« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.29

メモ。ボットとか Java とか

興味を引いた記事いくつか。

その1 ぼっと

最近話題のボット関連。

知られざる「ボット」の脅威――オープンソース型手法で進化(IT media)

この手の悪のプログラムによる悪のネットワークのお話は、かなり前(たぶん10年くらい前?)からメジャーなメディアにも出てたような気がするのだが(ソラリスに仕掛けられる奴とか)。 なぜ最近になって、突然おおきな話題になっているのだろう?

世間のセキュリティ関連の実際の状況とは別に、セキュリティ業界によるマーケティング用の話題作りにも流行り廃りがあるのは事実だな。


その2 じゃば

Java SDK / JRE 1.4.2_05 以前、1.4.1 および 1.4.0 系列全て、1.3.1_12 以前に欠陥(セキュリティホール memo 20041124)

これ、けっこう大事件なような気もする。


その3 いろいろ

「無線LANを悪用するウイルスの登場に注意が必要」(IT Pro)

「電子メールの信頼性が大きく揺らぎつつある」(IT Pro)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異常気象日記


早朝から地震(札幌は震度3)によって叩き起こされたわけだが、さらに真冬並の大雪が降ってきたぞ。

我らがコンサドーレのあまりに不甲斐ない成績に、ついに天も怒ったか?


それはともかく、11月なのに雪かきが必要なほどの積雪ってのは、さすがに珍しい。

まだまだ、体も気持ちも冬モードに切り替わってない時期だから、いろいろ大変。 寒いし、雪は重いし、冬道の運転はつかれるし。 真冬になってしまえば全然平気なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.28

J2第44節 甲府 0ー0 札幌


コンサドーレ札幌 応援日記

2004年11月27日(土)
J2 第44節 甲府 0ー0 札幌 (小瀬)
ニュース等で結果を知る

ろくな事がなかった今シーズンもついに最終節。 試合の方は、悪くはないけど勝ちきれない、結局最後まで今シーズンを象徴するような試合となりました。 選手、スタッフのみなさまは、ホントにご苦労様でした。 さあ、天皇杯と契約更改だ。

くわしくは、こちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張日記 その後

東京出張を終えて札幌に帰ってくると、……雪が降ってるぞ。 東京ではコートいらないくらい暖かかったのに。


で、東京まで行って成果があったかというと。 個人的には意外と面白かったけど、仕事としてはあんまり意味が無かったような気がしないでもない。


以下、出張とは直接関係ないが、いろいろ思ったこと。

一流のハッカーさんやクラッカーさんの持つ超絶技巧テクニックの数々というものは、確かに素人から見れば魔法にしか見えないような凄いもので、悪事をするときにはそれなりに有効なんだなぁ、と心から実感。 そして、この手のテクニックは、見た目が派手でいろんなお金に結びつきやすい(とくに役所や企業のお金)のは確かだ。

でも、普通の企業や個人のセキュリティを守るという観点からは、その類のテクニックというものは単なる枝葉の問題なんだよなぁ……ということも改めて実感している、今日この頃。 枝葉じゃない幹の部分に、いかにお金を使うか(使わせるか)というのが、最大の問題だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

東京出張日記


お仕事の関係で、数日のあいだ東京に居なければならないわけだ。

こちらは暑くてびっくり。誰もコート着てない。 朝、札幌の自宅を出るときには、気温は0度くらいだったんだけどなぁ。


お仕事の方は、基本的にお客さんの付き添いなので気楽ではあるのだが、それなりに体力は使いそうだ。

さて、都会のセキュリティ業者さんというのは、どんなお仕事をしてくれるのかなぁ?  やっぱり、お客さんの「大人の事情」におつき合いした、全然本質的ではないものを脳天気に力づくでやってしまうようなお仕事ぶりなのかなぁ。そうだろうなぁ。 仕方ないか。私もそうだし。 憂鬱だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

J2第43節 札幌 0ー1 大宮


コンサドーレ札幌 応援日記

2004年11月23日(火)
J2 第43節 札幌 0ー1 大宮 (札幌ドーム)
札幌ドーム SS指定席で観戦

早いもので、今シーズンもついにホーム最終戦です。相手はJ1昇格を決めている大宮。試合内容はそれなりによかったものの、いつもの通り決定力不足での敗戦。 でも、セレモニーでのヤンツーから真面目なご挨拶を聞いて、来年への期待が高まりましたよ。

詳しくはこちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.22

CD「エレクトリックパーク」

CDを買った日記

エレクトリックパーク
ポニーキャニオン 2,100円

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機等々、僕らの大好きな電気屋さんのテーマソングが大集合のCDだ。

よくこんなCD作る企画を思いついたもんだ。ジャケットもおもしろい。 秋葉原が好きな人なら買うべき。

昨日から、あたまの中を同じ歌詞がグルグルまわって止まらない。 「行こうよ まぶしい 光の世界 …… HELLO,SOFMAP WORLD!! 」

アマゾンの詳細ページ
エレクトリックパーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ。自由とセキュリティとファイアーウオールとか


興味深い記事。時間がないのでリンクだけ。

研究活動の自由とセキュリティ(IT Pro)

実はこんなに奥の深い「ファイアウォール」(IT Media)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.21

J2第42節 川崎 2ー0 札幌

コンサドーレ札幌 応援日記

2004年11月20日(土)
J2 第42節 川崎 2ー0 札幌 (等々力)
ニュース等で結果を知る

既にJ1昇格が決まっている川崎相手に、かなりいい試合ができたものの決定力不足の差で完敗。 確かに課題はあるけれど、来年への期待もちょっとできそうですよ。

詳しくは、こちらを見てくださいな
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和レッズが優勝だとさ

なんとびっくり、あの浦和がセカンドステージ優勝してしまいましたよ。

こーゆー大事な試合に限ってあんな試合しかできないあたりが、実に浦和らしいといえば浦和らしい。


それにしても、あの浦和だよ。 あの浦和が優勝だってよ。

あのサッカーは嫌いだし、お金もってるところが嫌いだし、なによりもサポータのノリが大嫌いだし。

……でもなぁ、確かに強いなぁ。 優勝だもんなぁ。 みんな嬉しいだろうなぁ。 ……うらやましいなぁ。

うちのチームが次にレッズと戦えるのは、いったいいつのことになるのかねぇ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

メモ。ネットワーク障害とか

記事いくつか。

その1 ネットワーク障害は隠すべきか?

ネットワーク障害を隠す(IT Pro)

日本でもほとんどのキャリアや一次プロバイダは、障害が起きただいたいの場所と簡単な内容くらいは教えてくれるけど、たとえば物理的な障害箇所とか受けた攻撃の内容については、あんまり詳細は教えてくれないよね(教えてくれても、口止めされる)。「テロ防止のため教えられない」と担当者から直接言われたこともあるし。

今まではなんとなくそれで納得していたのだが。 これって、ソフトウェア企業(例えばMS)が脆弱性情報を隠すのと同じで、正しいこととは言い切れないよなぁ。

いくら隠しても、特定のプロバイダやキャリアがどんな機器をつかってるのか、そしてだいたいのネットワーク構成、その程度ならその筋の人ならみんなだいたいわかってるだろう。 アクセスポイントやらデータセンタの住所まで秘密にしてる会社も多いけど、そんなことちょっと調べればすぐわかる。 ケーブルとかの位置だって同じ。 で、悪事を働くつもりなら、程度にもよるがこれくらいの情報があれば十分な場合も多いだろう。 さらに、悪人がちょっと本気で調べれば、もっともっと詳細な情報は簡単にゲットできるだろうし。

……確かに、消費者の利益を考えれば、障害情報は隠すよりも詳細まで公開したほうがいいような気がしてきた。


その2

「60名程度の『国家情報セキュリティセンター』の設立を」――IT戦略本部の専門委員会が提言(IT Pro)

ふーん。


その3

友達情報をネットで検索する日本人――主な動機は「好奇心」(japan.internet.com)

個人情報の事とか難しいことは全く考えず、単に好奇心、というか懐かしさから若い頃の恋人の名前を検索してみた事のある人って、かなり多いと思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

メモ。フィッシングとかニフティとかスクラムジェットとか

興味をひいた記事いくつか。


その1 Yahoo フィッシング

Yahoo のIDとかを盗むフィッシングが流行っているのだそうだ。

一見すると本物のサイト、Yahoo! JAPANを騙るフィッシングが悪質化(INTERNET Watch)
Yahoo! JAPAN IDとパスワードを不正に盗み取る悪質なメールに関するご注意(Yahoo! JAPAN)

自分は大丈夫、とか思っている人に限ってやられるんだろうなぁ。


その2 ニフティ

ニフティのパソコン通信が無くなってしまうらしい。

NIFTY SERVEのフォーラム、2005年3月をめどにWebフォーラムに移行(INTERNET Watch)

無くなってしまうとなると、やっぱり寂しいね。


その3 ニフティもうひとつ

なんかしらんが、面白いことをするらしい。

期間限定特設サイト「ウイルスの恐怖展」を開設(ニフティ)

吉田戦車さんの書き下ろし4コママンガ「それいけ!!新型ウイルス君」 ……なんといっても、コレが気になる。


その4 住基ネット関連

例の総務省のおバカさ加減の関連。 ちょっとタイミングを外してしまったが。

長野県住基ネット侵入実験のNuwere氏「管理責任の所在をはっきりと」(PC WEB)


その5 スクラムジェット

ついにスクラムジェットで飛行機が飛んだ。しかもマッハ10!

マッハ9.8の飛行に成功 NASA無人実験機(asahi)
NASAの超音速飛行機、マッハ9.6を達成(Wired News)
X-43Aがマッハ9.8を達成(スラッシュドットジャパン)

かっこいい。

ちなみに、普通のジェットエンジンの入り口でくるくる回っている圧縮用のタービンを取っ払い、飛行機の速度そのもので空気を圧縮して燃やすのがラムジェット、さらに空気を超音速のままで燃やしてしまうのがスクラムジェット……なのだそうだ(この理解で正しいのかな?)。

これぞ男のロマンだね。 NASA の技術者達は、良く頑張った!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロリダの湿原猿人

フロリダの湿原で、謎の猿人が目撃されたそうな。 しかも目撃者による妖しいイラスト有りだ。

謎の生物"フロリダ・スワンプエイプ"が目撃され、そのスケッチが公開される(AZOZ BLOG)
Our Own Loch Ness Monster?(The Ledger)

やはり注目はイラストだ。 大きな瞳と悩ましい内またがチャーミング。

……昔から言われていることだが「宇宙人とか雪男とかを目撃できるのは、絵が下手な人だけ」という格言は、現在でもしっかり有効であるな。

「伝説などで語られてきた生物が実在しているのが発見された例はいくつかある。最も有名なのは6000万年前に絶滅したと考えられていたシーラカンスだろう」 ……てな証言も、なかなかパターン通りでいい感じだ。


で、私はこんなモンスターの事は初めて聞いたわけが、グーグルさんに尋ねてみると結構でてきたりする。 むこうではそれなりにメジャーな奴なんだろうか?

googleさんの検索結果


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

コンピュータと人間とウイルス


人間とコンピュータ、双方が双方のウイルスに感染する世の中がくるかも。

とりあえず、コンピュータウイルスが人間に感染するかもと言ってる人がいる。

「将来の人間はコンピュータウイルスに感染する」、英教授が警告(CNET Japan)

そりゃ、体にチップを埋め込むようになり、それが外界となんらかの通信をするのなら、ウイルスに感染する可能性もあるだろうよ。 当たり前の話だな。


ついでに逆のパターンも考えられる。

もしDNAコンピュータなんかが実現したら、所謂ウイルス、例えばレトロウイルスの類にDNAコンピュータが感染してしまう可能性だってあると思うぞ。

そのうち、リアル世界の生物としてのウイルス(厳密にはウイルスは生物ではないが)とコンピュータウイルスの双方を通じて、人間と機械の間の意図しない情報交換が起こるかもしれない。 ……SFだぁ。 考えただけでワクワクするぞ。


現在だって、ミームとかの概念を単純に拡大すれば、デマウイルスとかチェーンメールの類は、人間と機械の双方を介する情報の拡散過程だと言えないわけでもないよな。 ひょっとしたら、人々が気付いていないだけで、世の中は既にサイバーSFを越えているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利用規約とか地震とか


興味深いものをリンクだけ。

その1 ココログの利用規約

ココログの利用規約がちょっとかわったらしい。

ココログの利用規約に著作権についての記述を追加しました。(ココログ)

「ユーザーが作成したホームページに係る著作権は、原則ユーザーに帰属する」……のだそうだ。


いろいろ論議を呼んでいるライブドアの利用規約変更の直後というのは、なんか関係あるのかね?

利用規約の一部変更のお知らせ(livedoor)


その2 地震とネット

ちょっと古い記事も混じっているが。

その時、ネットは?――新潟県中越地震を体験して(日経)
【新潟県中越地震】震災時に防災無線が使われなかった本当の理由(IT Pro)
被災者を支える、地元ケーブルテレビの死闘 (後編)(IT Media)
新潟県中越地震の被災地に学ぶ“強い通信”の実際(IT Pro)
【新潟県中越地震】被災地に電源車を急行──電力系TOHKnetの決断(IT Pro)

IP網が非常時に強いのは確かに間違いないのだろう。もともと核戦争下でも使えるように作られたネットワークなんだから。

でも日本の場合、例えば大手町がやられてしまったら、大丈夫なのかなぁ?


その3 IT戦士

きっとキミは来ないけど、かわりにヤツが来ちゃった♪――線メリ2004年モデル(IT Media)

相変わらずではある。 ……が、最近ちょっとインパクトが小さいと思うぞ、IT戦士!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光ケーブルとキツツキ


お仕事日記……というか、仕事中の雑談の日記。


光ファイバーのケーブルが、キツツキにつつかれて回線障害が起ることがあるそうだ。

知らんかった。

さすがにキツツキが(たとえクマゲラでも)ケーブルを物理的に切断することは無理なのだそうだ。 だが、破られた皮膜から内部に水が入り込み、屈折率の問題とか氷結の問題とかで回線障害に繋がるのだそうだ。

勉強になった。 でも、回線屋さんにとっては、笑い事じゃないだろうなぁ。

それにしても、なぜキツツキは、わざわざケーブルをつつくのだろう? 木と比較して、決してつつきがいある相手では無いだろうになぁ? ユラユラゆれてつつきずらいし、中には虫もいないのに。

良いこと(?)考えたぞ。 ケーブルをつつくよう仕込んだ大量のキツツキを敵国にばらまくというのはどうだろう。 地中のケーブル用にはモグラを使う。 これで、来るべきサイバー戦争への備えも万全だ。

……「ゴルゴ13」でハトを使ってロケットを落とすお話があったが、さいとうプロでこのアイディア買ってくれないかな? 


ちょっと話はかわって。

かなり昔の事になるが、某巨大プロバイダの基幹の回線が、牛の死体を埋めようとショベルカーで穴掘りをしていた牧場のおじさんに地中のケーブルをぶったぎられたとかで、全面的に障害になったことがあった……らしい。

これ、下手すればテロリスト扱いされる可能性もあるだろうが、聞いた当時はその「のどかさ」に思わず笑ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.15

登別カルルス温泉日記


数日前のことになってしまったが。

登別カルルス温泉 オロフレ荘 (一泊)

施設は決して立派ではない。 ご飯も、まぁ普通だ。

だけど、全体的になかなかよろしかったと思う。 コストパフォーマンス的には最高。

特にお風呂がよい。 透明でさらさらでタップリのお湯がすばらしい。

神恵内とか十勝川とか登別みたいな特徴のある激しいお湯も好きだけど、こーゆーあっさりした温泉もいい。

最近、すっかりカルルスのお湯がお気に入りになってしまったぞ。

サイトはこの辺かな?
オロフレ荘(登別カルルス温泉旅館組合)
日本の名湯カルルス温泉 オロフレ荘(じゃらん)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.11.14

天皇杯4回戦 札幌 2ー1 市原

コンサドーレ札幌 応援日記

2004年11月14日(日)
天皇杯4回戦 札幌 2ー1 市原 (室蘭)
室蘭入り江競技場 SA自由席で観戦

勝った~! ガチンコ勝負でJ1チームに完勝。 確かに俺はこの目でアクションサッカーの片鱗を見たぞ。 この一年、やってきたことは間違ってはいなかった! それが確認できただけでも、今年一年でもっとも嬉しい勝利だ!

くわしくは、こちらを見てね
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

メモ。フィッシングとかDNSとかDESとか


個人的に興味のある分野の記事をいくつか、メモ。

その1 フィッシング

ついに日本でも……。 しかも VISA。

VISA認証サービスを偽装する日本語の フィッシング・メールに対する中間調査報 告を発表(IT Pro)
日本語版のフィッシングメール事件についての調査中間報告(VISA)

おまけ

“本物のサイト”を使う新手のフィッシング詐欺(IT Media)


その2 DNS の脆弱性

NISCC-758884 DNSプロトコル実装における脆弱性(JVN)
DNSに脆弱性見つかる - DoS攻撃の可能性も(PC WEB)
Vulnerability Issues in Implementations of the DNS Protocol(NISCC)

bind は関係ないみたい。


その3 DES です

DESの遺産(IT Pro)

こーゆーお話は大好きだ。


その4 ウイルス対策ソフトが高い

ウイルス対策ソフトの更新価格上昇の理由は?(IT Media)


その5 てろ

サイバーテロでインフラが攻撃されたら? ~ワーム原因説もあった北米大停電(NetSecurity)

どこかの誰かがなんかのために作ったレポートで、テロかもしれないけどワームじゃないよ、ってなのを読んだことが有るような無いような……。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

本「電車男」「無音潜航」

ちょっと前に買った本を、やっと読み終わった日記。

電車男 (中野独人)
新潮社 1,365円

ちょっと前、どこかのサイトに保存されていたログを一気読みした時は、非常に面白かった。 で、本になって話題にもなっていることだし、つい買ってみたみたわけだが、……うーーん。

ログを読んだ時よりも感動が少ないのは、単に2回目だからか? それとも、意味のないレスが大量に省略されているからか。 無駄な煽りや釣りのレスが無いために、ログで感じた臨場感、というか不特定多数との一体感がそがれてしまっているのかも。
 
……でもなぁ、本という形態になるからには、意味のない無駄なレスを削除しとかないと、すげぇ読みづらくなって一般受けはしないだろうしなぁ、確かに。


それはそれとして、こーゆー文学ってのもありだろう。 実話でも創作でも、不特定多数が絡むお話をうまく表現するためには、それなりに効果的な手法だと思う。この本が売れてるって事は、この手のリテラシーのお約束事を理解できる人が増えてきたってことだろうし。

アマゾンの詳細ページ
電車男


無音潜航 (池上司)
角川書店 1,680円

日本海軍の通常動力型潜水艦が大活躍。たった一隻で敵のど真ん中からの逃避行だ。 死闘の相手は、なんと今話題の中国海軍、漢級原子力潜水艦ときたもんだ。

数日前、たまたま本屋に平積みされていたのを衝動買いしただけなのだが、なんてタイムリーなストーリーだ。上手く宣伝したらベストセラーかも。

それにしても、現実の世界ではP3Cに惨めに追い回されてさらし者にされ、さらに母国からも見捨てられそう(?)な漢級原子力潜水艦だが、このお話に出てくる奴は結構手強くて格好いいぞ(たしかにちょっとオンボロで原子炉も弱そうだが)。 

アマゾンの詳細ページ
無音潜航

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.10

セキュリティっぽい(?)記事のメモ


時間が無いのでメモ。リンクだけ。

被災者を支える、地元ケーブルテレビの死闘 (前編)(IT media)

ローカルなTV局は? やっぱりキー局の放送を垂れ流しているだけなんだろうか?


アンケートで分かった「心の病」の悲惨な実態(IT Pro)

心療内科って、いちど行ってみたいなぁ。


大阪府にサイバー攻撃、HPは2時間20分接続困難に(読売)

先日の、無線LANの報道に関係あるのだろうか?


IPAの脆弱性情報届出体験レポートを掲載 東芝製DVDレコーダ問題(2004.11.8)(Net Security)

金を払わないと、詳細は読めません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

IPの危険性とか無線LANのクラックツールとか


IPのお話。

IPネットワークは鉄道をも動かす(IT Media)

どうして、何でもかんでもIPのネットワークにしたがるんだ?

どうしても汎用のPCを使わなきゃなんないシステムならともかく、こんな汎用性の無い専用の制御システムを、わざわざIPにする理由がさっぱりわからん。

重要なシステムであればあるほど、テロとかウイルスとか考えれば、非IPの方が絶対にメリットが多いと思うぞ。
 
 
話はちょっとかわって、無線LANをクラックするツールだそうだ。

WPAの脆弱性を悪用するツール公開(IT Media)
WPA-PSK の弱い鍵をクラックするツール登場(スラッシュドットジャパン)

WPA に辞書攻撃をかますツールなのね。 嫌な世の中だねぇ。
 
 
ついでに、大阪の役場の無線LANのお話。

無線LAN:大阪府・市などの自治体、放置 IT庁舎、穴だらけ(毎日)

これ、大阪だけとは限らんぞ、きっと。 全国各地の役場で、同じように住民の個人情報が全くカギもかけられていない状態で飛びかっているんだろうなぁ。 イヤだイヤだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

初めてのメール from 還暦

会社で仕事していると、いきなり携帯にメール。

開いてみると、私の親父(推定年齢60才+αくらい)からだった。

内容は「ついに携帯メールを使えるようになったぞ」。

返信してやると、また返信がくる。すぐにくる。何回でもくる。しつこいくらいくる。 こちとら仕事中だというのに、そんな事おかまい無しでくる。

「母(親父にとっては妻)も、携帯メール使えるようになったのか?」と尋ねてみると、「彼女には無理な注文です」とか言って勝ち誇ってやがる。

確かにリタイヤしたとはいえ元々技術屋だし、PCとBフレッツを使って(設定は全て私がやった)碁の対局までしているのだから、今まで携帯メールを使えなかったのが不思議と言えば不思議なのだが。
 
 
 
……それにしても、暇つぶしができて嬉しいのはわかるけど、用もないのに妹夫婦や姪っ子にまでメールを送りまくるのは、迷惑だからやめれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュリティっぽい(?)記事のメモ


興味深い記事いくつか。リンクだけ。

その1 マイクロソフトのパッチ

ちょっと古い記事になってしまったが。

MS、月例アップデートの概要を事前公開へ(T Media)
米Microsoft、月例セキュリティパッチ情報を一般ユーザー向けに事前提供(INTERNET Watch)

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知(マイクロソフト)

「2004 年 11 月 9 日 (米国日付)、セキュリティ レスポンスセンターは 以下のリリースを予定しています」 ……だそうだが、もう明日のことだね。

その2 IE

IE 6に新たなバッファオーバーフロー、パッチは未公開、実証コードは公に(IT Media)

Internet Explorer IFRAME Buffer Overflow Vulnerability(Secunia)

毎度毎度の恒例行事になってしまった。


その3 き○たま

「晒しは一線を越えた」、新種のトロイの木馬 Winnyで出回る(IT Media)

どんどん悪質になっていく。 自信の無いひとは、Winny やめた方がいい。


その4 サイバーテロ

サイバー攻撃に政府が関与、セキュリティ専門家が明らかに(IT Media)

そりゃ、各国政府もいろいろやっているだろう。 ……というか、我らが日本政府もサイバーテロの研究をきちんとやっている、と信じたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.07

J2第41節 札幌 1ー1 鳥栖


コンサドーレ札幌 応援日記

2004年11月06日(土)
J2 第41節 札幌 1ー1 鳥栖 (札幌ドーム)
ニュース等で結果を知る

あれだけ押しまくっても勝てないのか? 勝たなきゃいけない試合だよなぁ……の引き分け。

詳しくはこちらを見てね。
超私的 コンサドーレ札幌 応援日記
http://homepage3.nifty.com/dole/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

セキュリティっぽい(?)記事のメモ


なんかしらんが猛烈に忙しいので、リンクだけ。

最もセキュアなOSはBSDとMac OS X――mi2g調査(IT Media)

ふーん。

警察庁伊貝氏「警察にも情報セキュリティに強い連中がいる」(INTERNET Watch)

へー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.03

ナビスコカップ決勝でジェラシー日記


FC東京と浦和レッズの決勝戦をTVで観戦したわけだが、かなり面白かった。

攻撃サッカーを標榜する両チームにしては攻撃のミスが多く、試合としてのレベルが高いのかどうかについては私はわからない。

でも、なんというか、人間の「集中力」と「勝ちたいという執念」の極限を見せてくれたような気がする。

競技場全体の雰囲気もかなりよろしかったようだし、あんな試合を目の前で見せられた東京サポータ達は気持ちいいだろうなぁ。 うらやましい!

JFLで初めて東京ガスに勝って、「これでやっとJリーグに行く資格ができたぞ。 お先に!」と喜んでいたのは、たった7年か8年前のことだよなぁ。 えらい差がついちゃったなぁ。 いまやタイトルホルダーとJ2最下位だもんなぁ。 追いつけるのは何年後かなぁ。 うらやましい!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本「エヴァ」「バスタード」「蒼天航路」


マンガを買った日記

新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd 3(林 ふみの)
角川書店 420円

いまいち少女マンガになりきれないのは、ヒロインが誰なのかはっきりしないからか?

それはそれとして、レイの無神経さが鼻についてきたぞ。 シンジ君はさっさとアスカに決めてしまって欲しいもんだ。 ……いい年して少女マンガにマジにつっこみしてどうする、と言う気もしないでもないな、我ながら。

アマゾンの詳細ページ
新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd 3


BASTARD 暗黒の破壊神 23(萩原 一至)
集英社 410円

本屋で見つけたので買ってみた。……まだやってたんか? このマンガ。

ガラはこの先活躍できるのだろうか? 天使や悪魔をムラサメでぶったぎるガラ様がいつか見たいぞ。 ……確か、ガラ様専用のドラゴンウオリアーってデザインされてたよね?(この作者のことだから、忘れてるかもしらんが)

アマゾンの詳細ページ
BASTARD 23―暗黒の破壊神


蒼天航路 クロニクルエディション3
講談社 840円

あいかわらずいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュリティっぽい? 記事のメモ


IT media に面白い記事がいくつかあったので、忘れないようにリンク。

ずさんなノートPC管理の実態(IT Media)

わかるわかる。 お歳を召した偉い人に限って、セキュリティの意識が無かったりする。

“科学の殿堂”には「TK-80」も──国立科学博物館新館がグランドオープン(IT Media)

TK80 があるのに、EX80 とか H68 とかは無いのか? それはともかく、国立博物館には行ってみねば。


ジョナサン・シュワルツの「世にも恐ろしいITの話」(IT Media)

セキュリティ欠陥の代価はベンダーに払わせろ(IT Media)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

本「素数に憑かれた人たち」「へんないきもの」「異形コレクション」

本を買った日記。


素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~ (ジョン・ダービーシャー) 日経BP社 2,730円

なかなかわかりやすくて、よろしい。

アマゾンのページ
素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~


へんないきもの (早川 いくを) バジリコ 1,575円

おもしろい。 写真もあればもっと良かった。

アマゾンの詳細ページ
へんないきもの


異形コレクション 蒐集家(井上 雅彦) 光文社文庫 960円

なかなかおっかなくて、よろしい。 中島らもの遺作(?)もすごい。

アマゾンの詳細
蒐集家(コレクター)―異形コレクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ。組み込み機器ウイルス対策とか、にわか管理者とか

興味ある記事、いくつか。 忘れないようにメモ。

その1 組み込み機器のウイルス対策

ATMやPOSでもウイルス被害増加~トレンドマイクロ、対策機器発表(INTERNET Watch)

世の中の機器が全てIP化してくると、たとえ制御系や組み込み系のネットワークでも、外界と繋ぎたくなるのが人情だ。 そしてウイルスにやられてしまう。 FWがあっても、事情はそうかわらない。 で、OA用のネットワークの場合と比較して、ウイルス被害はとんでもないものになるわけだ。

それを防ぐため外界とは隔絶したネットワークをつくったつもりでも、たまたまメンテ用に持ち込んだ機器からウイルスが入り込む(ブラスターの時よくあったね)。 やっぱり被害甚大。

で、組み込み系機器のネットワークにもウイルス対策を行う必要がある……という発想は自然だが。 そのためには、今の製品だとどこかを外界につないで最新のウイルスパターンを入手する必要があるわけだ。 ……そこからウイルスは入ってこないのかな? ハッカーさんは? この「なんとかウオール」自体は穴にならない?


その2 にわか管理者

新にわか管理者奮闘記 第1回 まさかわが社の顧客情報が漏えいするとは!(@it)

復活したのね。楽しみ。


その3 その他

セキュリティ業界、失った信頼はどう回復すべきか?(IT Media)

パスワードの保守 第1回 パスワードのリスクとは(PC View)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »