« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

J2第23節 徳島1-1札幌


コンサドーレ札幌応援日記

2005年07月30日(土)
J2第23節 徳島 1-1 札幌(鳴門)
ニュース等で結果を知る

待ちに待ってた後半戦、気持ちよく勝って調子に乗りたかったんですが、……グダグダの試合で引き分け。まぁ、これからこれから。

詳しくは、こちらをみてね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マンモスのお尻をみてきましたよ

今、北大ではマンモスのお尻の毛皮が展示されています。

本日、ちょいと近所まで行く機会があったので、これは是非とも話の種に見ておかねばと突然思い立ち、ふらりと北大の博物館まで行って来ました。

お目当てのマンモスのお尻については、まぁあんなもんでしょう。学術的な価値はともかく、プリティなしっぽと可愛らしいお尻の穴、そして永久凍土の中で過ごした年月を感じさせないまるで生きているかのような長い体毛が残った毛皮は、確かに一見の価値があるかもしれません。

しかし、最も驚いたのは、意外な見物人の多さでした。

大学にあるこの手の博物館ってのは、基本的に常時閑古鳥が鳴いているもんだと思いこんでいました。でも、行ってビックリみてビックリ。結構な数の家族連れが、マンモスのしっぽ周りにたむろし、尻の穴に見入っているじゃありませんか。

たまたま本日は「夏休み子供セミナー」てなイベントをやっていたらしいので、そのせいなのかもしれませんが、それにしたってあれだけお子様がいればたいしたもんです。理系離れが叫ばれている今日この頃ですが、まだまだこの国のガキどもも捨てたもんじゃないかもなぁ、などと、恐竜の骨の前で父親に向けてえらそうに講釈垂れている男の子をみて思ってしまいましたよ。
 
 

マンモスのお尻の毛皮の展示は8月27日までだそうです。場所は北大博物館で入場無料。北大の正門の守衛のおじさんに「マンモスはどこ?」と聞けば、親切に場所を教えてくれます。(知りもしないのにあてずっぽで北大構内を歩くと、私のように迷子になるので注意)

シベリア・マンモス展(北海道大学総合博物館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.29

火星とか粘菌とか

本日の気になった記事、いくつか。

火星の水

火星のクレーターの底に氷が見つかったそうな。

Water ice in crater at Martian north pole(ESA)

どこまでCG処理された写真なのかしらんが、これは美しい。

さて、この水は土の中から来たのか、それとも空から降ってきたのか、もしかして宇宙から来たのか、想像力を刺激されるね。
 
 
ねんきん

中国で、ドロの中から謎の生命体が見つかったそうだ。

自己治癒能力を持った謎の生命体「太歳」を発見か 中国(X51.ORG)

「物体はいわゆる普通の生命体とは全く異なっていること、また傷を付けると仄かな臭いを発する粘質の液体を出して自己治癒を行っているといったことが明らかになった」……のだそうだ。

粘菌だろ、これ。 ……などと、ロマンの無いことを言ってはいけない。(このサイトに対して、マジに突っ込む方が野暮というものだ)。

もともと粘菌の類なんて、一般的な常識からしたら、妖怪扱いされても仕方がないような妙な生き物だし。

それに、なんてったって中国4千年だ。 よーく捜せば、とてつもない妖怪、例えば大きな山だと思ったら実は全体が粘菌の塊だった、とかが見つかるかもしれないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.28

ウイルス対策ソフトが狙われている

ハッカーさん達が、ウイルス対策ソフトを狙っているのだそうだ。

Black Hatカンファレンスで暴露される、ウイルス対策の「非」安全性(CNET Japan)

「ウイルス対策ソフトウェアは、ハッカーがネットワークへ侵入する際に悪用するウィークポイントとなりえる。ウイルス対策はセキュリティの要で、これを所有することには意味がある。だが同時に、攻撃を媒介するものともなるかもしれない」……だそうだ。

Black Hatでどんなプレゼンがなされるのかはしらんが。 確かに、ウイルス対策ソフトってのは、悪人にとって狙い目だよなぁ。
 
 
とりあえず、どんな形にしろターゲットにファイルを送り込みさえすれば、ウイルス対策ソフトが絶対に読み込んでくれる。人間にダブルクリックしてもらうまでもない。対策ソフトにバッファオーバーフローとかの弱点があれば、労せずして乗っ取ることができるわけだ。

また、最近の対策ソフトはパーソナルファイアーウオール機能とか、世の中のウイルス大発生を自動的に警告してくれる機能とか、とにかく外部と通信ができるようになっているので、ここに弱点があればリモートからネットワーク経由で乗っ取れる。

さらに、パターンファイルやエンジンを自動的に取り込む機能がもっともヤバイ。トレンドマイクロの事件を思い出すまでもなく、たとえそれが悪のファイルに差し替えられていたとしても、なんでもかんでもそのまま取り込んでしまう。この仕組みのどこか一部分さえ乗っ取られれば、……例えばウイルス対策会社のサーバーに悪さされたりDNSやらルーティングが狂わされたら、大量の悪のファイルが一気に配布され、大量のPCが一気に乗っ取られるわけだ。
 
 
しかも、ウイルス対策ソフトってのは、たいていの場合は強い権限で動いているわけで、もし一度権限を取られたら何でもあり状態になってしまう。これはこわい。
 
 
悪人にしてみたら、ウイルス対策ソフトを狙いたくなる気持ちはわからなくもないよなぁ。いや、今まで狙われなかったのが不思議なくらいだね。

Windows本体の脆弱性対策については、マイクロソフトはそれなりに苦労して試行錯誤を重ねてきた。ウイルス対策メーカー各社も、これからはそんな苦労をしてもらわなくてはならんわけだ。……といっても、セキュリティで飯を食おうという会社なんだから、当然といえば当然だな。がんばってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世の中は、そんなに単純ではないと思う

ここ数日、会社と関係なく、いろんな人と話をしててちょっと疲れることがあったので。 ……どれも私は第三者の立場だから、どうでもいいんだけどね。
 
 
その1 WWWサーバ

某社の情シスのマニアックな人。

Windows のサーバーにバーチャルPCだかVMwareだかを入れて、その上にリナックスいれてアパッチとPHPでWWWサーバ作るの?

WWWサーバだから24時間運転したいんだよねぇ。私もそんなの運用した経験は無いけど、大丈夫かなぁ?

管理者がエクセルやワードも同じマシンでいじりたいそうだが……。2台買った方が絶対にいいと思うなぁ。
 
 
その2 オープンソースは無責任?

知人のSE。

「フリーソフトなんて信用ならん。メーカーから購入したソフトじゃないと、何かあったとき責任を取らせられないからダメ!」……だそうだ。

……今までマイクロソフトが責任取ってくれたことあった? 

たしかによく聞く話なんだが、本当にこーゆーこと言う人いるんだねぇ。しかも身近に。だいたい、フリーソフトとオープンソースは違うだろ。
 
 
その3 PKIの魔法

知人のSEさん。

証明書ってのは認証の一手段でしかない、ってことがわからないみたい。 手作りの社内アプリなんだから、認証方式なんて要求定義の通りに勝手に作り込んでいいんだよ。

CRLに反映されるのが待ちきれなければ、証明書なんて無視してアプリ側の仕組みで該当者を勝手に拒否すればいい。証明書に不備があってもログインを許す特権IDを作りたいのなら、そのIDだけは証明書を無視してアプリで許可すればいい。証明書を使うことが決まってるからって、認証をすべて証明書にゆだねなくても、アプリ側で融通を利かせちゃっていいんだよ。

「クライアント証明書」というと、なにか魔法のような力が働いて強制的に厳密な認証をしてくれちゃうもの、と思いこんでるのかなぁ。
 
 
その4 2重化の妙

知人のSEさん。

何でもかんでも二重化するのはいいんだけどさ。

WAN も LANも、レイヤ3もレイヤ2もなにもかも二重化するの? こーゆーのって、メーカーとか組み合わせとか設定とかよく考えてさらに検証までしないと、なかなか教科書通りには動かないかもよ。単純なLANしか組んだこと無くて、この手の2重化のノウハウが無いんだったら、もっとネットワークを知ってる人やメーカーに任せた方がいいと思うな。

その上、アプリやDBも二重化? 心配だなぁ。 ……ていうか、そもそもそこまでする必要のあるシステムなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

北海道怨念地図

本(?)を買った日記。

北海道怨念地図 平成17年度
GHM研究所 800円

近所のコンビニで見かけて、つい買ってしまったわけだが。

うーーん、恐くない。 ローカル色を感じない。 いまいち面白くない。

買う方とすれば、地元ローカルで身近なオカルト話を期待しているわけなんだが、具体的な地名やエピソードがほとんど書かれていないため、身近感は全くない。これなら、同じ内容のままで他地域版をつくっても、まったく違和感がないかも。

さらに、かかれた体験記(?)は、どこかで聞いたことありそうな陳腐な話ばっかりで、怪談として全く恐くない。これなら 2ch のオカルト板みてたほうが楽しめるよなぁ。

地域に対する愛情も、オカルトに対する本気度も、いまいち感じられない。もう少しがんばりま賞、ってところかな(コンビニで買えるムックに対して、多くを求めすぎ?)。

……でも、つまんないおちゃらけ要素を除いた事だけは、去年までと比べてよかったと思うよ。(文句言いながらも、毎年しっかり買ってたりするわけだ)。
 
 
この手の企画、せっかく「北海道」を名乗ってるんだから、道内地元の出版社が本気で作ってくれないもんかな。オカルトに限らず、温泉でもグルメでもオタク趣味でも、地元の話題を集める企画はやっぱり地元の出版社がきちんと調べて、地元で本にして欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

7月28日問題 続報の続報の続報

いろいろ情報がでてきましたよ。

まとめとして便利なのは、このへん。
Java JCE 1.2.1 2005年7月28日問題関連メモ(snitchの日記)
Java Cryptography Extension 1.2.1(JCE 1.2.1)の証明書の期限切れで 2005/07/28 以降ソフトウエアが正常に動作しなくなる問題(JVN)

目前に迫ってきましたが、いまだに危険性を隠している……というか、危険性に気がついていない開発元もあるんだろうなぁ、きっと。
 
 
さて、7月28日に何が起こるのかはわからない。思わぬトラブルが思わぬ形で起きるかもしれないし、それほど大事件は起きないような気もする。なんにしろ、全国のシステム管理者は、7月28日の当日はちょっとだけ緊張しておく必要があるな。ホント、ご苦労様です。
 
 
余談ですが。

その次の日、7月29日は、なんとびっくり「システム管理者の労をねぎらう日」と定められているのだそうです。……これは知らなかった。

7月最終金曜日はシステム管理者の日(スラッシュドットジャパン)

「7/29日はシステム管理者の日です。この日はシステム管理者の労をねぎらい、プレゼントを贈るステキな日です」

……誰が決めたのか知らないが、ねぎらってもらいましょう。ついでに、ネットワーク管理者とかセキュリティ管理者の労をねぎらう日もつくってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

災害時の電話とメール

先日の関東の震度5強の地震の際、携帯電話サービスが音声はもちろんメールも含めて制限されてしまったらしい。

震度5強の地震により携帯で長時間の発信規制,メールも対象に(IT Pro)

「新潟県中越地震をきっかけに,通話の規制下でも携帯電話のメールが使えることが認知されだした」……これが一般的な認識だよなぁ。

私も、大規模な自然災害の時、たとえ普通の電話や携帯が制限されてしまっても、携帯メールだけはなんとか使えるだろうと思いこんでいた。うちの年寄りにも「地震に備えてメールの使い方を覚えろ!」と言い聞かせていたし。

しかし、実際にはそうでも無いらしい。先日の地震の時も関東の知人が心配でCメール送ろうとしたのだが、しばらく送信すらできなかった。こちらは札幌なのに。
 
 
「……ただしこれが可能なのは,音声とデータを分離した規制ができる第2世代とKDDIのCDMA 1X WINの端末のみ。FOMAやKDDIのCDMA2000 1X端末ではメールも規制の対象となった。これは今回の関東地区の地震でも同じ」……だそうだ。

新しい機械の方が、不便になる場合もあるんだねぇ。

そりゃ、音声もデータもメールも区別しない新世代の通信方式の方が、いろいろ高度で融通の利くサービスを提供できるのは間違いないだろう。でも、せっかく携帯電話という災害にとても強そうな連絡手段が広く普及したのだから、非常時の音声の制限は仕方ないとしても、なんとかメールだけでも使えるようにしてもらえないもんかね? 自然災害大国に住む一市民として、この国の電話会社へのお願いでした。
 
 
……各社がはじめた災害時用の伝言サービスってのは、ちゃんと災害時に使えるのかな?
iモード災害用伝言板(DoCoMo)
災害伝言板サービス(KDDI au)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.24

本「素数ゼミの謎」「鋼鉄のガールフレンド2nd5」

ここ数日で買って読んだ本、マンガ。

素数ゼミの謎 (吉村仁)
文芸春秋 1,500円

なぜ北米のセミは局地的に、周期的に大発生するのか? なぜ大発生の周期は13年と17年なのか? この謎について、数理生態学の成果を元に解説してくれた本だ。

どちらかというとお子様向けの本なので、難しい数式を一切使わずイラスト満載で、誰にとっても読みやすいと思う。今だ解明されていない点については、正直にそう書いてあるのもいい感じ。
 
 
さて、本の内容とはあまり関係ないのだが。

セミの進化の過程で「13」や「17」という素数が作られてきたのと同じメカニズムを応用して、巨大な素数をシミュレーションで作り出すことはできないだろうか? もし効率よく巨大な素数を作る方法ができたら、暗号の分野とかで応用がききそうだけどなぁ。 ノイマン型を使う限りこの方式は効率悪いような気もするが、DNAコンピュータとかが実用化できれば……。

アマゾンの詳細ページ
素数ゼミの謎
 
 
新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd 5(林ふみの)
角川書店 420円

シンジ君の父ちゃんと母ちゃんのなれそめのお話。ゲンドウ君が、あんなに人間っぽくて魅力的ないい奴だったとは思わなかった。

エヴァと関係なく、普通に少女マンガとしておもしろいね。

アマゾンの詳細ページ
新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.22

デルリス降臨

 ついに、柳下コンサドーレに新外国人が来ましたよ。本日正式に移籍が発表された奴の名は、デルリス。

水戸ホーリーホック デルリス 選手コンサドーレ札幌に加入のお知らせ(CONSADOLE SAPPORO OFFICIAL SITE)

■本名:デルリス ハヴィエル フロレンティン ノゲラ
(DERLIS Javier Florentin Noguera)
■登録名:デルリス
■生年月日:1984年1月9日(21歳)
■ポジション:FW
■背番号:30
■身長/体重:178cm/74kg
■国籍:パラグアイ

 彼のプレーについては数試合を見た程度の知識しかありませんが、なかなかよろしい補強と言えると思います。

 タイプとしては、石井の裏へ抜ける能力と中山のヘッドとそれなりのキープ力を兼ね備え、さらにうちに最も足りない決定力まで合わせ持った選手であるようです。決して、バルデスやエメやウィルのような、まかせておけば一人でなんとかしてしまうスーパーな選手ではなさそうですが、かえって柳下コンサにはフィットするんじゃないですかね?
 
 
 この補強によりチーム力はもちろん上がるでしょう。上がってもらわないと困ります。でも、そんな短期的なことよりも、ライバルの加入が他の若いFW達にいい刺激になってもらい、もっともっと長期的な効果を期待したいもんです。 仮にデルリスが超人的な活躍したとしても、すぐに他チームに引き抜かれてしまう可能性が高いわけで(寂しい話だな、おい)、残ったのはスーパーFWひとりに頼り切った日本人だけ、ってな事態だけは願い下げですから。
 
 
 さて、少なくともフロントとスタッフは本気で昇格を考えていることはわかった。おそらく選手達もその気になっただろう(……だといいな)。これは、サポータとしても応援してやらねばなるまい。

 あと22節、最後に笑顔が待っている事を信じて、とりあえずは気合い入れていくぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.21

ハリーポッターと獣の刻印

RFID を批判している人がいるのだが。

RFIDタグは「獣の刻印」と主張するキリスト教系団体(WIRED NEWS)

その理由がなかなか凄い。

「獣の刻印である『666』は、2000年前の予言だ。過去10年から20年の技術開発が獣の刻印の実現に結びつく可能性があると知っている人が、どれだけいるだろうか? 場合によっては、われわれが生きているうちに実現するかもしれないのだ」……RFIDこそ、獣の刻印なのだそうだ。

普通にプライバシーの問題からRFIDに反対している人たちも、この手の宗教屋さん達と、ごく自然に連携しているらしいのが不思議。

前者はリベラル派、後者はキリスト教右派で、この両者はイデオロギー的に正反対じゃないのか? ……こんなこと考える私が単純すぎ? 世の中の事を知らなすぎ? キリスト教の人達の考えることってのは、奥が深いぜ。
 
 
話はかわって。
ハリーポッターを批判している人もいるのだが。

ローマ法王、「ハリー・ポッター」に批判的見解(ロイター)

ハリーポッターは子供によくない。なぜなら「魂に宿るキリスト教精神が正しく育まれる前に大いに歪められてしまう」……と言っているのは、ローマ法王べネディクト16世だそうだ。
 
……いろいろ大変そうだな、キリスト教って。 (他の宗教がまともだという気はさらさらないが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイウェアとかポーカーとかひまわり引退とか

本日の気になったアレな記事いくつか、ごく簡単に。

スパイウェアによる被害の防止に向けた注意喚起(IPA)

注意しましょう。
 
 
コンピューター同士のポーカー大会、ラスベガスで開催(WIRED NEWS)

勝負を決する要素のうち運や駆け引きの割合が大きいゲームって、プログラムしていて面白いだろうなぁ。 コンピュータ4台で戦う4人打ち麻雀大会ってないのかな?
 
 
さよなら「ひまわり5号」=最後の画像、地球全体が鮮明-21日に運用終了(Yahoo! ニュース)

「設計寿命の倍以上の10年も活躍した」「6号の運用開始まで、よく頑張ってくれた。いい衛星だった」 ……ホント、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

「ヒレのないフカ」は出現するか?

なにやら、ゾウが進化しているという話があるぞ。

象が対密猟者バージョンに進化(ElephantLogic30)

「象牙を得るための密猟の圧力により、牙を持つゾウの誕生数が減少していると考えられます」「大きな牙を持つオスの象ほど、密猟者に殺される可能性が高くなります。よって、牙の無い象が生き残ることにより、種の中に牙無しの遺伝子が保存されていきます」……と言っている人がいるそうな。

「ガの工業暗化」とか「平家カニの顔模様がどんどん恐くなっていく」とかと、似たようなお話なのかな? 確かにこの状態が何世代も何世代も続けば、本当に牙無しのゾウばかりになる可能性があるかも(何年かかるのかは知らんが)。

……それにしても、イヤな自然選択だなぁ。これを「進化」といえるかどうかというより、「牙のないゾウばかりが目立つようになってしまった世の中の空しさ、悲しさ」が、このお話の本質なんだろうね。
 
 
ちょっと話はかわって。

今の世の中がこのままつづくようだと、同様の自然選択のメカニズムが他の生物に働く可能性もあるわけだ。

そのうち「角のないサイ」なんてのも出現してくるのだろうか? そして、「ヒレのないフカ」「手のひらのないクマ」「トロのないマグロ」「巣を作らないツバメ」……。
 
 
「花が可憐でなく美しくない高山植物」……てのも思いついたのだが、これはそのうち冗談じゃなくなる可能性があるかもね。イヤな世の中だこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光ケーブルとか、月刊MSとか、みのもんたとか

ここ数日の気になった記事、いくつか。

その1 光ケーブルさえあれば

なにやら面白いことを言ってる奴がいるらしい。

金閣寺境内に車で侵入、自称・会社経営の男を逮捕(Yahoo!ニュース)

容疑者は 「「光ケーブルがあればどこへでも行ける」「日給が1億円ある」などと意味不明なことを話していたという」……だそうだ。

「光ケーブルがあればどこへでも行ける」 ……なんていかれた、いや、いかした台詞だろう。きっと容疑者は、10年くらい前にインターネットを利用しはじめた、中小企業のネットワーク担当者に違いない。

そうあの頃、私が初めてインターネット関連の仕事を始めた頃は、私も真面目に似たような事を考えていたもんだ。

ご家庭では速くて56Kモデムが普通、気合いの入った家でISDN。 法人は遅いメタルなのにNTTとIIJにぼったくられ、OCN エコノミーが 128kベストエフォートで月38,000円のデビューした時は衝撃だったもんだ。 ……あの頃は本当に、「光ケーブルさえあればどこへでもいけるのに」と思ってたなぁ。

単なる年寄りの昔話でした。ごめんなさい。
 
 
その2 第二火曜日

MSの月刊アップデートについて。

毎月第2火曜は業界パッチデー?(IT Media)

Microsoftのパッチデーと他社のパッチリリースが重なることが増えてきた。他社はMicrosoftの陰に隠れようとしているが、これはオープンで正しいやり方ではない……その通りだね。

なんだかんだ言っても、パッチ提供の方法についていろいろ試行錯誤したあげく、現行の「月一回アップデートとその予告」の仕組みにまでたどり着いたマイクロソフトは、たいしたもんだと思う。業界のリーダーとしての自覚はそれなりにあるんだろう。(パッチ提供よりも、まずバグを減らせという意見もあるが)。

一方でMSをいろいろと批判しながらその成果だけに便乗しようとしている(しかもMSと違って予告しないので、決して成功しているとはいえない)ライバル会社達は、やっぱりちょっとずるいと思うな。決してマイクロソフトが好きなわけではないのだが。
 
 
その3 あるあるすぱすぱみのもんた

TVの健康番組は嘘ばかり、という記事。

テレビの「ウソ」に要注意、氾濫する健康情報を鵜呑みにするな!(nikkeibp)

「康食品情報のある一断片に対して過剰に反応し、大げさに捉え、振り回されてしまうことを「フードファディズム」」……と呼ぶらしい。

「番組によっては、視聴率重視のためのファクト軽視、あるいはファクト無視もしばしば見受けられる」……そーだろーなー。

この手の番組を見てて感じるのは、「統計学的に意味が無さそうな実験ばかりじゃねぇか!」「それでいて、なんでもかんでも断言してやがる!」だな。

「ある○る」や「すぱ○ぱ」、ついでに「○の」の番組はみんなそうだ。楽しむならいいけど、信じてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

銭湯貸切混浴大会

久しぶりに笑えるSPAMが来た。


Subject: 銭湯貸切混浴大会の件ですが
Date: Sun, 17 Jul 2005 18:**:** +0900 (JST)
From: 市川恵 megumi-ichikawa.*****@**.****.ne.jp
Reply-To: yukjchan******@******.jp
To: undisclosed-recipients:;

銭湯貸切混浴大会の件ですが

参加費は4000円となりました。

混浴 1500円
宴会 2500円
合計で 4000円です。

参加希望者は下記のサイトに無料登録してタイトルに混浴希望と書いてお待ちください。
(以下略)

「銭湯貸切混浴大会」……なんて夢のようなイベントを思いつくのがすごい。どーゆーセンスの持ち主が考えたのか、非常に興味がある。 これはどう考えてもエロゲームのノリだよなぁ。

メールを一目見て、ちょっとだけ、……いや、かなりドキドキしてしまったのは確かだが。
 
 
で、こんなSPAMメールをいったい何万通出したのか知らないが、どれくらい効果があったのだろう? これだけ笑える内容だと、他のワンパターンでつまらないSPAMよりは、やっぱり少しは効果があるのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.18

本「萌えよ!戦車学校」「救急精神病棟」「アイズ」

先週買って読んだ本

萌えよ!戦車学校―戦車のすべてを萌え燃えレクチャー (田村尚也、野上武志)
イカロス出版 1,700円

面白かった。

(著者達にとって)大好きな戦車について、(やはり著者達にとって)大好きな萌え萌えなイラスト付きで、自分たちの好きなように熱く熱く語り尽くして本にすれば、私のようなバカな読者が買って喜んでくれるんだがら、いい商売だよなぁ、ホント。……という感想を読者に抱かせた時点で、この手の企画の狙いは成功なんだろう。

非オタクによるオタクに媚びた(のが透けて見える)オタク向けビジネスというのは、その底の浅さやヌルさ、ピントはずれ故に、たいていの場合オタクには受けない。かといって、オタクによる徹底的に自己満足的なものを作られても、個々の嗜好の狭さと深さが特徴であるのがオタクであるから、売る側と消費する側の守備範囲が重なるとは限らず、守備範囲外からみるとかえってうっとおしかったりする。この点の限れば、この本はミリタリー関連に弱い私にもオタク心をくすぐりながらきちんと楽しく読める本になっているわけで、かなりいい線いってると思うな。

……ビジネスとして成功したと言えるほど、売れているのかどうかは知らんが。

アマゾンによる詳細
萌えよ!戦車学校―戦車のすべてを萌え燃えレクチャー
 
 
救急精神病棟(野村 進)
講談社 1,785円

まずは、精神病院の救急病棟なんてものが存在することに驚いた。そして、精神医療の現状というものにも驚いた。患者の数、ベットの数、医療従事者の数、保険の点数、精神病患者の犯罪の際の検察やら病院やらの手続き、多くの旧態依然の医療現場と舞台になった進歩的な病院との落差の大きさ等々、全てが驚きだ。

これからこの手の患者が増えていくのは間違いないのだから、精神病を治す(閉じこめるではなく)という医療をまともなビジネスとして成り立つような制度作りさえすれば、患者も家族も医者も、すくなくとも今よりは幸福になれるだろうに。

おそらく話の本筋とはあまり関係ないのだが、読んでいてもっとも驚いたのは、精神医学と近年急激に進歩している脳医学との間の連携が、今まではほとんど無かったって事だな。

アマゾンの詳細
救急精神病棟
 
 
アイズ (鈴木 光司)
新潮社 1,470円

うーーん。あんまり恐くない。

少なくとも帯にある「リアルホラー」を期待して読むと、裏切られると思う。

途中で飽きちゃったのは、淡々とした文体のせいなのかな?

アマゾンの詳細
アイズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

J2第22節 札幌0-1京都


コンサドーレ札幌 応援日記

2005年07月16日(土)
J2第22節 札幌 0-1 京都(室蘭)
室蘭入り江競技場 アウェイ側ゴール裏で観戦

それなりに攻めてはいたんですが、ミスが多くて自滅。沢山あったチャンスを活かし、1点でも先に取っていれば……。結局、前半戦は3位(暫定)、期待以上の出来で終了。後半が待ち遠しい。

詳しくはこちら
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

スパイウェアとはなんぞや

スパイウェアの定義を定めようという動きがあるそうな。

スパイウエア対抗団体がスパイウエアの定義案を公開,「統一した定義で対策推進を図る」(IT Pro)
業界団体が「スパイウェア」の定義を統一(IT Media)

「問題のないプログラムとスパイウエアとの区別に関する合意や明確な定義が不十分である」……ホントだね。


ウイルス対策ソフトが「スパイウエア見つけた」って言ってるけど、なにこれ?……と、お客さんに聞かれたとき、確かに説明に困る事がある。なにをもってスパイウェアと見なすのか、ウイルスとどう違うのか、その辺が世界中で合意されるのは、よろしいことだと思う。
 
 
で、肝心のスパイウェアの定義は、
「・パソコンの操作感,ユーザーのプライバシ,システムの安全性に変更を加え,ユーザーによる制御を阻む」
「・ユーザーがパソコンにインストールしたプログラムなどのリソースを使う」
「・ユーザーの重要な情報を収集,使用,送信する」
……だそうだ。

ユーザーの同意の上にインストールされたか否かは関係ないのね。インストール時に小さな説明文が表示され、同意のボタンをクリックした……という言い逃れは、通用しないと言うことなのかな。

各セキュリティ関連メーカーが、きちんとこの定義に従ってスパイウエア対策ソフトを作ってくれるなら、それなりの意味があることだと思うよ。
 
 
一方でこんな記事もあったりする。

MSのスパイウェア対策ソフトは「スパイウェア賛成ソフト」と呼ぶべき(IT Media)

「Microsoftは顧客に対し、特定のソフトをスパイウェアと判断する理由について具体的な情報を開示する義務がある」……そのとおりだね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「電車男」対「DAICON」

フジTV系のドラマ「電車男」を初めて見たわけだが。

ドラマ本体については、パス。

各所で話題になっているようだが、なんだ?あのオープニングは。 本当にダイコンのオープニングアニメの劣化コピーなんだな。音楽から絵から動きから全ての面で。しかも出来が悪い。

二十数年前のアマチュアが作ったアニメを真似しておいて(作者の一部は昔はDAICONにも関わっていたのかな?)、それよりも質が悪いものしかできない。そしてそれを恥じることなくTVで公開するってのは、どーゆー感覚なんだろう。オタクなら喜ぶと思ったか? (確かに、おそらく彼らの思惑とは別の意味で、喜んでしまったが)

こーゆーオタクに媚びようとした(だが方向が間違っている)商売がメジャーなメディアに乗ってくるのは、見ていてとても痛い。子供に媚びた子供番組がつまらないのと同様、非オタクがオタクに媚びようとしても、見てて痛いだけなんだけどなぁ。
 
 
……そーいえば、当時のDAICONの絵の入ったトレーナーとか、マグカップとか、手提げ袋とかまだうちにあるけど、ちょっと恥ずかしくて使えないなぁ。オークションにでも出したら、売れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月28日問題とか、知床とか、生物指向とか

気になる記事、いくつか

その1 7月28日問題 続報の続報

JVNにも出た。

Java Cryptography Extension 1.2.1(JCE 1.2.1)の証明書の期限切れで 2005/07/28 以降ソフトウエアが正常に動作しなくなる問題(JVN)

そのための JVN なんだから、もっと早く情報収集をして欲しかったぜ。
 
 
その2 知床

知床の世界自然遺産登録を決定・日本では3件目(NIKKEI.NET)
知床の世界遺産登録が決定(北海道新聞)

無事、世界遺産と登録されたようです。これからが勝負。
 
 
その3 生物指向?

ゆるやかな連携で脱管理――生物指向コンピューティング(1)(IT Pro)
ゆるやかな連携で脱管理――生物指向コンピューティング(2)(IT Pro)
ゆるやかな連携で脱管理――生物指向コンピューティング(3)(IT Pro)
ゆるやかな連携で脱管理――生物指向コンピューティング(4)(IT Pro)

「生物指向」……確かにかっこいいな。

この記事の内容自体はともかく、この手の生物学的な名前がつけられたコンピュータ用語って、どこが「生物」なのかいまいちわからないのが多かったりする。アプローチの方向は間違っちゃいないと思うけどね。

「ウイルス」とか「遺伝的アルゴリズム」とかの単語については昔の人はよくぞ名付けたもんだと感心するけど、最近のセキュリティ製品のカタログでよく見かける「抗体」とか「免疫」とか「進化」とかは、単にかっこいいのでそう言ってるだけだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

J2第21節 鳥栖0-1札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年07月13日(水)
J2第21節 鳥栖 0-1 札幌(鳥栖)
ネット等で結果を知る

ついに3位! 2位とは得失点差だけ。 ……これが夢なら、秋まで醒めませんように!

詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊 Windows アップデート7月号

今月も予告どおりでました。

WindowsやIE,Wordに危険なセキュリティ・ホール,「Microsoft Update」などで対応を(IT Pro)
Windowsに2件の「緊急」脆弱性--PC乗っ取りのおそれあり(CNET Japan)

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS05-035,036,037)(7/13)(@police)
マイクロソフト社 Microsoft Word の脆弱性 (MS05-035) 他(IPA)

2005 年 7 月のセキュリティ情報(マイクロソフト)

さっさとアップデートしませう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不幸引き受けアドレス

チェーンメール転送用アドレスだそうだ。 これって、よく考えるとなかなかSF的で奥が深い話題だね。

日本データ通信協会、「不幸の手紙」転送用の専用アドレス設置(INTERNET Watch)
不幸のメール、連鎖断て データ通信協が転送先アドレス(asahi)

携帯用チェーンメールの送付先(日本データ通信協会)

「チェーンメールは、受け取っても他の人に送らないことが基本ですが、転送しない場合に直接の危害が及ぶ内容など、送らないと不安が大きい場合があります。そこで、当協会では、携帯電話のチェーンメール用に、10個の携帯電話メールアドレスを準備しました。」……だそうだが。

こんなものがチェーンメール絶滅に効果があるのかどうかわからんが、電話会社としては(郵政省もだが)、この手のメール(ハガキ)がいつまでも収束しない方が儲けになるのは間違いないわけで、よく思い切ったもんだ。

今どきチェーンメールごときのトラヒックなんて全く問題にならないだろうから、これはおそらくマナーの問題に帰着するんだろうな。
 
 
さて、仮にこんな不幸のメールを本当にこのアドレスに転送するような気の弱い人がいるとして、その人達がこのアドレスに期待するのは、おそらくかけられた呪いの浄化「お祓い」なんでしょう。他人に不幸を背負わせるよりは、お祓いすることで不幸の連鎖を止めようということだな。「不幸のはがき」もお寺で供養してもらう人がいるらしいし、たぶんそれと同じ感覚なんだろう。

では、単なるアスキー文字の羅列に過ぎないメールに対する「お祓い」ってのは、いったいどうすればいいのだろう? 単にメールのファイルを削除するだけなら、あまり「お祓い」とは言えないよなぁ。巫女さんがPCや携帯に向かって「ハラタマ!キヨタマ!」とやったとしても、メール自体には特に変化ないだろうし。受信後メール本体を自動的にハッシュ化したり暗号化するプログラムに突っ込み、復元不可能な形に変形してしまうのもいいかも。
 
 
いっそのこと、お祓いなんてあきらめて、不幸をコンピュータに背負ってもらう作戦もありかも。この「不幸のメール受け取り用アドレス」に届いたメールを、自動的に人工無能などに取り込んでしまう。別に返事を出す必要は無いが、メールにかかった呪いからすれば、人間に読まれるのもプログラムに読まれるのもかわらないだろう。で、のろいはコンピュータが引き受けてくれるわけだ。

よく考えてみると、インターネットの仕組みでは、呪いのメールを読んでいるのは宛先の人間だけとは限らないわけだな。たとえば、MTAのプログラムはエンベローブやヘッダーを読んだ上で完璧に理解しているし、ゲートウェイ型のウイルス対策ソフトは添付ファイルの中身まで読んで解釈している。vacation とか、メールを受け取ると起動されるプログラムだって、メールを読んでいると言えるだろう。これらのソフトウエア達は、人間に代わって呪いにかかってもおかしくないわけだ。 「不幸のハガキ」に例えると、たまたま配達中に裏を読んでしまった郵便局員が、呪われてしまうのと同じ事だね。そのあたりをうまく利用したSFやホラーを誰か書いてくれないものか。

今回の日本データ通信協会が用意してくれたアドレスが、送られてきた呪われたメールに対してどのような対応をするつもりなのか、……ぜひ単純な削除以外の方法考えて欲しいな。
 
 
余談だが、TV電話システムで、呪いの画像や動画を引き受けてくれるアドレスも用意してみれば? 貞子のビデオをTV電話のカメラの前で再生したとき、TV電話の向こうで一体なにが起きるのかが大変興味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.11

札幌ドームにスポーツカフェを

コンサドーレのアウェイの試合の度に思うのですが、札幌ドームにTVで試合を見ながら飲食できるお店があれば、繁盛するんじゃないですかね?

スポーツカフェでもバーでもいいです。

確かに市内にもその手のお店がいくつかあるのは知っていますが、せっかくのコンサドーレとファイターズの本拠地、いわば札幌市内のスポーツの殿堂なんですから、試合の時以外でもサポータが気楽に集まれれば、より市内のスポーツ振興に役立ちますよね。交通もそれなりに便利だし、サッカーか野球の好きな人なら絶対に場所を知ってるはずだし。STVのスピカまで金払ってTV見に行く人がいること考えると、間違いなく儲かると思うな。

あんなに広い敷地なんだからなんとかなるでしょ。ドーム自体で運営しなくても、HFCでもファイターズでもいい。なんならテナント募集すれば、引き合いはいっぱいあると思うよ。(借金のあてさえあれば、私がやってもいいな)

来年はW杯もあるし、日本戦のときなんか絶対にTV局が取材に来てくれるよ。ドーム関係者の方、是非ご一考を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MVロケットとか閏秒とか賞金とか

気になったアレなニュース、いくつか。

その1 MVロケット成功

M-Vロケット6号機、無事成功したようです。

X線天文衛星打ち上げ成功・「すざく」と命名(NIKKEI NET)
アストロE2打ち上げ成功、「すざく」と命名(YOMIURI)

jaxa

「ASTRO-EII/M-V-6打ち上げ成功  衛星名は「すざく」に」……だそうです。

液体ロケットエンジンの H2A と個体ロケットの M-V。日本の宇宙開発を支える両輪として、これからもがんばって欲しいもんだ。
 
 
その2 うるう秒

今年はいつもの年よりも1秒長くなるそうな。

今年末の新年カウントダウンは「うるう秒」で一味違う(スラッシュドットジャパン)

「2005年12月31日に閏秒が挿入され、23:59:60 UTCがカウントされる」……のだそうです。それほど珍しい事ではないのですが、やっぱりその瞬間はカウントダウンしたいなぁ。

とはいっても、日本時間だと1月1日の8:59:60ですので、気付いたらいつの間にやら過ぎてしまっているおそれがありますな。 あと半年、忘れぬようにせねば。
 
 
その3 ネット賞金稼ぎ

Microsoft、Sasser作者情報の提供者に賞金支払い(IT Media)

「Sasserワーム作者のドイツ人少年が有罪を言い渡されたことを受け、米Microsoftは7月8日、捜査に協力した情報提供者2人に計25万ドルの賞金を支払うと発表した。……だそうだ。

賞金目当てで、その手のアングラコミュニティを裏切る奴もでてくるだろうな。
ウイルスばらまいて自慢しているようなお子様達が身近にいれば、私も密告して一儲けしてやるんだが。

ちなみに、ウイルス作ったあげく捕まった少年の末路はこれ。
Sasser作成少年に禁固21カ月、執行猶予3年の有罪判決(IT Media)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月28日問題 続報

先日の「7月28日問題とか、その他 2005.07.06」の続き。情報が出てきはじめましたよ。


Java暗号処理モジュールの「7月28日問題」に警告(IT Media)

JCE 1.2.1 の証明書期限切れに関する注意喚起(IPA)

「サン・マイクロシステムズ社の JCE 1.2.1 は、パッケージの署名に使われている証明書の有効期限が 2005年7月28日6時43分(日本標準時) になっており、証明書が有効期限切れになると、JCE の一部の機能が動作しなくなります。そのため、JCE を利用した製品の動作に不具合が起きる可能性があります」……だそうです。
 
 
ここに、ソフトウェアベンダー各社からの情報がまとめられています。
「7月28日問題」をIPAが警告(Alternative 笑門来福)
セキュリティホール memo 2005.07.08 
 
あまり大げさに心配する必要はなさそうですが、思わぬアプリに思わぬ不具合が発生したりするんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

J2第20節 札幌3-1甲府

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年07月09日(土)
J2第20節 札幌 3-1 甲府(厚別)
厚別競技場 SS指定席で観戦

前半はボロボロ、後半は同じチームとは思えない見事な戦いっぷりで逆転勝利。相も変わらず、得意な形にはまった時だけは強いぞ。……初めからしっかりやれば、もっと楽に勝てたのに。

詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

今さら「完全自殺マニュアル」?

今頃になって、懐かしのあの本を問題視している人たちがいるらしい。

有害図書:「自殺マニュアル」を指定--県、青少年保護育成条例改正で /愛知(MSN-Mainichi)

これまた懐かしい話題……だと思ったら、本日のニュースだった。 こんな懐かしい本について、愛知県は今頃になってなぜ?
 
 
数年前にさんざん語り尽くされたことだが、この本を有害指定というのは、やっぱり間違っていると思うぞ。

まずは根本的な問題ふたつ。
『特定の人々がある内容の本を勝手に「有害指定」するなんて事が許されるのか?』
『「有害指定」を行う立場の人々は、まともな人々なのか?』
これについては、私もよくわからないので、ここでは言及しない。

そして次の問題。
『「自殺」は果たして「有害」なのか?』

残された人からみれば、自殺は絶対的な悪だろう。しかし、当人からしてみれば、そこに至るまでのひとそれぞれの過程があるわけで、善悪について第三者が一概に言い切ってしまうことはできないと思う。それこそ死ぬよりつらい絶望的な状況に置かれた人が、選択肢のひとつとして自殺を考える、そして実際に死をえらぶ事を、悪とは言い切るほど私は傲慢にはなれないなぁ。

最後の問題。仮に「自殺」が有害だとして、
『果たしてあの本は「有害図書」なのか?』

あの本を読んですぐにわかることは「本気で自殺しようとすると、実はけっこう大変だ」ということだ。

そしてなにより、著者が最も伝えたいメッセージは「生きるのが辛くなった時、逃げ道なしで無理して生きる事だけを考えると、それは文字通り死ぬより辛い。いざとなったら死んで逃げる方法だってあるんだよ。いざという時の逃げ道さえ知っていれば、多少つらくても精神的に楽に生きていけるかもしれないぞ」てなことだろう。

有害どころが、役に立つ本だと思うな。

数年前のセンセーショナルに騒がれていた時ならいざ知らず、今になってわざわざ執念深くこの本を有害視するってのは、そちらの方が問題があるような気がするなぁ。

アマゾンの詳細
完全自殺マニュアル

おまけ。ググッて見つけた参考リンク。
「有害」規制監視隊
ドキュメント『完全自殺マニュアル』規制騒動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊マイクロソフト7月号予告


今月は12日。最大深刻度“緊急”のパッチは3件だ。

7月度の月例パッチ、“緊急”は3件~Microsoftが事前告知(INTERNET Watch)

Microsoft Security Bulletin Advance Notification(Microsoft)
マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知(マイクロソフト)

忘れないように、準備しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気8輪の追跡戦闘車

凄まじい性能の電気自動車が公道を走ってるらしい。

最速370キロの電気八輪車、公道に――慶大と30社が開発(NIKKEI NET)
最速370キロの電気8輪車、公道を走る(スラッシュドットジャパン)

ELIICA

この電気8輪車「ELIICA」の性能はとてつもない。

「最高時速370km、加速度0.68Gと高性能のスポーツカーをしのぐ性能を持ち、8つの車輪に組み込まれたモーターが640馬力のパワーを生みだす」……だそうだ。

これはすごい。この記事を読んだだけでワクワクしてしまったぞ。

電気自動車というと、敷地内をゆっくり走るお手軽な乗り物を想像してしまうが、とんでもない加速と速度をもって公道上でスポーツカーをぶっちぎる性能を発揮するのがあるとは驚いた。

原理的な事を考えると、車輪毎にモーターがついているので、車輪を増やせばそれだけ馬力が増えるというのが男らしくていいね。また、車輪毎の回転数やトルクを細かく制御できるだろうから、どんな場合でもかなり安定して走れるだろうし。もしかしたら戦車みたいにその場で超信地旋回さえできるかもしれない。

まぁ、充電の手間はどうなのか? とか、車体の組み立てから走行、廃棄までの工程すべてを考えた場合、果たして本当に省エネになっているのか? とか、疑問な点は沢山あるのだが、そんな事は時間が解決するだろう。

今後の自動車技術の進化のことを考えて、既存のモータースポーツに出場させるわけにはいかないもんかね。レギュレーションが大変だろうけど、内燃機関VS電気モーター、ついでにガスタービンの車が争うレースとかラリーなんかが見たい。
 
 
 
……まったくどうでもいい余談だが。

この車の写真を見れば見るほど、なつかしの人形劇「キャプテンスカーレット」が乗っていた追跡戦闘車S.P.Vを思い出してしまうのは私だけか?

人類の敵ミステロンと戦うため、基地をぶっ壊してそのまま出撃、10輪を駆使して時速300Kmで突っ走るイメージが、まさにこの電気自動車と重なるのだが。

ガキの頃見たSFメカとイメージが重なるものが現実に現れるってのは、ホント嬉しいもんです。

「キャプテンスカーレット」のメカについては、このへん。
Captain Scarlet(コナミ)
Captain Scarlet(モデルランド)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.07

本「北海道いい旅研究室8」「ヒューマン 」

本を買った日記

北海道いい旅研究室 8(舘浦 あざらし)
海豹舎 600円

相変わらず絶好調、言いたい放題である。

それにしても、毎度毎度これだけ好き勝手な事を書いておきながら、読んでて面白い本に仕上がっているのはたいしたもんだ。

もちろん温泉ガイドとしても役立つことは言うまでもない。 いい本だ


アマゾンで扱ってないのかな?
 
 
ヒューマン -人類- (ロバート・J・ソウヤー)
早川書房 966円

うーーん。あっちの世界からみたこっちの世界の異常性はよくわかったんだけど。

もっとハードSFをして欲しいなぁ。

アマゾンの詳細
ヒューマン -人類-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

7月28日問題とか、その他

ここ数日ちょと気になってる記事、いくつか。

その1 7月28日問題

ちょっと古い記事だけど忘れないようリンク。

Javaの抱える7月28日問題は大丈夫?(Alternative 笑門来福)

APC のアレは、最近のバージョンは大丈夫らしいので、たまたまうちには関係なかったが。

この問題、あまり情報がないんだよねぇ。基本的にそんなに古いソフト使ってないから、おそらくは大丈夫だとは思うんだけど。

やばい製品の一覧とか、どこかまとめられてないかな?
 
 
※7月11日追記。

ちょっと情報が出てきました。
7月28日問題 続報
 
 
その2 ウイルスバスター更新サイクル

例の事件以来、ちょっと間隔を広めにされていたパターンファイル更新サイクルが、また毎日に戻るそうです。

ウイルスパターンファイルの更新サイクル変更のお知らせ(トレンドマイクロ)

月~金の毎日 (日本時間)

いいことだ。でもミスは勘弁してね。
 
 
その3 転職市場

6月は転職市場が盛り上がったようです(13Hz!)

「6月は非常に転職市場が盛り上がり、売り手市場になったようです」……だそうです。 ふむふむ。 ……チャンス?
 
 
その4 ガメラと日本沈没

映画ネタふたつ。

小さき勇者たち~ガメラ~(ガメラ公式ホームページ)

「 世界観は平成シリーズから一新。誰もが楽しめる、クオリティーの高いエンタテインメント作品を目指す」……だそうだが。 ……見たいような見たくないような。
 
 
そして、本来「平成ガメラ」の樋口監督は、今度はこの映画だそうだ。

草なぎ&柴咲で映画「日本沈没」(スポニチ)

「樋口真嗣監督(39)がメガホンをとる。主演はSMAPの草なぎ剛(30)と柴咲コウ(23)。東京消防庁、海洋開発研究機構(JAMSTEC)なども撮影に協力、製作費20億円を投じてリアリティーあふれる映像を目指す」……だそうだ。 やめておいた方がいいんじゃないかなぁ。冷戦が終わって国際情勢もえらい変わったしなぁ。

どうせリメイクするんなら「復活の日」がいい。大作にしなくてもいいから、ゆっくりと静かに人類が絶滅していく様を淡々と描いて欲しい。

でも、本音をいうと「さよならジュピター」をもういちど、そして今度こそまともな映画に……。

ところで、最重要人物であるはずの田所博士は、いったい誰が演じるんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不正アクセス容疑者逮捕

そこらじゅうで報道されているが、いろいろ悪事を働いた奴が逮捕されたそうな。

旅行会社のサーバーに不正侵入容疑で留学生逮捕・警視庁(IT-PLUS)
クラブツーリズムの不正アクセス事件、容疑者が逮捕--価格.com事件にも関与か(CNET Japan)
旅行サイトに侵入、顧客情報盗んだ疑い 中国人学生逮捕(asahi.com)

「クラブツーリズム」から約9万人分の顧客情報、「カカクコム」からメールアドレス約9万件、「アデコ」から約8万件の登録者情報、まとめて「14社のウェブサーバから合わせて約52万件の個人情報を入手」したそうな。がんばったもんだな。

手口はおなじみ「SQLインジェクション」。もちろん犯人は絶対に悪い。しかし、大事な個人情報を扱っておきながら、こんな単純な手口やられるシステムも、ちょっとどうかと思うよ。

悪事の目的は「学費を稼ぐためにやった」……のだそうだ。ということは、この盗まれた個人情報、絶対に売られて回収不可能で悪用されまくりだよなぁ。

で、最も気になるのは、盗まれた個人情報に責任を持つべきだった「被害企業」達が、どう対応するのかだね。 悪人の罪は罪として、これらの「自称被害企業」による「本当の被害者」に対する責任の取り方も、今後注目していきましょう。 この期に及んで無責任に「流出した情報が悪用された形跡はない」なんて言ってるようじゃ、問題外だからね。

(「アデコ」に関しては、個人情報保護法の施行後の事件なのね。この点でも、成り行きを注目しておきましょう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本「てけてけマイハート4」「さくらの境1」

マンガを買った日記。 最も好きなマンガ家、竹本泉を2冊だ。

てけてけマイハート 4 (竹本泉)
竹書房 680円

のぞみちゃんもついに結婚、今や新婚ほやほやの新妻である。
だからといって、主人公ふたりの行動やマンガの内容が特にかわるわけではない。この作者だから当然だが。

てけてけマイハート 4
 
 
さくらの境 1 (竹本泉)
メディアファクトリー 580円

少女向けを狙ってるんだろうが、いかにも竹本泉、かなり自然でいい感じのマンガだ。SFっぽさがないのがちょっとだけ玉にきずだが。

さくらの境 1
 
 
最近、竹本泉が得意とするところの、常識を超越した超絶SF的アイディアをごくごく自然にちりばめたほのぼのマンガ……てのが少ないのが、ちょっとだけ寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.05

占星術的テロ

見事に彗星を直撃したNASAのディープインパクト計画。これにケチをつけたのは、なんと占星術師だ。

NASAの実験でホロスコープが狂った!337億円の損害賠償を請求(海外ボツ!NEWS)

「爆発の衝撃で、彗星の軌道とそれに関係するすべてが変化するのは明白です。私の占星術とホロスコープが狂ってしまったんです」……と占い師が言ってるそうだ。
 
 
そうか! ……逆に考えると、自分の悪い運勢を無理やり好転させたい時には、惑星に何かぶつけてやればいいんだ! それは盲点だったぜ。 
 
 
ということは、今回のディープインパクト計画はNASAの、いや米政府の誰かの占星術的な運勢を意図的に変えようという陰謀? ホワイトハウスに占い師が出入りしているという噂があったのは、どの大統領の時だったか。だいたい実験の日時をわざわざ独立記念日にぶつけるあたりからして、非常にあやしいよなぁ。
 
 
実は、ディープインパクト計画の真の目的は、イラク状勢の悪化やテロの多発に代表されるよう一向に好転することのないアメリカの国家的な運勢を、一気に好転させる事にあったのだ。あの日あの時あの場所に人工天体を衝突させたのは、その結果としての彗星軌道の揺らぎを含め、占星術を駆使した緻密な計算の結果だったのだ。これぞ、軍事的・政治的な力を一切利用しない、もちろんテロも行わない、合法的なテロ、いわば占星術的テロリズムなのだ!
 
……てな本を書いたら、売れそうな気がしてきた。

「アポロの月着陸は嘘だった」なんて事を真面目に語るアホが多い今日この頃、おそらくすぐにでもこんな本が出るのだろうなぁ(既に存在するかもしれない)。もしこれから本当にこんな本が出たら、私は著作権を主張するぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバーデジタルオンラインネット

こんなニュースがあった。

過激化する「デジタルいじめ」--ユビキタス社会の負の側面か(CNET Japan)

記事の内容はどうでもいい。

今度は「デジタルいじめ」か……。 先日の「サイバー暴力」なんでもかんでも「サイバー」かよ 2005.06.29)に続いて、また見慣れない単語が出てきたぞ。

で、ググッてみた。
デジタルいじめに該当するページが見つかりませんでした」

……やっぱり。見たことないはずだ。

ついでに似たような単語もググッてみた。
サイバーいじめ の検索結果 4 件中 1 - 4 件目 (0.40 秒)
オンラインいじめ の検索結果 約 5 件中 1 - 3 件目 (0.35 秒)
ネットいじめ の検索結果 約 538 件中 1 - 10 件目 (0.06 秒)

ふむ。日本語では、ネットオンラインサイバーデジタル なのかな?
 
 
ちなみに、この記事の原文はこれ。
When 'digital bullying' goes too far(CNET News.com)

てなわけで、英語でも同じ単語をググッてみたぞ。
"digital bullying" の検索結果 約 67,900 件中 1 - 10 件目 (0.17 秒)
"cyber bullying" の検索結果 約 13,600 件中 1 - 10 件目 (0.26 秒)
"online bullying" の検索結果 約 4,140 件中 1 - 10 件目 (0.19 秒)
"net bullying" の検索結果 約 546 件中 1 - 10 件目 (0.83 秒)

英語だと、digitalcyberonlinenet 。 日本語とは逆なのね。

……どうでもいい話だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.04

パケットフィルタするウイルス

数日前のニュースですが、パケットフィルタリング機能をもつ、ちょっと生意気なウイルス(?)がいるそうな。

パケット・フィルタリング機能を持つウイルス出現,パッチやパターンファイルのダウンロードを妨害(IT Pro)
Packet filtering trojan(F-SECURE)
Fantibag.B(F-SECURE)

この「Fantibag.B」は、「ネットワーク・インタフェースの設定を変更して,特定サイトへのパケットをフィルタリングすることでアクセスを遮断する」……のだそうだ。 目的は「Microsoftや主なアンチウイルス・ベンダーのサイトへのアクセスを遮断する」……ためだそうだ。

やってること自体はそうたいした事ではなさそうだが。 パケットキャプチャ機能を持つトロイやルートキットの類みたいに、乗っ取ったネットワークインターフェースをもっと積極的に使われると、ちょっと恐いかも。

例えば、ブラスターやらスラマーやらニムダやらサッサーやら由来のパケットを検知して(IDSみたいに)、見つけたIPを目がけて適切な弱点をついて感染を試みるウイルス……ってのを妄想したことがある(こんなウイルスはイヤだ。その1 2004.04.04)。 そのうち本当にそんなのが出現するかもしらんな。そしたら、あっという間に拡散するかもしれない。……いやな世の中だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープインパクトとかドメインの注意とかラックとか

本日の興味深いアレな記事、いくつか

その1 ディープインパクト計画

無事、彗星に突入したそうな。

Deep Impact(NASA)
ディープ・インパクトの衝突現象観測 速報(すばる望遠鏡)

めでたいめでたい。そのうちNHK特集とかでやってくれるのかな?
 
 
その2 ドメイン運用の注意

ドメイン名の運用管理に関する注意喚起(総務省)

と総務省が言ってる。注意しましょう。
 
 
その3 漢のラック

漢のラックを極める――ラックに関するエンジニアのコダワリ (1/4)(IT Media)

業者によっては、黙ってるととんでもなくいい加減な工事してくのがいるから、作業中は良く見張って、怒るところはしっかりと怒らないとならん。場合によっては、自分達で作業してしまった方が早かったりするし。

まぁ、ネットワークエンジニアってのは、本来泥臭い仕事なわけだ。 営業から設計から見積もりから工事のスケジューリングから現場監督からUTPケーブルの製作から、天井のぼって床下くぐってラック設置してルータやスイッチのコンフィグまで、全部やらにゃならん。場合によっては、FWとかVPNとか認証とかのセキュリティ関連もあるぞ。……これぞ漢の仕事だ。
 
 
その4 動物

ちょっと信じられない動物が、国内でいろいろ発見されてるらしいぞ。

熊本でタランチュラ発見、飼い主捨てた?(nikkansports.com)

「熊本市の熊本県民総合運動公園で、毒グモのタランチュラが発見」……こわいこわい。

ワニ捕獲:田んぼで警官が 持ち主を調査 岐阜・瑞穂市(MSN-Mainichi)

「岐阜県瑞穂市本田の市道で「ワニが路上を歩いている」と、近くの住民から110番通報」……白いワニが来るよぉぉぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

サクランボをめぐるスズメとの闘い

 うちの庭のサクランボがいい感じで実ったので、第一弾を収穫しましたよ。
 
20050703
 
 
 全く手入れしていない、それどころか屋根の雪下ろしの度に大量の雪の直撃で枝を折りまくっているにも関わらず、毎年々けなげに実をつけてくれるうちのサクランボさん。春からの北海道とは思えない異常な暑さのためか、今年は大豊作です。

 ちょうど第一弾の収穫時期が好天に恵まれ、しかもうまい具合に週末。てなわけで、ここ数日いやというほどサクランボ三昧なわけです。幸せだ。
 
 
 それにしても、憎らしいのはスズメ達。人が脚立に乗っかってサクランボを摘んでいるのに、その反対側の枝にはスズメ達が集団で集まって、良く熟したのから狙ってついばみやがる。完全に人間を舐めているんだな。

 本日収穫したのは全体のほんの一部で、まだまだ赤くなってない実が大量に残っているのですが、こいつら収穫する前にスズメに全てやられるんだろうなぁ。……まぁ仕方がないか。サクランボ食べ過ぎると、お腹の中で発酵(?)して大変な事になるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2第19節 札幌0-2山形

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年07月02日(土)
J2第19節 札幌 0-2 山形(厚別)
厚別競技場 SS指定席で観戦

 うーーん、内容自体はそう悪くはないと思ったんだけどなぁ。あいかわらず山形みたいな運動量勝負のチームは苦手だなぁ。失点したとき、自分達でテンポを変えられればなぁ。まぁ、次がんばりましょう。

詳しくはこちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

ディープインパクトとか雌雄の分離とか

本日の気になった記事。科学ネタ(?)ふたつ。
 
 
その1 ディープインパクト

彗星に人工天体を衝突させて内部を探ろうという作戦が7/4に迫っているぞ。

7/4、Deep Impact探査機のインパクターが彗星に衝突(スラッシュドットジャパン)
ディープ・インパクト(国立天文台)

ディープ・インパクト探査計画は、日本時間で2005年7月4日に、9P/Tempel 彗星(テンペル第一彗星、以後「テンペル彗星」と表記)という彗星核に衝突体(インパクター)を衝突させ、その様子を観察するという、アメリカ航空宇宙局(NASA)の彗星探査計画です。

ふむ。

具体的には重さ約370キログラムの円筒形のインパクター秒速10.2キロメートルという高速で彗星にぶつけるのだそうだ。その時、TNT火薬換算で5トン分の衝撃力のため、結果として彗星核の表面には最大で深さ30~50メートル、大きさ200メートルほどのクレーターができるだそうだ。

……改めて聞くと、こいつはすげぇ。

よくぞこんなSF的な実験を思いつくもんだ。さらに、独立記念日にこんな事を実行しまうあたり、実にアメリカ的だな。

もしかしてこれは、世間には秘密にされているが実際に地球衝突コースに乗っている小天体が発見されていて、それを迎撃するための実験だったりしないのかな?
 
 
その2 雄と雌の分離?

2ch の科学ニュース板から

【生態/昆虫】コカミアリの女王アリと雄は別種?女王アリに雄が「クローンの逆襲」(科学ニュース+@2ch)

雄と雌がそれぞれクローンで増えるアリ? 両性あるのに、基本的に有性生殖をしないの? そして、雌雄が別の「種に」なってしまった? もしホントなら、これはちょっと凄い事なんじゃないかな。
 
 
……でも、我々人類も他人事じゃないかもよ。

将来、少子化が極限まで進んだあげく、医学的なクローン技術が確立されたりしたら、有性生殖の必要性がなくなるかもしれない。その上で、女性専用車両に代表されるように(笑)、社会での男女の分離が極限まで進んだりすると、人類だって男女が別の方向に進化する可能性もあるぞ。 ……たしか、小松左京の短編でこんな未来が描かれているのがあるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.07.01

悪徳リフォーム業者とセキュリティ業界

 巷で話題の悪質リフォーム、逮捕者が出たおかげか、マスコミが大々的に報道しています。
 
 悪質かどうかはわからないですが、うちにも週末毎にリフォーム業者が来ては「通風口に虫除けの網つけませんか」とか「床下の湿気が……」とか、正直かなりうるさいわけです。TVでやってた悪質業者の手口そのままに、「水道管から水が漏れてる」などと嘘をならべる奴が来たときには、さすがにちょっと笑ってしまいました。
 
 嘘を並べて必要もないリフォームを勧める悪質業者は論外として、今まで追い払った業者の中には実は良心的な業者もいて「今のままでも大丈夫だけど、リフォームすればもっと快適、家が長持ちする」場合もあったかもしれません。さらに、ひょっとしたら「本当にリフォームしないと危ない」てな場合すらあった可能性もあります。問題は、そのへんの線引きが素人には不可能である、というところなのでしょう。
 
 
 さて、ここで我が身を振り返ってみると、セキュリティを飯の種にしている人も似たようなものかもしれません。
 
 こちらとしては、今のままでは明らかに危ないシステムや運用に対して、少しでも改善するための方法や仕組みを提案しているつもりなんですが、お客さんから見ればそれが本当に必要な物なのかどうか判断しようがない。また、「今のままでもたぶん大丈夫なんだけど、ここにお金かければもっと良くなりますよ」てな営業も当然あるわけで、そんな場合は、見方によってはもしかしたら悪質業者と紙一重なのかもしれません。
 
 
 どこかで「「セキュリティに100%は無い」が免罪符にされている」てな文章を読んだことがあります。どれだけセキュリティにお金をかけても、どうせ100%安全にはならないんだから適当なところで……というあきらめの思想を嘆いたものですな。
 
 確かに、あきらめてはセキュリティを保つことは不可能です。しかし、ならば何%を目指すべきなのでしょう? 今のセキュリティ関連の業界は、お客さんに対して統一された明確な答えを与える事ができるでしょうか?
 
 さらに、ここでいう「100%」というのは、実は必要以上の「150%」だったりする可能性はないのでしょか? 見方によっては、一般的には必要としない送風機を大量に床下に設置しようとする悪徳リフォーム業者と、同じ手口だったりしないでしょうか。
 
 
 本来は、全てのユーザ毎にきちんとリスク分析して、その結果「最低限備えるべきセキュリティレベル」を決めるべきなんでしょうが、特に一般PCユーザや中小の企業についてそんな事は不可能です。そして、セキュリティに関連しているメーカーやらコンサルやらシステム屋がそれぞれ自分の思惑で勝手なことを言っている状況(まぁ商売なので仕方ないのかもしれませんが)は、良識と悪徳の入り乱れるリフォーム業界とあまりかわらなかもしれません。
 
 まぁ、良識ある業者を選択することが最も重要である、というのは、どの業界でもいえることなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »