんとか、お互いの業界がうまく連携する方法はないもんかね?

……おそらく、つづく。
 
 
 
おまけ。カギ屋さん関連で、以前に書いたもの。
カギ屋さんとセキュリティ業界(2004.06.19)
カギ屋さんとセキュリティ業界 その2(2004.06.21)
ウイルス対策ソフトがウイルス感染を呼ぶ?(2004.07.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

月刊MSアップデート8月号

予告通りでた。

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS05-038,039,040,043)(8/10)(@police)
Microsoft Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(MS05-038) について (IPA)
MS Windows 8月のアップデートは8件(スラッシュドットジャパン)

セキュリティ更新プログラム2005 年 8 月(マイクロソフト)

MS、月例アップデートでIEの脆弱性などに対処(IT Media)

「最大深刻度「緊急」レベルはInternet Explorer(IE)の脆弱性に対処した累積パッチなど3件。残りは重要レベル1件、警告レベル2件となっている」……だそうです。

今月はかなりヤバゲなので、さっさと対応しましょう。
 
 
おまけ。

Microsoft Update/Windows Update v6 の概要(マイクロソフト)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3万件、4万件、2億5千万円

最近、ちょいと想像を絶する事件がおきるね。

その1 楽天から 36,239件

以前から話題の楽天、どんどん拡大しているぞ。

楽天の個人情報漏洩事件、被害件数が3万6000件に拡大--楽天以外の情報も(CNET Japan)
個人情報3万6239件、カード番号1万件──「楽天市場」店舗問題、大規模漏えいに(IT Media)

「楽天市場」店舗からの個人情報流出問題で、楽天は8月6日、累計3万6239件の流出を確認したと発表した。1万26件でクレジットカード番号が含まれるという。

123件、284件、3万6239件……発表されるたび順調に増えていくのがすごいね。

さらに、クレジットカード番号が含まれていたのが1万26件というのが、これまたかなり凄い。これはシャレにならんだろう。

どんな落とし前をつけるつもりなのか、今後も注目せねばなるまい。
 
 
その2 静岡新聞から4万件

静岡新聞社の情報サイト、4万件以上の個人情報が流出していた(INTERNET Watch)

4万件。……最近、4万件の個人情報と聞いても、あまり驚かなくなってきた自分に驚いてしまう。

「不正アクセスが発生した当時も、ファイアウォールやセキュリティ修正プログラムなどは適用していた。しかし、SQLインジェクションなどの一部技術者が注目していた新しい攻撃手法についての対策には問題があった」 ……なんだそうだ。

別の事件の時もいったけど、SQLインジェクション対策ってのは、この手のプログラム作るときの基本だろうよ。例の「価格com」事件の時、静岡新聞がどう報道したのか興味があるな。(検索したけど出てこなかった)
 
 
その3 2億5千万円

情報漏洩と違って、お客さんなどの他人に迷惑をかけた事件ではないのだが。

【続報】2億5500万円の不正振り込みは専用端末によるものと判明(IT Pro)

2億5500万円。……さすがにこれはビックリだ。

「利用していたのは同社発表にあったネット・バンキングではなく、ホストと電話回線でつながった専用端末であることが分かった。これにより、ネット経由での不正アクセスの可能性は低くなった」

……ならば、内部の犯行だろうと思うのだが。

「振り込み操作をするためのID/パスワードを知っている二人の経理担当者は、不正振り込みが行われた1日の22時30分にはすでに会社にいなかった。誰かが不正に端末を操作したら、その時に残っていた担当者が気付いたはず」

うーん。 ホストとの電話回線の番号がハックされた? やっぱりパスワードを知っている担当者? その時に事務所にいた人? 外部からの侵入者?

推理小説みたいな事件で大変興味深いね。単なる野次馬根性なんだが、今後も注目していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.08

本「ぬかびら見聞録」「ドラゴンクエスト8のあるきかた」

ここ数日に買った本。

ぬかびら見聞録 2号
ぬかびら見聞録発行委員会 500円

たまたま本屋で見つけたので、衝動的に買ってみました。

最近は、マイナーで寂れていることを逆手にとり、逆にそれを売りにしている糠平温泉街の有志がつくった十勝北部一帯のガイド本です。

十勝北部というと、温泉やら各種自然やら平原やら牧場やら美味い食い物やら、実に北海道らしい観光が楽しめる地域です。中でも糠平温泉は、私も何度か泊まりに行きましたが、温泉はもちろん山の幸満載の飯が美味くてとってもいいところでした。この本には、そんな糠平一帯の魅力が満載だ。

見た目はかなり素人くさい、もっと正直に言うと貧乏くさい同人誌みたいな本ですが、あの辺に遊びに行くときにはとても便利な本なので、もし見かけたら是非とも買っておきましょう。滅多に売ってないのが玉にきずですが。

アマゾンでは売ってないようなので、かわりに関連サイト。
ぬかびら見聞録2号発売!(月刊糠平だより05年04月号)
 
 
ドラゴンクエストVIIIのあるきかた
スクウェア・エニックス 1,300円

よくもまぁ、これだけくだらない事ばかりを実際に調査し本としてまとめたもんだ。バカバカしさも、ここまでやれば立派だと思う。

逆に言うと、ドラクエ8というゲームは、これだけ細かいところまで綿密に作り込まれた世界を持っているわけで、その事実に改めて驚いた。この本を読むような人は、おそらくドラクエ8を一度はやったことがある人ばかりであろうが、読後にはもう一度最初からドラクエを始めてしまうこと間違い無しだ。

アマゾンの詳細ページ
ドラゴンクエストVIIIのあるきかた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械にも「知性」はある

あまりの暑さにボーっとしていたら、ちょっとだけ哲学的で、ついでにSF的な事を妄想してしまったので。

チャットや掲示板で、人間からの問いかけに対してそれっぽい返事をするプログラムのことを「人工無能」というそうだ。俗にいう「AI」や「人工知能」ほど賢くはなく、問いかけの文脈の意味を正確に理解することなく、単にパターンで返答しているプログラムを指す場合が多いようだ。

ここで、仮にとても賢い人工無能があったとする。

最近の人工無能は、膨大な辞書と学習するエンジンを持ち、ちょっと気の利いた会話ができたりして、チャットや掲示板で議論の相手をしても、それが短い会話なら相手がコンピュータだとは気づかれない程の性能だったりする。

さらに、例えば、会話を記憶する機能を持ち、2度目以降の議論では以前の会話に応じた内容の話ができるようなプログラムが開発されたら、会話しててもしばらくの間はコンピュータとは気づかれないだろうなぁ。
 
 
さて、私は人間を相手に会話している時、当然あいてには知性があると仮定して会話をしてるわけだ。とすると、人間だと思って会話していた相手が実は超高性能な人工無能プログラムだった時、私はプログラムには知性があると思いこんでいるわけだな。
 
 
これはある意味チューリングテストそのものであり、この場合は「この人工無能プログラムには知性がある」と言い切っていいだろう……と私は思う。(哲学者に限らず多くの人が反論するだろうが)
 
 
脳科学や哲学関連の入門書を読むたびに疑問に思うのだが、人間の「知性」というのは、多くの哲学者や一部の脳科学者達が考えているように、本当にそんなに特別なものなのか? 人間が「知性」を持ち、上述の人工無能が「知性」を持っていないと、どうして言えるのだろう?

あなたの隣にいる人が「知性」を持っているのは、おそらく間違いないだろう。あなたがそう思っているから。 だったら、あなたの愛犬は? あなたの言葉を理解し甘える愛犬の姿に、あなたは「知性」を感じないか? ならば、同じようにあなたの言葉を理解するAIBOやニンテンドックは? 愛犬とどこが違う?

そして、あなた自身に「知性」があると、どうして言い切れる? あなたの隣にいる人が、あなたに「知性」があると言ってくれるから? それくらい人工無能だって言ってくれるぞ(そうプログラムされていれば)。

人は、人間とサルの顔を一目で見分けるようなパターン認識力を進化させてきた。同属を一目で見分ける能力はは、コミュニケーションを取る上で重要な能力だからね。とはいっても、人とサルの顔、本質的にどこが違う?と問われても、言葉にして違いを述べることは難しいだろう。「とにかく違う」としか言えないわけだな。で、客観的に、たとえば宇宙人から見た場合、サルと人の顔の違いなんてものは、おそらくまったく無いと言い切ってもいいんじゃないかな?

人は、これと似たような能力を、知能的な面でも持っているだけかもしれないよ。つまり、人類は他の固体と何らかのコミュニケーションしている時、会話の中から同じホモサピエンスを他の動物と一瞬で区別できるような能力があり、区別した結果として同属にだけ共通するものを感じるようになった。(そのほうがコミュニケーションが円滑になって生存に有利だからね)。その同属の知能に共通する「におい」のようなものを、たまたま「知性」と呼ぶようになっただけかもしれない。要するに、人間は人間に対して「知性」を感じるように進化してきた、遺伝子にそうプログラムされただけなのかもしれないよ。そして、そのあやふやな「知性」の有無なんてものは、宇宙人が客観的に見れば、まったく感じられない程度のものだろう。

ついでに、あなたはあなた自身に「知性」が存在すると確かに感じているだろうが、こう感じること自体だって単に上で述べた進化の結果かもしれない、とは思わない? 「自分には知性がある」と言い張るようプログラムされた人工無能とどこが違う?
 
 
仮に、相手が人間かどうかを判断する機能がついた超高性能な人工無能同士が会話して、お互いがお互いを「知性がある人間である」と判断したとき(機械同士がチューリングテストを行いお互いがパスしたとき)、それを人間は笑ってみていられるのだろうか?
 
 
ペンローズとかは心を量子論で解き明かそうとしたが(皇帝の新しい心―コンピュータ・心・物理法則 ……正直、読んでも難しくてあまりよくわかりませんでしたが)、そんなに難しく考えなくても、「知性」なんてものは、単に人間が「自分や仲間は知性を持ってると感じるように遺伝的にプログラムされた結果」にすぎないんじゃないかね。「自分たちはお互いを理解できるほど賢い」と思いこんだ方が、コミュニケーションが円滑にすすみ生存に有利なので、その方向に進化してきただけなわけだな。

てなわけで、人間だけが持つ特別な「知性」なんてものは、この世には存在しないのだ。逆にいうと、人間が知性っぽいものを感じれば、それが犬であろうと機械であろうと、知性があると言い切ってかまわない。そう考えると、いまのコンピュータは、すでにかなりいい線までいってると思うな、HALの出現を待つまでも無く。
 
 
コンピュータが「知性」としかいいようが無いものをもつ時代が既に到来しつつあり、しかも会話の相手が実際に人間とは限らない時代が来てることを考えると(googleのあいまい検索なんて、かなり知性を感じたぞ )、人間的な「知性」を絶対視するのは、そろそろやめた方がいいかもね。

そのうち、人間の想像を絶した形態や時間的空間的スケールの「知性」をもつ宇宙生物と出会ったとき、今の「知性」の定義のままだと、まったく対応できなかったりするかもしれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

衆議院解散こそ議会制民主主義の王道だ


たまには政治ネタを。

個人的には郵政民営化は是非ともやるべきだと思うのだが、ここで言いたいのはそーゆー事ではない。
 
 
まずは、自民党の中の解散反対派のバカへ(……「民営化の反対派」ではないよ)。

郵政民営化に反対する事自体は、別に問題ない(自民党の中の事情は知らんが)。そして、小泉君が「否決されたら解散」と言い張っておることだが、これも全く問題ない。問題は、そんな小泉君の解散への決意に対して、与野党含めて議員のみなさんが文句を言っていることだな。

政権を担う行政府の長が実行しようとしたことが議会に反対されたのなら、議会を解散して民意を問うってのは、これこそ議会制民主主義のあるべき姿だろう。今まで何度も行われてきた「勝てる選挙を行うための解散」に比べれば、よっぽど正しい解散だ。

行政府に反対しておいて、民意を問われる事を嫌がるってのは、どーゆーことだ? 森君や亀井君の情けなさ加減には、正直ちょっとあきれてしまうな。
 
 
次に野党のバカへ。

君たちは、郵政でも道路公団でも、民営化に賛成だったんじゃないのか? いつのまに反対派になったんだ? とにかく解散に持っていきたいという戦術は理解できなくもないが、もし解散されたとして、いったいどんな公約をひっさげて選挙を戦うんだ? で、もし選挙で勝ったとして、君たちは郵便局をどうするんだ? 仮に、いままでの主張を曲げた形で政権をとったとして、未来に禍根を残してしまうんじゃないのか? 特に民主党は

小泉君が正論をもって正面突破してきたのをいいことに、敵失に乗じる形で、持論をねじ曲げてまで無理に利用しようとするのは、ちょっと格好悪いと思うぞ。こんな時だからこそ、君たちが以前から主張してきたとおり、派閥的政治的な手法をとらずに正々堂々と政策で勝負して欲しかった。いまのままじゃ、小泉君の言うところの「抵抗勢力」と同じだもんなぁ。ホントかっこわるい。……岡田君はかなりアレだけど、小沢君にはかなり期待してたんだけどなぁ。
 
 
最後に、小泉君へ。

彼のいろんな政策、主義主張の内容には大いに異議はある。 しかし、それでも私は、あくまでもバカ正直に議会制民主主義の正しい手続きを踏もうとする姿勢だけは、大いに評価したい。

そして、もし郵政民営化が否決されたら、是非とも本当に解散して民意を問うて欲しい。その時には、小泉君だけではなく賛成派も反対派も与党も野党も、争点をぼかしたりせず、きちんと郵政民営化を争点とした選挙を行って欲しい。どちらが勝つのかはわらかんが、それがこの国の民主主義の発展の第一歩になるんじゃないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

J2第25節 草津1-2札幌

コンサドーレ札幌応援日記

2005年08月06日(土)
J2第25節 草津 1-2 札幌(群馬)
ネット等で結果を知る

後半戦初勝利! 内容はともかく、きちんと2点取って勝てたのはめでたい。……でも、FWにも得点して欲しかったなぁ。

詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.06

月刊MSとかDNSとか

本日の気になったセキュリティ関連記事、いくつか。リンクだけ。

月刊マイクロソフト8月号

8月のMS月例アップデートは「緊急」レベル含む6件(IT Media)

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知(マイクロソフト)

今月は6件、パッチ提供は8月9日。わすれないように。
 
 
DNSあれこれ

大規模な「DNSキャッシュ汚染」攻撃の可能性--専門家が警鐘(CNET Japan)

JPRS、ドメイン名乗っ取りにつながる不適切なDNS設定解消の取り組みを開始(INTERNET Watch)
DNSの健全な運用のために (JPRS)

結構いいかげんな設定でも、一見きちんと動いてしまうからねぇ、DNSって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

インテリジェントデザイン説と歴史教科書問題

 アメリカ大統領が「インテリジェント・デザイン」にお墨付きを与えた……らしい。

ブッシュ大統領、進化論に異議 「別の考えも教えよ」(Sankei Web)

 「インテリジェント・デザイン」説といえば「生命の誕生や進化の背景には知的な計画があった」という、キリスト教右派の唱えるエセ科学だ。保守派がキリスト教の教えを教科書に載せるために編み出した、科学のふりをした聖書の教えだ。さすがに21世紀になって「生物進化は神のおかげ」とは言いづらいので、「知的な計画」とか言い換えてるわけだな。

 ちなみに、キリスト教右派ってのは、他の人類が滅びても自分たちだけは神に救われるとか、「空中携挙」とか、本気で信じている人が多いらしい。中には、神に愛された自分たちだけの王国をつくるため、他の人類対する最後の審判、すなわち第3次大戦を待ち望んでいたりする人もいるそうだ(この辺は聞きかじりなので、極端な人だけかもしれません)。
 
 
 そんなID説に対してブッシュ大統領がお墨付きを与えた教科は、「宗教学」や「道徳」ならこんなに話題になったとは思えないので、おそらく「生物学」の教科書なんだろう。で、生物学やら物理、化学を含む「理科」ってのは、いったい何を教える学問かというと、事実というよりも物の考え方なんだと思う。
 
 
 人類は原始人の頃から、常に根元的な疑問を胸に抱いてきた。「この世界の仕組みはどうなっているのだろう?」「人はなぜ生きているのだろう?」「私はいったい何者なんだろう?」

 その疑問を解き、答えを共有するために、いろいろなものの考え方や感じたことの表現の仕方が開発されてきたわけだ。その結果として生み出されたのが、宗教であり、芸術であり、そして自然科学であるわけだな。

 人は、自然の驚異を目の当たりにしたとき神を感じ、それを他人にも伝道しようとした。何かに感動したとき、それを絵画や音楽で表現し、感動を他人と共感しようとした。そして、自然の仕組みの理解をより多くの人と共有するため、反証可能な仮説をつくり誰がみても同じ結果を導ける証拠を集める、すなわち自然科学という思考方法を編み出したのだ。つまり、宗教と科学という物は、この宇宙の仕組みに対する感動を表現し他人と共感するための別の手段であって、どちらが正しいということは無い。
 
 
 さて、「理科」というのは、この「科学的なものの考え方」を教えるのが目的であるわけだな。教える内容が本当に正しいかどうかはあまり関係ない。だいたい、科学的に正しいと考えられ理科の教科書に載ったことが、後に間違いだと判明した例なんていくらでもある。従って、現在の進化論とは違った学説が教科書に載っても、なにも問題はない。……それが科学的なものならば。

 しかし、件の「インテリジェント・デザイン」説は、自然科学ではない。自然科学的なものの考え方ではないのだ。「生物進化を引き起こした知的な存在」なんてものは、否定も肯定も不可能である。自然科学とは、誰がやっても同じ結果がでる検証結果を示すことによって他人と物の見方を共有するのだが、この説ではそれが不可能だ。この説は宗教的な思考法、「そうでなければおかしい」という根拠の無い思いこみからでてきた説であるが故に、理科の教科書に載るべきではない。少なくとも、既存の科学的な進化論と同等に並べられる物ではない。もしかしたら将来的に、神様はともかく「進化を司ったのは確かに知的な存在である宇宙人だった」てな事実が明らかになるかもしれないが、その証拠が明らかになるまではやっぱり科学ではない。事実かどうかと、科学的な考え方かどうかは、関係ないのだ。
 
 
 どうしても「インテリジェント・デザイン」説を教えたいのなら、宗教学でも倫理社会や道徳(そんな学科がアメリカにあるかどうかは知らないが)でも教えればいいのに、なぜ既存の進化論と並べて教えたいのだろう? 西洋合理主義の総本山の国が、こんな一面をもってるというのは、ホント不思議だねぇ。
 
 
 話はかわって。

 この日本でも、歴史教育の内容で問題が起きているわけだが。

 「歴史」という学問自体の歴史や成り立ちについてはよく知らないのだが、少なくとも自然科学の考え方を教える学問ではないのは確かだ。

 では淡々と事実を記述すればいいのかというと、人類の歴史数千年の全ての出来事を全ての人の視点から記述することは絶対に不可能であるから、何を教えるかについては恣意的な選択が働くのは仕方がない。そもそも、今となっては何が事実であるのかさえも検証のしようがない、永遠の仮説も多いだろう。

 てなわけで、客観的な歴史教育なんてものは有り得ないわけでだ。であるから、どんな歴史を教えるのかという問題は、いろんな立場の人の間でもめて当然なわけだな。(他の国が文句言ってくるのは、ちょっとどうかと思うが)

 ある意味、歴史教科書をめぐる論争があるということは、かえって健全な世の中であると言えるのかもしれない。歴史教育の問題は、上述のID説の教育の問題と一見似たように見えるが、本質はかなり違うわけだな。

 (日米両国の教育に関する論争について、ちょっとしゃれたオチのある結論でも述べようと思って書き始めたのですが、単なる感想に終わってしまいました……。続きはそのうち。)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.08.04

7月28日問題とか、IPAの注意とか、Win2kのセキュリティホールとか、iTMSとか

本日の気になった出来事、いくつか

その1 7月28日問題その後

7月28日問題:X-Dayを超えて(Alternative 笑門来福)

とりあえず、私の周りでは影響は無かった模様。めでたしめでたし。

メーカーの対応としては、オラクルの情報がちょっと遅かった。影響無しなら無しで、さっさと情報公開してくれれば、みんな安心できるのにね。
 
 
その2 IPA

夏休み前に対策を(IPA)

IPAから夏休みに向けた注意がでてます。気をつけましょう。

8月15日は大陸方面からなにか来る可能性が高そうですし。(まぁ、大陸の方々の大部分は、スクリプトキディ以上のものでは無さそうだが)。
 
 
その3 ブラスターの悪夢再び?

Windows 2000にセキュリティホール--ワーム攻撃の恐れ(CNET Japan)

「Windows 2000のコアコンポーネントに深刻な欠陥が発見されたが、修正パッチが出されるまでこれを回避する方法はない」

「この脆弱性により攻撃者がIPアドレスを使ってリモートからPCに侵入するおそれがあることを明らかにした。同氏は、この欠陥を悪用すれば、コンピュータのユーザーが何も操作しなくても、ワームを使った攻撃が簡単に仕掛けられる」……だそうだが。

本当かなぁ? 詳細がさっぱりわからんあたりが、ちょっと不気味。一応注目しておきましょう。
 
 
その4 待ちに待ってた iTMS

ついに、日本でも iTunes Music Store が始まったぞ。

日本国内で「iTunes Music Store」がスタート、価格は1曲150円から(INTERNET Watch)iTunes Music Store(アップル)

便利なサービスを合理的な金額で提供さえすれば、リスクを背負ってまで違法コピーなどというめんどくさい事はしないのよ、普通の人は。 これですぐにレコード業界が目覚めるとは思えないが、それでも、きっかけにはなるかもしれないね。
 
 
で、さっそく国内既存サービスに影響が。
音楽配信各社、一部の楽曲をiTMSと同価格に値下げ(AV Watch)

ついでに、エイベックスのサイトがクラックされたというニュースにリンクを貼ろうと思ったのだが、googleニュースで検索しても出てこないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.03

車載コンピュータとかCiscoとかPCターンオフ週間とか

本日の、ちょっと気になった記事、いくつか。

車載コンピュータのハッキング

ハンズフリーの欠陥突き、車載Bluetoothに侵入の可能性(IT media)

車載のBluetoothをハッキングするツールがあるのだそうだ。この手のお話は、定期的に記事になるね。

なんでも、「アンテナによってBluetoothの到達距離を伸ばして車外からBluetoothでのアクセスを可能にし、車載Bluetoothハンズフリーシステムの欠陥を突く」そうだ。 そんで、それにより、「ハンズフリーデバイスで可能な操作はすべて可能になり、ユニット内のアドレスブックにアクセスすることも可能」なのだそうだ。

Bluetoothに限らず、工業製品が必要もないのに汎用的な通信形式(あらゆるレイヤーにおいて)を使うのは、どうかと思うな。特に、IPは便利なだけに危ない。

とはいっても、これからはなんでもかんでもIP化されることはおそらく避けられないので、今よりももっとももっと恐ろしい世の中になっていくのだろうなぁ。車載コンピュータはもちろん、家電とか、工業用ロボットとか、専用プロトコルで通信しているうちはいいけれど、便利さの誘惑に負けIP化されたとたん、ウイルスとハッキングの脅威にさらされるわけだ。IPv6ってのも、善し悪しだね。
 
 
脆弱性を発見したらどうする?

Ciscoの脆弱性騒動がもたらしたもの(IT media)

それなりに深刻なセキュリティホールではあったようだが、正直なところ大山鳴動して……てな感じかな。

隠蔽体質が逆効果になったシスコも、売名行為といわれても仕方がない技術者も、どっちもどっちだよなぁ。今回の事件が、今後のセキュリティ業界とって、いい教訓になればいいね。
 
 
PCターンオフ週間

ついに始まったノーPC週間! PCを使わず、子どもにクリエイティブな夏休み(PC WEB)

確かに、コンピュータに限らず、長時間ひとつのことに熱中するのは、ガキの健康によろしくはないだろう(ガキの頃こそひとつのことに熱中するべきだ……という気もしないでもないが)。てなわけで、このキャンペーン自体は、それなりに健全な目的のようだ。

でも、このキャンペーンの表面だけみて尻馬に乗る奴、反PCキャンペーンを行う頭の悪い奴らが出てくるぞ。TV業界とか、「ゲーム脳」の奴とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2第24節 札幌1-2横浜FC

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年08月02日(火)
J2第24節 札幌 1-2 横浜FC(札幌ドーム)
ニュース等で結果を知る

キングカズのJ2初出場ということもあり、ドームに2万人以上集めた注目の試合。それなりにいい試合ができたものの、アンラッキーなゴールで敗戦。注目された試合に限って、勝てないなあ、札幌は。悔しい!!

詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

本「骨髄ドナーに選ばれちゃいました」「象られた力」

ここ数日で買って読んだ本。

骨髄ドナーに選ばれちゃいました(石野 鉄)
小学館 1,050円

「2ちゃんねる」の「ボランティア板」の書き込みをまとめた本。

感想を一言でいってしまうと「私も骨髄ドナーに登録したくなった」。おそらくこの本を読んだ人は、ほとんどの人が同じ思いをもつんじゃないかな?
 
 
以下、内容では無い部分の感想。

それぞれの短い文章を本当は誰が書いたのかわからない。前後の文章が本当に同じ個人により書かれた物かどうかもわからない。それぞれの体験談が本当か嘘なのか確かめようもない。内容については誰も責任をもっていない。全体の構成なんてもともとない。……そんな匿名掲示板なのに、うまく抽出さえすれば、そのままでこんなに内容のある本となってしまうんだねぇ。不思議だ。

匿名掲示板ってのは、日本が世界に誇れる偉大な文化になるかもしれない。逆に言うと、ノンフィクション作家とかドキュメンタリー作家、ジャーナリストなんていう職業は、これから辛くなるかもしれないね。
 
 
もうひとつ。

「電車男」もそうだけど、匿名掲示板を元にしてメジャーなメディアである「本」を作ってしまうというビジネスが、日本で成り立ちつつあるという事実が驚きだ。

今回のテーマは、たまたま高尚なもので、誰も文句をつけようがないものだった。でも、単純に二匹目、三匹目のドジョウを狙っても、選ぶテーマや質によっては、それが匿名掲示板由来のものだというだけで批判されてしまう事もあるだろう。せっかくの新しい文化なんだから、大事に育てて欲しいもんだな、出版屋さん達は。

アマゾンの詳細ページ
骨髄ドナーに選ばれちゃいました
 
 
象られた力 (飛 浩隆)
早川書房 777円

SF的なアイディアで勝負するというよりも、文章で読ませるSF。

確かに、読み始めると止まらない。一気に読まされてしまいました。こりゃ凄い。

アマゾンの詳細ページ
象られた力

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちょっとオカルト?

 かみさんの親戚で不幸があったので、お通夜と告別式に行って来ました。そのおかげで本日のドームのコンサドーレの試合には行けなかったわけですが、まぁそれは仕方がない。

 亡くなったのは、かみさんの家族が大変お世話になった人なんですが、ちょっと急だったので臨終には立ち会えませんでした。俗に言う大往生で、葬儀自体はつつがなくすすんだのですが、臨終の頃にちょっと不思議なことがあったわけです。
 
 
 まずは、かみさんの妹さんの家でのこと。通夜の用意とかしながらふと壁の時計(電波時計だ)を見ると、針の動きが止まっています。で、その針が指している時刻を確認すると、これがちょうど臨終の時刻とほぼ同じだったわけですな。あまりにベタなお話でなんなんですが、本当の話なんだからしょうがない。妹さんは面白がって証拠写真まで撮っていました。(止まった時計の写真を撮ったって、なんの証拠にもならんのは確かだが)。

 次に我が家の出来事。夜中にTVを見ていると、屋根の上で突然「ドカン!」という音がなったわけですわ。私はわざわざ2Fの窓から上を覗いて確認しに行きましたが、特になにも異常なし。で、その時刻をあとから確認すると、その時に見ていたTV番組から推察するに、亡くなった時刻のちょうど30分後くらいなわけです。
 
 
 通夜の席、大宴会をしながらの親族会議では、生前に今の我が家には来たことはなかったので30分間は迷っていた時間なのであろう……と結論つけられたのですが。 だったら窓があいてたんだから直接うちに入ってくればよかったのに……とは、かみさんの意見。私もその通りだと思うのですが、霊感0夫婦なので、単に見えなかっただけなのかもしれないなぁ。
 
 
 まぁ、時計は偶然だろうし、屋根の上はカラスかネコなんでしょうが、そんな事があってもいいかもね。オカルト話を聞くのは大好きな一方で、オカルトの真偽については全く信用していない私も、今回はちょっとだけ納得してしまった事件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »