« バーコード芸術 | トップページ | メモ。ベイズ理論とかウイルス作者とかIPA資料とか »

2005.02.08

ドラクエ8妄想日記(エロ編)


ドラクエやりながら、いろいろアホな妄想をしてしまいました。

その1 ゼシカ

どうでもいいけど、神秘のビスチェとグリンガムのむちを装備させると、ほとんどシスタージルみたいだよなぁ。


その2 パフパフ屋

ゼシカって、自分で自分のことを世界一の巨乳だと思っていたんだねぇ。 ということは、彼女は自分のプロポーションを自覚した上であのコスチュームを着用、そして数々の特技を駆使しているわけだ。 ……なかなかやるな、ゼシカ。

それはそれとして、スライムでパフパフされると、かなり気持ちいいらしい。


その3 スライムにのしかかられたゼシカ

「キングスライムは、ゼシカにみとれている」
「キングスライムは ぷくーっとふくれてゼシカにのしかかった」

で、上述の通りスライムは気持ちいいわけだ。

……キングスライムの巨体にのしかかられたゼシカ。

ゼシカの華奢の体は、キングスライムの巨体によって覆われてしまった。 彼女はすかさず抜け出そうと、全身をくねらせる。

しかし、手足に力を入れる事ができない。 顔、白い腕、そしてスラリと伸びた細い2本の脚、服から露出している部分の柔らかい肌を、ヌメヌメ蠕動するスライムの全身がイヤらしくなめまわすのだ。 生まれて初めての微妙な感覚に、体の中から不思議な快感がわき上がるのがわかる。

思わず悲鳴をあげる口の中に、柔らかいものが入り込んでいく。 触手が喉の奥まで入った時、ゼシカの全身が反り返った。大きく空いた胸とスカートから、何本もの触手が服の中に入り込んだのだ。 全身の白い肌をゆっくりと舐めるように這い回るスライムは、ゼシカの最も敏感な部分に近づいていった。

……うーん、いまいちイヤらしくならんなぁ。


その4 姫

姫って、ウマの時、ずっと裸だったわけだ。 はだかで四つん這いの姿を、後ろからずっと見られていたわけだ。

エンディング後の主人公との私生活(特に夜)を、ちょっと想像してしまうよなぁ。 ……オレだけですか? そうですか。 いい歳して、ごめんなさい。

|

« バーコード芸術 | トップページ | メモ。ベイズ理論とかウイルス作者とかIPA資料とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18696/2853426

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ8妄想日記(エロ編):

« バーコード芸術 | トップページ | メモ。ベイズ理論とかウイルス作者とかIPA資料とか »