« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

「周期表」の二番煎じ案

なんかしらんが死ぬほどいそがしいので、気になったニュースひとつだけ。

文部科学省謹製の周期表が、えらい売れているらしいぞ。

「一家に1枚周期表」増刷して販売へ(スラッシュドットジャパン)
元素周期表:初版10万枚底つき、10万枚増刷 文科省(毎日)

科学技術広報財団

「文部科学省が無料配布用に作った元素の周期表が人気を呼び、新たに10万枚増刷して実費販売することになった」……だそうだ。

うん、いいことだと思うよ。文部科学省もたまにはいい事やるじゃん。こーゆー一般家庭に向けた地道な努力が、理系人気復活と科学立国への第一歩につながるかもしれない。

おそらく、若い頃に「すいへーりーべ」なんて必死に覚えた理系のおとーさんおかーさん達が、懐かしさのあまり、ついでに我が子の理系学力不足が心配で、衝動的に買ったもんだろうなぁ。

とは言っても、理系離れはまだまだ深刻なわけで、理系人気復活に向け「周期表」以外にもいろいろ作ってみてはどうかな?
 
 
提案その1 太陽系の綺麗な図

太陽を中心とした惑星の軌道の図。総天然色で各惑星の美しい写真や解説入り。ハレー彗星とかボイジャーやパイオニアの軌道まで記入されていればなお良し。そのままポスターになるような物なら、かなり売れると思うよ。
 
 
提案その2 系統樹

現在の地球の生命進化の系統樹。それぞれの「目」くらいの代表的な生物の綺麗な写真と解説でも入れておけば、生物学の人気爆発だ。欲しい。
 
 
提案その3 いろいろな数字

世の中で大きな意味のある数字を順番に並べた表。0とか1から始まって、πとか e とか。あと、いろいろな物理定数、光速とかプランク定数とか万有引力定数とか。それぞれの意味や重要な数式の解説なんかもあればいいかも。おそらくあまり売れないだろうが、出来によっては私は欲しい。
 
 
提案その4 ヒトゲノムの塩基配列表

AGCT……巨大な巻紙にえんえんと塩基配列が書き連ねられているだけ。これを眺めることにより40億年の生命進化の神秘に思いをはせられる人がもし存在したら、その人は天才か暇人のどちらかだろう。私は買わないが。
 
 
提案その5 円周率表

3.141592……巨大な巻紙にえんえんと円周率が書き連ねられているだけ。 「円周率=およそ3」などというおバカな「ゆとり教育」のごとき愚行を2度と繰り返さぬよう、文部科学省の壁に貼っておけ。
 
 
提案その6 アニメ

どんな分野の表でもいい。 ポケモンやプリキュアなどお子様に人気のあるキャラクターをうまく使えば、間違いなく効果があると思うぞ。本気で理系離れを何とかしたいのなら、これくらいやってみな。
 
 
提案その7 萌え

どんな分野の表でもいい。 売れっ子マンガ家を使って「萌え」の要素をぶち込めば、間違いなく売れると思うぞ。しかし、売れる層がアレだから、理系離れ防止に効果はほとんど無いだろうが。
 
 
その他、「クエン酸回路の図」とか「CPUの命令表」とかも、なかなかいいかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.29

J2第14節 札幌3-1草津

コンサドーレ札幌応援日記

2005年05月28日(土)
J2第14節 札幌 3-1 草津(札幌厚別)
厚別競技場 SS指定席で観戦

なんとびっくり3連勝! しかもまたまた3得点。 このまま2位グループに喰らいついていくぞ。

詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

Zガンダムの時代

 待ちに待ってた機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者が、ついに5月28日(土)に公開だ。

 熱中して見ていたなつかしのTVシリーズは、1985年03月02日に始まったそうだ。で、あの頃の私は、Zガンダムを見る以外にいったい何をしていたのだろう? どんな時代だったろう? と調べてみた。
 
 
まずはゲーム。85年に発売されたゲームのうち有名どころ。

名作「ナムコ ドルアーガの塔」
迷作「ハドソン バンゲリングベイ」
そして「任天堂 スーパーマリオブラザーズ」

……この年からファミコンの大ブームが始まったわけだな。
 
 
次にバイク。85年に発売された250ccクラスのバイクというと、

トレールの元祖 セロー225
4サイクルマルチ FZ250PHAZER
そして、究極のレーサー TZR250
ちなみに、平忠彦がサンマリノで勝ったのが86年。

……このクラスのバイクにとって歴史的な年といえるだろう。
(すべてYAMAHA関連なのは単なる私の趣味。今の愛車は YAMAHA の R1-Z)
 
 
最後にPC関連。85年前後の出来事というと。

82年にNECの PC-9801発売、
84年にアップルから Machintosh発売、
89年にCERNでWWWが考案され、
90年になってやっとWindows 3.0 がでるわけだ。

……本当に大昔だな。
 
 
 ホント、こんな20年も前のTVシリーズが今さら再編集されて劇場公開されるというのは、まさに奇跡。夢のようなお話だな。全国のガノタ(ガンダムオタクの意)は、万難を排して劇場まで見に行くべし。

(私はというと、当日コンサドーレの試合があるため、初日には見に行けそうにないのだが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

靖国が外交カードになる不幸

 靖国神社というと、個人的には、大好きで何度も読み返した司馬遼太郎の「花神」の主人公、大村益次郎にまつわる神社であるという程度の認識しかないのだが。(NHKの大河ドラマの中村梅之助もよかった)

 国家に戦えと言われて死んだ人たちに対して、国家が最大の礼を尽くすのは当然のことだろう。 東京裁判の問題とか、A級戦犯の定義とか、国家神道への批判とか、国立墓地とどちらがいいのかとか、そもそも主権国家そのものに対する疑問とか、まぁいろいろな問題があることは確かだが。それはそれとして、どこかになんらかの形で首相が拝むのはいいことだと思うよ。ついでに不戦の誓いもたてているそうだし。

 で、問題はその拝む場所として「靖国神社」が適当かどうかということだ。

 個人的には、歴史的にもあまり意味がなさそうだし、参拝するのは靖国でなくても特に問題は無いと思う。もちろん靖国であってもかまわない。 死者(と、これから戦いに行かされる可能性のある多くの国民)に対して最大限の礼さえ尽くしてもらえるのなら、別にどこでもかまわないと思うな。
 
 
 さて、この靖国参拝に対して、なぜかお隣の国がからんできているわけだ。しかも、ここ数日のからみ具合をみると、少々引いてしまうほどの異常な粘着ぶりだ。上述の通り、日本人の私だって「靖国」なんて正直どっちでもいい問題なのに、このこだわりようは一体なんだろう?

 おそらくもともとは、中国も本音では靖国参拝もA級戦犯もどうでもよくて、単なる外交カードにしようと考えていたのだろうなぁ。 実際、これまで中国は靖国問題をいろいろな問題と結びつけ、したたかに外交を進めてきた……ように見えた、少なくとも一般市民には。

 しかしここにいたって、小泉君の頑なさ(もしかしたら、したたかさ)と、おそらく中国の国内事情というか政権内の事情から、逆に靖国が中国の足かせになってなったんじゃないかな。 小泉くんが譲歩することはなさそうだ。かといって、今までさんざん日本に文句言ってきた手前、今さら中国が譲歩することは絶対にできないわけだな、中国の国内的には。

 こうなると、日本としてはチャンスだ。いつの間にやら靖国は日本にとって最大の対中国カードになってしまった。「内政干渉だ」と突っぱねるだけでなく、例えば「A級戦犯については検討してみようかな、どうしようかな?」とか「今年は参拝しないけど、来年はわからないよ」てな感じで靖国カードを上手にちらつかせれば、中国の現政権を上手くコントロールできる可能性もあるだろう。

 ずるいようだが、本来外交ってのはこーゆーものだろう。どうせ両国は経済的に一蓮托生で、これからもそれなりに付き合って行かなきゃならないのだから。将来決定的に重大な局面がくるまで、この重要なカードは捨てずに、小出しに使うのが正しいと思う。……日本の外務官僚にこんなセンスがあるとは思えないのがつらいところだが。
 
 
 で、ここでまた問題。

 靖国を外交カードにするのは全然かまわないのだが、これが戦没者を慰霊することと両立するのだろうか? 慰霊している対象をカードとして弄ぶのは失礼にあたるよなぁ、やっぱり。 かといって、よその国から文句言われない慰霊の方法を考えると、それはすなわち外交カードが無くなってしまう事に繋がるわけだ。 なんとか両立できるような、上手い方法はないもんかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.25

理系の研究者の子は男?女?

 理工系の研究者やエンジニアの子は何故か女の子ばかり……という都市伝説がある。

 はるか昔の事だが、私が大学院生やってた理学部の研究室の教官達の家庭は、確かに女の子しかいなかった。学会で知り合った方達にも、ほとんど女の子しかいなかった。今はコンピュータやネットワークを生業にしているわけだが、やはり同僚の家には女の子が多い気がする。

 これは、実験で使う危ない薬品や放射線、もしくはコンピュータから出る電磁波あたりがなんらかの悪さをしているに違いない。……などとデータも根拠も無しに勝手に納得していたのだが、これこそ理系にあるまじき非科学的な態度だったかもしれないなぁ。

 まぁ、言ってる当人達も本気で信じているわけではなく、単なる酒飲み話、罪のない都市伝説なわけだ。しかし、世の中にはこれとは全く逆の事を、 しかも大まじめに(?)言い出した人がいるらしいぞ。
 
 
技術者の子の性別問題、解決か?(スラッシュドットジャパン)
職業によってこんなに違う子供の性別(海外ボツ!NEWS)
Want a boy? Then get a man's job, study suggests(YAHOO! NEWS AFP)

 「看護婦や教師など「他人の世話をする」女性的な仕事だと、女の子が産まれる割合が高くなり。技術者や会計士など男性的な仕事だと男の子の割合が高くなる」だそうだ。 例えば、上の記事によると a physicist and a mathematician  の組み合わせが男の子ができやすいらしいが、……これはこれでとっても嘘臭いよなぁ、やっぱり。
 
 
 確かにお話としては面白いけど、データを見ないと信用できん。これは、上で述べた都市伝説とは逆の意味で、よくあるトンデモ系のニュースに違いない!

 ……と、一瞬は思った。 しかし、上の記事に書いてある Journal of Theoretical Biology ってのが本当だとすると、これは生物学のまともな雑誌だったような気がする(なにせ卒業してからかなりたつので、記憶違いかもしらんが)。 しかも Satoshi Kanazawa ってのは日本人か? これは、本当に信用できるデータなのかどうか自分で確かめねば気が済まない。論文の原文を是非とも読んでみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗号化で身代金とかDNSのDOSとか数独とか

本日気になったアレな記事、いくつか

ファイルを暗号化して「人質」に--PCユーザーをねらう新手の攻撃(CNET Japan)

 要するに、悪のサイトをみると悪のプログラムが勝手に実行されてしまう(ここまでは、価格.com の場合と全く同じ)。で、悪のプログラムが何をするかというと、PC上の重要そうなファイルを勝手に暗号化してしまう。 大事なファイルが暗号化されて見えなくなった後、「修復したけりゃ金払え」と言いだすわけだ。
 よく思いつくな、こんなこと。 いっそファイルが消去されてしまえば、あきらめもつくだろうに。また、ファイルを盗まれたのなら、金なんか払わないで訴えるだろうし。「暗号化」というのがいろんな意味でポイントだな。
 
 
DNS パケットに含まれる圧縮されたデータの展開処理に関する脆弱性(JVN)
NISCC Vulnerability Advisory DNS -(NISCC)
DNSプロトコル実装に脆弱性――DoS攻撃の可能性も(IT media)

 DNS がヤバイそうな。
 こーゆー、インターネットのインフラ全体に影響しかねないセキュリティホールってのは、こわいねぇ。
 
 
2005年一般公開情報(八ヶ岳南麓天文台 地震前兆観測研究センター 「公開WEB」)

 関東で地震がおきる……と言ってる人がいるそうな。5月27日±4日でM5.3±0.5だそうだ。
 果たして信用できるのか否か、判断できるだけの知識は私にはないのだが。 でも、地震が起きた後になってから「私は予知していた」とか言い出す連中とは違う。
 
 
日本からイギリスに渡ったパズル、大ブームに(wired)

 「数独」というパズルがイギリスで大人気だそうだ。確かにおもしろいよね、このパズル。

 おまけ。
 「数独」といえばこれ。やったことない人はこの雑誌を買うべし。
  ニコリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンティアムマック?

インテルの石を使ったマックが噂になってるぞ。

再び浮上する「Pentium Mac」の可能性(IT media)

たとえ「Pentium Mac」なんてものが発売されたとしても、それがPC互換機とは限らないわけだ。だったら、マカーとしてはCPUがIBMでもインテルでも、もっというとモトローラでもトランスメタでもSUNでもザイログだってかまわないだろう。apple信者というのは、そーゆーものだ。


逆に、「PC互換機用 Mac OS X」なんてものが出るとしたら、……どうなるのか、まったくわからん。Windows のシェアを喰いそうな気もするし、全く売れないような気もする。apple製のハードの売り上げも落ちるかもしれないし、落ちないかもしれない。

Mac OSのプリインストールモデルを売り出すPCメーカーが続々でてくれば、世の中かなり面白くなるんだけどね。


なんにしても、この手の噂は昔から何度も何度も何度も聞いたことがあるのだが、今回もただの噂で終わるだろうなぁ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

価格.comのSQLインジェクション

価格.com の件、いろいろ明らかになってきたみたい。

データベースを攻撃、外部から支配 カカクコムHP事件(asahi.com)

原因は SQLインジェクション?(水無月ばけらのえび日記)
価格.com(極楽せきゅあ日記)
事実は小説よりも…(Lucrezia Borgia の Room Cantarella)


SQLインジェクションねぇ。 朝日新聞の言ってることが正しいのかどうか詳細がわからんのでなんとも言えないけど、本当ならかなりお粗末。この手のアプリを作るときの基本中の基本だよなぁ。

社内アプリしか作ったことのない人にこの手のものを作らせる時は、特に注意が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.05.23

本「神狩り」「聖闘士星矢 EPISODE・G」

ここしばらく、読んだ本について記録するのをすっかり忘れていたかも。

とりあえず、ここ数日で読んだ本。

神狩り (山田 正紀)
ハヤカワ文庫 588円

30年後に書かれた後書きがすごい。
「超言語的な存在を小説で書こうとする」……実際にそんな小説を書いてしまい、さらにその行為の意味について論じるわけだが。 このアイディアだけで、ご飯3杯はいけるな。 

アマゾンの詳細ページ
神狩り

おまけ。
続編の「神狩り 2 リッパー」はまだ読んでる途中なので、感想は読んでから。
 
 
聖闘士星矢 EPISODE・G 6 (車田 正美、岡田 芽武)
秋田書店 580円

聖闘士星矢の外伝ではなく、原作のファンが描いた同人誌と思えば、かなり面白いマンガだと思う。

それにしても、
 敵の攻撃をわざとうけて己を追いつめ、
 おれはこんなに弱かったか? なんて言いながら、
 兄に見せるための最後の大技で敵を倒す。
……これってどこかでみた展開だと思ったら、「修羅の門」の陸奥園名流と全く同じじゃないか。まぁ、この手のマンガにありがちな展開ではあるが。

アマゾンの詳細ページ
聖闘士星矢EPISODE・G 6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

J2第13節 湘南0-3札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年05月21日(土)
J2第13節 湘南 0-3 札幌(平塚)
ニュース等で結果を知る

連勝! およそ2年ぶりの連勝です。しかも3点も取っちゃいました。こんなに嬉しいことはない!

詳しくは、こちらをみてね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

年寄りの戯言

とある打ち上げで飲み会に参加させられたわけだ。参加メンバーの平均年齢は推定50才オーバー、私がぶっちぎりの最年少だ。

で、飲むと始まるのは昔話。しかも私に聞かせようというのか、とびっきり古いお話ばかり。

曰く

「俺の若い頃は汎用機のアセンブラの仕事ばっかり」
「メーカーのSEといっしょに汎用機のOSを直接いじくって……」

このへんまではそれなりに興味深いお話なのだが、だんだん方向が変わってくる。

「1200の業務用モデムが、対向で200万円もした」
「ドラムってのは、バカでかいくせに容量が小さくて」
「磁気テープがよく切れるんだ。で、切れたらセロテープで張り付ければなぜか読みとってくれるんだ」
「磁気テープってのは、金属粉を振りかけるとビット並びが目で見えるんだぞ」
「こけてパンチカードの束をばらまくと、大変な事になる」
「パンチャーのおねぇさんの機嫌を損なうと、いつまでたっても仕事が終わらない」

……確かにそれなりに面白い話ではあるんだ(どこまで本当なのかはしらんが)。でも、実感が全然わかないから飽きてしまうんだよなぁ。愛想笑いがつらい。
 
 
てな事を言いつつも、冷静に考えてみると、私も同じ事をしてるような気がしないでもない。

「オレ達は入社1年で、CにコボルにPL/1、フォートラン、RPG、ついでにアルゴルまで仕事でやらされたもんだ」
「おまえら、Nextとかnewsなんてマシンしってるか?」
「昔のPCはカセットテープからOSをロードしたんだぜ」
「そおいえば、札幌シティスタンダードってのがあったな」

なんて半分仕事と関係ないどうでもいい話を、同世代数人で若い衆に言ってきかせたような気がするな、つい最近の飲み会で。 私も歳を取ったということか。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

VIPウイルス?

トレンドマイクロによると、へんなウイルス(トロイ)が出たらしい。その名は VIPERIK.A。

TROJ_VIPERIK.A(trendmicro)

例によって、メールの添付ファイルで広がるそうだ。こんなメールがきたら注意。
 

差出人: Microsoft.ServicePack.Team. <ID番号>
件名: ※WindowsSPについての重要なお知らせ
メール本文:
Windowsユーザー各位……中略……PC をコンピュータウイルスやハッカーなどから守るために役立つ機能を提供します。

 
この手のウイルスにしてはめずらしく日本語のメールだ。だまされる人がいるかもなぁ。で、添付ファイルが実行されると、恐ろしいことが起こる。
 

実行されると、不正プログラムは、以下のフォルダおよびサブフォルダ内の全てのファイルの削除を試みます。
* C:\Documents and Setting
* C:\Program Files
* C:\Windows
* C:\Windows\System32

 
これはトロイというより破壊プログラムだな。まぁ、自己複製しないようだし、広範囲に被害を及ぼす心配はなさそうだが。

ついでにもうひとつ。
 

この不正プログラムは、Outlookを使用して、以下の宛先への、大量のメールを作成し、コンピュータの動作を低下させます。
* mailto:2ch___NULLPO

 
……たぶん関係ないと思うのだが、ひょっとしてVIPERIK と命名されたのは、これが理由なのか? VIPにかけてないか?
 
 
もしそうなら、この技術も無いし品もない下品なウイルスの作者が図に乗るだけなので、もう少し命名を考えた方がいいと思うぞ、ウイルス対策各社は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

J2第12節 札幌2-0水戸 追記

J2第12節 札幌2-0水戸 速報 の続きです。

 いまさら試合の内容を語るのも完全に時期を逸したような気がするので、試合以外の部分について。

 なんと言っても例の不祥事の後ですから、サポータもマスコミもHFCとしての対応に注目するのは当たり前です。

 個人的には、たまたま役員だった人が勤務時間外に個人的にやった犯罪ですから、HFCとしてそんなに大事にする必要はないような気もするのですが、世の中がそう単純にいかないことぐらいは理解できます。で、いったいフロントがどんな事をやってくれるのかと、ちょっと不安な気持ちのまま厚別まで行きました。

 まず入場直後に配られたのが、HFC社員直筆のお詫びの文章。そして、ピッチの真ん中で社長と元会長による直接のお詫びの言葉。

 ……常識的な対応だったと思います。サポータに対するフロントの対応としては、まあ合格点なんじゃないですかね。あの極寒強風の厚別までわざわざ来てくれたサポータ達ですから、これくらいの常識的な対応さえしておけば、怒る人はいないでしょう。

 さらに、試合の方もきちんと勝利。試合後には、なんとヤンツー自らがピッチの中央まで出てきて、サポータに対して挨拶です。

 ……少なくとも、あの日厚別まで足を運んだサポータ達にとっては、不祥事なんてふっとび満足してお釣りがくるほどドラマチックな展開になったと思います。ここまでやれば、不祥事に対する対応としては十分なものだったと言えるでしょう。
 
 
 しかし、本当の問題は、何があっても試合を見に来るこんな熱心なサポータ達じゃないはずです。たまにしか試合にいかない薄いファン達、そしてなによりスポンサー様、シニカルでビジネスライクにチームを見ている方々に対する信頼回復こそ、HFCにとっての最大の問題であるはずです。

 この観点から見ると、せっかく社員役員達が苦労していろいろやってるんだから、もっとマスコミにもアピールすればいいのになぁ……と思ったのは私だけではないでしょう。せっかく感動的だった監督の挨拶を、なんとかTV中継で流してもらうわけにはいかなかったんですかね? あと、例えば新聞の一面広告で役員のお詫びを掲載するとか、もう少し攻めに転じてもいいと思います。

 そして、万人に対して効果がある信頼回復への最大の妙薬は、やっぱり勝利を積み重ねることでしょう。ここ数試合、やっと普通のJ2レベルに達したと実感できるようになりました。あと一息です。足りない分は根性で埋めて、なんとか上位に食い込んで欲しいものです。
 
 
 さて、次はアウェイで湘南戦。ケガ人が多いのは確かだが、ここが踏ん張り時だ。連勝するぞ!
 
 
 以下、余談。

 まぁ確かに大変な不祥事で、一部には「チーム存亡の危機」とか言ってる人もいるようですが。  でもね、この程度の危機でそんな事いっていたら、本当にチームが無くなる寸前まで行った甲府さんや鳥栖さん、そして実際に消滅してしまったフリューゲルスさんに失礼です。  フロント、スタッフ、選手、そしてサポータが一丸となって、この危機を見事に脱して見せようや。


こちらにも、同じ内容を追記しました。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.18

フィッシングとかスパムとかラーメンとか

本日の気になった記事、いくつか。なんかしらんが忙しいので、ちょっとだけ。

その1 パーソナライズフィッシング

新手の「パーソナライズフィッシング」に警告(IT media)

「通常のフィッシング攻撃は大量のメールを送り、できるだけいい結果が得られることを期待するものだが、パーソナライズフィッシングは特定の銀行の口座保有者を名指しで狙い撃ちにする」

要するに、ある程度だけ個人情報がバレている被害者に対して、わかっている個人情報をもとにフィッシングを仕掛けるわけだな。で、正確な名前や口座番号が書いてあるメールなので思わず信用してしまう、と。 たちの悪い詐欺だよなぁ、これ。
 
 
その2 迷惑メールで逮捕

迷惑メール:大量送信のアダルトサイト会社経営逮捕 大阪(MSN-Mainichi)

ニュースの内容はともかく

「調べでは、木村容疑者は03年12月18日~22日ごろ、京都市の男性が開発したスパムメールのドメイン名を不正に使用し出会い系サイトの広告メールを送信」

この記事、日本語がおかしいと思うのは私だけだろうか? なにも知識のない記者が書いてるのかな?

「あて先不明のメール約41万件がサーバーに返送され、通信設備の機能に障害を与えた疑い」

「スパムを送信した罪」ではなく、「通信設備に影響を与えた罪」なのね。
 
 
その3 ラーメン

自称「日本一ラーメンを食べた男」がラーメンサイト運営で新会社設立(INTERNET Watch)

ラーメンを食べ続けてきたことが、商売に繋がるんだなぁ。 おばけのQ太郎に出てたラーメン大好き小池さんって、職業はなんだっけ?

話はかわってホントにどうでもいいことだが。 インターネットでラーメンといえば札幌医大のサーバー……だったよな、昔は。

記憶をたよりに検索してみた。
Sapporo LAMeN Server(札幌医科大学)
ラーメン情報(札幌医科大学)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.17

価格.com 続報

ウイルスばらまき「価格.com」の件。やっと詳細が明らかになりつつあるみたいね。

価格.com経由で拡散したウイルス、Windowsの既知の脆弱性を悪用(IT Media)
価格.comのウイルス、MMORPG「リネージュ」起動中に活動することが判明(INTERNET Watch)

価格.comを介して感染を拡大したとされるトロイの木馬型ウイルス「Trojan.Jasbom」(シマンテックによる呼称)は、脆弱性「MS04-013」を悪用するもので、MMORPG「リネージュ」の起動中にキー入力情報などを外部に送信することがわかった。

こんなトロイを仕掛けて何が楽しいのかなぁ? ……と思っていたが、この手のオンラインゲームでの不正行為でえらい儲けてる奴らがいるらしいね。

カカクコム続報 実はサイバーノーガード戦法? 最大の問題は無知の脆弱性(NetSecurity)

以前から弱かったセキュリティ面 繰り返される根拠のない主張
キーストロークを盗むウィルスを撒き散らしながらFX取引を紹介する無責任さ

あいかわらず言いたいことを言ってくれるな、NetSecurityは。 あの会見を聞いた人なら、みんなこう思ってるんだろうけどね。 価格.com は是非反論してみてほしい、できるものなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランドウオーカーとかチャリべえとかZガンダムとか

本日のちょっと気になる記事いくつか。

搭乗できる巨大ロボット「LAND WALKER」が生まれるまで(IT Media)

さすが ITmedia だ。こーゆーオタク心をくすぐる視点からの記事を書かせたら一番。
 
 
でこぼこ道もへっちゃら、ロボット「チャリべえ」完成(読売)
千葉工業大学、人を乗せてデコボコ道を踏破する「チャリべぇ」~車輪と4脚のハイブリッドロボット(PC Watch)

二足歩行よりもマニアックさは劣るが。実際には二足歩行よりもこーゆー形の方が役に立つのだろうなぁ。これはこれで格好いいと思う。
 
 
太古の地球に存在した天然原子炉(幻影随想)

天然原子炉のおかげで真核生物が生まれた……てなSFを読んだことがある。核廃棄物処理場が数千年後に自然に臨界に達したりすることはないのかな?
 
 
IBM、社員のBlog利用に関する注意事項を掲載(IT Media)

参考にしましょう。
 
 
休暇の理由は「フォースのダークサイドのせい」(IT Media)

スターウォーズエピソードIIIを見るため、公開初日に会社をサボる奴が大量にでるんだそうだ。アメリカ人ってバカだねぇ。

……などと言いつつ、今の私の心の中はZガンダム(5月28日公開)で一杯なわけだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

ウイルスばらまき「価格.com」

あの「価格.com」がやってくれちゃったよ。

価格.comが一時閉鎖、不正アクセスでトロイの木馬を仕込まれる(INTERNET Watch)
【価格.com問題】トップ・ページ閲覧だけで感染も,自ら対策ソフトの配布開始(日経 IT Pro)
価格.com、不正アクセス事件を受けウイルス対策ソフト「NOD32」体験版を提供(IT Media)
カカクコム、不正アクセスでサイト閉鎖(CNET Japan)
価格.comサイトが不正アクセス被害で閉鎖中 (セキュリティホール memo)

当社運営サイトを閲覧されたユーザーの方々へのセキュリティ対策のご報告 - 価格.com


<これまでの経緯>
5月11日にプログラムの異常が発覚。調査したところ不正アクセスが原因であり、一種のサイバーテロ的な行為であると認識しました。
即時警察当局等とも相談し、24時間監視体制でサイト運営を続けながらプログラム改ざんの影響や対抗策、犯人の調査を続けて参りましたが不正アクセスは止まず、改ざんの範囲が拡大したため止む無く5月14日よりサイトを閉鎖しております。
……だそうだが。


 悪人に攻撃されてウイルス仕込まれちゃったのは、まぁ仕方がないかもしれない。いくら必死に守っていても、それなりの技術をもった奴らに本気で狙われたら、やられてしまうこともあるだろう。……たぶんそんな凄い奴らにやられたわけじゃないだろという気がするし、そもそもネットを生業にする企業としてかなり情けないのは確かだが。

 だけど、5月11日にサイバーテロ的な行為を把握しておきながら、5月14日までウイルスを大事な顧客に対してばらまき続けたってのはどうかと思うぞ。しかも、この期に及んでもいまだに詳細な情報は一切公開されていないし。ウイルスは「どこのページに仕込まれていたのか」、「何をすれば感染したのか」、「いつから仕込まれていたのか」、「どんなウイルスなのか」、「どうすれば対策できるのか」……この4日間何をやってたんだ?「サイバーテロ的な行為」とかいってるが、自分たちが加害者であるという自覚はあるのかな?

 仕込まれていたのが自ら感染行為は行わないトロイだったから甘く見ていたのかもしれないが、詳細な情報がまったく公開されない中、全国の企業でこのくだらない事件の対処にためにどれだけの工数が費やされたと思ってるんだ?(ちょっとおおげさかもしれないが。けど、決して無視できる工数じゃないと思うな)

 損害賠償の相手は、広告主やサイトを利用しているショップだけとは限らないぞ。企業として耐えられるのかな?
 
 
「事件発覚直後より代表取締役 穐田誉輝を委員長とするセキュリティ委員会を設置し、警視庁ハイテク犯罪対策総合センター、顧問弁護士、システムセキュリティ会社及び各種専門家の方々の協力も得て、原因究明及び再発防止策の徹底調査を実施しております」

 ……これは、「発覚から4日間も放置しておいたのは、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターの指導のせいです」と言ってると思っていいのかな? 犯人逮捕のために泳がしていたあげく、被害を拡大させちゃったのは警視庁のせいだってか? 本当にそう思っちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.05.15

J2第12節 札幌2-0水戸 速報

コンサドーレ札幌応援日記

2005年05月14日(土) とりあえず速報だけ
J2第12節 札幌 2-0 水戸(札幌厚別)
 厚別公園競技場 SS指定席で観戦

 勝利!!

 第2クール初戦。そして、なんてったって例の不祥事の後の試合。何としても勝って欲しかった試合。選手、スタッフ、フロント、そしてサポータが一体となって頑張った結果、見事に勝利する事ができました。

 試合前の社長と元会長のお詫びとか、強風の中で両チームへろへろだった守備とか、初登場超攻撃的キーパー林の気合いと面白プレーとか、上里の芸術的ドンピシャリクロスとか、中山元気のポストプレーとスーパー美しいゴールとか、清野がからむ一連の美しい攻撃の流れとそれでも決めない奥ゆかしさとか、ユース出身スーパールーキー石井謙伍の超絶攻撃センスとテクニックのお披露目とか、……そしてなにより試合後のヤンツー監督の感動のご挨拶とか。

 もう、試合終了直後から、胸の奥からいろいろこみ上げてくるものがありまくりでおなか一杯。整理するまでちょっと時間がかかりそうなので、とりあえず今日のところはここまで。

 残りは後日にでも書きます。……本当によく勝ってくれた。

本家のサイトにも、同じ内容を追記しました。。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

DVD「エイリアンVSプレデター」

DVDを見た日記。

「エイリアンVSプレデター」

DVDをレンタルしてきてみたのだが、バカバカしくておもしろいじゃないか。

それにしても、プレデターさん達の男気には惚れた。さすが、シュワちゃんが苦戦するわけだ。(エイリアン達も決して負けたわけじゃなさそうだが)

せっかくだから、全米化け物ナンバーワンの座をかけ、フレディに勝った(?)ジェイソンと戦ってもらうわけにはいかないだろうか。そして、世界最強の座を貞子と争ってもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.13

「ゲーム脳」脳の恐怖

 今さら数年遅れで完全に時期を逸してしまい、さらにさんざんいろんな人に語られまくっている話題なのだが。

 「「ゲーム脳」脳の恐怖」なんて本を書いてみたくなった。

 「「買ってはいけない」は買ってはいけない」なんてタイトルの本がありなんだから。これもありだろう。

 で、アマゾンでこんな宣伝をしてもらうの。
 
 
 ……脳神経学者志望の私は想像力をフルに働かせ、「ゲーム脳」について疑問をもたない人の脳波の動きを念写することに成功した。それによると、「今の世の中はどこかおかしい。昔はよかったのに。そういえば今のガキはゲームばっかりやっている。何が面白いのか全く理解できない。……世の中がおかしいのはゲームのせいにちがいない!」などと考え始めた人はすぐにβ波が激減していく様子がよくわかる、ような気がした。もちろん根拠など無いがとにかく間違いない。
 β波が減っている状態というのは、痴呆者の脳波とそっくりな状態だそうだ。つまり、「ゲーム脳」を信じている人の脳は、痴呆者の脳と同じく、まったく活性化していないということになる。

 私は被験者を、幼いころから「自分の理解できない事は悪である」と信じている「「ゲーム脳」脳」型人間から、きちんと物事を論理的に考えることができる「ノーマル脳」型人間、そしてそれぞれの中間タイプの4つに分けてその脳波を調査しているが、「「ゲーム脳」脳」は、ゲームに限らず自分の理解できない事について知ろうとする脳の働き、さらにデータに基づいた論理的な思考をする脳の働きが鈍くなっていることが、データは全くないが一目瞭然に違いない。

 新しい文化を理解しようとせずに「ゲーム脳」を盲信して安心している親はもちろん、子ども自身もこの全く根拠のないデータから「「ゲーム脳」脳の恐怖」を実感してほしいものだ。
 
 
 話はかわって。

 これ、悪玉として「ゲーム」を選んだのは、マーケティング的には大成功だったよなぁ。今や日本の主要産業であるゲーム業界が反撃しないのが不思議だが、結果的には世論にうまく乗っかることができ、あんないい加減な事を書き殴るだけでえらい儲けたはずだ。それを見て、そろそろ二匹目のドジョウを狙うトンデモ学者が出てきそうな予感がするなぁ。

 で、ゲームに変わる悪玉というと……「携帯脳の恐怖」はどうだ?

 これは世論に大いに受け入れられそうな気がする。特に年寄りに。 でも、携帯業界は本気で反撃してきそうだな。一発狙うにはちょっとハイリスクかもしれない。

 「サッカー脳」も似たようなものかな?
 「アニメ脳」なら業界からの反撃の心配も無いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

光合成人間とか警察製ドラマとかブラットザラストバンパイヤとか

ちょいと気になった記事、いろいろ。

その1 どうしておじさんは動けるの?

4年間、太陽と水だけで生きる科学者 ドイツ(X51.ORG)

「科学的なレベルでは、私の体に起こっていることが、一体何なのか私自身説明ができない」……だそうだが。
 
 
「おじちゃんは原子力だからね」

……なんてネタが一番始めに頭に浮かんでしまった。
 
 
その2 警察謹製サイバー犯罪ドラマ

大河内奈々子主演のサイバー犯罪ドラマ、ポリスチャンネルで配信(INTERNET Watch)

「姿なき侵入者」は、大河内奈々子が演じる高校教師の斉藤裕子を主人公にしたWebドラマで、財団法人警察協会が制作した。ホームページの改竄や身に覚えのないクレジットカードの高額請求書といったインターネットに関係するトラブルなどが、ドラマを通じて解説される……だそうだ。

どうせなら、ドラマよりも萌え萌えのアニメにした方が人気が出るような気がしないでもない。視聴者層が製作者のねらいとはまったく違う層になってしまうだろうが。
 
 
その3 ブラッドザラストバンパイヤ

あの「BLOOD THE LAST VAMPIRE」がテレビシリーズになるのだそうだ。

BLOOD+ 制作発表の模様(Production I.G.)
BLOOD+ 公式HP
Production I.G.

タイトルは『BLOOD+』。

「10月より毎週土曜日夕方6時
 MBS・TBS系全国ネットにて放送スタート!」

これは、忘れずに見ねば。……と思ったのだが、キャラクター紹介」を見てちょっとがっかり。

こんなにかわいらしいのは小夜ちゃんじゃない! 押井守のBloodのイメージとはまったくあわないじゃないか! ……さて、どうなることやら。


おまけ。
いかにも押井守な原作。学生運動セーラー服日本刀吸血鬼ホラー自己満足小説はこれ。
獣たちの夜―BLOOD THE LAST VAMPIRE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスはウイルスに感染するか?

 かねてから、トヨタ・プリウスはBluetooth経由でウイルスに感染するのではないかという噂があったわけだが、実際に検証してみた人がいるらしいぞ。

F-Secure、「Cabirが車に感染」の噂を実地検証(IT media)
携帯からBluetoothでトヨタ・プリウスを攻撃(武田圭史)
セキュリティホール memo 2005.05.11

 結局、どうやっても感染しなかったらしいが。……それでもも、個人的に非常に興味深いニュースだな、これ。この手のネタは大好きだ。

 最近のカーナビはVICSとか携帯でのデータ通信とか普通にやってるから、そのうち車から車を渡り歩くウイルスが出てくるだろうなぁ。

 将来的には車載コンピュータ自体がIP化されたりして、危険度はどんどん上がっていくと思う。そこにコンピュータがあるかぎり、ハックしてみる奴は必ずでてくるわけで。 で、今の車ってコンピュータの塊だから、いったんウイルスにやられたら何が起こるかわからんわけだ。エンジンが停止するくらいならいいけど。 こわいこわい。
 
 
 
 関係ないが、ご家庭の電子機器で最もウイルスがヤバイのは、自動車よりもゲーム機だと思うな。こっちの方がウイルス作るの簡単そうだし。

 そのうち、世間を騒がすゲーム機ウイルスが確実に出てくるだろう。PS?を狙ったウイルスの世界的な大繁殖とか。サカつくオンラインの選手の動きがウイルスのせいでおかしくなっていくとか(インフルエンザみたいだな)。任天堂の犬が狂犬病で絶滅とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

月刊マイクロソフト&IPSECの脆弱性

脆弱性情報ふたつ。

その1 今月のマイクロソフト

5月のWindowsアップデート公開、「重要」の脆弱性に対処(IT media)
Windows 2000用修正パッチが公開,既知の「重要」セキュリティ・ホールをふさぐ(IT Pro)
マイクロソフト社 Windows エクスプローラーの脆弱性 (MS05-024)(IPA)
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS05-024)(5/11)(@police)

「Web の表示」の脆弱性により、リモートでコードが実行される (894320) MS05-024)(マイクロソフト)

今月のWindows関連はひとつだけ。

「Windows エクスプローラーの Web 表示の HTML 文字を処理する方法に脆弱性が存在し、攻撃者にリモートから任意のコード(命令)を実行される可能性があります」……だそうだ。対象は Windows 2000 のみで、XP は無関係。

さっさとパッチをあてましょう。


その2 IPSEC がちょいとヤバイ

IPSecに暗号通信を盗聴される脆弱性,安全性保護の設定を有効に(IT Pro)
IPSec通信の設定に存在する脆弱性(JVN)
IPsecに関する脆弱性について(@police)
NISCC Vulnerability Advisory IPSEC - 004033(NISCC)

きちんと設定されていない機器をつかってると、盗聴されてしまう危険があるそうな。注意。

各メーカーからパッチがでてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPAM「日本通信事業団体」「ミス美少女オーデション」「中学教諭逮捕」

日本通信事業団体とか、
人妻と秘密体験とか、
第6回ミス美少女オーデション選考衣装について とか、
中学教諭逮捕!!その後 とか、
Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行されるとか。

……またまた、お間抜けなスパムメールが大量にたまってきたので晒してみる。

詳細な内容は以下を見てね。

続きを読む "SPAM「日本通信事業団体」「ミス美少女オーデション」「中学教諭逮捕」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミの再生と未来少年コナン

 プラスチックのゴミから資源を再生できるそうな。

 プラスチックごみ:加熱処理して都市ガスに変換 産業総研(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

 「投入した廃プラスチックのうち70~94%を、メタン、イソブタンなどの燃料用ガスに変化させることに成功した」……だそうだ。

 これはすばらしい。

 資源のリサイクルについて語るとき、「再生のためのコストのほうが高くつく」とかなんとか文句をいう奴が必ずいるが。 しかし、資源なんてそのうち確実になくなるんだから、再生のための技術やノウハウを研究しておくことは、絶対に無駄ではないはずだ。
 
 
 ところで、話はかわって。

 私の場合このニュースをみてまず思い出したのは「未来少年コナン」だった。バラクーダ号の船長が初登場の時、石油に再生するためのプラスチックゴミを拾い集めるのが仕事だったような気がするなぁ。

 ……てな事を思ったのは、私だけではなかった模様。
 廃プラスチックから都市ガスを(スラッシュドットジャパン)

 物質文明が滅びた後も、ゴミを消費することで過去の遺物にしがみついて生きているインダストリアの人々の姿は、我々の世界の行く末を暗示していないだろうか……などという宮崎駿夫チックな文明否定の思想はあまり好きではないのだが。(これについて語り出すと長くなるので略)

 コナンのアニメ自体は大好きなんだけどね。
 
 
 さらに全く話はかわって。

 今朝見た夢が未来少年コナンだった。(最近NHKの再放送を見たからだな)

 大団円の数年後……だと思う。青年なっても相変わらず脳天気なコナンに対して、ラナが突然告白。

 「コナン、ごめんなさい」
 「どうしたのラナ?」
 「わたし、もうあなたとは会えないの」
 「???」
 「もっと生活力がある人じゃないと、わたし結婚できない」
 「ラナ?」
 「ごめんなさい。……さようなら、コナン」
 
 
 ……疲れてるのかなぁ、私。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.10

変な日本語でフィッシング


NICOS ユーザを狙ったフィッシングメールが流行ってるらしいのだが。

弊社を装ったEメール詐欺にご注意ください(NICOS)
NICOSを騙ったフィッシングメール出現~本文は不自然な日本語(INTERNET Watch)

不自然というか、かなり異常な日本語だよな。いや、そもそも日本語といえないんじゃないか、ここまでくると。これじゃ騙される日本人はいないだろうなぁ。

中でも、
「あなたはここにをかちりと鳴らし」
ってな部分が一番笑えた。

「クリック」もまともに訳せないのか。いまどきこんなバカな翻訳ソフトってあるんだ。

それなりに手間ひまと時間とコストをかけて詐欺を計画したのだろうになぁ、こんなお馬鹿な翻訳ソフトを使ったばっかりに……。(決して同情しているわけではないが)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

偉い人の訓話


もう一日おくれになってしまいましたが、ふと感じた疑問。
 
 
大型連休明けの昨日の月曜日、朝礼とかに出てきた偉い人が

「JR西日本の事故を他山の石と……」

なんて訓話をしてくれた職場は、全国でどれくらいあるのだろう?
 
 
おそらく、全国の約7割くらいでこんな風景が見られたと思うな。

……そのうちの半分以上は、マスコミのコピーで工夫のない内容、または全く的はずれな内容なんだろうが(うちの会社もだ)。 アンケート取ってみたいもんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

もう、ため息しか出ない

本日、当 blog に検索サイト経由でアクセスされた方の検索ワード

コンサドーレ札幌  不祥事
コンサドーレ  買春
コンサドーレ  逮捕
コンサドーレ札幌  ポルノ
コンサドーレ札幌  解雇
コンサドーレ アンチ
 ……等々

みなさん情報が早いですねぇ。(それにしても、事件前からこんなワードで検索ヒットしていたのね、このblog)
 
 
また、こんな検索ワードでアクセスされた方もいました。

コンサドーレ  新居
中尾  コンサドーレ札幌

……もう昨年のことです。あまりいじめないでください。
 
 
しかしまあ、ピッチの外でばかりいろんな芸を見せてくれるチームだよなぁ、ホント。 サポータやってて飽きないわ。 ……はぁ(ため息)。

せめて、この事件を機にフロントもスタッフももちろん選手も、新たに気合いを入れ直して欲しいものです。

事件に関係ない選手達はちょっとかわいそうですが、これからしばらくの間は変な意味で試合が注目されてしまうのは仕方がない。せめて気合いの入った夢のある試合を見せてくれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mytob 亜種、またまた大繁盛

連休明けをねらったようにまたまた MYTOB の亜種が流行しているらしい。それも2種類同時に。

セキュリティホール memo 2005.05.09

セキュリティ情報(トレンドマイクロ)
WORM_MYTOB.EC(トレンドマイクロ)
WORM_MYTOB.ED(レンドマイクロ)


WORM_MYTOB.EC に対して イエローアラート が発令されました。
対策: 最新パターンファイルにアップデートしてください。

WORM_MYTOB.ED に対して イエローアラート が発令されました。
対策: 最新パターンファイルにアップデートしてください。

……だそうだ。 うちには数百通単位で入ってきたので、確かに流行っているらしい。

(例によってメーカーによって名前や対応が違うので注意。詳細についてはセキュリティホール memo さんが便利)

それにしてもトレンドマイクロ。夕方にイエローアラートを出しておきながら、正式対応パターン配布を夜中まで待たせるというのは、ちょっとどうかと思うぞ。こないだの事件から、新パターンのリリースに慎重になったのはわかるんだけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefoxの脆弱性とかコピペとかウォークマンとか

ここ数日の気になった記事、いくつか

その1 Firefox1.0.3 がちょっとやばい

Mozilla Firefox1.0.3に最高レベルの脆弱性(スラッシュドットジャパン)
Mozilla Firefox Two Vulnerabilities(Secunia)

「脆弱性を合わせた重大度は、滅多に出ない最高レベル「Extremely critical」
 現時点でパッチは存在せず
 既に Exploit code も公開されている」

……だそうだ。どうやら任意のコードを実行させられてしまうらしいぞ。こわいこわい。
対策としてはJavaScriptを切る、もしくは software installationを無効にする、があるそうな。 気をつけましょう。
 
 
その2 コピペしたら丸見え

米軍の機密情報、「コピーアンドペースト」操作で流出(CNET Japan)

「問題の箇所を削除せず、その部分を黒の長方形で覆って見えなくしていたようだ」

紙に書いた字を塗りつぶして見えなくした感覚なんだろうなぁ。ちょっとだけ気持ちはわかる。
 
 
その3 ウォークマンがiPodより売れた?

「ウォークマンがiPodを逆転?!」の数字はこうして作られる(デジモノに埋もれる日々)

「今回の調査結果は、
・4/21~4/24の 4日間の売り上げ を比較した。
・その4/21は 新ウォークマンの発売日 である。」
……だそうです。

身近で iPod つかってる人はたくさんいるけど、ウォークマンつかってる人なんていないものなぁ。 マスコミなんてこんなもんでしょう。
 
 
その4 その他

MS、脆弱性の対処方法を見直し(IT media)

危機管理のノウハウ(武田圭史)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.05.08

J2第11節 山形3-0札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2005年05月07日(土)
J2第11節 山形 3-0 札幌(山形)
スカパーの中継をみる

攻めの形はできてるんだけどねぇ、攻守すべてに完敗。山形は強かった。……まぁ長いリーグ戦、たまにはこんな日もありますわ。

詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ニュースサイト」と「脳の短期記憶」のアナロジー

 ここは、いつもは1日あたり数百程度のアクセスしかない地味なblogなんですが、ここ数日なんとこれが万単位にまで激増しております。いったい何事が起こったのかと内心ビクビクしていたら、どうやら数日前に書いた物が「ニュースサイト」とよばれるサイトにリンクされたためらしいですね。ありがたいことです。
(半年に1度くらいづつこーゆー事があるのですが、その度に何事かとビビってしまう気が弱い私)

 そんな数日間のログを眺めていると、この「ニュースサイト」とよばれるサイト群にはいろいろと特徴があることがわかります。

 1.ニュースサイトって、意外とたくさんある。
 2.お互いがお互いをチェックしており、その影響力は複雑な網目構造になる。
 3.影響力のあるところが元記事にリンクを貼ると、次々と他のサイトに伝染していく。
 4.新しい記事に押され、古い記事はすぐに沈んでいく。
 
 
 さて、実は昔からちょっと考えていたことがあります。「WWWのハイパーリンクの構造って、脳の中のニューロンの構造と似てるなぁ」と。(インターネットの物理的なトポロジーのお話ではありません。どちらにしても決して目新しい考えではありませんが)

 脳の中の記憶のシステムには「短期記憶」と「長期記憶」というものがあるそうです。どちらも大量のニューロンが形作る網の目構造によるもので、刺激があるとまず脳内の海馬に「短期記憶」が作られ、そのうちの多くは一時的なものですぐ忘れられますが、一部は「長期記憶」として長く記憶に残るのだそうです。

 上記に挙げた「ニュースサイト」の特徴を見てみると、これって脳の中で「短期記憶」が形成される過程に非常によく似ていることがわかります。WWWの世界をひとつの脳味噌にたとえると、外部からの刺激(なんらかの面白い記事)を海馬のニューロンの構造が一時記憶に貯える(ニュースサイト群がリンクを貼る)、そして忘れていく(リンクが過去ログに沈んでいく)わけです。

 つまり、「ニュースサイト」が「海馬のニューロン」、「リンクの元記事」が「記憶の元の刺激」、「リンク関係のトポロジー」が「ニューロンの構造」、ついでに「人間やロボットによるリンクのクリック」にあたるのが「シナプスの伝達物質」、てな感じでしょうか。

 もちろん実際の脳味噌の中では「短期記憶」のうちの重要な物は「長期記憶」に変化するわけで、これは、ある記事がニュースサイトで注目されたことがきっかけとなって、ニュースサイト以外のサイトにも永続的なリンクが貼られる事に例えられるかもしれません。たくさんのサイト、アクセス数の多いサイトに永続的なリンクを貼られた記事ほど、「強烈な長期記憶」になるわけですな。

 こう考えていくと、実は「ニュースサイト」ってのは、WWWの世界で重要な情報を選別しスムーズに長期記憶に移行するため、かなり不可欠な役割を果たしているのかもしれませんね。ニュースサイトの管理人の方々は苦労が多いのでしょうけど、頑張って欲しい物です。
 
 
 
 話は大きく脱線しますが、以下はSFオタクの妄想で余談です。

 このWWWと脳のアナロジーで考えると、ひとつ重要な疑問がでてきます。WWWのハイパーリンクの構造そのものが、記憶装置を備えた一種の人工知能といえるのではないか? そして、これだけ巨大で複雑になったWWWは、いつの日か本当の知性を持つ可能性はないのか?

 確かにWWWといっても単に抽象的な物で、脳のように電気刺激が自律的に動く物理的な構造を持つわけではなく、あくまで人間がクリックしなきゃ動かない論理的な物にすぎないのですが、知性云々のお話をするときにはそれはあまり関係ないでしょう。いつの日か、WWW構造そのものが汎人類的なメタ意識を形成したら、……それはどんな物になるのか、たのしみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.07

温泉「フゴッペ温泉」+α


温泉に行って来た日記

余市町 フゴッペ温泉 (日帰り)

 天気が良かったので、ついフラフラと。「お肌に優しい重曹泉と効能に優れた芒硝泉を併せ持つ、珍しい泉質」ということで、一度いってみたいと思ってたんです。
 温泉の浴場自体はちょっと古くて、決して最近流行の洒落た感じではないのですが、私はあーゆー雰囲気は好きだな。天気が良かったせいもあり、特に露天風呂は鳥の歌声や川のせせらぎの音が聞こえて、なかなか風情がありました。
 これも立派ではないのですが「ラオス式薬草サウナ」というのもありました。これが普通のサウナよりかなり温度が低くて、サウナが嫌いな根性無しな私でもいつまでも入っていられていい感じです。
 泉質については、「重曹芒硝泉は伊達じゃない」「ほら、お肌がすべすべになった」……とお肌の弱い(特に塩素に弱い)うちの嫁さんが言い張っているので、お肌にいいのは確からしいです。

サイトはここ
フゴッペ温泉 貴泉天山樂
 
 
おまけ

ご飯はここで食べました。
余市町 柿崎商店

 ここは1階がお魚とか果物を売ってる商店なんですが、2階に「海鮮工房」という食堂がありまして、ここがかなり安くて美味しいんですわ。ウニ丼とかエビ丼とかマグロ丼とか魚の定食類とか、ちょっと他では有り得ない値段で有り得ない量を食えます。

 特に本州から来た人なんかを連れて行くと、大感激してくれること間違いなし。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.05

J2第10節 札幌1-0横浜FC


コンサドーレ札幌 応援日記

2005年05月04日(水)
J2第10節 札幌 1-0 横浜FC(札幌ドーム)
札幌ドームSS指定席で観戦

待ちに待ってた今シーズンホーム初勝利! しかも我らが曽田のスーパービューティフルゴールだ。 こんなに嬉しいことはない!


詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉「知内温泉」&松前でお花見

 せっかくの連休ということで、温泉に泊まってお花見にいってきましたよ。

その1 松前でのお花見編

 連休のラッシュを避けるため早朝から出発、函館方面に向かって車を走らせます。途中、森町から大沼付近で桜前線の最前線を補足。南に向かって進むほど、運転している視界の端になんとなくピンク色がちらついてくることで、道路沿いの桜の枝の芽が徐々に膨らんでいくのがわかります。

 とはいえ、道南函館方面は前日(5/1)に開花宣言が出たばかり。まだまだ2分咲きというところでしょうか。つぼみの大部分は膨らみほぐれつつあるものの、花はほとんど咲いていないといってもいいでしょう。いかに道南随一の桜の名所である松前といえども、こればっかりは桜の木の本数の量で勝負というわけにはいかず、……まぁ正直なところを言いますと、せっかく行ったけれども「お花見」という観点からはいまいちだったわけです。

 結局、道南の桜の見所は連休終盤になるらしいですな。で、天気予報によるとちょうどそのころは天候が悪く最悪雪が降る可能性もあるということなので、早めに行ってよかったんでしょう、きっと(……負け惜しみです)。
 
 
その2 知内温泉一泊編

 せっかくなら最近スタンプを集めている日本秘湯を守る会の会員の宿にでも泊まってみようかね、というわけで、宿泊したのはここ。

知内温泉・知内温泉旅館

 800年の歴史を誇る北海道で最も古い温泉で、江戸時代には松前のお姫様も入っていたそうです。

 温泉自体はなかなか雰囲気があってよろしい。お部屋はこの手の宿にしてはビックリするほど新しくて綺麗だった。ご飯もなかなか上手かった。
 でも、突然風呂掃除が始まるのはちょっとあれだし、会計の時に「ご奉仕料」てのを請求されるのもどうかと思うな。
 とにかく金を払うのがイヤだとか、どんな場合でも最高のサービスをしてくれとか、無茶な事を言うつもりはさらさらないが。でも、道内の他のこの手の温泉宿と比較して、料金に見合ったサービスかなぁといわれると、ちょっと疑問に思ってしまったのは確かではある。……日帰り入浴なら最高かもなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.01

いい萌え本、ダメな萌え本

 最近、「萌え」を売りにした技術書や専門書が多い。こーゆーノリは私も基本的に嫌いではないのだが、これだけ増えてくると必然的に質が悪い物も出てくるわけで、正直言って「金返せ!」といいたいものもある。

 で、どんな萌え本なら許されるのかについて考えてみました。あくまで、私個人にとって許されるものか否か、という視点です。
 
 
いい萌え本その1
 そもそも専門書として出来がいい本

 もともと専門書としての内容がよろしい本に、著者の趣味などが理由で「萌え」要素がプラスされた本。たとえ「萌え」の要素がなくても、本としての価値は全く落ちることはない。
 控えめな「萌え」が本全体の内容にプラスαとして効いている場合が多い。一方、オタク嫌いの一般人からは、内容とは関係なくその表紙や煽り文句を見ただけで偏見の目で見られてしまう場合もあるかも。諸刃の剣という奴だな。


CPUの創りかた
 
 
いい萌え本その2
 萌え好きの人間の隠れたニーズに答えてくれる本

 もともとは一般人をターゲットとしていた分野の本が、萌えを好む人々が潜在的に持っていたニーズに対して答えてくれた本。
 「萌え」の道を究めるためにはそれなりに知識が必要なわけで、そのニーズに答えてくれる本があれば買うのは当たり前。また、出版側からみても、今どき「オタク」達の市場を無視できるわけもなく。要するに、これからもこの手の本が増えてくる可能性が高いと思う。


もえるるぶ東京案内 ~史上最濃! やくにたつ萌え系ガイドブック~  
 
いい萌え本その3
 「本来の目的」と「萌え」の効果的なコラボレーション

 本来目的とする内容は萌えと関係ないのだが、「萌え」要素をとり入れることにより、その価値が増し、より面白くなったと思われる本。組み合わせによっては、プラスαどころではなく劇的な効果があがる場合もある。とはいえ、「萌え」が無くても買ったかと問われると……微妙だったりするが。
 個人的には、もともとオタクが好きなコンピュータ部門よりは、もっと意外な組み合わせ、例えば「参考書」とか「法律」とかと組み合わせたほうが、より面白い本になると思うな。一般的に売れるかどうかは知らんが。


萌える英単語もえたん
コンピュータユーザのための著作権&法律ガイド
 
 
ダメな萌え本

だいたい以下の条件にあてはまるものは、買ってから後悔したりすわけだ。

その1
 萌え要素以外の部分、すなわち元々の本の内容や企画が面白くない本

その2
 萌えを狙った(と思われる)部分が、全然萌えない本

その3
 「まぁ萌えでも入れときゃ売れるだろう」……てな思惑が見え見えな本

最近読んだ本の中から例をあげると、……このblogの数日前の日付を見てください。
 
 
おまけ。

アマゾンから「萌え本」を検索してみました。主にコンピュータに関連有る物だけなのだが、こんなにいっぱいあるとは知りませんでした。ほとんど読んだことないものばかりですが。

以下にリストをあげます。

続きを読む "いい萌え本、ダメな萌え本"

| | コメント (3) | トラックバック (4)

ニフティのパスワードとか小型新人類とか

本日のちょっと気になった記事、いくつか

「ニフティのパスワードは読み出し可能」(水無月ばけらのえび日記)

「ニフティのサーバにはパスワードが生のままか、少なくとも復号可能な状態で保存されているということです。そしてシステム管理者はそれを印字できる」……だそうだ。

本当だとすると、そりゃすごい。
パソコン通信サービスを始めた頃、多数の初心者を相手にシステム運用をせねばならない担当者達がいろいろ考えた末に苦労して構築したシステムが、今も残ってるということなのかな? だから許させるというわけではないが。
 
 
「小型人類」今も生存 フロレス島の化石で研究者(京都新聞 2005年4月28日)
小さい脳でも賢かった? インドネシアの新種人類(京都新聞 2005年3月4日)
「新種人類化石」に反論 インドネシアの考古学者(京都新聞 2004年11月15日)

はたして新種人類の発見なのか否か。素人からみると、なかなかロマンがある論争ではある。
とりあえず、現地に今も住む背の小さな人々の人権問題(いろんな意味での)に飛び火しないことを祈る。
 
 
UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量(wired)
デスクトップ核融合装置の開発に成功(スラッシュドットジャパン)

 科学の世界では、「常温核融合」といえばいかがわしさ大爆発のとてもあやしい言葉となってしまった。
 今回の件がどの程度価値がある研究なのかについては門外漢でさっぱりわからんのだが、「常温核融合」という報道をされるだけで、かなり損してるのは間違いないだろう。
 SF的にはとても魅力のある「常温核融合」という単語を、疑似科学の代表まで貶めてしまった過去の疑似科学者達は許せんな。
 
 
ヒグマが雪の“冷蔵庫”、食べ残したエゾシカ隠す(読売)

 ちゃんとあとで場所を思い出せるのだろうか?

 リスが木の実を埋めた場所を忘れてしまい、結局リスは植物の種子散布に利用されているだけだというお話とおなじ……わけが無い。クマが掘り出すのを忘れてしまったエゾシカが、そこから「エゾシカの芽」を出す図を想像してしまった。かなりオカルト。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2第09節 徳島1-1札幌

コンサドーレ札幌応援日記

2005年04月30日(土)
J2第09節 徳島 1-1 札幌(鳴門)
ニュース等で結果を知る

苦労して苦労して、やっと1点取ったのに、ロスタイムに追いつかれるとは。……これで4連続引き分けかぁ。


詳しくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »