« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.29

100匹目のレッサーパンダ

「100匹目のサル」という伝説がある。

瀬戸内のある小島で一匹のサルがイモを洗う習慣を身に付けた。塩味が美味かったのか、その習慣はサルの群の中に徐々に広まっていった。そして、イモを洗うサルの数がある一定の数(これが約100匹)を超えた瞬間、一気に群れ全体のサルがイモを洗うようになった。さらに、全く交流がない他の島のサルも、なぜか同時にこの文化を身につけてしまったのだ。

……とまぁ、単純にいうとこんなお話です(※注を参照のこと)
 
 
さて、ちょっと時期を逸した感もある話題ですが。

レッサーパンダの風太君が見事な2足歩行を見せてくれたのは、つい最近のこと。「二足で直立するのは人類の特徴である」と教えられてきた我々にとって、これは微笑ましい事であると同時に、人間の尊厳を脅かす脅威でもあった。あれほど報道されたのは、我々の心の奥の恐怖が原因かもしれない。

さらに驚くべき事に、風太君の勇姿が報道された直後、なぜか全国のレッサーパンダが次々と立ち上がりはじめたのだ。

……ひょっとして、この調子で国内のレッサーパンダのうち何割かが立ち上がった瞬間、世界中のレッサーパンダが一斉に立ち上がるのではないか? そして、その時こそが、人類vsレッサーパンダの、地球の覇権をかけた闘いが始まるのでは?

その昔、猫たちが一斉に立ち上がり「なめるなよ」と叫びはじめた時、またエリマキトカゲ達が二足歩行どころか全力疾走をはじめた時、どちらも動物愛護団体の連中が彼らの打倒人類の野望の芽をつみ取った。しかし、今回レッサーパンダの歩行を阻む奴らはいない。まさに人類の危機だ!
 
 
※注

ちなみに、一応断っておきますが、「100匹目のサル」というお話は、なんの根拠もない真っ赤なウソ、トンデモな疑似科学、というか単なる都市伝説です。(この話題を初めて取り上げた「生命潮流」の著者ライアル・ワトソン自身がウソだったと認めています)

いまだに一部のトンデモな人たちが信じているらしいのが、こまったもんです。私が初めてこの話をきいたのは、たしか中学生くらいの時の参考書(ティータイムみたいなコラムの欄)だったような気がするなぁ。困ったもんだ。

詳しくは、こちら
100匹目のサルの嘘(幻影随想)
 
  
  
(6/30日追記)

ちょっと検索してみたら、ずっと前に似たようなことを思いついていた人がいたのね。
別に真似したわけじゃないのですが、リンクを張っておきます。
100匹のレッサーパンダ(九十九式)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでもかんでも「サイバー」かよ

こんなニュースがあった。

「インターネット実名制」導入の可否で揺れる韓国、サイバー暴力への対応案(PC WEB)

記事の内容はどうでもいい。それより、「サイバー暴力」って普通に使うのかなぁ? てなわけで、どれくらい普及しているのか知るため、ググッてみた。

サイバー暴力 の検索結果 約 89 件中 1 - 10 件目 (0.43 秒)

少なくとも日本語圏ではそれほど使われない造語なのね。ついでに似たような単語もググッてみた。

サイバーバイオレンス の検索結果 約 53 件中 1 - 10 件目 (0.36 秒)
"cyber violence" の検索結果 約 557 件中 1 - 10 件目 (0.16 秒)

ふむ。 英語圏では、ちょっとだけメジャーな言い方らしい。

それにしても、なんでもかんでも犯罪に「サイバー」をつければいいってもんじゃないよなぁ。格好いいと思ってるのかなぁ。

サイバーテロ の検索結果 約 102,000 件中 1 - 10 件目 (0.14 秒)
サイバー戦争 の検索結果 約 5,410 件中 1 - 10 件目 (0.24 秒)
サイバーデモ の検索結果 約 532 件中 1 - 10 件目 (0.15 秒)
サイバーストーカー の検索結果 約 519 件中 1 - 10 件目 (0.36 秒)
サイバー自爆テロ の検索結果 約 92 件中 1 - 4 件目 (0.21 秒)
サイバーレイプ の検索結果 約 79 件中 1 - 10 件目 (0.71 秒)
サイバー窃盗 の検索結果 約 11 件中 1 - 6 件目 (0.40 秒)
サイバーハラスメント の検索結果 約 10 件中 1 - 8 件目 (0.13 秒)
サイバーセクハラ の検索結果 約 8 件中 1 - 6 件目 (0.42 秒)
サイバー強盗 の検索結果 4 件中 1 - 4 件目 (0.52 秒)

……なんだかなぁ。

おまけ。
サイバー架空請求に該当するページが見つかりませんでした。
サイバー振り込め詐欺に該当するページが見つかりませんでした。

これはちょっと意外だった。このへんの単語をはじめに言い出した人は、有名になれるかもよ。
 
 
さらにおまけ。
サイバー猥褻物陳列に該当するページが見つかりませんでした。
サイバー青少年保護条例違反に該当するページが見つかりませんでした。

……そうか。ないのか。
 
 
もうひとつおまけ。
電賊 の検索結果 約 199,000 件中 1 - 10 件目 (0.24 秒)
電姦 の検索結果 約 145,000 件中 1 - 10 件目 (0.33 秒)

なんか、「電○」っていうと、語感が格好いい気がするのが不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.28

九州旅行にいってきました

 うちの年寄りがぜひ一度は行ってみたいというので、別府・湯布院・阿蘇・高千穂・天の岩戸あたりを放浪して来ました。家族サービスという奴ですな。

 感想としては、……九州って所は「山ばっかりの島」なんだなぁ。 ていうか、北海道の場合には、もちろん山は九州以上に沢山あるのですが、それなりの大きさの集落とか普通の人が行く観光地は、そんなに山の中の不便な所には元々存在しないわけです。少なくとも2車線の道路くらいは通っている。ところが、今回の行程は国道とか県道ばかりを使ったのですが、それでも険しい山道ばっかり。しかも、信じられないくらい細くてクネクネの山道を、バスとかトラックが普通に走っているのね。たまたま今回のコースだけがそんなだというわけではなさそうだし、すごいなぁ。


 もうひとつ。 温泉も宿も神社も渓谷も何もかも、それぞれに長ぁい歴史があるのがスゴイ。たった数日間、いくつかの観光地をまわっただけで偉そうな事を言うのもなんなんですが、どこもかしこもガイドブックで普通に千年単位の歴史が語られるのね。神話のお話とか先住民族のお話とか、民族の歴史ってやつを感じてしまいましたわ。


 その他、肉も魚も食い物はみんな旨かったし、湯布院も別府も温泉はかなりいい感じだったし、ひたすら脳が溶けるほど暑かった以外は基本的に楽しい旅行だったのですが、……アビスパ福岡やサガン鳥栖とのアウェイ戦にスケジュールをあわせられなかったのだけが心残り、まさに痛恨の極みってやつです。(もともと年寄り連れて観戦なんて無理なのはわかっているんですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.26

本「げんしけん6」

マンガを読んだ日記。

げんしけん(6) 特装版 (木尾士目)
講談社 980円

巷で猛烈に売れているらしい「げんしけん」。その最新刊は、なんと同人誌が付録に付いてくるぞ。

オタクの青春を描いた、オタクしか共感できないであろう内容のマンガ、しかも「マンガの同人誌」などというオタクにしか理解できない謎の物体がついてくる本なのに、それが売れてしまう世の中なんだねぇ。

このマンガの場合は、もちろん内容のおもしろさが人気の秘密であるわけだが。だが、電車男も売れてるし、「オタクは商売になる」と気がついてしまった底の浅い連中が、これの表面だけをまねて、オタクに媚びるだけのサービスが目立つ世の中になったらイヤだなぁ。

どうでもいいことだが、笹原と荻上は恋愛しないのか? 純情オタク同士のドキドキ純愛を読みたい。卒業する前にぜひやってくれ。

アマゾンの詳細。
げんしけん(6) 特装版

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.25

J2第18節 横浜FC1-2札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年06月25日(土)
J2第18節 横浜FC 1-2 札幌(日産)
スカパーの中継をみる

猛烈な暑さの中、なんとか勝利。 ついに、ついに、ついに2位に追いついた! これから秋まで、昇格争いに食いついていくぞ!(……長い半年になりそうだ)

くわしくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.24

シュレッダーとかMSのマナー教室とかICANNとか

ここ数日の気になったアレな記事。サッカーのおかげで眠たいのでリンクだけ。

シュレッダーはセキュアな書類破棄方法か?(IT Media)

シュレッダー業界は、今こそ飛躍のチャンスなんだけどなぁ。 私はいろいろアイディアをもってるぞ。買わない?
 
 
マイクロソフト、ネットの「マナー」小中高50校で授業(asahi)
戦隊ヒーローがセキュリティを指南?マイクロソフトが家族向けイベントを開催(IT Pro)

なんだかんだいっても、業界最大手としての自覚はあるのね。文句を言う前に、他のメーカーも似たような事をやるべし。
 
 
インターネットの精神を守る戦い(CNET Japa)

この手のことで、国連には期待できないと思う。
 
 
国際観光立国に関する提言(日本経済団体連合会)

「ポップカルチャー」というと格好いいが、要するに、「オタク文化」を世界に宣伝しよう、と経団連が言ってるわけだ。いい国だな、日本って。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

原発情報漏洩について推理してみる

巷で噂の原発情報流出の件。

Winnyで原子力発電所の内部情報が流出(INTERNET Watch)
原発機密、ネットに流出=パソコンが「ウィニー」ウイルス感染(Yahoo! ニュース)

これが第一報かな?
原発情報流出:「ウィニー」のウイルス感染でネット上に(毎日)

三菱電機のお詫び
電力会社及び自家発電会社納め電機設備保守に関する企業機密情報流出について
(お詫び)
(三菱電機株式会社)
 
 
これだけP2P経由の情報漏洩事件が報道されている中、どーしてヤバイ情報の入った PC で Winny するのかねぇ。 報道自体に興味が無いのか、それとも知ってはいても自分だけは大丈夫だと思っているのか、そのへんに大いに興味がある。
 
 
さて、こんな事件を引き起こした会社や個人を庇うつもりはさらさらない。しかし、今回の事件に関しては、ちょっと気になる事が無いこともない。

2chの一部ではかなり早くから囁かれていたようだが、「ネットに流出」と言う割には、そんな機密情報に気付いたのが毎日新聞社だけというのは、いったいどーゆー事なんだろう? さらに、漏れた情報の中には、三菱電気の故障隠しの証拠もあったというあたりも気になる。

目一杯の悪意をもって想像するのなら、なんらかの別の手段で入手した機密情報を元にした、原発とP2Pに対するネガティブキャンペーンのための「やらせ」とか「自作自演」? (これぞ陰謀論だ)

全く逆に好意的(?)に想像してみると、三菱電機社内の故障隠しの実態を内部告発しようとして、わざと情報をWinnyに流出させ、同時に毎日新聞に対して連絡した? もしそうなら、内部告発の手段としてのP2Pの必要性が、今後注目されるかもしれないね。

上記どちらでもなく、単純に報道された通りの事件で、アホな社員とウイルスのコラボレーションによる情報漏洩だったとすると(おそらくこれが正解なんだろうが)、それはそれで毎日新聞社のWinnyをつかった情報収集に対する執念には感心する。毎日新聞社では、何人の社員がどのくらいの設備をつかってwinnyやってるのかねぇ?

なんにしても、今後の進展がいろいろと気になる事件である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.23

コンフェデ杯 日本 2-2 ブラジル

うーーん。 細かいミスの有無の差、なんだろうねぇ。

ジーコも含めて、選手達はみんなよくやったと思う。日本の中盤の華麗なゆるゆるパスもそれなりに通用するということがわかったし(あまり激しいプレスが無かったせいもあるのろうが)。勝てた試合……とまでは言わないが、少なくとも自信にはつながる試合でしょう。本番もそれなりにいけるんじゃないかね。
 
 
……その「それなりに」が大きな問題なんだろうなぁ。ブラジルチームとか、スタジアムの観客とか、審判も含めて、「こんなもんだろう」てな感じの予定調和っぽい雰囲気が気に入らない。キングKAZIの幻の得点も、開始直後のここで日本の得点は無いだろう……ってな雰囲気で取り消されたような気がするし(これは被害者意識が強すぎかな)。
 
 
さあ本番まであと一年。あまり悲観的にならず、とりあえず期待感と共に過ごせそうなのは、精神的にはとてもいいことだ。

(今日は寝不足の人が多いだろうなぁ。ああ眠い。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

新型車両ナンバー自動読みとりシステム

アメリカのお話だが、道路を走っている全ての車のナンバーを自動的に読みとる装置が、パトカーに搭載されるらしい。

盗難車発見に強力な助っ人「ナンバープレート自動読み取り機」(HOTWIRED)

記事によると、ロサンゼルス郡保安官事務所が自動ナンバープレート読み取り機『モバイルプレート・ハンター900』の実地試験をはじめたそうな。

日本でいう「Nシステム」の車載型というイメージでいいのかな。

そして性能は
「1時間あたり500~800枚のナンバープレートを読み取れる」
「こちらに向かってくる車でも、通り過ぎる車でも、駐車中の車でも読み取れる」
……なのだそうだ。すげぇな。
 
 
これ、使い方によっては恐ろしい仕組みができそう。

機器自体はそれほど大きなものではないらしいので、搭載するのはパトカーでなくてもいいわけだ。

たとえば、警察に逆らえないタクシー会社や運送会社に協力を依頼するとか、なにがしかの謝礼を餌に一般募集してもいい。とにかく、この装置を搭載した車をある程度以上の台数確保して、普通に走り回ってもらう。で、道路で見かけた全ての車のナンバーと時刻とGPSのデータを記録しておく。データが一定量たまったら、車から直接携帯経由でもいいし、帰宅してからブロードバンド経由でもいい、データを警察に転送するわけだ。

装置の数によるだろうが、かなり犯罪捜査に役立ちそうだ。莫大な予算を使ってNシステムをいくつもつくるよりも、ひょっとして効率のいいシステムができるんじゃないかな。

さらに、膨大なデータを上手に分析すれば、国民全ての自動車一台一台の動向が、リアルタイムで全てわかってしまう可能性もあるわけだ。 ……いやな世の中だな、おい。
 
 
これ、ここでは車のナンバーだけを話題にしたけど、個人の顔を認識するシステムでも、商品の RFID の非接触リーダーでも、本質は全く同じなわけだ。捜査のためとか、物流の効率化のためとか、理由はいろいろあるのだろうが、結果として善良な市民の動向が監視されてしまうのは、決して気分のいいものではない。

じゃあどうすればいいのかというと。……とりあえず、このへんの問題が存在すると言うことを、世の中に広く理解してもらうことから始まるのかな。で、社会全体で解決策を考えるしかないんだろうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カード情報とかIBM大和&バスターとか警察庁とか

本日の興味深い記事

その1 カード情報漏洩

世界中で大きな話題になってる、例の4000万件の情報漏洩の件。

カード情報大量流出、決済処理会社の記録保存に問題(ITMedia)

「約4000万件のクレジットカード番号が流出した事件で、数週間前にサードパーティーの決済処理会社CardSystemsから盗まれた記録は、本来なら同社で保存してはならないものだった」……だそうだ。

おそらく、社員個人が勝手に保存しておいたデータなんだろうなぁ。

なんでも情報を手元に置いておきたがる奴っているんだ、確かに。たとえ社内で個人情報保護規定とかつくっても、そーゆー事をやりたがる奴は決して少なくない。大抵、バックアップのためとか、テストのためとか、いろいろと理由はつけるんだが。

でも、情報を持つって事は、それを管理する責任も生じるわけだ。その辺の教育がもっとも重要なんだろうねぇ。

ついでに、システムの管理者権限なんかもまったく同じ。権限もつと責任も生じる。何かインシデントがあったときに真っ先に疑われるし、ろくな事がない。
 
 
その2 IBM大和とトレンドマイクロ

トレンドマイクロ、IBM大和事業所内にパターンファイルのテストセンター設立(IT media)
トレンドマイクロ、日本IBMと「定義ファイル」の検証センター(日経)

「トレンドマイクロ テストセンター」を日本IBM研究施設内に開設 (TREND MICRO)

「トレンドマイクロ株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社は、トレンドマイクロの製品および「ウイルスパターンファイル」の検証・品質管理を目的に、日本IBM 大和事業所内に「トレンドマイクロ テストセンター」を設立することに合意し、本日よりウイルスパターンファイル関連の運用を開始しました」……だそうだ。

末端のユーザーからすれば、トレンドマイクロがどこと組もうと関係ないのだが、これでパターンファイルの精度が上がるのなら文句はないよ。存分にやってくれ。
 
 
その3 警察庁のインターネット相談

警察庁 インターネット安全・安心相談(警察庁)

インターネット上での困りごとについて、基本的な対応策等を検索できる。「本サイトは緊急の事案及び被害届に関する相談には対応していません」……だそうなので、その点は注意。

この手の定型的な問い合わせにいちいち対応する膨大な労力を削減するためなんだろうけど、それならばこのサイトをもっと大々的に宣伝すればいいのにね。そうすれば、一般市民のためにもなるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンフェデ杯 日本1-0ギリシャ

なんじゃこりゃ。 圧倒的じゃないか、我が軍は。 見直したぞ、ジーコ。

ユーロチャンピオンをここまで圧倒するとは、日本が強くなったのか、それともギリシャの調子がよろしくないのか(最近の予選みても、おそらく後者だろうが)。内容だけ見たら、もっともっと大量点を取らなきゃいけない試合だったよなぁ。

ギリシャからみれば、大差での負けではなくて、日本が1点しかとれないヘタレだったからこそ、なおさらショックが大きな試合だったかもしれないね。極東からきたサッカー後進国、しかも決定機を外しまくりのヘタレチームを相手に、あれだけ好き勝手にボールをまわされてしまったら、……ギリシャイレブンはショックのあまり試合をしながら心の中で泣いていたかも。

それはともかく、これで決勝T目指したブラジルとガチンコ勝負ができます。こんな機会は滅多にありません。勝利することは難しいだろうが、来年の本番目指して、いい経験をつんでくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本「鉄腕バーディ-9」「スクールランブル9」

いい歳したおじさんが、マンガを買ってきましたよ。

鉄腕バーディ- 9 (ゆうきまさみ)
小学館 530円

さっぱり話が進まないねぇ。おもしろいけど。

どうでもいいけど、約20年も昔に描かれた旧作と全く同じ構図のカットがいくつかあるのね(特にゴメスとの闘いのあたり)。

さすがに絵柄はかなりかわっているのだが、いくつかのシーンをひとめ見た瞬間にデジャブを感じてしまったということは、私にとってえらい印象に残ったシーンだったということなのだろう。そして、あえて同じ構図で描いているということは、作者も旧作にこだわりがあるんだろうなぁ。

……ということは、かわいい讃良ちゃんにも、なにか秘密があるということだろうか。今後に目が離せないね。

アマゾンの詳細ページ
鉄腕バーディー 9


スクールランブル 9 (小林 尽)
講談社 410円

あいもかわらず、ぬるいラブコメがいい感じ。

でも、そろそろ播磨君と花井君にはいい思いもして欲しいもんだ。純情一直線のこのふたりが、八雲や美琴とイチャイチャする、嬉し恥ずかし恋愛ストーリーを見てみたい。
(正統派少年マンガとしては、そーゆー展開は難しいのだろうが)

アマゾンの詳細
School Rumble Vol.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

DVD「雅楽戦隊ホワイトストーンズ 白き伝説よ永久に」

注文していた DVD を、近所のコンビニから受け取ってきましたよ。

雅楽戦隊ホワイトストーンズ 白き伝説よ永久に
HTB 北海道テレビ放送 4,179円

札幌市の白石区だけを守ってくれる超ローカルヒーロー「ホワイトストーンズ」の第2弾だ。

相も変わらず、本編よりもメイキングの方が異常に長い……らしい(まだ見てないのだ)。毎日少しずつ、ゆっくりと見ていこうかね。

最近、全国区の番組に出ずっぱりの大泉洋ですが、TVに関していえば、やっぱり彼はローカルな番組の方が面白いよなぁ。道民にとって「地元の変なお兄さん」ということで見ていて面白いわけで、特別な芸があるわけではないから。 特にバラエティなんかだと、彼の異常なキャラクターを既に知っている人にいじってもらわないと、ちょっとつらい。ナックスの他のメンバーも同じ。

てなこといいつつも、北海道民であるところの私は、やっぱり彼らのこのノリは大好きだ。ナックスメンバーの出てくる番組は、全て見ずにはいられない。TVに出始めた頃から知ってるから、子供の成長を見守る親のような感覚かな。今後もがんばってほしいもんだ。

リンクはこのへん
ドラバラ鈴井の巣DVD第3弾(HTB)

ホワイトストーンズ第三弾のDVDも早く出してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

J2第17節 福岡0-3札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年06月18日(土)
J2第17節 福岡 0-3 札幌(博多の森)
 スカパーの中継をみる

 おもしろかった。個人の技術はともかく、どこに出しても恥ずかしくない試合だった。そんな試合で完勝できたということは、ひょっとして俺達ちょっと強いかも? 順位は6位だが、昇格圏内まで勝ち点差はわずかに2!
 
 
くわしくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

女性をIT業界に引き込め

IT業界のエンジニアというものは、一般的に女性が少ない。

もちろん、会社や業種によって大きく違うわけで、例えばヘルプディスクとかパンチャーとかは確かに女性も多いのだが、SEとかプログラマーとかネットワークエンジニアとかになると、やっぱり女性の割合はとても少ない。

複数の会社に務めた私の経験では、このあたりの職種の優秀な女性エンジニアというのは確かに存在し、決して能力的に女性に向かない職というわけではないのだと思う。すなわち、適正とか関係なく単にこの職を選ぶ女性が少ない、ということだな。隠れた優秀な人も多いだろうに、もったいない。

この傾向は日本だけではなく世界的だそうだが、イギリスでこれを打破しようと言う試みが始まったらしいぞ。

女の子をIT好きに育てる「CC4G」クラブ活動を発表 - 女性進出の足がかりに(PC WEB)

「英職業訓練機構のe-skills UKは、英南東イングランド開発公社(SEEDA: South East England Development Agency)と提携して、10~14歳の女子小中学生にITと親しむ機会を提供する「Computer Clubs for Girls(CC4G)」プロジェクトを正式に発表した」……のだそうだ。さすが紳士の国、女性に対する心遣いがちがう。

で、効果の程はというと、

「南東イングランド地方の約3,500名の小中学生女子を対象とした、CC4Gのモニタープログラムを過去3年に渡って提供してきたようで、参加学生の65%は、以前よりIT業界の仕事に就くことを前向きに考えられるようになった」……だそうだ。 すばらしい!

(この数字が、果たして意味のあるものかどうかは、あえて気にしない)

日本でも是非こんな試みをやって欲しい。今まで得ることができなかった優秀な人材が、新たに業界に入ってくる可能性がある。国際的な競争力にも効果があるだろうし、今や国家的な課題である「理系離れ」の対策にも大きく貢献するだろう。

なによりも、うちの会社の私の部署にはここ数年若い女性が入って来ないのだが、このむさ苦しいある意味危機的な状況が改善されるかもしれない。
(……気の長い話だ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

総務省のサイバーテロ演習とか

総務省がいろいろ企んでいるらしい。

その1 サイバーテロ演習

各所でちょっと話題になっている記事。

「官製ハッカー」でサイバー攻撃演習 来年度から総務省(asahi)

「大学などで情報セキュリティーなどを研究する専門家でチームを編成。各社の参加を募り、数週間程度の演習期間内に抜き打ちで、各社のシステムへ侵入したり、アクセスを集中させたりする」……のだそうだ。

経済産業省に対抗してるのかねぇ。

演習の対象となる企業を一般から募集してしまうと、セキュリティ業界に対する民業圧迫になってしまう可能性があると思う(価格やサービス内容にもよるが)。長い目で見ると、結局は国内のセキュリティ技術やサービスの低下につながってしまうかもしれない。本気で国内企業のセキュリティを面倒見てくれるつもりなら、こんな方法ではなくて、たとえば、自分のセキュリティが心配な会社に対して監査やら診断を受ける費用を補助する、……てな形の方が意味があると思うぞ。
 
 
しかし、「演習は3年計画」「総額15億円程度」ということなので、そんな根本的な事をやるつもりはなさそうだ。経済産業省に対抗する程度のつもりなら、あまり大風呂敷を広げないで、経産省と同じく総務省もまずは自分の子分の業界に対して強制的に演習させるのがいいと思う。総務省のお膝元というと、プロバイダ業界とか郵便局とか、そして地方自治体。なによりもまずやるべきなのは、噂の住基ネットじゃないのかな?

税金を使うといっても、自治体や住基ネットのセキュリティ強化ということならば、誰も文句言わないと思うよ。まずは足元から固めてみてはどうかな?
 
 
その2 ガキのブログ

子どもはみなブログを持て!(yomiuri)

「IT社会で日本が優位に立つには、義務教育段階からネットワークで個人が発言する作法を身につけさせることが必要だと主張。あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的」……と総務省が言ってるそうだ。

あまりに短絡した思考にはちょっと疑問を感じないこともないが。まぁガキのうちからコンピュータとかインターネットを使うのは悪い事じゃないと思うよ。あとは、リテラシーって奴を教えられる先生がいるかどうかだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.15

超音速機とか電子カルテとかロボシェフとか

本日の興味深いアレな記事、いくつか。

その1 SST

夢の超音速旅客機を開発すべく、日本とフランスが共同で研究を始めるそうだ。

コンコルドに続く超音速旅客機、日仏で共同研究へ(asahi)
次世代”コンコルド”:日仏が共同開発で合意(mainichi)
超音速旅客機に関する日仏共同研究の合意について(経済産業省)

「日本とフランスの航空宇宙工業会は14日、次世代の超音速旅客機(SST)の共同研究で合意」……したそうだ。

これはすごい。日本人の手によりつくられた超音速機に、我々も乗れる可能性があるぞ。これは夢のようだ。

成層圏を戦闘機よりも速く極超音速で飛ぶのも格好いいが、できればドカーンと弾道軌道を飛ぶタイプにして欲しいなぁ。無重力を経験してみたい。

とはいっても、
「日仏両工業会はSSTの実現に不可欠な技術開発の基礎調査を3年間行い」
「事業規模は日仏それぞれで年間1億円」
……だそうなので、かなり先の話になりそうだが。 関係者は頑張れ!
 
 
その2 電子カルテ

世の中では、カルテの電子化がすすんでいるらしいが。

電子カルテ(IT Pro)

「電子的にデータを管理するので、紙のカルテに比べて、入力したデータを簡単に管理できる。情報も共有しやすい。医師や看護師が患者の情報を共有するだけでなく、各種検査の手配や、医事会計システムなどと連動させることもできる」

「ネットワークを利用すれば、一つの病院の中だけでなく、複数の病院間で電子カルテを共有することも可能だ。そのための動きも活発である」

……そりゃ病院関係者は便利だろうさ。

でもなぁ。病院における個人情報の扱いって、そりゃあもうアレだぞ。システム的なセキュリティがどうというよりは、医者や職員の意識がまったくもってアレだ。(私の知ってる所だけかもしれないが)

で、カルテとか病歴とかレントゲンやCTの画像とか、ついでに将来はDNA情報も含めて、この辺りの情報っていわば究極の個人情報だ。

たとえば、企業の人事担当者や大学の入試担当からすれば、本人のレントゲン写真に影が映ってる人とか、親がガンで死んでる人は採用したくない……なんて考える可能性もなくはない。つまり、一度この手の情報が漏洩してしまうと、本人には全く責任のない身体的な問題で、いろんな面で差別されてしまう可能性があるわけだ。

「政府は電子カルテの普及促進を旗印としている。政府は2004年6月に発表した「e-Japan重点計画-2004」のなかで、2006年度までにベッド数が400以上の病院と、全診療所の6割以上で電子カルテを導入することを目標として掲げた」

……病院間でデータ連携をするのだけはやめた方がいい、絶対に。 せめて、せめてデータを患者本人に渡して、「次に他の病院行くときは、このディスクをもっていきなさい」てな形にすべきだ。(これだって、かなりヤバイが)。  
 
 
その3 ロボシェフ?

かっこいい料理ロボットが開発された。その名はロボシェフ。

ロボシェフでプロの味/材料など入れるだけ(asahi)

……なぜ「ロボシェフ」?

どうして「ロボコック」(by ミスター味っ子)と名付けなかったんだぁぁぁぁ。
 
 
その4 迷走楽天

2005/06/15 ヴィッセル神戸監督交代について(VISSEL KOBE OFFICIALSITE)

「ヴィッセル神戸では、本日6月15日(水)を持ってエメルソン・レオン監督(55)より、前ヴィッセル神戸トップチームコーチのパベル・ジェハーク氏(41)に監督交代することを決定しました」……だそうだ。

他チームの事を心配している余裕なんて、これっぽっちも無いことは承知しているのだが。

三木谷君は、果たしてサッカーに、いや野球も含めてスポーツに対して愛情を持ってるのかなぁ? 単なる宣伝媒体だというのなら、それはそれでいいけれども。でも、それにしたって、もう少しうまいやりようがあるんじゃ無いのかなぁ。

関係あるか無いか微妙だが、押井守のタイムリーなコラム
勝つために戦え! その11 第二回(Production I.G)
勝つために戦え! その11 第三回(Production I.G)
三木谷君とアブラモヴィッチの比較だ。

(くどいようだが、他チームの心配してる余裕が無いことくらいわかってますよ。Jリーグ全体の心配してるんです。)

さて、以下は単なる妄想で、全く根拠はないお話なのだが。

既に私の頭の中では、コンサドーレは今年の12月に入れ替え戦を戦う事が予定されていたりする。もちろん相手はヴィッセルだ。あの98年の極寒の室蘭での参入戦の恨みをはらしてやるぞ。まってろ播戸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊マイクロソフト6月号

今月も windows アップデートが出ました。

WindowsやIEに複数の危険なセキュリティ・ホール,パッチの適用が急務(IT Pro)
Microsoftの月例アップデート、IEの脆弱性などに対処(IT media)

マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(@poloce)

2005 年 6 月のセキュリティ情報(Microsoft TechNet)
 
 
今月は10件もあるぞ。 さっさとアップデートしときましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

中国のインターネットの弱点を考えてみる

 ちょいと古い話題になってしまったが。

 中国のインターネットでは、システム的な言論統制が進んでいるらしいぞ。

 中国、Webサイトとブログを登録制に――非登録サイトは閉鎖へ(IT Media)
 中国当局がウェブサイトとブログを登録制に(スラッシュドットジャパン)

 「中国政府は正式登録されていない国内のWebサイトとブログを閉鎖させるつもり」……なんだそうだ。で、既に「リアルタイムでサイトを監視し、非登録サイトを特定する新システム」を稼働しているそうだ。

 その他、中国の現政権に批判的な意見へのアクセスに対しては、既に中国政府による数々のフィルタリングがかかっているという噂も、かねてよりあるし。

 ……すげえぞビッグブラザー。 FBI、CIA、NSA、ついでに自称「良識ある市民」の方々やJASRAC、誰もが夢見ながらも為しえなかったインターネットの完全なる支配を、ここまで現実の物とするとは。
 
 
 中国政府も、ここまでしてインターネット使わなければいいのに。国民に対してインターネット自体を禁止すればいいのにね。大規模なネットワークインフラを初めから作らず、市民に全く解放さえしなければ、一般市民がアングラでやれる事なんてたかがしれているだろうに。もしくは、イヤな情報に触れさせたくないのなら、国外との接続を全て切ってしまえばいい。果たしてそれが「インターネット」と呼べるのか否か、かなり疑問だが。

 良くも悪くも「なんでもあり」というのがインターネットの特徴であるわけだが、そのビジネス的な側面だけをうまい具合に利用して、言論の面には最大限の制限をかけたい……なんて美味しい話が可能なもんかね?
 
 
 経験則として、小難しい制限が多い大規模なネットワークというのは、システム的にも運用的にもいろんな意味で想定外の障害に非常に弱いと思うよ。

 例えば、特定の企業を恨む者は、その企業あてに中国政府を批判した内容のSPAMメールを大量に送りつければいい。その企業のサイトは、いつのまにやら政府の手によってアクセス不能になってしまうだろうな。手段が簡単な割に、修復させるまでの官僚的な手続きが非常にめんどくさそうだ。

 さらに、今の世の中どんな国でもウイルスの類の脅威から自由であるのは不可能なわけで、中国がどんな仕組みを作ろうと絶対に例外ではいられない。で、中国産でも外国産でもいいから netsky みたいなウイルスが大規模に流行ったとして、そのウイルスが中国政権を批判する内容のメールを大量にばらまいたとしたら、……中国国内ネットワークは自慢の全自動フィルタリング機能によって自動的に寸断されてしまうかもしれない。
 
 
 他にも例はいくらでも思いつくし、こんな政策はシステム的にいつまでも続けられないと思うな。運用管理のコスト的にも絶対にペイしないような気がするし。

 ……中国国民もこれで満足しているというのなら、別に心配してあげる義理もないのだが。
 
 
(6月15日追記)
書いたとたん、こんな記事もでた。
MSN中国がブログを検閲、「自由」と「民主主義」を禁止(スラッシュドットジャパン)
……なんだかなぁ、中国。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.13

SHADO の中の人が……

個人的には重要なニュースなので。

訃報:『謎の円盤UFO』の主演俳優が続けて死去(スラッシュドットジャパン)

『謎の円盤UFO』のストレイカー司令官とフォスター大佐を演じた俳優が続けざまに亡くなった……だそうだ。

フォスター大佐を演じたマイケル・ビリントンとストレイカー司令官を演じたエド・ビショップのふたりです。ご冥福をお祈りしましょう。
 
 
謎の円盤UFOといえば、小学生の頃に大好きな番組だった。特にメカ。インターセプターとかスカイダイバーとかルナキャリアとかのプラモデルで、友達と戦わせて遊んだもんだ(本来、戦う物ではないのだが)。特にスカイダイバーは格好良かった。艦橋をずらすとスカイワンが飛ぶんだ。再販しないかな。

メカだけではない。むちむちピッチリの制服のSHADO本部の女性隊員とか、アミアミすけすけのHな制服を着ているスカイダイバーの女性クルーとか、月のエリス中尉の生着替えシーンとか、ドキドキしながら見ていたもんだ。

「サンダーバード」がリメイクされたんだから、「謎の円盤UFO」もハリウッドで……いや、リメイクしなくていいです。

かわりに日本でアニメ化してほしいな。エヴァンゲリオンのネタ元ということでガイナックスとか、人間爆弾のネタ元ということでサンライズあたりで。
 
 
リンクはやっぱりここかな。
謎の円盤UFO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテリジェントデザインと今西進化論

 最近のアメリカでは、科学的な進化論に対抗するおかしな主張が目立っているそうだ。なんでも、「生命の誕生や進化の背景には知的な計画があった」という「Intelligent Design」説 を唱える人が増えてきたんだって。

 米で新たな進化論争 「神」ではなく「知的計画」?(asahi.com)

 「なぜ生命は誕生したのか、生物がいかにしていまの形を得たかは、進化論だけでは説明しきれず、そこに知的な計画が働いているというのがIDの主張だ。「神がつくった」とは言わない」……のだそうだ。

 奇跡とも思える生命進化の裏には、なにか神秘的な力が働いているのに違いない。 ……なんて事を考えるだけなら、わからなくもないのだが。
 
 
 一般的な日本人が「進化には知的な計画が働いている」と聞かされても、なんの事やら理解できないんじゃないかな。そもそも日本人は「生物が進化する」なんてなんの不思議もない事、当たり前の事だと思っているような気がする。だから、そのメカニズムについても、それほど興味をもっていない。

 つまり、敬虔なキリスト教徒達が、ダーウイニズムと自分の信仰の間に整合性を保つことに必死になっている事も理解できず、さらに、特にアメリカのこの手の思想の裏にはキリスト教右派の超保守的勢力の政治的な思惑が見え隠れしていて、実はとってもきな臭いお話なんだと言うことも、当然わからない。

 もしかしたら、日本人の中には、件のIDについて、全く非科学的で単に政治的に利用されている思想だとはつゆ知らず、カウンターカルチャーとかニューエイジとかガイアとかと同じ類で行き詰まった現代科学やダーウイニズムの限界を突破する妙案だと、無邪気に思いこんでしまう人がいる可能性だってあるかもしれない(実際には思想的に正反対なんだが。非科学的で間違っているという点だけは同じだけどね)。

 まぁ、こんな日本の状況は平和といえば平和なんだが、上記の朝日新聞の記事にしても、もうすこしその辺を突っ込んでわかりやすく解説して欲しいなぁ(この手の超保守的な思想を攻撃するのは得意なはずだろ、朝日は。……てな言い方はちょっと意地悪だね、ごめん)。
 
 
 で、この流れに関する批判的なサイトをいくつか。

Intelligent design(tag's diary)
インテリジェントデザイン理論(ID理論)にはまっちゃった京大名誉教授(幻影随想)

 上記サイトよると、日本にもこの思想にはまっちゃったおバカな学者さんがいるのね。京大名誉教授の渡辺義久氏。なぜか右翼カルトの広告塔になってしまったこの人が今後何を言い出すのか、ちょっと注意が必要かもしれません。特に、この手のカルトって、左翼的なニューエイジとかの思想の表面的なところにはまっちゃった純真でお利口な若者を、全く逆の思想に染め上げようとするから。

(それにしても、アメリカのキリスト教右派と、日本のこの手のカルト右翼の思想って、根本的な所で相容れない物があるような気がするんだけどなぁ。私の理解不足かなぁ。詳しい背景に興味があるような、知りたくないような。)
 
 
 話は元に戻って。

 日本では、自然科学と宗教的なものの深刻な対立ってあまり聞かないが。しかし、そもそも科学的なものの考え方にあまり関心が無く、オカルト大好きな日本人としては、アメリカの状況を他人事とは思っているわけにもいかないかもね。

 宗教的なものはともかくとしても、歴史をふり返ってみれば、例えば「今西進化論」に人気が出た時代があったのは、「西洋的な思想VS日本的な思想」という、かなり無邪気なイデオロギー的な理由がなかったとは言えないし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.12

J2第16節 札幌0-0徳島

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年06月11日(土)
J2第16節 札幌 0-0 徳島(札幌ドーム)
札幌ドーム SS指定席で観戦

 試合内容はともかく、圧倒的に攻めまくり、作った決定機は数知れず。……なのに、それでも1点が取れないとは! 決定力不足の悩み再来のため引き分け。

くわしくは、こちらをどうぞ。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

月刊マイクロソフト6月号予告

マイクロソフトのパッチ、6月分の予告が出ました。

Microsoft、「緊急」含む月次セキュリティアップデートを予定(IT Media)
MS、6月の月例パッチを予告--「緊急」1件を含む10件の脆弱性に対応(CNET Japan)

Microsoft Security Bulletin Advance Notification(Microsoft TechNet)

今月分は6月14日に10件のパッチが出るそうです。
今回は盛りだくさんです。忘れないように覚えておきませう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

サイバー自爆テロ?

 数日前のニュースになりますが、千葉県の病院から情報漏洩があったそうだ。

 病院の職員録270人分、ネット上に流出 千葉県柏市(asahi.com)

 流出は例によって Winny 経由、そして「流出したのは病院長ら退職者を含む職員約270人分の氏名、住所、電話番号で、昨年8月時点の同病院の名簿」だそうだ。

 まぁ、ここまでなら「よくある話」なんだが(……イヤな世の中になってしまったもんだな)。 だが、この事件にはちょっと他の事件とは違う点がある。

 漏洩したデータは「病院内のLANに保存されていたデータといい、同病院は病院関係者が故意に流出させた可能性が高い」……だそうだ。
 
 
 一度情報が漏洩したら回収しようがない方法をつかって、過失ではなくあえて故意に情報漏洩させるってのは、おそろしい話だな。

 まぁ、嫌がらせの文書や怪文書の類が故意にばらまかれたなんて事は、ネットに限らず実社会でもいくらでも起こってきた事件なのだが。 だが、「個人情報をあえてばらまく」ってのは、その情報が本物かどうかすぐわかってしまう(知らんぷりできない)、そして情報の管理元に対して確実にダメージを与えられる、ってことで、嫌がらせとしてはなかなか効果的だな。例えば、住基ネットの中の人が一億人分の個人情報を P2P に放流したりしたら、日本政府に対していろんな意味で大きなダメージを与えられるはずだよな。ここまでくると「サイバーテロ」といえるかもしれない。
 
 
 だが、問題の本質は個人情報かどうかではない。Winnyの匿名性でもない。一度情報を放流すれば、絶対に回収やもみ消しが不可能な手段がある、ということだ。

 一般に恐れられている「サイバーテロ」というものは、技術を持った悪人ハッカーが一生懸命頑張って証拠を残さないようにコソコソ不正アクセスしてきて、ある日突然大きなダメージをくらう……ってなイメージがある。

 しかし、犯罪ってものは一般的にいって、捕まるリスクさえ考えなければ、悪事を働く事は劇的に簡単になる。自分の身元を隠したり、最後まで逃げきることを考えなければ、大胆になんでもできるわけだ。

 重要な情報をP2Pに放流するという事は、実は言われているほど匿名性は無いわけだが(もともと重要な情報なほど触れる人は限られてるのだから、ソーシャルな面で調べられたら当然ばれる)、発覚後に捕まってもいい覚悟があるなら簡単だ。

 で、たとえば防衛やら外交機密でもいいし政治家のスキャンダルでもいい、重要なルートの証明書の秘密カギや重要施設の警備状況だっていい、とにかくテロに値するくらい重要な情報を手にできる立場の人が、自分が捕まるリスクさえ考えなければ、それを P2P に放流することはものすごく簡単で、それを防ぐことは難しい。そして、それが一度為されてしまえば、その情報はもうどうやっても絶対に回収不可能なわけだ。(一昔前なら、掲載紙の発禁とか情報を知った人を脅迫するとかできたかもしれない。映画によくあったね)。
 
 
 発覚すれば逮捕されるのは覚悟の上で行われる、防止することが困難で、しかも効果絶大なサイバーテロ……これはまさに「サイバー自爆テロ」ってなところだな。いやな世の中だね、ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯出場決定

 確かに一次予選から二次予選まで期間中はずっとドキドキしていたものの、終わってから冷静に振り返ってみれば、ちょっとぬるい予選だったな。

 アメリカ大会のドーハみたいことはもうゴメンだが、フランス大会のジョホールバルまでのドキドキハラハラな劇的な展開がちょっと懐かしいなぁ……なんて思うのは贅沢なのかもしれない。
 
 
 話はかわって。ジョホールバルのあった年、すなわち日本が初めてのW杯出場を決めた年の秋には、実は我らがコンサドーレも一回目のJリーグ昇格を決めていたわけで、あの年わたしは二重の悦びでおなか一杯だったことを覚えている。

 さて、今年はどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

サイエンスライター養成講座?


北大などが面白そうなことを始めるらしい。科学離れ防止のための科学解説者……というか通訳を養成する講座だそうだ。

3大学院にコース開設 科学技術の “解説者”養成(読売)
「科学離れ」防げ、知識伝える人材養成へ 東大など(朝日)

「「科学離れ」防止に一役買おうと、東京大と北海道大、早稲田大が、科学知識を分かりやすく伝えられる人材の養成講座を新設する」……だそうだ。

ほお。 一部には、「ドクターは取ったけど就職口のない人たちの救済措置」……てな影口もあるようだが。 たとえそうだとしても、上手く機能すれば確かに世の中の科学離れ防止には効果あると思うよ。
 
 
北大の「科学技術コミュニケーター養成ユニット」について触れられているサイトをいくつか見つけたので、勝手にリンク。

サイエンスコミュニケーター(幻影随想)
科学コミュニケーターの養成カリキュラム(とっさ日記)
仙台から (科学技術コミュニケーター養成ユニット採択)(5号館のつぶやき)
コミュニケーター養成ユニット(北大)

北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(北大)

……実は私、昔からサイエンスライターとかその手の職業に憧れていたんだよなぁ。いいなぁ。歌って踊れて、生物学とコンピュータとネットワークセキュリティにちょっとだけ詳しい、ついでに科学の蘊蓄を語れる妖しいおじさんになりたいなぁ。上記のサイトによると、社会人でも受講できそうな雰囲気だなぁ。年齢制限はないのかなぁ。

特に「いま話題のサイエンス・カフェを,ここ札幌でもやってみたいと思っている方。」というくだりが気になる。すっごく興味がある。その辺のノウハウなんかも教えてくれるのなら、是非とも受講したい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.06.06

中学生が校内ネットのハッキング

 中学生が校内ネットの脆弱性を明らかにするため、実際にデータを取ってみせたそうだ。

立命館慶祥中 生徒、校内ネット侵入 200人分の情報入手管理の甘さ“実証”(北海道新聞)

 「この生徒は、教職員と生徒の共用パソコンに校長の名をパスワードとして入力すると、教職員が使う校務用サーバーに接続できることを知り、五月三十日、データを自分の携帯音楽プレーヤーにコピー。翌日、教頭に印刷した紙を見せた。生徒は「管理の甘さを指摘したかった」と説明しているという」 ……だそうだが。

 なんて末頼もしい子だ、……じゃなくて。 ガキの言うことと校長の言うこと、どちらも本当とは限らない、さらに新聞記者がどうしようもなくアホな可能性もある。従って、この記事の内容が全て本当だと仮定して話をするしかないのだが。
 
 
 確かに法律を厳密に解釈すると不正アクセスにあたるのだろう。それにしたって、校長のこのコメントはちょっとなぁ。

 「不正アクセスが重大な違法行為という生徒の認識が欠けていたことは残念」
 
 
 悪事を働いた奴が悪い、という原則を曲げるつもりはないのだが。だが、彼の気持ちもわからないでもない。セキュリティ意識なんて全くもたない無能でどうしようもない先生達によって自分の成績表が管理されてると考えれば、そんな現状をなんとかしたくなるのも仕方がないよなぁ。

 さらに、外部にデータを漏らそうと思えばできたのに、それをせずに教頭に直訴したあたり、愛校心溢れるいい子じゃないか。教育者としてまず行うべき事は、新聞記者に対してこんな責任回避のコメントをすることではなく、パスワードさえまともに管理できない己の怠慢と無能を羞じ、助言に従ってセキュリティホールを塞ぎ、その上でこの生徒に対しては優しく諭してやることじゃないのかな?

 最近の教育者ってのは、みんなこんななのか?
 
 
 もうひとつ。

 今回はたまたま事件が発覚したが、このお子様がデータを盗めたということは、他の子達や教員達がいままでデータ盗んでいた可能性もあるぞ。今回の事件に対してつまらんコメントする前に、過去のデータの安全性を確認しなさい。先生にとって命よりも大事の教え子達のデータなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

金属片とかLinuxWorldとかココログのレスポンス低下とか

ここ数日の気になったアレな記事、いくつか

その1 ガードレールに咲く、金属片の花

異常気象極まる 筑波大学が新種の金属植物を発表(テクトイックス・タブロイド)

「全国の道路のガードレールで発見された危険な金属片について「新種の金属植物である」との研究結果を発表した」

……よくこんなネタ思いつくもんだ。大笑いの後、マジで尊敬した。
 
 
その2 LinuxWorld の花

行けない人もこれで安心――LinuxWorldフォトリポート 最終回+おまけ (1/2)(IT Media)

「ブースを彩るキャンペーンガール」

……さすが IT media。押さえるところはきちんと押さえてくれる。
 
 
その3 ワームの出所

研究者ら、Wittyワームの感染源を特定--セキュリティ企業内部者の犯行か(CNET Japan)

ちょっと古い記事だけど、わすれないように一応メモ。

「攻撃者はISS内部の人間であることが示唆される」
……だそうだが。ほんとかなぁ?
 
 
その4 スーパーワーム?

Mytob作成集団、「スーパーワーム」開発の可能性も(It media)

技術的に特に面白い話ではないのだが。それでも迷惑な話には違いない。
 
 
その5 最近、ココログが遅すぎるわけだが

レスポンス低下について、お知らせが出てた。

レスポンス低下の不具合について(お知らせココログ)

「現在ココログでは、下記のような状況となっています。
1) ココログのページが表示されるまで時間がかかる
2) ココログの記事を投稿する際の応答が遅い
以上のような状況に対しまして、現在、日々データの解析と、システムの改善を行っており、来週から今月末をメドに、レスポンス遅延の問題を解消できるよう努力しております。」
……だそうだ。(このエントリーにはトラックバックおくれないのか?)

ログインすらできないってのは、金とってやってるサービスとしてはちょっと酷いと思うぞ。 運営陣も大変なんだろうが、なんとかして欲しいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

J2第15節 仙台4-0札幌 観戦記

 我らがコンサドーレ札幌のVSベガルタ仙台戦をサポートすべく、アウェイ仙台まで行って来ましたよ。

 学生時代以来およそ10年+α年降りに訪れた仙台は大変なかわり様でしが、それも含めてたいへん楽しい旅行になりました。

仙台空港

 いつの間にあんなに立派な空港になったんだ? 昔は737とかの小さな飛行機しか飛んでなくて、窓口では飛行機型の台紙にシールを貼って座席指定をしていたのに。さらに、仙台市内まで高速道路で直接つながってるし。便利な世の中になったもんだ。
 
 
仙台牛たん焼マップ

 仙台ということで、最も楽しみにしていたのが牛タン。まずは仙台駅の観光案内所で「仙台牛たん焼きマップ」というものをゲット。これ、絶対に便利なので、牛タン目当てで仙台に来た人は、絶対にもらうべし。
 それにしても、市内に牛タン屋さんがあんなに沢山あるとは思わなかった。昔は絶対にあんなに無かったよなぁ。牛タンって、ここ数年の間にいつの間にやら仙台の主要産業になっていたらしい。

 ググッたら、サイトもあった。 仙台牛たん焼きマップ
 
 
牛タン「喜助 エスパル店」

 てなわけで、到着直後からいきなり牛タン。事前の予習で駅の近場の有名そうな店に目を付けておいたので、迷わず直行。
 ふたりで定番の定食と牛タンカレーを食ったのですが、「おおお~、これが仙台の牛タンかぁ、うめぇ」というわけで、まずは仙台の第一印象よし。肉は薄め。
 
 
松島

 仙石線にのり、松島まで観光にいきました。ちょっとぶらぶらした後、松島から塩釜までいく遊覧船で大小の島々を堪能するも、天気がいまいちだったせいか芭蕉の境地にまで達することはできず。無念。
 
 
寿司「すし哲」

 せっかく塩釜まで来たので寿司でも食うかと言うことで、塩釜駅のそばのお寿司屋さんにいきました。まったく予習することなく飛び込んだのですが、あとで調べてみると結構有名なお店らしいですね。
 お寿司一人前と、あと一品物をいくつか頼んだのですが、一番美味かったのはなんといっても「あじ」。お作りも握りも絶品。もともと嫁さんの大好物の魚だったのですが、あんなにうまいアジ食ったのは生まれて初めてでした。
 タコやカキも勧められて食いましたが、たしかに美味かったけど、どちらもちょっと味が薄かったよう気がするなぁ。特にカキ、ふだん食ってるサロマや厚岸のカキにくらべて、あっさりしすぎ。
 北海道であまり食べないアジを美味しく感じて、けっこう食べてるタコやカキがそうでもなかったのいうのは、理にかなっているのか、それとも私の舌が世間知らずなだけなのか。
 なんにしろ、塩釜までいってよかった! 大満足。

 ググッて上の方に出てきた紹介ページ すし哲(居酒屋ジャンキー)
 
 
観光バス「るーぷる仙台」

 仙台市内の観光スポットをグルグル回ってくれる便利なバスです。 土日曜日は20分に一本でいるので、あまり待つ必要もありません。観光客にはおすすめ。

 公式サイト るーぷる仙台(仙台市交通局)
 
 
牛タン「旨味 太助」

 有名な老舗の支店らしい。国分町にあります。お昼時に行ったのですが、観光客だけでなく地元のサラリーマンなんかも沢山にて、大混雑でした。
 食べたのは定番の定食。「喜助」さんよりも肉が厚くてびっくり。そしてなにより、テールスープが旨かった。

 本店のサイト 味太助
 
 
仙台スタジアム

 すばらしいスタジアムでした。以上。
 
 
餃子「八仙」

 タウン誌を見ながらホテルの近くをうろうろしていて発見。なんでも、仙台で餃子といえば誰に聞いてもこのお店らしい。
 お店はけっして小綺麗ではないのだが、かなり美味かった。特に焼き餃子のシャキシャキ感がすばらしい。チャーハンの類も美味かった。おすすめ。

 紹介はこのへんかな? 八仙(Yahoo!グルメ)
 
 
牛タン「利久 仙台西口店」

 牛タン三昧の旅行でしたが、さすがにこれで最後のお店ということで、ちょっと下調べして選んだのがここ。噂に違わず美味かった。
 開店直後からの猛烈な混雑にびっくり。日曜日だったせいか、観光客っぽい人が多かった。
 定食は、塩味と味噌味のミックス。まず驚いたのは、お肉が厚い。厚すぎ。なのに、とにかく柔らかい。テールスープのお肉も柔らかい。こりゃ人気もでるだろう。満足。

 牛たん炭焼き 利久
 
 
水時計

 待ち合わせのメッカ、広瀬通りにあったはずの「水時計」が無くなっていました。今の学生さんは、合コンの待ち合わせをどこでやってるんだ?
 
 
青葉山、川内近辺

 嫁さんといっしょに大学の敷地内をぶらぶらしてみたのですが、私の知らない巨大な建物が沢山できていました。特に理学部の博物館(?)と教養部のメディアなんとか館は、あまりの立派さにびっくり。
 また、よく行った定食屋さんがつぶれ、まわりが立派な建物になっているのにかかわらず、私のすんでいたオンボロアパートはいまだ無事でした。ちょっと嬉しかった。
 ついでに、教養部第二食堂、当時の通称「貧民食堂」もいまだ崩れ落ちておらず、立派に営業していたのも、ちょっとうれしかった。
 
 
 以上、牛タンを食ってばっかりの仙台旅行記でした。 コンサドーレの試合? ……すっかり忘れました。

 一応こちらもどうぞ。
 超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
 http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.02

いくぞ仙台!

我らがコンサドーレ札幌がベガルタ仙台を叩きのめし4連勝する勇姿をこの目で見るため、嫁さんとふたり、あす仙台に旅立ちます。

したがって、数日間ここは更新されないと思います。
 
 
牛タン食って、松島いって、試合見て、学生時代の嬉し恥ずかし思い出の場所でもいろいろ歩いてみようかね。 (川内のオンボロアパートはまだあるのだろうか?)

ちょっと天気が心配なんだが、コンサドーレさえ勝ってくれれば楽しい旅になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カカクコムの言い訳とハイテク犯罪の防止策

例のカカクコムの件、CEOがいろいろ言ってるようだ。

【単独インタビュー】「当社が不正アクセスの手口を公開しない理由」,カカクコムの穐田CEO(IT Pro)

「今となってみれば,即座に閉鎖すべきだったと思う。だが当時は分からなかったのが本音だ」
「1回目の記者会見で私は,自社内で考え得る限りで最高レベルのセキュリティ対策を実施してきたと明言した。だが,会見後にセキュリティ調査を依頼した外部のセキュリティ会社から「最高レベルとはいえない」という診断を受けた。そこは自身の認識が甘かったと素直に反省している」

……だそうだ。なかなか正直だね。いろいろ批判されて、ちょっとは反省したのかな。でも、今さらちょっと遅かったかもなぁ。
 
 
「「犯人を特定するために警察にサイト運営の継続を指示された」といった事実はない」

……ん?

たしか、事件が報道された直後のコメント

「事件発覚直後より……警視庁ハイテク犯罪対策総合センター、……及び各種専門家の方々の協力も得て、原因究明及び再発防止策の徹底調査を実施しております」
……って言ってたよね。 
これは発覚後もウイルスをばらまき続けたのは警察のせいにしようという意図がみえみえ、だったような気がするのだが。少なくとも、私にはそうとしか思えなかった。

全体的に、つっこみどころ満載のインタビューだよなぁ、ホント。 

「何か事件があったときには、初期対応がもっとも重要だ。そこで失敗すると信頼回復は非常に難しい」という教訓を世の企業に与えてくれた点だけは、評価してあげよう。
 
 
ちょっと話はかわって。

別の記事にトラックバックをもらったblogを眺めていたら、ちょっと興味深い記述があったので。

カカクコムの事件(ジャーナリスト 舟橋義人によるブログ)

「今回のカカクコムのケースでも、不正アクセスして破壊行為に及べば犯人が必ず特定できて逮捕されるような技術があれば、回避できた」
「最も必要とされるのは、捜査を支援する技術」

……ふむ。確かにその通り。

その通りなんだが、犯罪を防止する技術や捜査する技術ってのは、犯罪をする技術に比べて後追いになるのは仕方がない。しかも、元々インターネットというものはいろんな証拠が残りやすいようには作られていないわけで、これは難しいと思うな。

現実世界での犯罪の捜査と比較しても、人類史上初の窃盗が起こってから指紋採取などの科学捜査の手法が確立するまでの年数を考えたら、インターネットでそこまでいくのはまだまだかかりそうだ。

しかも、今回の価格コムの場合を現実の世界の犯罪に例えるなら、防犯カメラも設置してなければ犯人の指紋も自分で消してしまった。その上、そもそも無人の倉庫にカギもかけてないどころかドアが開けっ放しだった……てな感じだからなぁ。
さらに、今の世の中のハッキング犯罪の被害者(同時に顧客情報を漏らしウイルスをまき散らかした加害者である)ってのは、大抵こんな感じだし。捜査するほうも大変だ。

てなわけで、確かに「捜査をする技術が大切」てのは間違ってはいないのですが、現状ではそれよりも「自分がハッキングされて困るのは勝手だが、他人に迷惑かけない程度にはきちんとセキュリティ対策をしろ」と啓蒙し、社会全体でそこらへんの合意を築いていく事の方が遙かに重要だとおもうわけです。

まぁ、簡単な事じゃないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.06.01

映画「機動戦士Zガンダム」

嫌がる嫁さんを無理やり連れて、見に行ってきましたよ、Zガンダム。

すごい、こいつはすごい! いろんな意味でスゴイ映画だ。
 
 
 まずはストーリーがすごい。なんと言っても、完結した映画として全く体を成していない。まぁ、最初から三部作の第一作という位置づけなんだから、仕方ないけどね。

 そして絵もすごい。再編集部分と新作部分で絵の出来が違いすぎ。せめて、オープニングからしばらくは、綺麗な新作にして欲しかった。
 
 
 ……てな感じで、いろいろ文句はある。沢山ある。あるのだが、そんな些細な事は吹っ飛ばしてしまうほど、熱く燃えるスゴイ映画だぞ、これは。

 昔のTVシリーズよりもストーリがすっきりしていて、テンポよく進むのがいい。もう少し各固有名詞の説明が欲しいような気もするが、主人公側と敵側がはっきり別れていて非常にわかりやすい。

 さらに、各キャラクターのドロドロした部分が思い切りよくカットされているため、みんな格好いいのがよろしい。噂通りカミーユはなかなか素直ないい子になってた。シャアも立派な大人だし、アムロも悲劇のスーパーヒーローをちゃんとやってる。(ジェリドはいらんかったかもね)

 モビルスーツや戦艦もかっこいいし(特に新作部分)、戦闘シーンは猛烈に燃える燃える。

 確かに、TVシリーズを見たこと無い人にとっては間違ってもお勧めできないトンデモ映画ではある(三部作が無事完結すればまた話はかわるかもしれないが)。 だが、逆にガンダムの世界に入り込める素質のある人、要するにガノタは必見だ。 特に20年前にあのTVシリーズを見ていた人間は、自分の年齢を忘れ、世間体も忘れ、家族の白い眼も忘れ、絶対に見るべし! 涙を流して感動すること間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知床とか、ひまわりとか、サッカーボールのりとか

本日の気になったアレな記事、いくつか

その1 世界自然遺産

知床が世界自然遺産に選ばれそう、だそうだ。

世界自然遺産:北海道・知床=課題は「自然と人間生活」(毎日)
知床の世界遺産登録後の措置、政府検討入り(北海道新聞)
知床の世界遺産登録確実に(釧路新聞)

World Heritage(UNESCO)

めでたい……のだろう、たぶん。

単純な自然環境のことだけを考えたら、おそらくすぐ隣の北方領土の方がより完璧な原始の姿が残されているのだろう。その上で自然遺産に立候補して選ばれたのだから、「これだけ人口密度の高い国の中にあの自然が残っている」ということを誇りとして、地元の人間の生活や観光との両立を立派にやり遂げなきゃね。これからが本当の正念場だ。
 
 
その2 ひまわり稼働

ひまわり6号が無事運用開始されたそうな。

気象衛星観測について(気象庁)

「 5月31日正午からひまわり6号による試験配信を開始しました」……だそうだ。 これはめでたい。 上記気象庁のサイトで写真も見れます。なかなか綺麗。
 
 
その3 サッカーボール型おにぎり

こののりを使うと、おにぎりがサッカーボール型になる。

サッカーボール型おにぎり専用のりの秘密(Exciteニュース)
サッカーのり(株式会社 川島屋)

こりゃいい。コンサドーレの応援いく時に使いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »